スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
E-P5 発売キャンペーンプレゼントのレンズフードLH-48BとプロテクトフィルターPRF-D46 PROが届きました
オリンパスE-P5発売キャンペーンに6/30に応募して、7/6に景品が届きました。
プレゼントをあてにして事前にMCプロテクターを用意していなかったので、早く届いて良かったです。

17mm F1.8レンズキットの景品は、レンズフードLH-48BとプロテクトフィルターPRF-D46 PRO

レンズフードLH-48BとプロテクトフィルターPRF-D46 PRO

しかしまたしても箱がボロボロです(-_-#)
オリンパスさん、しっかりしてください。


気を取り直して、まずはレンズフードLH-48Bの紹介から。
こちらはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8専用品です。
上記レンズと同様の金属製で質感もデザインも美しいです。



しかし価格も、広角単焦点のレンズフードとしては破格に高い税込定価7,350円(市場価格5,000円強)ときています。
フードが必要な方は、このキャンペーンを利用して購入するのが良いかと。


なお、M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8レンズ用のLH-48Bは、75mm F1.8用のLH-61Fと同様クランプ(バンド)締め付けによる固定です。
個人的には、捻ってワンタッチ固定のバヨネット式か、フィルター用のネジ山にねじ込むタイプが好ましいですね。

オリンパスの高級志向のレンズのフードはこのクランプ式が基本のようですけど、衝撃でフードがずれたり、着脱を繰り返したりしているうちに接触部分が擦れてレンズ本体に傷がつくのでよろしくないと思うのですが、いかがでしょうか。


E-P5に装着してみました。



金属外装のM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8とPEN E-P5の美しさを引き立てる高い質感とデザイン。



ただ、広角レンズのフードは遮光効果が少なく、またこのレンズに採用されている「ZEROコーティング」はフレアやゴーストに対する耐性が非常に高いらしいので、フードはどちらかというとレンズガード代わりの存在になりそうです。

※オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8の製品紹介ページには「ZEROコーティング」の採用に関する記載が見当たらないので通常のマルチコーティングかと思いましたが、ニュースリリースの方に「ZEROコーティング」としっかり書かれているのでおそらく間違いないでしょう。



画質を優先される方は「MCプロテクター非装着」に「フード装着」の一択でしょうが、私は使い勝手を優先して、フードは装着せずMCフィルターのみ装着という使い方になりそうです。


続いてプロテクトフィルターPRF-D46 PRO。



どこかのメーカーのベーシックグレードのOEM品との噂がありましたが、品番の末尾に「PRO」の表記があるので、オリンパスのラインナップ上は中級グレード品のはずです。
(40.5mm以下はオリンパスのロゴもない厚枠のベーシックグレード品です)



何よりもMADE IN JAPANの表記があるので、OEM品であることはおそらく間違いない(オリンパス純正品はほぼすべて中国製 ^^;)かと(笑)

調べていくと、KenkoのPRO1DのOEM品らしいとの情報を得たので立証すべく、手持ちのケンコーのプロテクター(52mm径)と比較してみました。

まずは見た目。
見た目はPRO1Dに酷似しています。
枠のローレット加工(ギザギザ)の間隔が微妙に異なるように見えますが、口径が異なるせいかもしれません。



次に枠の厚さ。

 ・ケンコー/MCプロテクター(52mm径)…4.50mm(ねじ山部分除く。以下同様)
 ・ケンコー/PRO1D(52mm径)…4.15mm
 ・オリンパス/PRF-D46 PRO…4.15mm

PRO1Dと一致しました。
やはり情報の通りなのでしょうか。


最後に、コーティングの色を比較してみます。

17mmf18hood_13t.jpg

おや、ケンコーの2製品についてはよくある緑色のマルチコーティングですが、PRF-D46 PROのそれは少し赤みがかった白色ですね。
一般的に、白色のマルチコーティングは質が高いと言われていますが、これがその白色のマルチコート??

少なくとも、KenkoのベーシックグレードやPRO1Dのそれとは異なっています。
他に該当しそうな製品は無いので、もしかすると本当にオリンパスの国内工場で作られているのかもしれませんね。


レンズに装着したところ。



薄枠タイプとはいえ、出っ張りが気になります。
金属の質感も異なりますね。
私の個体ではOlympusのロゴも下に隠れてしまいました(;_;)

それでも横着な私にはレンズプロテクターは必須アイテムです。
今回のプレゼント品を活用させていただこうと思います。


 
関連記事
スポンサーサイト
[2013/07/14 16:07] | E-P5 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<えこりん村2013春~夏 (1) | ホーム | 中島公園で野点>>
コメント
はじめまして
はじめまして。じんと申します。
OM-DとE-P5とMMF-3を検索してたどり着きました。

両方お持ちなんですねえ。
そろそろE-3の後継機を、と考えているのですが、E-7?を待つべきか、OM-Dか、はたまたE-P5か、と悩んでおります。
[2013/07/21 15:45] URL | じん #GCA3nAmE [ 編集 ]
Re: はじめまして
じんさん、初めまして(^‐^)
悩ましいですよね、個人的にはE-1桁機からの移行でしたら次期OM-D(E-M7?)待ちが現実的かと思います。
私も当初はOM-D待ちでした。
ただ、OM-DのISO200スタートと4000分の1秒SSに辟易としていたところに新型PENの発表があり、2台持ちに至った次第です。
E-P3からさらに洗練されたデザイン・質感と、VF-4の性能も決め手となりました。
結果、75mm&45mmF1.8の絞り開放付近を、晴れた屋外でも心置きなく使えるようになり満足です。

E-7は本当に発売されるのでしょうか。
オリジナルフォーサーズのレンズ資産をお持ちの方は、やきもきしていることでしょうね。
しかし今でも、写真を見ていてハッと心に留まった写真がE-3やE-5で撮られた写真だった、ということがよくあります。
マイクロフォーサーズのボディにオリジナルFTレンズの組み合わせで位相差方式並みの高速AFが使えるようになれば、マイクロFTへの完全移行も進むと思いますが…なかなか難しいですね。
 
[2013/07/21 16:37] URL | saki #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/223-ee4ccc24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。