冬の北海道大学構内
12月は「雪不足」とまで言われた札幌にも、ついに大雪がヽ(`Д ´ )ノ ウワァァァァン
雪が降って何が困るかというと、とにかく通勤がツラい!
渋滞に巻き込まれる日々がまた始まるのですね…(;_;)

スキーをやらない私にとっては邪魔者でしかない雪。
前向きに活用する術といえば…やはり写真撮影しかありません(^^;)

というわけで、前回キャンセルした北海道大学構内の撮影に行ってきました(^^)



今回も自家用車で向かいます。
もちろん大学構内には、通行許可証が無ければ入構することはできません。

前回は北大近くのTIMESに駐車しましたが、実は北大病院の駐車場に停める方が近いし料金も幾分安くなるようです。
ただし、ここはあくまでも病院の駐車場ですから、一般客の駐車もOKとはいえ、基本的には受診またはお見舞い目的で訪問された方が優先されるべきです。
特に平日は利用者が大変多いので、混み合っている時は付近の私営駐車場を利用するのがマナーかと思います。
今日は休日で空いていたのでゴメンなさい、ということで(-人-)

駐車場からそのまま北13条門に出て、構内に入ります。



いや、休日にもかかわらず通りにはたくさんの学生や先生方の姿が。
さすが理系学部もある総合大学ですね。

さて、13条門といえば、銀杏並木。

GF1/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.
hokudai-winter_01.jpg

さすがに葉は全て落ちてしまっていますが、枯れ木の並木にはまた別の風情があります。



続いて歯学部の向かいの、未踏の原っぱを撮影。

GF1/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
hokudai-winter_09t.jpg

綺麗な雪面に映った木の影が良い感じでした。

うーん、さすがLumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.。
コントラストも高く、解像感も素晴らしいですね。

惜しむらくは重く大きくて機動性に欠ける点と価格が…。
直接のライバルとなる、オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm f4.0-5.6が非常にコンパクトに設計されているため余計に際立ちます。

オリンパスとパナソニックレンズ全般を通しての大きな違いは、レンズ内手振れ補正機能の有無ですが、パナの7-14mmにも手振れ補正機能は付いていないため、GF1・GF2等のGシリーズユーザーの方も敢えてパナ7-14mmにこだわる必要はありません。
(※基本的に超広角レンズは手ブレが起こりづらいので、補正機能が無くてもそれほど問題にはなりません。望遠レンズの拡大倍率が大きくなればなるほど手ブレが起こり易くなることの逆と考えていただければ分りやすいかと。)

ですから、各人の予算や用途により選んでいただいてOKだと思います。



続いてポプラ並木のほうに足を運びます。

高齢化が進んだポプラの木々は、台風等で倒壊したものもあり、歯抜けになってしまった今では並木とはちょっと言えない状態です。

そして綺麗かな?と期待していた農場も…

GF1/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
hokudai-winter_04t.jpg

あまりにシンプルすぎて…言ってしまえばただのだだっ広い原っぱです(笑)



気を取り直して、旧理学部前へ。

ポプラの古木と旧理学部(現博物館)。

GF1/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
hokudai-winter_05t.jpg

直径1m以上はあろうポプラの大木の迫力に圧倒されました。

なお、旧理学部正面入り口には、相変わらず例の鈴木名誉教授の横断幕が掛かっており、そちら側からの撮影は断念しました(-_-;)



2時間ほど撮影したところで寒さに耐えられなくなり、中央食堂へと避難します。
昼食もまだだったので、○年?ぶりに学食というものを食してみることに。

メニューはバリエーションに富んでいます(^o^)
カフェテリア方式(あらかじめ並べられていたり、その場で注文したりしたものを事由に選びトレーに載せ、最後にレジで清算する方式)で、写真に写っている以外にも様々なメニューがありました。
学生受けするものばかりでなく、ちゃんと栄養なども考えられたレパートリーになっている感があります。

hokudai-winter_06t.jpg

ちなみに右下にちょろっと見えているのは、少し前に話題になった「牛トロ丼」(450円)です。
食べると最後の方はちょっとくどくなるんですが、分っていても時々無性に食べたくなるんですよね~。

で、今日の私のチョイスは、

・ライスS
・豚汁S
・クリームチーズメンチカツ
・オクラとモロヘイヤのおひたし

hokudai-winter_07.jpg

締めて398円也。
温かいお茶もセルフですがサービスです。

うーん、うちの社食にぜひ入って欲しい(笑)

なんと言っても土日も営業しているのが学生には嬉しいですね(^^)
(※日曜日は11:00~15:00の短縮営業となっています。)



お腹も満たされたので、もう一仕事。
工学部横の「大野池」に行ってみましょう。

寒空の下、ミラーレス一眼と思われるカメラで撮影するカメラ女子?を発見。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
hokudai-winter_08.jpg

…雪が積もってしまうと、池なのか何なのかさっぱり分かりません(-_- )
私はたいした写真も撮れないまま退散。



15時も過ぎると日が暮れてきました。
他に目ぼしい被写体も見つからないので、この辺で終わりにします。



最後に銀杏並木を工学部側から。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
hokudai-winter_12t.jpg

うーん、この場面では横構図+もう少し望遠寄りにして圧縮を掛けるのが正解でしょうか。

もっと練習しないとダメですね。



北海道大学構内の紅葉の様子はこちら。


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雪景色 - ジャンル:写真

[2011/01/22 23:12] | 北海道大学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<簡易防湿庫に防カビ剤 (フジカラー/カビ防止剤) | ホーム | 飛燕[ひえん] (ラーメン/札幌市豊平区中の島)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/67-ef3f33e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |