DT200WRで林道へ(2)
今日はいつもとは違う山を探索しようと思っています。

dt200wr-off2_01.jpg

山といっても目的は林道ではなく、山を削って平らにした台地。
処理場でも作るつもりだったのか、とにかくだだっ広い火山灰の平地で、その昔兄に同乗して連れてきてもらって、○の○○の練習をした記憶があります。
あそこなら、心置きなくオフロードの練習ができるでしょう。

何か建てられているとしてもあの山の中、少しでも空きスペースがあればそれでOKです。


予想通り、入り口は封鎖されています。

dt200wr-off2_02.jpg

と云っても「封鎖」と呼べるほど立派なバリケードではなく、これなら普通に横から入って行けますね…(^^;)
とりあえずここにバイクを止めて、歩いて様子を見に行くことにしました。


うーん、バイクで進むには少々厳しいか(-_-;)

dt200wr-off2_03.jpg

ほんの50mほど歩いたところで突き当たりました。
その先には、壁…

dt200wr-off2_04.jpg

…そして民家?
いや、こんなに高く土を盛って、しかも住宅地にしていたとは( ̄ロ ̄ )
有に10mは盛っているでしょう。
いくらコンクリートで固めているとはいえ、中身はサラサラの火山灰…大丈夫なんでしょうか?

何はどうあれ、ここに長居は無用です。
結局いつもの山に向かうことにしました。



今日はまだ入ったことのない脇道に入ってみます。

dt200wr-off2_12.jpg

良い感じの道が続いていますよ(^^)

…と思ったら、例のごとく進入禁止(-_- )

dt200wr-off2_06.jpg

この先には試験場があり、菌を持ち込ませないための立ち入り禁止ですので、突破はできません。
(注:そうでなくても突破してはいけません -×-)


仕方なく走行可能な道をグルグル回ってると…暑い。

dt200wr-off2_07.jpg

天気が悪いと外に出られませんが、良ければ良いでまた辛いものがあります(わがままだなぁ)

で、日陰で一旦休憩。

dt200wr-off2_08.jpg

その後、また新しい道を見つけたので辿ってみると、広い原っぱが目の前に現れました。

しかしその手前には高さ1mほどの土手が。

dt200wr-off2_09.jpg

先にバイクを降りて登ってみたところ、土手の奥は城の外堀のように、手前に深さ1m位の溝が掘られていて、落ちたら最後、バイクを引き出せなくなりそう(-_-#)
土手も土が締まっておらず、少し勢いをつけないと登られなさそうです。

大した高さではありませんが、いかんせん経験が無いもので、登り切ってもうまく土手の頂点で止まれるかどうか…。

でも、えいやっ!で行きました(笑)。なんとか成功です。
溝の切れている箇所から原っぱに降りてみます。

dt200wr-off2_10.jpg

草が深くてほとんど先には進めませんでした。
でも何となく、やり遂げた感は得られました(笑)


約1時間ほど走行して、握力が無くなってきたところで終了としました。



今日の収穫は、葉っぱ

dt200wr-off2_11.jpg

ではなく、今日の走行で気付いた点、

①バックミラーが邪魔

ということ。
スタンディングでガレ場を走行していると、何かが腕に当たって痛い…と思ったらバックミラー!?
(…って、今頃気付くか!?)
とりあえずミラーの位置をできるだけ奥に調整しようと思いますが、下向きに付けるタイプのミラーが欲しくなりました。

そして、

②細い道を進んで突き当たってしまった時、Uターンする術を持っていないこと(笑)

これはどうしようもないので、バイクを降りて、前後に何度も動かしながら、少しずつ方向転換するしかありません。
当然ライダーは汗だくです。
その場でフローティングターン180!なんて出来たら最高なんですけどね~(^^;)
まあそれは当分(一生?)無理でしょう。

方向転換しようとしたときにエンストしてバイクを転かしてしまい、脛をぶつけて痛い思いをしましたが、今までで一番充実したオフ走行になりました(^-^)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

[2011/07/24 23:19] | DT200WR | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<OLYMPUS PEN E-P3 | ホーム | えこりん村・銀河庭園のバラ祭り2011 ②>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/96-9469f42e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |