スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ONSEN食堂 (蕎麦・カレー/豊平峡温泉)
小天狗岳登山の後、定山渓温泉街から車で5分ほどのところにある豊平峡温泉のカレー店「ONSEN食堂」さんに立ち寄りました。



その名の通り、豊平峡温泉内に併設された食堂です。

豊平峡温泉「ONSEN食堂」

土日は混むと聞いていましたが、実際かなり混雑していました。

店内に入りましたら、

①まずはフロントで受付
②順番が来たら入場前に入口で注文、料金は先払い(食券制)
③食券をカウンターに出し、空いている席をみつけて座って待つ
④料理が出来上がると番号で呼び出される
⑤自分で取りに行き、食事後の食器を下げるのもセルフサービス

という流れになります。


受付後、呼び出されるまでメニューを見て待ちます。

カレーメニュー

流行り(廃り?)のスープカレーではなく、ルーカレーの中でもとりわけ伝統的なインドカレーがメインです。
スープカレーもいいですけど、原点に戻ってルーカレーもなかなか乙なものですよ(゚‐^)

私は定番のチキンカリーをMILD(甘口)で注文しました。

実は十割そばも名物だそうで…

あたしゃあんたのそばがいい…

次来たときは、こちらにも挑戦してみようかな(^^)


オープンキッチンになっていて、ナンを焼いている様子を目の前で見ることができます。

陽気なインド人シェフ
(せっかくポーズを決めてくれたのに…映り込みが顔に被ってしまい申し訳ない)

テキパキ作業しつつも、カメラを向けるとご覧のように茶目っ気たっぷりのポージング。
サービス精神旺盛なシェフさんでした(^^)


20分ほど待ったところで席に案内されました。

食券をカウンターに出し、さらに5分ほど待つと…カレー完成!

チキンカリー

ナン、でかっ(゚Д゚ )

でもこのナンがとても美味しいのです(^^*)
表面サクサク中はもっちり、ほんのり甘みがあって、ナンだけでもパクパク食べられてしまいます(^^;)

カレールーの方は、どちらかというと日本人好みの味付けというか…インドカレーで本格的なモノだとスパイスの苦みが強いものもあったりしますが、こちらはスパイシーさは控え目、まろやかで旨味と甘味とコクがあり、素直に美味しいと感じました。

メンバー注文の「ナスとトマトのカリー」

ナスとトマトのカリー

トマトの酸味が良いアクセントになっていて味の趣向は異なりますが、こちらも美味しいです(^‐^)

ちなみに、スープカレー屋では辛さ0か1しか選ばない(選択の余地が無い)お子ちゃまな私でも、甘口(MILD)では辛さを一切感じませんでした(笑)
さすがの私でも、中辛(MIDEUM)はいけそうな感じです。
普通に辛い物を食べられる方なら辛口以上をお勧めします。


がやがやとした雰囲気はまさに「食堂」といった趣ですが、それが逆に小市民の私には落ち着けます。

全天候型テラス

特にテラス席は木の温もりを生かした造りで、大変くつろげました(゚‐^)

こんな辺鄙な場所(失礼…)で営業しているにもかかわらず、夜22:00までの営業(LOが22:00?)というのが嬉しいですね。
温泉とあわせてぜひ一度ご堪能あれ(^o^)/


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 豊平峡温泉
 札幌市南区定山渓608番地2
 営業時間:11:00~22:00
 http://www.hoheikyo.co.jp/frame-top.htm
__________________________________


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

[2013/02/17 20:51] | 食べ歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<えこりん村2012-2013冬~雪のどうぶつ広場 | ホーム | 三角山>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/212-63bab346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。