スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
Xperia Z4のケース/simplism Ultra Thin Case for Xperia Z4
SH-01Fから機種変更したXperia Z4用のケースを購入することにしました。

条件は、

1. シンプルなデザイン
(無地・透明または本体と同色)

2. 操作性を損わない形状
(薄型でフラットな形状、滑らない素材)

3. 柔軟性のある素材
(ハードケースの場合、本体とケースとの間で摩擦を生じ擦り傷が付くことがあります)
※ただし数か月で自然変色してしまうTPU(熱可塑性ポリウレタン)は柔軟性があっても×

4. 安価
(できれば2,000円以内)

です。

上記の条件に大よそ合致したのはトリニティ(trinity)シンプリズム(Simplism)というブランドの「Ultra Thin Case for Xperia Z4」という製品でした。

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4
(simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4)

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4
(液晶保護フィルムも付属します)

フィルムの位置合わせが簡単に決まる「魔法のツールV3」が付属
(フィルムの位置合わせが簡単に決まる「魔法のツールV3」が付属)

以下、メーカーHPより抜粋…

-----------

・カバーを付けたまま純正卓上ホルダが使用可能
Ultra Thin Case for Xperia Z4(Xperia Z4 超極薄ハードケース)は装着していることを感じさせない、超極薄のカバーです。
カバーはXperia™の背面からはめるだけの簡単装着。余計な機構を省いたシンプルな形状は、Xperia™の持つ薄くて美しいデザインを崩しません。

・割れにくくて薄い、新素材を採用
本製品は一般的な透明度の高いハードケースに使用されているポリカーボネートに比べ、柔軟性があり、割れにくく装着しやすい新素材を採用しています。カバー自体の折り曲げに強く、装着がしやすくなっています。

・操作性は変わらず、しっかりと保護するデザイン
カバー収納時にもすべてのボタン、コネクター、カメラの使用が可能で、カバーを装着していない時と操作感は変わりません。

-----------

以上が、メーカーが公表している本製品の主な特徴です。



購入価格はアマゾンで送料税込2,208円と、少し予算をオーバーしてしまいましたが、送料込みの価格ですから許容範囲内です。


色は黒を選びました。

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4
(半透明なので「スモーク」という表現が適切でしょう)

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4
(素材の厚さは0.6mm!)

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4
(外側は光沢仕上げ)

色は黒の他にクリア、カッパ―、アクアグリーンのラインナップがあり、最初はクリアにするつもりでしたが、

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4(クリア)
出典:トリニティ株式会社

メーカー提供の画像を見る限り、ブラックの本体との組み合わせはイマイチと感じたため、黒にしました。


硬質プラスチック製品にありがちな四隅の浮きもなく、フィッティングはほぼパーフェクト。

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4

見栄えはかなりいい感じ。

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4

元々こういう製品です!といってもわからないくらい、デザインの相性は抜群です。
なんかもう、最初からこの組み合わせでメーカーが販売してくれてもいいくらいです。個人的には。


上部はほぼ全体が覆われています。

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4

素材が薄いため、L字型のイヤホン端子も問題なく刺せました。


下部はほぼ全開です。

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4

USB端子周りの傷付きが気になりますね。
ただその分、ケースの着脱はしやすくなっています。
USBケーブルの接続も支障はありません。


側面は、ボタン部分がくり抜かれており、直押しになります。

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4

ボタンまで覆うタイプは誤作動を起こしやすいらしいです。


Ultra Thin(超薄)の名の通り、とにかく薄くて、見た目も、実際に手にした感じもケースの存在をほとんど感じさせません。

simplism 超極薄ケース made for Xperia Z4

持った感触は、もっと滑る感じかと思いましたが、張り付くような適度なグリップ感があります。

とはいえシリコンのような吸着性は無く、固い物の上では滑りますのでご注意を(^^;)


素材は「柔軟性に優れた特殊PC」とのことですが、素材の特性というよりは、その薄さにより十分な柔軟性が確保されています。

十分な柔軟性が確保されています
(着脱はしやすいほうだと思います)

※「特殊PC」素材の『PC』とは、一般的にはポリカーボネート(PolyCarbonate)の略ですが、メーカーHPでは「ポリカーボネートに比べ、柔軟性があり、割れにくく装着しやすい新素材」と紹介されていますので、ポリカーボネート以外の何かなのかもしれません。
(プラスチック(PlastiC)の略とか ^^;)

いずれにしても、TPUのような極端な変色は起こらない(と思われる)ので(勝手に)安心しています。
(異常が現れたら報告します)



ウィークポイントとして、

・傷付きやすい
・指紋の付きやすい
・対衝撃性能は期待できない

点は、「表面加工無しの光沢プラスチック素材」「クリアケース」「極薄」という製品の特性上、仕方ありません。

クリアケース全般に言えることだが指紋が目立つ
(クリアケース全般に言えることだが指紋が目立つ)

