スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺 (札幌市清田区)
家の近所に、本格讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」がオープンしたのが数ヶ月前。

セルフうどんといえば「はなまる」が有名ですが、「株式会社トリドール」が運営する丸亀製麺はその出店数をすでに上回っており、低価格と味の良さを売りに急成長を続ける注目の業態です。
純国産にこだわった素材や、製麺の様子まで見ることができるオープンキッチンの臨場感と安心感・手作り感がうけて、集客力も抜群。不況の飲食業界においても元気のいい会社です。

なかなか訪れる機会がありませんでしたが、先日兄の家に赤ちゃんを見に行く際に、軽く腹ごしらえをしてから行こうということになったので、これは良い機会と思い、「混んでいて時間に遅れる」という反対を押し切っての初挑戦と相成りました。


丸亀製麺美しが丘店は、札幌市中心部方面から羊ヶ丘通経由で三井アウトレットパークに向かうその道沿いにあります。

marugame-seimen_01.jpg

コストコ札幌倉庫店や三井アウトレットパークに市中心部側から向かう場合(上写真の進行方向)は反対車線側になるので、Uターンするのが少々面倒です。

「抜群の集客力」はダテではありません。列が外まで伸びています(^^;)
現在14時くらいですが、客は絶え間なく入ってきて、そしてどんどん出てきます。
客の回転は良さそうですね。

marugame-seimen_02.jpg

時間がないと言いつつ、私らも並ぶことにしました。


店の中にも列ができています。

marugame-seimen_03.jpg

このまま流れに乗って、注文 ⇒ メイン商品受け取り ⇒ トッピング ⇒ 会計(⇒無料トッピング)と、最後まで流れ作業で済ませる、効率重視の方式です。
これだけの列にもかかわらず、10分も待たずに商品を受け取ることができました。


店名を「丸亀製麺」と銘打っているだけあり、さすがに麺は自家製のようです。

marugame-seimen_06.jpg

店の片隅に巨大な小麦粉の袋が積んでありました。


基本商品はうどんのみ。
トッピングでバリエーションを作ります。

marugame-seimen_04.jpg

私は「明太釜玉うどん(並)」380円、相方は「丸得釜揚げうどんおろし付き(1.5玉)」390円を注文。

商品受け取り後、レジに向かう途中にトッピングコーナーがあり、かき揚げなど好きな具をトッピングした後に、レジで清算します。

marugame-seimen_05.jpg

両者ともトッピングするような内容ではなかったので、そのまま会計しました。
ぶっかけうどんなら色々トッピングするのも良さそうですね(^^)

会計後のスペースには、ネギや生姜、揚げ玉等の無料トッピングコーナーがあるので、ここで更にオリジナルの味を追求できるというわけです(^^)

私の「明太釜玉うどん」

marugame-seimen_07.jpg

相方の「丸得釜揚げうどんおろし付き(1.5玉)」

marugame-seimen_08.jpg

うどんはコシがあってツルツルと喉越しも良く、値段を考えるとかなり美味しくいただけると思います。

量は一見少なく感じますが、小食な私は並で十分満足しました。
1.5玉を頼んだ相方はちょっと多かったようです(^^;)

明太釜玉は、ほんとおいしい味でした。
味の主張が強い明太子を玉子がやさしく包み、まろやかクリーミーに仕上がっています。
濃い目の味が好きな方はぜひ試してみてください。

さっぱりが好きな人は茹で上げ系で、トッピングを色々変えてバリエーションを作ると良いと思います(^^)
無料トッピングの生姜がお勧めです(゚-^)

ダシ醤油やゴマは卓上にあります。

marugame-seimen_12.jpg

最初は店が薦める基本の食べ方で食べてみるのが良いかも。

marugame-seimen_10.jpg


清算時に本のしおり?のようなものを貰いました。

marugame-seimen_11t.jpg

裏には、注文した商品(偶然それが当たっただけかもしれません)の美味しい食べ方が記されています。
これを5枚集める(5杯食べる)と1杯サービスというキャンペーンを実施しているようです。
ただでさえ客単価が低いのに、頑張っていますね。

回転率が命の業態は、常に客を集め続けなければならない宿命を負っていますから、基本の商品が飽きられてしまうと終わりです。
その点トリドールが選択した「うどん」という食べ飽きしづらいベーシックな商品は、それが文化として根付いている香川のような地域以外でもスタンダードとなる可能性を秘めていると思います。

店員の配置や客の流し方、物・人・作業の見せ方なども、商売のやり方の一つとして参考になりますね(゚-^)



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
丸亀製麺札幌美しが丘店
北海道札幌市清田区美しが丘4条6-1-15(羊ヶ丘通沿い)
営業時間/11:00~22:00(L.O. 21:30) 
定休日/無
http://www.marugame-seimen.jp/
___________________________________





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

[2011/03/13 23:38] | 食べ歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ミラーレス一眼に最適な三脚 (ベルボン/ULTREK45L編) | ホーム | ミラーレス一眼に最適な三脚(SLIK/コンパクト2 for digital編)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/73-e18e83a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。