スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
写真道展を見てきました
一日空いていたので、小樽で開かれている写真道展を見に行きました。

会場は小樽市美術館。
札幌芸術の森美術館や近代美術館とはまた違う感じ、昔ながらのイメージの美術館でした。


それでも展示スペースは思った以上に広く、計247点もの作品が一堂に会する様は圧巻です。
時間もあるのでじっくりと鑑賞することにします。

バリエーションに富んだ写真は見ていて飽きませんね。
どうやったらこんなにいい写真が撮れる!?から、こんなシーンでは構図をこう取ると良いのか~!とか、ここはこう撮った方がもっと良いのに(…偉そうに)まで、気分は評論家です(笑)
タイトルの付け方なんかも上手いなぁというのが結構あって、本当に勉強になりました。
人の作品を見るって大事ですね(^^)


3時間くらい見ましたが、まだ時間があったので、小樽の町を散策することにしました。

douten_04t.jpg

通りがかりに偶然「ガラスの街」小樽らしい催しが開催されているのを見つけて撮影。

GF1/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.
douten_01t.jpg

涼しげで良いですね~(^^)


港の方がなにやら騒がしかったので、歩いて向かってみると、

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
douten_07t.jpg

客船が出航するところでした。
…偶然にもカモメがフレームイン(笑)


港近くでは本当のお祭り騒ぎ。
これから威勢を上げて街を練り歩く直前のようです。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
douten_03t.jpg

「第44回おたる潮まつり」の文字が見えます。
どうりで街中が混んでいるわけだ(-_-;)


今日はここまで。
いい写真はなかなか撮れません。
人の写真を見るのは大事ですが、ただ見ただけで良い写真が撮れるようになるわけでは無いということです(笑)
もっと色々考えて撮らないとダメですね。



<あとがき>

Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.のキレ味鋭い描写に病み付きになっていたので、最近は標準ズームレンズLumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.の出番も少なくなっていましたが、今回久しぶりに出動させてみて、改めてこれは「使える」レンズだと認識させられる結果となりました。

確かに撮影状況の変化への対応の幅広さで言えば、LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./のような高倍率ズームに勝るものは無いのでしょうけど、このレンズのコンパクトさ、得られる画像の質は共にハイレベルで、コストパフォーマンス云々関係なしに純粋に1本のレンズとして見ても、望遠端と広角端の描写も極端に違わず、どのレンジでもシャープで良い絵作りをしてくれる良レンズだと思います。

画質ではLumix G 20mm/F1.7 ASPH.にはかないませんが、広角側が14mmまで使えるのが大きなアドバンテージになります。
広角レンズ特有のあの詰め込んだ感じは、ただ引いて撮っても得られるものではありませんから。

 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

[2010/07/25 21:58] | その他写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<リストランテ クレス 長沼店(Ristorante CRESS Naganuma) | ホーム | ヴェルジネ・バッカーノ(Vergine Baccano)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/42-d126cfee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。