塗装や表面加工はなされていないので傷付きやすい
(塗装や表面加工はなされていないので傷付きやすいです)

なお、このケースには液晶画面の保護フィルムも付属します。
特殊な加工などはなされていない一般的なフィルムですが、特にこだわりのない方で、液晶フィルムも必要な方にとってはお買い得な商品かと思います。
※この製品は、ケースの縁(ベゼル部分)の高さが液晶画面と面一(同じ高さ)であり、保護フィルムと組み合わせることで完全な保護になります


(結論)
この製品の売りはとにかく見た目と操作性の良さにあります。
プロテクション性能に関しては、日常使用における本体の傷つき防止までと考えた方が良いでしょう。
私にように、そこまで割り切れる方には間違いなくお勧めできる製品です。


-----------


(2016年3月14日追記)

早速落下させてしまいました(;_;)

落下させてしまいました


でこぼこのアスファルトの上で、液晶画面側が下になるという不運も重なり、

本体のフレームに少し傷が付いてしまいました

本体のフレームに少し傷が付いてしまいました(;_;)
(液晶のガラスは保護フィルムのおかげで無事でした)

また、電源ボタン部分の一番細くなっている箇所が割れてしまいました。

電源ボタン部分が割れてしまいました

とりあえず画面が割れなかったことだけは不幸中の幸いでした(;_;)


これが、ケースの縁(ベゼル)が画面より高くなっているタイプの製品だったなら、本体に傷が付くことは無かったと思います。
ケースのプロテクション性能と見た目・操作性は基本的にトレードオフの関係にあるので、ある程度は妥協しなければなりませんが、そのバランスが難しいですね。

ちなみに、見た目と操作性を重要視する私は、次もこの製品を購入します(^^)

また購入しました(笑)
(購入しました笑)

 
他の製品ではSPIGEN(シュピゲン)ウルトラ・ハイブリッドというポリカーボネート製のケースに注目しました。

以下、HPより抜粋…

-----------

■Xperia Z4のデザインを描く。
背面はクリスタルクリアで透明に表現。
Xperia Z4で表現されたデザインをそのまま感じることができます。

■エアクッションで落下時の衝撃を軽減(Air Cushion Technology)
TPU素材のサイド部分には各コーナー部分(内側)にエアクッションが設計されています。
デバイスの落下によって伝わる衝撃をエアクッションで吸収するので、ダメージを最小化することができます。

■ケースへのスクラッチ
背面のコーナー部分に突起したガードを設置。
スクラッチはクリアケースの天敵。少しでもキズを防ぐために背面4か所にリアガードを設けました。
平面な場所に置いてもケースと直接触れることがないので、クリアな背面へのキズも最小化できるよう設計されています。

■ベゼル部分はデバイスよりも1.5mm高く設計
Xperia Z4のスクリーンをしっかりと保護。
デバイスよりも高く設計されたベゼル部は、スマートフォンの画面を下にして置いてもスクリーンが擦れず安心です。

※米軍MIL規格クリアの耐衝撃性!の売り文句は削除されたようですね(^^;)
レビューを見ると、「落下させたら中の本体があっさり壊れた」という苦情が結構書き込まれていたので…

-----------


さて、上記の特長のうち、

背面4か所のリアガード
(平面な場所に置いてもケースと直接触れることがない)

や、

デバイスよりも高く設計されたベゼル部
(画面を下にして置いてもスクリーンが擦れない)

などは、耐衝撃性能ほぼ0のUltra Thin Caseを使っている私には大変うらやましい機能なんですよね~。

また上記の特徴に加えて、

「薄型素材で本体のデザインを損なわないシンプルな出で立ち」

と、

「固いポリカーボネート製のバックパネルには保護シートが装着されていて、本体との摩擦による傷も防止する」

ことが当製品の売りであり、これらは私がケースに求める要素ほぼそのものでした。

ただ一点、側面の素材がTPUであることがどうしても引っ掛かり、却下しました。

TPUは柔軟性があり、スマホ本体に傷を付けないという点では優秀な素材ですが、もれなく変色します
特に透明素材の変色が非常に汚らしいです。

知人がiPhone用の背面プラスチック+側面TPUのハイブリッド素材の製品を使っていますが、やはり側面だけ変色してきてツートーンになっています(その製品は白なのでまだマシでしたが ^^;)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:XPERIA - ジャンル:携帯電話・PHS

[2016/05/31 05:34] | Xperia Z4 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<BAKERY FLUSH SOUND(ベーカリーフラッシュサウンド)/札幌市東区・パン | ホーム | 滝野すずらん公園のチューリップッフェスタ 2016>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/313-138e8171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。