赤ちゃんとLUMIX G 20mm/F1.7 (途中から G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6)
実家が贈った鯉のぼりと赤ちゃんを撮影する予定が、雨に降られてしまったので、ここ数ヶ月の成長を確認しつつ、その様子を撮影してきました。

赤ちゃんは5か月を過ぎて、顔立ちがさらにしっかりしてきました。
(…ほっぺたの肉付きも、立派になったなぁ ^^;)


私達が着いた時は、まだお父さんと寝ていて、ちょっと眠そうでした。

とりあえず一枚目、ソフトフォーカス効果を狙って…

GF1/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.
rui_01t.jpg

…はいません。単なるピンボケ写真です(笑)
太陽が出ておらず室内も暗いため、感度が低いフォーサーズには厳しい撮影条件です。
でも雰囲気は出ました。

ムックのよだれかけがかわいいですね(^^)


こちらはちゃんとピントを合わせた写真。

GF1/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.
rui_09t.jpg

このレンズ、やはり侮れません。
ピントが合った部分のシャープさと、アウトフォーカス部の柔らかなボケが美しい良レンズです。
35mm版換算40mmの画角と開放絞り値1.7の設計もうまくハマったのでしょう。
少々気になるのは、AFが標準ズームレンズに比べて少し遅いのと、AF駆動時のギコギコ音が大きい点くらいですね。


しばらくして目もパッチリ覚めたので、遊びの時間です。

この子は足の力がとても強くて、支えてバランスを取ってあげると、今にも立って歩きそうな勢いです。
足も背筋もピンと伸びているので尚更。
実際はハイハイもまだなんですけど(^^;)

GF1/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.
rui_12t.jpg

まずは座る練習から。

GF1/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.
rui_10t.jpg

大丈夫かな…

GF1/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.
rui_11t.jpg

…良くできました(^‐^)


マイブームはタッチ(立ち)の練習。
膝の上で立たせると、自分でキックして、上下に伸びて遊びます。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
rui_13t.jpg

すごいキック力…ジャンプ出来るんでないかい?(-_-;)

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
rui_06t.jpg

赤ちゃんノリノリです。
楽しそう(^^)

最後はこの”どや顔”で決め。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
rui_07t.jpg

「どや、わいの華麗なステップ、見たか?」

…お見逸れしましたぁ m(_ _)m


雨降りで寒い中、赤ちゃんも見送ってくれました。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
rui_14t.jpg

またね(^o^)/

 

自宅に帰ってきて、撮影した写真をPCの画面で確認すると、やはり Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.で撮影した後半の写真は、雰囲気がイマイチ出ていません。
私はボケ信者ではありませんが、ポートレートの背景に関してはそれなりに柔らかく大きくボケていないと、主題が引き立ちませんね。

また、レンズが暗く、ISO値を400まで上げて絞り開放で撮影していますが、それでも手振れ限界ギリギリのシャッタースピードです。
マイクロフォーサーズのラインナップにも、もう少し明るい標準ズームか、25mm(35mm版換算50mm)のマクロレンズがあるといいですね。

フォーサーズアダプター+LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. という選択肢もあるにはありますが、合わせて10万円弱は予算的に厳しい…それならEOS60Dのレンズキットを買った方が自分のためになるような気がしてなりません(笑)
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人物 - ジャンル:写真

[2011/05/01 22:20] | 赤ちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<中島公園の桜が開花(札幌市中央区) | ホーム | えこりん村銀河庭園 2011②(牧羊犬ショー・ひつじレース)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/75-d486cdc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |