スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2015 空沼岳に登る(1)(登山口~万計沼)
今年度の目標にしていた、空沼岳登山に挑戦しました!

標準所要時間は登り3時間50分下り約2時間50分(北海道新聞社「北海道夏山ガイド1」より)となっていますが、2014年9月11日の大雨により登山口までの林道が流出したため、上記に加えて、登山口までの約1km(30分×往復で約1時間)の徒歩を強いられます。
写真撮影や休憩時間などを含めると、本当に一日がかりの登山になります。

それでも空沼岳が比較的気軽にチャレンジできるのは、中継地点の万計沼(万計山荘)にトイレがあるからです。(女性には非常に助かります)
旭岳~黒岳縦走や羊蹄山など、北海道内で挑戦したい登山は他にもたくさんあるのですが、このトイレがネックになってなかなか挑戦できずにいます(^^;)

あとは、山頂の標高1,250m、往復約16kmの行程を体力的に乗り切れるか、それだけが心配です。


-------------


いよいよ、登山当日を迎えました。

空沼岳の登山口へは、札幌市南区の常盤にある日鉄鉱業(株)北海道支店常盤採石所の脇から入ります。



具体的には、国道453号線から採石場に向かう脇道に入り、

日鉄鉱業株式会社北海道支店常盤採石所に向かうわき道

しばらく道なりに進むと採石所に到着。

採石場内に空沼岳登山口への案内看板がある

場内にある「空沼方面」の看板に従って進むと、その先に駐車スペースがあります。
(※公式な駐車場ではないと思います。工事車両の邪魔にならないようにしましょう)

橋の手前の駐車スペース(※実際の登山口はここから1kmほど先)

この日は午前8:00時過ぎに到着しましたが、すでに駐車場は混雑していて、10数台停められるスペースの最後の1、2台に何とか滑り込むことができました。

なお、採石所までは中央バスの路線が通っており、公共交通機関を使って行くこともできます。
※2015年は6/6~10/12の間のみ「空沼登山口」バス停まで終点・始点が延長されます。それ以外の時期は「空沼二股」までとなり、バス停2つ分、バスで3分、徒歩で20~30分ほどの距離。時間は要確認。朝と夕方のみの運行になると思います。



準備を整えて登山口に向かいます。

橋
(注:ここはまだ登山口ではありません ^^;)

橋を渡ったすぐのところに案内板が。

登山者向けの案内板

登山者向けの案内板
(空沼岳登山道周辺図)

案内板に距離の記載はありませんが、ここから登山口まで約1km、登山口から万計沼まで約4km、万計沼から山頂まで3.5kmの計8.5km×2の行程標高差はおよそ900mとなっています。

昨年登った富士山に比べれば、標高も距離もまだまだ序の口ですけれども、私が今まで登ってきた札幌近郊の山々の中では群を抜く難易度です。


登山口に向かう途中の山道の脇にも数カ所、駐車できそうなスペースがありました。

手前の駐車スペースから登山口までの山道にも駐車スペース有り

空いていればラッキーですが、空いていなかった場合、道がごく狭いので、引き返すのが大変かもしれません(対向車と擦れ違えません ^^;)。


昨年2015年9月11日の大雨により、林道沿いの川が氾濫して林道が荒れてしまい、途中から車の進入ができなくなっています。

川原は昨年の氾濫により荒れている

しばらく進むと「支笏洞爺国立公園」の看板が現れます。

支笏洞爺国立公園の看板

看板の後ろにある木天蓼小屋で、登山者ノートに記帳します。

「木天蓼」小屋で入山届けに記帳
(木天蓼=またたび)

登山口までの山道は、崩落や侵食によりひどい状態。

2014/9/11の大雨の爪痕が残る

足元に注意しながら更に先に進むと、対岸に登山口が見えてきました。

丸太を並べたただけの橋を渡ります…

木を並べただけの橋。滑るので注意
(非常に滑るので注意!)

