スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ネットワークオーディオプレーヤーDENON DRA-N5 VS DNA-730RE+PMA1500RII 音質を比較 (2)
(1)から続く…。


アンプ一体型オーディオプレーヤー:DRA-N5

DRA-N5

と、セパレート型単品コンポーネント:DNA-730REPMA1500RII

PMA-1500RIIとDNP-730RE

の音質を比較した結果は、端的に言うと、


大きな音質の差異は無い。 (;-_-)
(あくまでも小音量再生による比較です)

ただし、

2つのアンプで同じ曲を流し、セレクターで瞬時に切り替える

方法で、さらに神経を集中させて聴くと、

単品コンポーネントのDNA-730RE+PMA1500RIIの方が音の広がり、音場が広く感じられ、楽器やボーカルの位置もより明確に感じられる

ような気がしました。
(何となくのレベルです)


しかし、

比較しなければ、今流れている音がどちらの音かを判別することができません。

少なくとも私の耳では。
お前の耳が悪い!と言われてしまえばそれまでですけど(笑)


結果としては、どちらの音か一聴して判別できない

= 自分にとっては両者の差は実質的に無い

ことを意味します。


デノン製品同士の比較だったことも影響していると思いますが、「SN感」や「音も厚み」といった要素もほとんど違いを感じられませんでした。




一方、

スピーカーの違いは明確で、音色も音質も全く異なります。

ウッドコーンのSP-EXAR3と、

SP-EXAR3

10数年前に購入したミニコンポの付属スピーカー



の比較では、

EXAR3がベールを2枚ほど剥いだようなSN感の良い音を出します。

音の厚み、音像定位、音の分離など、どれをとってもEXAR3が一枚も二枚も上手です。


ちなみにEXAR3はフルレンジユニット1発ですから、音域は当然中域~低域寄りだろうと思っていました。

しかし予想に反して高域寄り、というか、高音のきらめき・響きが特徴的で(聴き始めた頃はトーンコントロールで高音を少しマイナス調整していたくらいです ^^;)、特に

女性ボーカルの声の響きがとても気持ちいい

のです。

さすがにスピーカーに関しては、聞き比べるまでもなくどちらのスピーカーが鳴っているのか判別できます(^^;)



プレーヤーについても個別の比較は行っていませんが、音質に大きな差が無いことは先に述べたとおりです。

ただし、DNA-730RE

DNA-730RE

と、CDプレーヤーのDCD-1650AZ

DCD-1650AZ

の比較では、一聴して

DCD-1650AZの方が音の厚みある。

と感じられました。


素直に考えれば、同じフォーマットのPCM音源ならメカニカルなドライブ機構がないフラッシュメモリの方が読み取り精度が高く、良い音が出そうなものですが…実際に聴き比べてみると、10数年前のCDプレーヤーの方が厚みのある元気な音を出すのですから不思議なものです。

いくらデジタル技術が進歩しても、それがそのままアナログ的な意味(聴感上)の音質向上に繋がらないのがオーディオの難しさ、といったところでしょうか。
実際メーカーにおいても、聴感上の音の良し悪しを突き詰める作業は、数あるパーツをひたすら組み合わせて相性を探る、といった、実にアナログな作業だったりします。

また、DCD-1650AZが販売されていた当時は、今よりも俄然趣味のオーディオが盛り上がっていた時代であり、多くのメーカーが参入してしのぎを削っていました。
特に競争の激しいこの価格帯の製品には現行品よりも贅沢に物量が投入されていたと考えられます。
そういう意味では、この時代の製品の中古良品を集めれば、コストパフォーマンスの高いシステムが組めるかもしれませんね。



最後に、音質の観点からは外れますが、

DNA-730REDRA-N5では、

DNA-730REとDRA-N5

その使い勝手に大きな差があります。

一番の問題は、DNA-730REの起動の遅さです。

電源を入れてから、USBメモリの音源が再生されるまでの時間を計測したところ、

DRA-N5 : 43秒

に対して、

DNA-730RE : 2分5秒

でした。
(64GBのマイクロSDカードをアダプターでUSBメモリ化したものを使用。ストップウォッチによる手計測)


いや、43秒でも耐え難いと感じる方はいると思います。
私はギリギリ我慢できる範囲です。

しかし、2分越えはさすがにストレスが溜まります

専用のリスニングルームと、長時間音楽に没頭できる時間と心の余裕があれば、「2分くらいは儀式みたいなもの」と思えるかもしれませんが…私の場合はイージーリスニングが主な用途になりますので、起動の遅さは日々使う上での大きな障害になります。

ちなみにCDのDCD-1650AZなら10数秒ほどで再生可能になります(^^;)
デンオンの製品に限らず他機種でも、USBメモリの再生にはおおむね時間がかかるようですね。


もう一点、DNA-730REにはスリープ(タイマー)機能がないのも、ほぼ毎日BGMを流しながら眠りについている私の用途では厳しいところです。


その他の操作性は、どちらも特に問題ありません。
私は、本体とリモコンによる操作のみですが、3行表示の見やすいディスプレーのおかげでそれほどストレスを感じません。

あとはUSBメモリ上の曲でお気に入りリスト(プレイリスト・favorites)が作れたらパーフェクトなんですけどね。


-----------


このクラスの製品群はそれなりの原価(≒主要パーツのクオリティ)が確保できており、各メーカーがこれまで培ってきた基本的な技術・ノウハウも一通り投入されています。
そのため、どのメーカのどの機種を選んでも大きくハズレることは無いと思います。
逆に言うと、どの製品もそれなりの範囲でまとめられていて、傑出する機種が無いとも言えますが。

<結論>
5、6万円程の予算でオーディオシステム構築を目論んでいる私のような方は、機能や使い勝手、外装の質感などを重視した方が幸せになれるかもしれません。

身も蓋もない言い方になりますけど、この価格帯の製品に高望みする方が間違っています(^^;)
ピュア・オーディオとしての音質を追求するなら、まずは設置場所や設置方法、リスニングポイントなどをとことん突き詰めましょう。


 
関連記事
スポンサーサイト
[2016/04/30 02:43] | オーディオ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<円山公園と北海道神宮の桜 2016 | ホーム | Xperia Z4のセルスタンバイ問題について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/311-f16db2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。