スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
美瑛町白金の青い池
ついに来ました、念願の美瑛(^^)

目的は白金の「青い池」。
AppleのノートPCのニューモデルMacBook Pro with Retina Displayの壁紙に採用されたという、あの風景です。



世界的企業に認められた、世界レベルの美しい景色…期待に胸が膨らみます(^^)



池に向かう途中、通りがかった美瑛の名所の一つ「ぜるぶの丘」でいったん休憩。

ぜるぶの丘/美瑛
E-M5/ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 PL

こんなベタな記念写真もそれなりに絵になってしまうのが、美瑛というロケーションの魔力…。


ぜるぶの丘を離れ、国道237号線から道道966号線に入り、長い直線道路を15kmほど進んで白金インフォメーションセンターが左手に見えたら、そこから2kmほど過ぎたところに青い池の駐車場があります。

青い池の駐車場

秘境という言葉の響きにおよそ似つかわしくない(笑)、よく整備された広い駐車場です。
地元でも限られた人にしか知られていなかった秘境も、今では一大観光地に様変わりしたようですね(^^;)


駐車場から数分歩くと…

青い池…きたぁぁーーー!

美瑛町白金の青い池
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 PL

ミルキーブルーという表現がまさにぴったりの、幻想的な水色にただただ感動(;_;)


私、この「青い池」だけが特別に青いものと思っていましたが、そうではないようです。

美瑛川

美瑛川の水は、池の水と合流する手前からすでにこの青色をしています。

…なぜこのように青白く見えるのでしょう?

その要因は、アルミニウムを多く含んだ湧水が美瑛川の水に混ざることで生成するコロイド粒子によるものと考えられています。
コロイドは太陽光の散乱を促し、特に波長の短い青い光が散乱されやすいため、このような美しい青色が生まれる…とのことですが、詳細なメカニズムについてはまだ解明されていないそうです。


その湖面に青い空と白い雲が映り込み、綺麗なグラデーションを描いています。

美瑛町白金の青い池
E-M5/ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 PL

立ち枯れした木(カラマツ・白樺)を生かして静謐な感じを出すのが筋でしょうが、生き生きした感じも悪くありません。


青の発色の良さはオリンパスの特徴と言われています。

美瑛町白金の青い池
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 PL

確かに、メンバーのキャノンの一眼よりも濁りのない綺麗な発色だと感じました。
※個人の感想です。カメラの設定による部分も大きいと思います


お決まりの構図でもう一枚。

美瑛町白金の青い池
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 PL

「美瑛 青い池」でgoogle画像検索すれば写真が山ほど出てくるように、この風景はもはや珍しいものではなくなりました。


でもその美しさは不変です。

美瑛町白金の青い池
E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

早朝や夕方にはまた違った一面を見せるのでしょうね。

できることなら一週間くらい泊まり込みで撮影したい!


その2に続く…


 

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

[2012/09/21 22:48] | 美瑛 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<前のページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。