もともとこの場所には立派な木橋が架けられていたらしいのですが、それも先の大雨により流出してしまったそうです(;-_-)

登山口に到着!

空沼岳登山口

8:38、ここからがやっと空沼岳登山のスタートです(^^;)


出だしは好調!

登山道

登山道は主に土または石の混じった土で、所々ぬかるんだりもしていますが、そこそこ歩きやすい路面です。
(注:万計沼までの感想です)

立派なエゾマツ
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(立派なエゾマツ)

倒れた巨木で塞がれた登山道(これは9/11以前から)
(倒れた巨木で塞がれた登山道…は9/11以前からです ^^;)

数百メートルごとに「万計沼まであと○○km」の標識が立てられています。

万計山荘まであと3.2kmの標識
(万計山荘まであと3.2km)

少しづつゴールに近づいているという実感が湧き、もう少し頑張ろう!という気持ちになります(笑)

名もなき小さな沼
(登山道脇に現れた小さな沼)

ひどくぬかるむ場所もあるので、

ひどくぬかるんだ箇所も

できれば防水靴、少なくとも靴カバー(フットカバー、スパッツ、脚絆、ゲートル…呼び名は様々)は装備していった方が良いと思います。

野生のアジサイ
(野生のアジサイが自生している)

9/11の大雨により大規模な崩落を起こしている箇所があります。

9/11の大雨により崩落した登山道

再び川渡り。

再び川渡り

入口の案内板では「万計川渡渉」とネーミングされていました。

万計沼(山荘)まであと800m!

万計山荘まであと800m!

残り1km位からがとても長く感じられます(^^;)

木の板を敷き詰めてぬかるみ対策
(木の板を敷き詰めてぬかるみ対策)

さすがに少し疲れてきました(-_-lll)

残り300m!

残り300m、青沼は後回しに

「青沼すぐそこ」の看板がありますが、撮影は後回しにしました(^^;)

万計沼直前の滝(上から)
(下山時に撮影した青沼の様子)

なお、青沼は脇道を50mほど進んだ先にあって、その幻想的な風景は一見の価値があります。
帰りはくたくたになっていたので、先に立ち寄ればよかったと後悔しました(;-_-)


万計沼の直前に滝。

万計沼直前の名もなき滝
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

5軸手ぶれ補正のOM-Dなら、手持ちでも滝を白糸のように流して撮ることができます。

万計沼直前の滝(上から)

万計沼は目前です!



10:35、約2時間かけて万計沼に到着!

万計沼
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ああ、何と美しい景色でしょう!
湖面に映る木々の緑、青い空と白い雲…。
達成感も相まって、余計にきれいに見えます(*^^)
ここまで登ってきた甲斐がありました(;_;)

万計沼
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

ベンチに座り、湖を眺めながら暫し休憩。

万計沼

体力やその日の体調を考慮して、ここをゴールにして引き返すのもアリだと思います。
今日は足に若干の疲労感があるものの、まだ行けそうです(^^)


そしてこちらが「万計山荘」。

万計山荘

老朽化により廃止の危機に瀕していた万計山荘でしたが、「空沼岳万計山荘友の会」という有志団体の活動により集められた寄付によって改修され、今も年間1万5千人にも上る空沼岳登山者に憩いの場を提供しています。

ここにトイレがあるおかげで、往復7時間ほどの行程となる山頂にも心置きなくアタックすることができるのです(^^)


いつまででもぼーっとしていられそうな静かな湖畔。

万計沼(パノラマ)※復路で撮影
DSC-RX100 by Panorama
(※下山時に撮影)

しかし、悠長にはしていられません。
まだ全行程の4分の1にやっと届いたところ。
実は結構ギリギリの時間です(^^;)

万計沼
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

空沼岳山頂まで残り3.5km、

空沼岳までここから3.5km

11:04、山頂に向けて出発!

万計沼~山頂~下山編に続く…


 

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

[2015/09/22 23:40] | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
銭函天狗山に登る~PASCOLO(パスコロ)のジェラート
先々週に引き続き、今月2回目の登山は銭函天狗山。

正式名称はおそらくただの「天狗山」なんでしょうけど、札幌周辺には他に小樽や、定山渓にも「天狗山」があるので、それらと区別するための通称だと思われます。

銭函天狗山は標高536mの低山ながら、山頂から眼下に石狩湾や手稲星置方面の街並みを一望する絶景を楽しむことができ、交通アクセスも良いことから、多くの登山者に登られています。

前回に引き続き天気はイマイチですが、初めて登る山なので楽しみです(^^)


-------------


登山口駐車場までの道が少々分かりづらい。



国道5号線から行く場合は、銭函インターチェンジ手前の細い道から入っていきます。
(ナビまたはグーグルmapさんに任せた方が無難です)

国道337号線を石狩側から南下する場合は、銭函インターチェンジ手前の3本の分かれ道のうち、「札樽道」に入る道が正解です。

「札樽道」へ
(一見間違っていそうな高速道路に入る道(道道147号)が正解)

右の道

次の三叉路を右折します。

突き当たりの三叉路を右に
(高速道路に入る道とそうでない道があるのでご安心を)

そこから350mほど進んだところを左折します。
とても狭い道ですが、間違いではありません。

札樽自動車道の高架下を抜けて、

札樽自動車道の高架下を抜けて…

道なりに山道を登っていくと、銭函天狗山登山口に到着。

銭函天狗山登山口

登山者用の駐車場はありますが、キャパは5台がせいぜいといったところ。


(駐車場の写真を撮り忘れたのでgoogle mapのストリートビューを埋め込みました ^^;)

なお、障害者支援施設や介護施設が近くにあるので迷惑駐車は厳禁です。


それでは11:28、登山開始!

ヒグマに注意
(ヒグマに注意 ((((( ;゚Д゚))))))))

砂防ダムに架かる橋
(砂防ダムを渡る橋 ※下山時に撮影)

笹刈りされた登山道
(登山道は笹刈りされた痕跡あり。有志又はボランティアでしょうか)



しばらく進むと山荘らしき建物が見えてきました。

銭天山荘

「銭天山荘」と看板が掲げられています。

後日調べたところ、札幌山岳会所有の山荘で、一般の人の利用はできないそうです。
なお、山荘横にトイレらしき施設があります。(使用可能かどうかの確認はしていません)


特に用事は無いので先に進みます。


中腹までは沢沿いに登山道が設けられており、湿った路面が多くなっています。

沢沿いの登山道
(沢沿いの登山道)

昨日の雨天の影響もあると思いますが、ぬかるんで滑る箇所があるので要注意。

ぬかるんだ道…滑ります
(ぬかるんだ道…滑ります)

ただ、ゴツゴツした岩などは少なく、概ね歩きやすい路面だと思います。


しかし中盤以降は様子が変わってきました。

ごつごつした岩場に、

ゴツゴツした岩の山道
(岩場は滑りやすいので要注意)

急な坂が続きます。

補助のロープ
(補助のロープが設置された急坂)

特に岩場は、雨に濡れて大変滑りやすくなっているので、注意して登っていきます。


そろそろ終盤に差し掛かる頃かな?と思い始めたところで、初めて視界が開けました!

初めて視界が開けた…
(恐らく手稲市街)

手稲山山頂を望む
(手稲山山頂が見えました)

さらに進んでいくと、

手稲の市街地とチサンカントリークラブ銭函ゴルフ場
(麓を一望できる高さまで到達)

山頂が見えました!

ロッククライミングの練習場としても使われる

切り立った岩壁は、ロッククライミングの練習場所としても使われているそうです。


トカゲ!?

ニホントカゲ!?

こんなにきれいな色のトカゲ?は初めて見ました。
調べたところによると、ニホントカゲという生き物だそうで、尻尾から背の綺麗な青が特徴です。

ちなみに尻尾が青いのは幼体または幼体の色彩を残したまま成熟したメスだそうで、成長したオスは…

ニホントカゲのオスの成体

…こんな姿をしています ((((( ;゚Д゚)))))))


他にも、イモリ?ヤモリ??

ニホンカナヘビ?

…と思っていたこの生き物、実はニホンカナヘビという爬虫類の一種なんですね。
北海道にはヤモリもイモリも生息していないんだそうで(^^;)


さらに、すれ違った下山中の登山者から耳寄りな(?)情報が。


「山頂手前にマムシが2匹、とぐろを巻いて日光浴をしているから気をつけてね ^^」


…!?( ゚Д゚)
突然そんな話を聞かされたものですから、そこから先はいつどこからマムシが出てくるのかと、びくびくしながら登ることに(^^;)

ともかく、山頂付近は本当にトカゲ(爬虫類)だらけです。
ほんと、半端ではない数です。
そのへんの岩をめくったらおそらく…
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン

岩の下には…

爬虫類が苦手な方は、心して挑んでください(^^;)


頂上手前の絶景スポット!

銭函天狗山から石狩湾を望む
(石狩湾を望む。先客あり)

銭函天狗山から石狩湾を望む(パノラマ)
(RX100のパノラマ)

手稲山山頂と連なる山々
(手稲山のアンテナ群が見える)

銭函天狗山山頂は目前です。

山頂は近い
(山頂の銘鈑…ではありませんでした ^^;)


13:08、山頂(536m)に到着!!

銭函天狗山山頂

マムシは…姿をくらませていました (´∀`*)ホッ
(怖いもの見たさの気持ちも多少ありましたが…)

このまま山頂スペースで昼食をとる予定でしたが、さすがに落ち着かないので(笑)、早々に下山することにしました。


青空が少し顔を覘かせてきました。

銭函天狗山から石狩湾を望む(山頂付近から)

石狩平野に広がる札幌の街並み。

手稲・星置市街地

足元はロッククライミングの練習場にもなっているという切り立った崖…

切り立った崖

切り立った崖

切り立った崖

さすがに「天狗山」の名を冠しているだけあります。
(↑ 一般的には「山の形が天狗の鼻のように尖っている山体」とか、「空を飛ぶ天狗だけが登れるような険しい山」などが由来)


さて、苦労して登ってきた急斜面を下りますが…。

下りは登り以上にキツい

この下りが登りよりもキツい!
特に路面が滑りやすい箇所は、足に相当な負担が掛かります。


脚がプルプルしてきたところで(^^;)銭天山荘に帰着!

銭天山荘着

登山口まであと少し…。


14:26、下山完了!
撮影にかなり時間をかけていますが、実質の所要時間は登り・下りともにそれぞれ1時間30分程度でした。


遅ればせながら、駐車場で昼食をいただきます。

駐車場で昼食

登山にはやっぱりこれでしょう、のカップヌードル!

駐車場で昼食(カップヌードル)

は、山頂で食べてこそのものですが(^^;)、おいしいものはおいしい(笑)

さて、今回登った銭函天狗山ですが、確かに景色は素晴らしく、高さも手頃で登りやすい山だと思います。
ただ、私はトカゲ、マムシ(+虫)の類は苦手(?)ですので、足繁く通うホームグラウンドにはならないですね(^^;)

札幌周辺で景色の良い500m級の山なら、藻岩山か八剣山、あとは小樽の塩谷丸山が個人的にはおすすめです。


-------------


帰りに国道5号線沿いにあるジェラート店の「PASCOLO(パスコロ)」さんに寄りました。



PASCOLO(パスコロ)のジェラート

店の前を通りがかるたびに行列ができているの見かける人気店です。
今日は平日の昼間のため、並ばずに買うことができました(^^)

PASCOLO(パスコロ)のジェラート

注文したのはメープルとエスプレッソのダブル。

PASCOLO(パスコロ)のジェラート(「メープル」と「エスプレッソ」のダブル

このボリュームで350円(シングルは300円)は驚異的です!

