麺屋 やしち(YASHICHI)
今日は札幌市豊平区美園にある「麺屋 やしち」さんに行ってきました。

なんとこの「やしち」さんのご店主、その昔平岸街道沿いにあった伝説のラーメン店「騰玄房」(字合ってますか?)のご主人らしいではありませんか!

私がそのことを知ったのは(2006年には既に復帰していたという事実も含めて)恥ずかしながらつい最近のことでして(^^;)、これは行かない訳にはいかぬ!と、今回足を運びました。

お店には駐車場があるので伺うには便利です。
地下鉄東豊線美園駅から歩いてすぐのところにあるので、公共交通機関でも問題無く行けます。

騰玄房時代はその日の気分で店を閉めたり、客にも無愛想だったりと、なかなか気難しいご主人だったようですね(^^;)
味については私も約10年前に一度行ったきりながら、とても美味しかった記憶があります。

まあ美しい思い出は時に必要以上に美化されてしまいがちですから(笑)、過度な期待は持たずに臨むことにしましょう。



ラーメン屋が最も混んでいるだろう時間帯の12時過ぎに伺いましたが、入店待ちはいないようです。

暖簾をくぐります。

yashichi_01.jpg

暑い…いや、熱い(`Д ´ )
今日は札幌も28℃くらいまで上がったようですが、クーラーも風通しも全く無い店内はほとんどサウナ状態です(-_-;)

わが道を行くご店主の気概は相変わらずのようです(笑)

ただ、メニューは予想外に柔軟性に富んだラインナップ( ̄0 ̄;)

yashichi_05.jpg

限定メニューで「やしちレッド」なるものもありました。

yashichi_02.jpg

私も相方も辛いのは苦手なので、通常メニューから醤油と味噌チャーシューを選び、注文しました。



すると直後にぞろぞろと客が入り始めて、店は一気に満席になりました。
いいタイミングで入ることができたようです(^^)

しかし忙しくなったせいか、店主はその後の客の注文には返事もせず、承ったのかどうかもわからないという状況に(^^;)
ここでも昔の片鱗を垣間見ることができました(笑)

そんな感じですから、デジカメで撮影しているところを見られたときは、「出て行け!」と怒鳴られるのではないかと思いましたが、ご主人も歳をとって少し丸くなったのか(※それでもかなり若い!)、特に咎められることはありませんでした。



味噌チャーシュー

yashichi_04.jpg

そして醤油、

yashichi_03.jpg

どちらも麺はストレートの細麺です。
私個人的にはコシのあるちぢれ麺が好きです(^^;)

スープの味は、醤油は少々豚骨臭さが鼻、というか口の中に残ります。
味噌の方はほとんど気になりませんが、味はどちらかというと普通な感じかなと。
私は醤油の方が特徴的で美味しいと感じました。

どちらも油っぽさはありませんが、味はちょっと濃い目。
これは麺がストレートの細麺でスープが絡みづらいから?もしくは替え玉制だから?でしょうか。

チャーシューはトロトロで美味しいです。
ただ、こちらも味付けが私には濃いかも。

トッピングの高菜というのは珍しいですね(^o^)
にんにくチップが味のアクセントとしてとても効いています(^^)b



全体的には…やはり期待しすぎていたところがあったのかもしれません。
もちろん美味しいラーメンだとは思いますが、最近は工夫に工夫を重ねた美味しいラーメン屋が数多くあります。
その中でキラ星のように光る存在…とまではいきませんでしたが(※あくまでも個人的な感想です)、一度食べてみる価値はあると思います。

昔と比べてどうなのかが分かる方は是非一度、足を運んで確認してみてください!

ちなみにとても感じの良い男性の店員さんもいましたので、気の弱い初めての方も怖がらずにどうぞ(笑)



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
麺屋 やしち(YASHICHI)
北海道札幌市豊平区美園7条6丁目1-1
___________________________

 
関連記事
スポンサーサイト
[2010/06/13 01:40] | 食べ歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<GF1の予備バッテリー、スペアバッテリー(中国製) | ホーム | 滝野すずらん丘陵公園を再訪する>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/32-42d44e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |