スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
北竜町ひまわりの里 2015
ひまわりの名所と言えば、個人的に推しているのは千歳市にあるパレットの丘ですが、北竜町の「ひまわりの里」を見ずしてひまわりを語るわけにはいかないでしょう。

というわけで行ってきました、北竜町に(笑)

ただ、北竜町のひまわりが満開との記事が北海道新聞の朝刊に掲載されたのが先週末。
それからすでに一週間近く経過しており、花の残り具合が心配です。


-------------


札幌から道央自動車道を利用して1時間半ほどで北竜町に到着。

北竜町内に入ると…

北竜町

街灯もひまわり(^^;)
街中ひまわり一色です。


ひまわりの里に到着!

北竜町ひまわりの里
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

案内図によると、全てのエリアで見頃となっていましたが、

ひまわりの里案内板

残念ながら見頃のピークを越えて、すでに花が落ち始めています(-_- )

花は枯れ始め…
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

展望スペースからの眺め…

展望台からひまわり畑を望む
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

広大な畑…スケールが半端ではありません。

展望台からひまわり畑を望む
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

パレットの丘も、このスケール感には敵いませんね。

これが開花のピークなら、どんなに素晴らしい景色が見られるのでしょう。

展望台からひまわり畑を望む(パノラマ)
DSC-RX100 by Panorama

想像するだけで心が躍ります。
これは来年の再訪問必須ですね(笑)


のどかな風景。

ひまわり畑
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
(しつこいですが、これで花が満開だったら…)

ひまわり畑
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
(トラクターの幌馬車も運行しています)

ひまわり畑
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(花の落ちた真っ黒のひまわりって…ちょっと怖いですね ^^;)

合鴨の池では子供たちが合鴨に餌やり。

合鴨の池
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

そのまま丘を上っていくと…


まだ元気な花を咲かせている区画を発見!

北竜町ひまわりの里のひまわり畑
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

できるだけ長く楽しめるように、時間差で植えているのでしょう。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

写真映えする景色がまだ残っていて良かったぁ。
来た甲斐があったというものです(;_;)


魚眼レンズで遊んだり…

北竜町のひまわり畑
OM-D E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

アートフィルターで遊んだり(^o^)


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

楽しくなってきました!


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

マクロレンズも久しぶりに活躍。

ひまわりと蜂
OM-D E-M5/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.
(絞り開けるの忘れました)

ひまわりと蜂
OM-D E-M5/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.
(同じく、絞り開けるの忘れました)

整然と植えられた向日葵畑を、


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

皆さん思い思いに楽しんでいます。


丘の上から見渡す景色も格別。

ひまわりの里から麓の景色を望む(標準パノラマ)
DSC-RX100 by Panorama

ひまわりの里から麓の景色を望む(ワイドパノラマ)
DSC-RX100 by Panorama

電柱や標識など景観を損ねる人工物が無く、抜群の展望です。

これでひまわりがこっちを向いてくれば言うこと無しなのですが(^^;)

ひまわりの里から麓の景色を望む(広角)
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

まあ、ひまわりだっていい景色を眺めたいわけで(^^;)

麓を眺める向日葵
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

ともあれ、向日葵は管理人が特に好きな被写体の一つ。

ひまわりの里から麓の景色を望む(望遠)
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

広角から望遠、マクロまで受け入れてくれる懐の深い花なんです。



さらに丘を登っていくと、

そば畑
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

ひまわりの里に…そば畑!?
そういえば、周辺には幌加内や浦臼など、辺り一帯はそばの産地として有名です。

新得で見たそば畑よりもずいぶんきれいです。

そばの花
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

花にボリュームがあります。
時期のせいでしょうか。

そばの花
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

…天気のせいかもしれません。

そば畑
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

とにかく、どんより曇り空では写真が決まらないですからね(^^;)

ひまわりの里から麓の景色を望む(広角)
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

暑い中、心ゆくまで撮影しました。

桁違いのスケール感
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

さて、熱中症になる前に戻りましょう。


木陰を通って、

木陰の中から

入口付近に戻ってくると、「世界のひまわり」コーナーの看板が。
世界各地の珍しいひまわり30種が栽培されているとのこと。
最後にもう少し、頑張ってみます。


確かに、見たこともないようなひまわりがたくさん植えられています。

世界のひまわり1
(全面花びらのひまわり…)

世界のひまわり2
(こんな色のひまわりも)

夏の終わり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 by Dramatic Tone
(ドラマチックトーン)

真ん中の黒い部分(筒状花[とうじょうか]というらしい)がやたら大きい品種は、枯れた姿がちょっとしたホラーです。

こちらはスマイルにするはずが…

スマイル?

ちょっと間違えた?(^^;)
よく見ると結構怖い ((((( ;゚Д゚)))))))

こんなに色の薄いひまわりも。

世界のひまわり3
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

品種は違えども、ひまわりにはやっぱり青空が似合いますね!

北竜町ひまわりの里

次はしっかり計画を立てて、いい時期を狙って訪れることにします。


おっと、ご当地アイスも忘れずにいただかないと(笑)

ひまわりソフトクリーム
(ほんと、アイスばかり食べています ^^;)

ひまわりの種の粉末入りだそうで、

ひまわりの種の粉末入り

たしかにナッツのような香ばしさがありおいしかったです(^^)



ひまわりの里を出発!

奈井江町に向かう

遅い昼食は奈井江町にある蕎麦屋の「からまつ園」さんで。

からまつ園 本店

こちらでは、浦臼産の「牡丹そば」と呼ばれる品種のそば粉を使った二八そばを頂くことができます。

昭和の初め頃から栽培が始まった「ぼたんそば」は、他品種に比べて甘みが強く香りも優れているのですが、栽培が難しく、収量も少ないことから現在はほとんど作られていないそうです。



確かにそばの香りは良い様な気がします!
って、ウンチクを聞いた後だからそう感じただけかもしれませんが(笑)
プラシーボ効果の有無はさておき、美味しいおそばであることには間違いありません。

ちなみにこのお店も北海道版のミシュランガイドで「ビブグルマン」に選出されたお店だそうで、休日のお昼時は結構混んでいるそうです。


続いて、美唄にある野外彫刻公園?「アルテピアッツァ美唄」に寄りました。

アルテピアッツァ美唄(ARTE PIAZZA BIBAI)入口

札幌で言えば芸術の森のようなところでしょうか。

安田侃の作品1
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

画になりそうな風景も…

安田侃の作品とベンチ
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

カフェアルテ
(カフェとアトリエも併設されています)

私が撮るとこれがなかなか画にならない(笑)

安田侃の作品2
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

感性が無いとなかなかいい写真が撮れないのも「芸森」と同じです。

アルテピアッツァ美唄
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

子供を連れて遊びに行くには良い場所かも知れません。



帰りは下道(一般道)を通って、のんびり帰路につきました(^^)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

[2015/08/13 23:01] | その他写真 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<手稲山登山(手稲ハイランド入口から) | ホーム | ファーム富田~青い池ほか。富良野・美瑛巡り 2015>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/09/17 22:08] | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/293-d3141fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。