空気を多く含んでいて、ふんわり滑らかな舌触り。
味も上々!
これだけの大きさながら、ぺろりと平らげてしまいました(^^)
人気の理由も納得です(^^)/


テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

[2015/08/28 23:32] | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
手稲山登山(手稲ハイランド入口から)
手稲山登山と言えば、札幌近郊の山では空沼岳と1、2を争うハードさと言われていますが、それは急なガレ場を登る「平和の滝」ルートの話。

手稲側から登る「北尾根ルート」を半分以上車でショートカットして、サッポロテイネ(旧:テイネハイランド)の駐車場から出発すれば、かなり手軽に登ることができます。

具体的には、手稲山の標高は1023.1mで、スタート地点の標高が580m弱ありますので、標高差は450mほどになります。
寄り道しなければ、片道それぞれ1時間程度で登り下りできるはずです。


-------------


今日はあいにくの雨ですが、お盆休みの最後のフリーの休日のため、無理を押して登山決行。

(↓国道5号線から「ハイランドコース」入口駐車場までの道のり)


国道5号線の「手稲山」の青看板(および札樽自動車道手稲インターチェンジの緑看板)が目印です。

フレンチの有名店「ジャルダン・ポタジェ テラニシ」さんを通り過ぎ、細い山道を登っていきます。

車両通行止め
(4月1日~10月31日は22:00~4:00の時間帯は通行止め。おそらく走り屋対策かと)

減速帯(帯状の凹凸)が多数設置されているので、通行する際は注意が必要です。

途中、青空も覗きますが、

青空も覗くが…

いつ崩れてもおかしくない危うい天候です( -_-)


約15分ほどで、テイネハイランド駐車場に到着!

テイネハイランド(サッポロテイネ)駐車場に到着
(手稲山山頂は雲の中…)

向かって右手に数十~100台は停められそうな広い駐車場があるので、駐車スペースに困ることはないでしょう。

中央の道は、頂上のアンテナ群の管理者専用の入口です。

山頂テレビ搭への通路
(テレビ山道。一般車両の通行は不可)

とりあえずこの道を辿っていけば、山頂にたどり着くことができるということです(^^;)


左手(道なり)が第二駐車場と登山口方向になります。

手稲山ロープウェー山麓駅とテイネエイトゴンドラ山頂駅
(手稲山ロープウェイとテイネエイトゴンドラ山頂駅)

札幌オリンピック運営本部棟
(札幌オリンピック運営本部棟)

地元市民には「テイネオリンピア」と「テイネハイランド」の呼び名の方が馴染みがあるかと。
この2つスキー場・レジャーランドが加森観光により買収、統合されて「サッポロテイネ」になりました。
※観覧車がシンボルの旧テイネオリンピアは営業を停止し、現在はスキー場のみ営業しています

登山道入口は、第2駐車場の突き当りにあります。

手稲山登山口(ハイランドゾーン)

赤白の柵を越えてすぐのところに分岐があり、右手の登り道から登っていきました。
9:50、登山開始です(^^)



…少し進むとまた分岐が。

分岐(左へ)

右手(道なり)の方が道が広いので右に進みたくなりますが、通常のルートは左の小道のほうです。

登りのルートは複数あるようです。(基本、スキー場なので)
私はゲレンデの中央を道なりに登っていくルートを選びました。

登山道から麓を見下ろす
(麓を見下ろす景色。雲がたちこめて展望は無し -_-)

ちなみにこの斜面は札幌オリンピックの女子大回転コースで、傾斜がかなりきついです。
これほど長くて急な登山道は、札幌近郊の山では体験したことがありません。

まさに心臓破りの坂。
体力に自信の無い方は、時間をかけてゆっくり登りましょう。
(ちなみに、他に登っている登山者のほとんどが中年以上の高齢者でした ^^;)


途中、テレビ山道を横切り、

テレビ山道を横切る

残りの急坂を登り切って、

テレビ山道を横切る
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

幾分緩やかになった登山道を進んでいくと…テレビ塔群が見えてきました!

テレビ搭群が見えてくる

リフト降り場、つまりテイネハイランドスキー場の最上部に到達。

テイネハイランド頂上

頂上は目前です!…が、ここにきてにわかに雨が強くなってきました。

リフト下り場でいったん雨宿りして、少し弱まったところを見計らって山頂に向けて出発しました。

テレビ山道と合流
(ここでテレビ山道と合流)

山頂手前に、各局の送信所が集結しています。

各局のテレビ搭

テレビ局の電波送信塔のほか、ラジオ局や、業務用の無線基地もあるそうです。

一番目立つ紅白の塔は、HBCのアンテナ。

各局のテレビ搭

実は、電波発信塔の設置場所として手稲山に最初に目を付けたのがHBCなんだそうで。
それより以前は、札幌テレビ搭がテレビ電波発信塔としての役割を担っていました。
なお、現在は全てのテレビ局がこの手稲山にアンテナを設置しています。


手稲山山頂は目と鼻の先…

手稲山山頂

11:10、ついに標高1023.7mの山頂に到着!

手稲山山頂(1,023.7m)

勾配が急な分、総歩行距離は短く、実質的な所要時間は少なく感じました。
(雨宿り等しているので延べ時間は結構かかっています)

一等三角点(手稲山)

手稲区のゆるキャラ「ていぬ」が出迎え。

ていね山っていいね(by ていぬ)
(ていね山っていいね!)

看板によると、間近に定山渓天狗岳、遠くには余市岳、羊蹄山、札幌岳などを望むことができるそうですが…

今日はあいにくの天気で眺望がききません。

手稲山山頂からの眺め
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

うーん、雲海っぽく見えなくもない(笑)

テレビ搭と手稲の山並み
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

晴れた日の眺望はかなり期待できそうです。非常に残念です。
近いうちに再挑戦したいと思います!

11:30、下山開始。



頂上付近に「平和の滝コース」との合流ポイントがあります。

平和の滝~手稲山登山ルート
(いつか平和の滝コースにも挑戦を…)

ちょっと寄り道して、平和の滝コースにある「ケルン」を見てきます。

平和の滝登山ルートを下る…
(こちらは登山道らしい?道)

標高差30mほどを下って、ケルンと対面。

これがうわさの「ケルン」(標高980m地点)
(本来は平和の滝コースの難所、ガレ場を登り切った者を迎える象徴的モニュメント)

もう少し経験を積んでから、平和の滝コースにも挑戦してみようかな(^^;)


小雨ながら雨が降り止まないので、またリフト降り場で休憩。

リフト乗り場で雨宿り兼昼食

昼食のおにぎりをいただきました(^^)

…注目!!

注目!ただいまの気温は16℃

ただいまの気温は16℃。
8月半ばですが、さすがに1,000m級の山だけあって涼しいですね。
夏山とはいえ、合羽の上下は防寒も兼ねて常備携行して行ったほうが良いです。


食事を済ませて、引き続き下山…

下山

下界には相変わらず雲が立ち込めていて、眺望がききません。

先ほど登ってきた女子大回転コースを下る…

相変わらず雲が立ち込めていて…
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(雲の隙間に薄っすらと旧テイネオリンピアの観覧車)

…この急坂は間違いなく登りよりも下りのほうがつらい
足(ふくらはぎ)のプルプルが止まりません(笑)

道はそれほど荒れていないので、トレッキングポールが役に立つと思います。

雲の切れ間に海が見える
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(石狩湾も望めました!)

最後は足がガクガクになりながらも、12:59下山完了!

テイネハイランド(サッポロテイネ・ハイランドゾーン)駐車場に到着

駐車場には私の車一台のみ。

トレッキングポール…
(トレッキングポールは車の中に置き忘れ…)

帰り道(橋の上から)
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(帰り道、橋の上から石狩湾を望む)

短距離を一気に登るこのコースは、瞬発力を鍛えるトレーニングに適していると思います。

今年の目標である空沼岳登山に向けて、近いうちにリベンジしたいと思います!


テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

[2015/08/15 23:31] | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。