スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
TRUST/GReddy ブーストメーター取り付け
ターボ車といえばやはりブースト計!機能面でも見た目的にも(笑)必須のアイテムです。
中古で買ったこのスターレットのエンジンの状態を見る意味でも、まずはブーストメーターを取り付けることにしました。
これが私のEP82最初の最初のカスタムです(^^)



今回使用するのはTRUSTの GREDDY 電子式ブーストメーターΦ60、ワーニング機能付きです。

greddy5.jpg

シンプルなデザインが私好みで、数値も読み取りやすく、そしてなんといっても値段が安いことが決め手となりました(笑)
某オークションで、新品・送料税込み13,000円で売られていたのを購入しました。
定価のほぼ半額といったところでしょうか。
最近オークションの中古品で程度の悪いものを掴まされることが多く、中古オークション好きの私も新品購入派に傾きつつあります(^^;)

greddy4.jpg

取り付けに必要と思われる部品はほぼ付属しています。
電子式なので、メーター本体以外に圧力センサーとデータ処理用のコンピューター(?)がキットに含まれています。部品点数が多くなり、配線も複雑になりますが、機能、性能を考えるとやはり電子式がお勧めです。
他に必要なものといえば工具類と、配線の取り方によってはギボシ端子や電線などでしょうか。

あとは、メーターボディをダッシュボード等に埋め込まないのであれば、メーターステー等が必要になります。
ちなみにスターレットでは、コラムカバーやダッシュボードにステーを使って取り付けている方が多いようですね。

私は後付け機器の配線が見えてしまうのが性格上、どうしても許せないので(笑)、Aピラーに取り付けます。
専用品があれば大変嬉しいのですが、そんなものは当然現ラインナップにはないので汎用ステーを利用します。

PIVOTのAピラーメーターホルダー(Φ60用)という製品です。

greddy1.jpg

バンドタイプは見た目が嫌いなので、カバータイプのものを探していたところ、ちょうど近くのイエローハットに置いてあったのを見つけて購入しました。

greddy6.jpg

これならすっきりとした外観が望めそうです(^^)
ただ、形状的にメーターとホルダー外周の間に隙間ができてブラブラしてしまいそうなので…

greddy2.jpg

念のため隙間テープも購入しました(笑)



それでは仮装着…のはずがいきなり致命的なトラブル発生!?
なんとメーターホルダーの穴にメーターが入りません! ヽ(`Д ´)ノ ウワァァァン

greddy3.jpg

測ってみると、ホルダー側の穴が52mmしかない…(-_-;)

greddy7.jpg

実はΦ52用?メーカーが違うから穴径も違って当然??
どちらにしろメーターホルダー側を削るしか方法はなさそうです(;_;)

しかし、素材はかなり硬質なプラスチック。
根気の要る作業になりそう…


→ カッターとやすりを駆使して穴の径を拡大し、ボディを埋め込みました。

greddy_05t.jpg

径を胴幅ギリギリにしたので、このままでもそこそこ安定していますが、

greddy_06t.jpg

念のためクッションテープで隙間を埋めています(^^)

次回に続く…


 
関連記事
スポンサーサイト
[2007/04/15 15:10] | 旧ブログ(スターレットEP82他) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<TRUST/GReddy ブーストメーター取り付け その2(センターパネルの取り外し) | ホーム | ACEWELL/ACE-2802 デジタルタコ&スピードメーター>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/9-f3874944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。