冬の円山動物園2013
3月3日大雪の中、札幌円山動物園に行ってきました。

昨年の12月12日にオープンした大規模展示施設「わくわくアジアゾーン」をまだ見に行っていなかったのと、同じく昨年の12月に生まれたホッキョクグマの双子の赤ちゃんの様子見を兼ねてです。


--------------------


いつも通りの撮影コース、まずは猛禽舎でオオワシを撮影。

オオワシ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

羽を怪我してもう飛べないらしいのですが、相変わらず王者の風格漂っていますね。



そのまま子供動物園へ流れます。

今日は羊が放し飼いにされていました。

白い三連星☆☆☆
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

私達、ものすごく警戒されています(^^;)

毛が伸び放題で…

めぇ~
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

前、見えているのでしょうか。

若いカップルを驚かそうと企んでいるところ(笑)

ヒツジは見た
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

ぶ厚いウールのコートを着ているので、彼らは寒くなさそうです。



一方、寒さに強いはずのニホンザルたち。

ニホンザル
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

この天気には参ったのか、丸まってほとんど動きません。

「寒い…」

寒い…
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

もっと寒くなったら、香川・小豆島のサルのような猿団子が見られたりするのでしょうかねぇ。


泳いでいるペンギン背中にも雪が積もるほどの大雪です。

泳いでいるペンギンの背中にも雪が積もる
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

なぜこんな日に動物園に来てしまったのか、私自身も不思議に思えてきました(笑)



吹雪の中、たたずむエゾシカ。

じっと我慢の蝦夷鹿
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

寒さと大雪で身動きが取れないだけ?

埋もれる
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

このまま雪に埋もれてしまうのではないかと、本気で心配になります(-_-;)



続いてオオカミ舎へ。

天気が悪くて、ご機嫌もナナメでしょうか…

怖いシンリンオオカミ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

と思ったら、

優しいシンリンオオカミ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

管理人お気に入りの、優しい顔のオオカミもいました(^‐^)



シロクマは、残念ながら母親も子どもも産休中で、まだ公開されていませんでした。

お父さんの「デナリ」だけが外で吹雪に耐え…

雪にもマケズ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

ホッキョクグマを見に来園した子供たちの期待に応えています(^^)
ちょっと情けない表情がかわいらしいですね(笑)



お目当てのわくわくアジアゾーンに到達!

「熱帯雨林館」には珍しいサルたちのほかにも、熊やマレーバクなど興味を惹かれる動物がたくさんいます。

シシオザル
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

しかし熱帯雨林館だけに館内は高温・湿潤に保たれているので、冷え切ったカメラのレンズは入館とともに激しく曇ってしまい、しかもなかなか順応しません。
この時間の無い中、レンズを乾かすのに20分位時間をとられてしまいました。

早々にレッサーパンダがいる高山館に移動します。


レッサーパンダは展示方法が大きく変わり、手すりがあるだけのほとんどオープンな室内スペースで、ごく間近に見ることができるようになりました。

レッサーパンダが間近に見られる
E-M5/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.

Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.でも十分なくらい接近して撮影ができます。
天井にはしごを伝わせ、レッサーパンダが行き来できるようにするなど、自分がレッサーパンダの住処に入ったような体験ができます。


続いて、寒帯館へ…

立派なアムールトラに、

アムールトラの背中
E-M5/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.

ガラス越しにかわいらしい眠顔を振りまく、サービス精神旺盛なユキヒョウ。

ユキヒョウお座り
E-M5/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.

このあと、突如活発に活動を始めたユキヒョウが、崖からの大ジャンプ!を披露してくれたのですが、残念ながら写真に収めることはできずに終了(-_- )


時間配分を誤り、わくわくアジアゾーンでの撮影は不完全燃焼に終わってしまいました。

次回、シロクマの双子の赤ちゃんが公開された頃にまたリベンジしたいと思います(^o^)/


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

[2013/04/27 14:22] | 円山動物園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<冬の円山動物園2013その2 (ホッキョクグマの双子の赤ちゃん) | ホーム | M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8のレンズフード(オリンパス純正vsUNメタルフード)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/218-7601e441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |