スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
フロントウィンカーレンズをスモーク化
自分的にはかなりお気に入りのEP82後期フロントマスクですが、唯一許せないのがウィンカーです。
ウィンカーだけがものすごく浮いているように感じてしまうのは私だけでしょうか…。
とにかくあのオレンジ色と、4つ目ライトに合わせたと思われる黒い縁取りの組み合わせはいけません。

当初はクリアウィンカーにしようと考えていましたが、ネットで情報を探してみると、EP82、特に後期の4つ目仕様は91のように簡単にはいかないことが判明しました。
しかしこの違和感はどうにも我慢できないので、とりあえず応急処置的に、以前よく用いた手法でウィンカーをスモーク化することにします。

昔はプラモデル用のスモークブラック(売価500円位)を使用していましたが、塗料を売っている模型屋が近所になくなってしまったため、最近は自動車用ラッカーのクリアスモーク(こちらも最近はあまり見かけないが…)か、キャンディ塗装用のスモーク(こちらはたいていのホームセンターに置いてある?)を使用しています。

最近はスモークレンズ化するための専用塗料も発売されているようですが、価格が高いので、私はいつも前述の汎用ラッカーを使っています(笑)

smokeblinker1.jpg

ちなみに写真に写っているのはキャンディ塗装用のスモーク(1,200円位)のほうです。
こちらは塗料中のスモーク成分少しが薄いため、何度も重ね塗りしないと黒くならないのが欠点ですね。
あわてて一気に厚塗りせず、少しずつ乾かしながら地道に塗り重ねていきましょう。



こんな感じに仕上がりました。

smokeblinker2.jpg

オレンジ色と黒の縁取りはだいぶ目立たなくなりましたが、管理人的にはまだ満足できません。
今は時間が取れませんが、最終的にはクリアレンズ化することなるでしょう(笑)
手法については後日レポートします…。



<追記>

ウィンカー単体で塗っているとスモークの濃さがイマイチよく分かりません。
そして実際に取り付けてから濃すぎることに気付く…ということがよくあります。
スモーク化するとウィンカーの輝度が極端に落ちるので、濃くしすぎには注意してください。

そんな時は2、3日放置して(横着して乾燥時間を短く取ると失敗します)塗装を完全に乾燥させた後、中目~細目のコンパウンドで少しずつ磨いて塗装の厚みを調節し、色を調整してください。
最後に極細のコンパウンドで仕上げれば、ちゃんとレンズっぽく仕上がります(^‐゚)

 
[2007/10/02 12:20] | 旧ブログ(スターレットEP82他) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
A-TECH/ファイナルスピード イレーザー+YOKOHAMA/DNA ECOS 195/50R15
ホイールを新調しました。

final_speed1.jpg

final_speed2.jpg

車両購入時にサービスでタイヤを新品に交換していただいたのですが、ホイールがド派手な青で、私にはちょっと辛く…(^^;)
新しいホイールは「A-TECH/ファイナルスピード イレーザー」を選び、これにヨコハマ/DNA ECOSを組み合わせました。

ちなみに旧ホイールは、タイヤごとアップガレージにて売り払いましたが、新品のブリヂストン/Playzにもかかわらず、4本で10,000円と買い叩かれてしまいました(-_-#)



ホイールの選択基準は、まず第一にスターレットに合うサイズがあること、(当然か)
次に優先したのはデザインです。次に価格(笑)

この全てを満たしていたが「ファイナルスピード イレーザー」でした。

低価格ながらも、細身スポーク+本数少な目のスポーツ走行を見据えた軽量デザインで、特にハブ周りのシンプルなデザインが私好みで決め手となりました。
重量も、同価格帯の鋳造アルミホイールの中では軽い部類に入ります。


一方、タイヤは単に有名メーカーのモノの割りに安かった、それだけです(笑)
価格はブリヂストンのみが別格(高い!)で、あとはほぼ似たり寄ったりですが、その中でも最安値だったのがこのタイヤでした。

今のところ峠やサーキットを走る予定はないので、グリップには特にこだわっていません。


タイヤとホイールのサイズについては事前のリサーチにより、フェンダーの爪折り無しでも195/50R15までは履けることが分かっていましたが、オフセットについてはローダウン量と車体の個体差によるとのことでしたので随分悩みました。

+35でも大丈夫だったという方もいましたが、EP82は91よりもリアのクリアランスが狭いらしい、という情報を得たので念のため+38を選択しました。

ただ、闇雲にオフセットを大きく(タイヤを内側に)しすぎると、今度はインナーフェンダーと干渉する可能性があるので注意が必要です。
前後でオフセットを変えるという選択もありますが、タイヤローテーションが難しくなるため今回は見送ります。

購入は「矢東タイヤ」というお店の通販を利用して、組み込み・バランス取り・送料・税込みで84,000円でした。
到着した品物を見てみると…ホイールは鋳造にもかかわらずアルミの質感は良く、表面の精度等もなかなか良いです。
塗装の品質はそれなりかもです(^^;)



<追記>

装着前に、タイヤ+ホイールの重量を量ってみました。

final_speed3.jpg

結果は…

final_speed4.jpg

13.9kgでした。

とりあえず計測してみたものの、比較対象が無く、これが重いのか軽いのか全く分かりません…(-_-;)
ちなみにホイールは、メーカー公表値5.60kg(15×6.5、1本)となっております。

…つまり、ホイールよりもタイヤのほうがはるかに重いのです。
ホイールの軽量化ばかりが注目されていますが、実はタイヤの軽量化のほうが大事だったりするのですね。

[2007/09/10 11:39] | 旧ブログ(スターレットEP82他) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ST.MAY/ショットガンマフラー
こちらは車両購入時から付いていた唯一の社外品、マフラーです。

stmay1.jpg

ST.MAY(読み方は…エスティメイ?セントメイ??)というブランドのオールステンレス製フルストレート構造デュアルテールマフラー(長い ^^;)で、テールパイプのみを交換するタイプのマフラーです。

当初はセンター2本出しのド派手な見た目圧倒的な存在感に私自身、少々引き気味でしたが(笑)、今ではプチGTカーチック(?)なこのスタイルが甚くお気に入りだったりします(^^)

stmay2.jpg

ストレート構造の砲弾型マフラーですので音量は大きめです。
2本出し特有の共鳴音も気になります。
ご近所には少々迷惑かも(^^;)
まあ、K察に検挙されてしまう類のものではなく、車検はとりあえずこのままで通りました。

その分抜けはそこそこ良いと思います。
私の車体では、このマフラーへの変更だけで、HIモード時の最大ブーストが0.03位上がっています。

ちなみに重量は、社外品の中ではかなり重い方であると、どなたかがコメントしておりました。
確かに、本来車体右から出ている排出口を無理矢理センターにもってきて、しかもサイレンサー2本出しですからね…リアパイプの肉厚もかなり厚そうな感じですし。



とにかく見た目のインパクトが強いので、マニアでない方がMYスターレットを見ると、「何じゃこりゃ?」といった反応の後、「これ、違反でしょ?」とか「これで車検通るの??」と、要らぬ心配をしてくださります(笑)

そのたびに、「これ、買った時から付いていた(ので仕方ない)のですよ」と答えてしまう、気弱なsakiでした(^^;)

[2007/08/18 00:06] | 旧ブログ(スターレットEP82他) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。