スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2015 空沼岳に登る(2)(万計沼~頂上~登山口)
2015 空沼岳に登る(1)(登山口~万計沼)より続く…


万計沼を過ぎた途端、登山道の様子が変わりました。

道は細く荒れている

道が細くなり、ゴツゴツした岩が多くて歩きづらい…。

加えて、あちこちひどいぬかるみだらけ(-_-lll)

ひどくぬかるんだ道

万計沼までとは違い、木板を敷き詰めるなどの対策もほとんどなされていません。
傾斜は相変わらず緩やかなんですが、道はこれまでより険しくなっています。


「真簾沼」まであと0.7kmの地点まで来ました。

真みす沼まであと700m
(「ますみ」だと思っていたら「まみす」沼でした ^^;)

まだ後半の序の口ですが、すでにバテてしまっています(-_- )

山頂にはたどり着けたとしても、下山する体力が残っているかどうか…

真簾沼?
(あれが真簾沼?)

11:52、真簾沼に到着!

真簾沼に到着

湖は…予想を超えるスケール感!

真簾沼
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

湖岸に広がる砂浜…ならぬ岩浜?が、不思議な雰囲気を醸し出しています。

万計沼よりもずいぶん大きいです。

真簾沼(パノラマ)
DSC-RX100 by Panorama

写真ではあまり写っていませんが、木々も僅かながら色づいていて、秋の景色に花を添えています!

湖を眺めながら暫し休憩。
少し癒されました(^^)

12:05、真簾沼を出発!


後半は傾斜もきつくなってきました(-_-#)

ゴロゴロとした岩に急な坂

山頂が近づいてきた証でもあります。


ついに空が開けて…

空が開けた。紅葉も

空沼岳山頂まであと700m!

空沼岳山頂まであと700m

山頂が目視で確認できる地点まで来ました。

笹が茂ってほとんど藪漕ぎ状態
(雨上がりの登山の場合は防水のオーバーパンツが必須かと)

生い茂った笹や…

ほとんど沼のようなぬかるみ

ほとんど沼のようなぬかるみが行く手を阻みます。


最後の難関、ガレ場の急坂 ヽ(`Д´)ノ

ガレ場の急坂はきつい

疲労困憊の身にはかなり堪えます(;_;)


何とか登り切って…

初めて視界が開けた!

札幌岳との分岐点に到着。

札幌岳との分岐。空沼岳山頂まではおよそ300m

ここから札幌岳に縦走なんてとても考えられません (-_-;)


ついに麓の視界が開けました。

札幌の街並みが望める
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(スタート地点の採石所?が見えます)

紅葉は今一つ
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

紅葉はまだまだこれからですね。


そしていよいよ山頂へ…

いよいよ山頂

12:58、空沼岳山頂に到着!!

山頂は先客でいっぱい
(山頂はあまり広くない)

今日は休日ということもあり、山頂のスペースは登山者で一杯でした。


標高1,251mの頂に立つ!

空沼岳山頂の名板。標高1251m

結局、登りで4時間30分ほどもかかってしまいました。
これほどの時間をかけての長距離登山は富士山以来。
格別の達成感が得られました(;_;)


…というわけで、あまり時間がないので早速昼食を。

山頂で食べるカップラーメンは最高!

気圧差で膨らんだカップヌードル(キングサイズ)
(気圧差で膨らんだカップヌードル)

…のはずが、お湯を沸かそうとバーナーに火を付けようとして、水の入ったカップ(コッヘル、クッカー)をひっくり返してしまいました(;_;)
火をつけてから水を載せればいいものを…横着するとロクなことが無いという典型的な例です(-_-lll)

結局、昼食はおにぎりだけで済ませることに(;_;)


食事の後は、山頂からの景色を満喫。

空沼岳から札幌方面の眺め
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(札幌方面)

空沼岳山頂からの眺めマ(北~東側)
DSC-RX100 by Panorama
(札幌方面パノラマ)

空沼岳山頂からの眺め(北~南側)
DSC-RX100 by Panorama
(札幌方面ワイド・パノラマ)

地平線付近は少しもやっているものの、すっきり綺麗な青空です(^^)v


反対側(ルスツ方面)は山が中心の景色。

南側の眺め(恵庭岳、漁岳)
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(留寿都方面)

紅葉の時期は大層美しい風景が見られるものと思います。

パノラマ(西側)
DSC-RX100 by Panorama
(留寿都方面パノラマ)

羊蹄山は…

中央に羊蹄山(わずかに薄っすらと)、右が狭薄山、その右奥に(写っていないが)札幌岳
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

残念ながらその美しい円錐形を拝むことはできませんでした。
(見る人が見れば中央付近にうっすらと山影が見える??)


山頂南側からは、支笏湖を望むこともできます。

空沼岳山頂から望む風不死岳と樽前山(左)、恵庭岳(右)
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(支笏湖方面)

向かって左側に風不死岳と樽前山、

支笏湖
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(支笏湖とその周辺の山々)

右側は恵庭岳で、尖った岩がちょこんと飛び出した山頂が特徴です。


北海道では比較的低山でも見られるダケカンバ(岳樺)林。

ダケカンバ林
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(ダケカンバ林)

あと半月もすれば、美しい紅葉が見られることでしょう。

藤野三山と真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(藤野三山と、その奥に真駒内セキスイハイムアイスアリーナらしき白いドーム)

ちなみによく山頂に出現するらしいシマリスは、残念ながら遊びに来てくれませんでした。

…撮影に時間を掛け過ぎました(;-_-)
13:42、急いで下山開始!


ガレ場の急坂は下りもキツイ(;_;)

下山

濡れた岩は大変滑るので、特に下山時は注意が必要です。


一気に真簾沼まで下ってきました。

真簾沼

帰りは素通りするつもりでしたが、気になって水辺に足を運ぶと…

真簾沼
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

湖面に反射した空の青がきれい…。

真簾沼
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

時間が無いと分かっていても、つい見とれてしまいます。

風が無ければ本当に鏡のように映りそうです。

真簾沼
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

14:35、真澄沼を出発し…


万計沼に到着したのは15:14。

万計山荘
(万計山荘)

少し遅れを取り戻しましたが、もうヘトヘトです(-_- )
撮影がてら休憩を取ります。

万計沼
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(午前中より風が弱まり、湖面への映り込みが一層綺麗に)

万計沼
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(太陽の位置が変わって、登りの時とはまた違う様相を呈しています)

15:31、万計沼を後にしました。


行きで後回しにした「青沼」に寄り道。

青沼

「青沼すぐそこ」の看板がある脇道を50mほど進んだ先にあります。
一見の価値はありますので是非立ち寄ってみてください(^^)


17時を回り、いよいよ暗くなってきました( ̄ロ ̄;)

暗くなってきた…

残りまだ1kmほどありますが体力はとっくに底を突き、気力だけで前に進んでいる状態。
足も腰も痛くて痛くて、泣きたくなってきました(-_-;)


17:21、なんとか登山口に帰着!

登山口に帰着!

しかし、ここからさらに約1kmの道のりを歩いて駐車場まで戻らなくてはなりません…。


17:47、駐車場に到着…

駐車スペースには私の車1台のみ

既に日は沈んでいて、駐車スペースには私の車1台しか残っていませんでした(^^;)

結局下りも4時間以上かかってしまい、トータル9時間オーバーの長丁場となってしまいました。
最後は本当にくたくたになってしまい、達成感を味わう余裕すら無いほどです。


いつもの小金湯温泉「湯元小金湯」に寄り、疲労困憊の体をほぐします。

湯元 小金湯

お湯に浸かってほっと一息ついたところで、じわじわと達成感が込み上げてきました(;_;)


ーーーーーーー


それから3日間ほど、足首と二の腕の強烈な痛みに苦しみました。
その時は「もうしばらく登山はしない!」と心に誓うのですけど…またすぐに行きたくなる(^^;)
それが登山ってものなんでしようね(笑)

来年は黒岳・旭岳縦走、もしくは羊蹄山登山を目標にします!


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

[2015/09/22 23:59] | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<星野リゾートトマムの雲海テラス(札幌出発~雲海&日の出を望む) | ホーム | 2015 空沼岳に登る(1)(登山口~万計沼)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/300-7d362c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。