スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
GF1の予備バッテリー、スペアバッテリー(中国製)
旅先などで撮影中、ここぞというときにバッテリーが切れた時の哀しさといったら…。

GF1は、私が「GF1を撮影する」際に使っているサブ機(?)カシオQV-3000EXのように、単3乾電池4本でいつでもどこでも再起動!とはいかないので、予備バッテリーは是非とも確保したいところです。

しかしながら純正のスペアバッテリー(DMW-BLB13)は値段が高すぎます。
価格.comの最安値でも6,136円!?(送料別。2010年6月13日現在)とは一体どういうことでしょう?

本体価格を低く設定し、その「エサ」に喰いついた私たち獲物から確実に利益を吸い上げるシステムは、常套手段とはいえ納得がいきません。
YAHOO!オークションで1,700円前後で販売されている互換バッテリー(海賊版?)などを見てしまうと、まともに購入する気にはならないです。

しかしながら、純正部品の安心感と中国製の不安感(^^;)の差はやはり絶対的。
だから皆さん我慢して高い純正品を買われていますよね。

ならばこの中国製バッテリーの信頼性を、私が得意の(笑)人柱となって確かめてみることにします!

ちなみに私が購入した
「三ヶ月保証PanasonicDMC-G1●DMC-GF1のDMW-BLB13互換バッテリー」
なる製品は、最新ヴァージョンのファームウェアにも対応しておりGF1でも使用可能ですが、今後GF1本体がファームアップされると使用できなくなる可能性があります。
(※2010年5月10日に発表されたGF1用のファームウェアversion1.2でも問題なく使用できました)

パナソニックは先のストーブ事故の件もあり、製品事故についてかなり神経質になっているようで、バッテリーにも規制目的でソフトウェアによる認証(?)を掛けているようです。



入金後2日で製品が届きました。

spare-battery_02.jpg

購入価格は、落札価格1,580円+送料210円の計1,790円です。

spare-battery_03.jpg

容量は1300mAhと、スペック上は純正のバッテリーよりも上だったりします。
ただ、充放電回数限界は300回とのことですから、耐久性についてはあまり期待できないでしょうね。

純正バッテリーとの比較。

spare-battery_01.jpg

細部は微妙に異なっています。

早速GF1本体に挿入して電源を入れてみます。

spare-battery_05.jpg

問題なく使用できました(^^)

充電してみましょう。

spare-battery_04.jpg

こちらも(多分 ^^;)問題なく充電されています。

ただ、充電器にセットした際の組み付け(固定)が甘い。
ちょっとした衝撃や振動で外れたり接触不良を起してしまいそうです。

心配になったので、GF1本体内での接触も確認しようと、装着して電源を入れた状態で、壊れない程度に叩いて振動や衝撃を与えてみました。

…ちょっと叩いたくらいで接触が切れて電源が落ちたりすることはなく、とりあえず一安心です(^^)


これを保険としてカメラバックに一つ忍ばせておけば、バッテリーを充電し忘れたり、充電したバッテリーを充電器に付けたまま置いてきてしまったりして、撮影できない!という事態はとりあえず回避できるでしょう。

※これらは短期間のインプレッションであり、今のところ問題は生じておりませんが、長期間使っていくうちにカメラ本体に何らかの影響が出たり、液漏れ等の被害が発生する可能性は十分にあります。
海外では不良品のリチウムイオン電池の暴発事故なども起きているようです。
これらの信頼性についてはまだ全く確証を得られておりません。
皆さんがこれらの製品を仕様する際は、自己の責任においてお願いいたします。




<追記>

最近思ったこと。
7,000円も出して予備のバッテリーを購入するくらいなら、今なら新品で15,000円程度で買えてしまう姉妹機のG1のボディを買い、2機体勢にしたらどうかと。
荷物が大きくなってもいいときはG1、コンパクトにまとめたい時はGF1と使い分けるのもいいですね。


と、なぜ今更そんなことを言うかというと、それは兎にも角にもライブビューファインダーの性能に尽きます。

LVFは、コンパクトデジカメからステップアップした私にとっても今では必須のアイテムになりました。

「晴天下でもライブビュー画面が見やすい」とか「両手プラス顔の3点でしっかり支えられる」など、お決まりのように世間で言われていますよね。
コンデジからのステップアップ組の私なんかは「本当にそんなに重要か?」などといぶかしく思っていましたが、実際本気で写真を撮ろうと思うと、これらの必要性を身にしみて感じることになります。

特に晴天時の背面ライブビュー画面の見にくさは致命的です。
PENデジに比べればまだ見やすいGF1の液晶でも、ピントや色、ぼけ具合を正確に把握することは至難の技です。
なんて、記録写真的になんとなく取っていた頃は、気に掛けたことすらありませんでした(^^;)

儀式的な意味合いも多分にありますが、とにかく今では液晶画面を見ながらのコンデジ的な撮影法ではフラフラして落ち着きません。

…うーん、こうやって徐々に、本格的一眼の世界に流されていくのでしょうかね(笑)


さて、思った以上に使えると評価されているGF1の外付けライブビュ-ファインダー(DMW-LVF1)ですが、144万画素のG1およびGH1のそれと比べてしまうと、それはもう天と地との差くらいあります。

勘でも撮影できるプロの方々ならまだしも、私のような素人にはその差はとても大きいです。

E-P2のライブビューファインダーなど見てしまったら、そのあまりの使いやすさに泣きたくなりますよ(笑)
パナソニックさん、GF1で使えるコンパクトで高画質のLVF、出してくれませんか?
需要は確実にありますから(^^)
 


<追記2>

この中国製互換バッテリーを給電が切れるまで使ってみました。

結果は…私が購入した個体では、純正バッテリーの4分の3くらいは持ちました。
(※正確な時間は計っていません。あくまでも感覚的な使用感です)

バッテリー残量表示が残り2個になってからの消耗が早いです。
純正バッテリーと同じ感覚でいると、まさかのタイミングで「ピピピッ」と警告音が鳴り、焦ります。

純正バッテリーはゲージが残り1個になってからの粘りが結構ありますよね(^^;)

どの個体も同じとは言い切れませんが、安全性の問題もありますし、メインのバッテリーが切れてしまったときの補助程度に考えていた方がいいと思います。



<追記3>

あれから約1年間、30回以上は放充電を繰り返したでしょうか。
この中華製予備バッテリーも、減りの早さが体感されるほど早くなってきました。

ふと予備バッテリーを手に取り見てみると、中央部が使い込んだ携帯のバッテリーのように膨らんでいます。

(左:中国製互換バッテリー/右:純正バッテリー)
spare-battery_06t.jpg

写真で撮ってもほとんど分からない程度ですが、実物を比べてみると明らかに膨らんでいます。

中華製予備バッテリーとほぼ同回数充放電を繰り返している(必ず交互に使っています)はずの純正バッテリーには、そのような変化は見られません。
また、明らかに体感できるような性能劣化も起きていません。
さすがパナソニックの Made in Japanですね( ̄ー ̄)b

とはいえ、リチウムイオンバッテリーの膨張については、携帯電話では「安全性に問題は無い」とNTTドコモが言っていたので、とりわけ危険な状態ではないはずです。

充放電耐性についてはまあ予想通りといったところでしょうか。
「300回」というのは、短期間で300回ならいけるかもしれませんが、趣味で使われている方が普通に使う頻度ではなかなか難しいと思います。


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2010/06/13 14:59] | GF1 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
<<月寒公園(札幌市豊平区)を散策しました | ホーム | 麺屋 やしち(YASHICHI)>>
コメント
悩ましいバッテリー選び
始めまして、こんにちは。
私も純正バッテリーの価格に疑問を感じていました。
核心と言うのか、ツボを得た記事、大変参考になりました。

[2010/10/24 17:38] URL | メタ坊 #- [ 編集 ]
訂正です
すみません。
>始めまして
誤変換で申し訳ありませんでした。
お詫びします。
[2010/10/24 17:42] URL | メタ坊 #- [ 編集 ]
re: 悩ましいバッテリー選び
こんにちは(^^)コメントありがとうございます。

海賊版バッテリーの安全性を疑問視する声もありますが、デジカメの海賊版バッテリーで過熱・発火事故が起きたというニュースも私は聞いたことがありません
一方、純正バッテリーは100%安全かというと…Ipodやソニー・DELL製等のPC用バッテリーの過熱・発火事故などもありますし、何が安全かなんて一概には言えないですよね。

もちろん海賊版を使うことを推奨するわけではありません。
万が一事故が起きた時の保障の問題がありますから。

ただ、ほとんど性能も変わらない製品が4分の1以下の値段で提供できるのですから、やっぱり純正品の価格設定は高すぎると言わざるを得ないと思います。

 
[2010/10/24 18:27] URL | saki #YeFwB4VE [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/34-b928dbd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。