スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
☆月夜の円山動物園 ~夜の動物園リターンズ☆
円山動物園では例年夏期に数回、通常の営業時間~17:00(11月1日~冬季は16:00)を21:00まで延長する夜間延長営業を行っています。
今年は7月~8月に計9回(※イベントを除く)実施されました。

残念ながら今期は一度も参加することができず、来年こそは…と思っていたら、9月15日~17日の「円山動物園秋まつり」期間中に復活開催されることが判明!
このチャンスを逃さず、9月16日夜の円山動物園に足を運びました。

入場に際しては特に申し込みや予約なども必要なく、遅い時間に普段通りに動物園に行くだけでOKです。



当日配布されたプログラムはこちら↓

「月夜の円山動物園 ~夜の動物園リターンズ」プログラム
(遅刻して18:30~の「ホッキョクグマに活魚を給餌」からの参加になってしまいました)

ホッキョクグマの檻(放飼場)の周りにはすでに大勢の人だかりができていました(-_-;)

ホッキョクグマに活魚を給餌
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

生きた鮭(鱒?)を放飼場内のプールに放ち、捕食する様子を観察します。

警戒心の強いホッキョクグマは、辺りをウロウロしながらしばらく様子を窺っていましたが、いよいよプールに飛び込むと、あっという間に鮭を捕えて…

活魚ゲット!
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

生食(-_-lll)

食事
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

かなりエグいです(-_-lll)

食事
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

しかしこれが動物本来の姿。
昼間は大人しい動物たちの、野性的な一面を知ってもらうことこそが、このナイトツアーの意図するところでしょう。


続いてエゾヒグマ館へ。

「ヒグマに活魚を給餌」のプログラムは一時間ほど前に終わっているはずですが…?
まだ捕まえられずに追いかけ回しています(^^;)

ヒグマに活魚を給餌
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

というのも、給餌される魚が意地悪にも小魚ときておりまして(-_-#)、鮭なんかよりも的(まと)が圧倒的に小さくて動きも素早い小魚を、体格の大きいヒグマが簡単に捕まえられるはずがありません。
それでも諦めずに何度も挑戦する姿を見て、子供たちもがんばれ~!と応援していました(^^)

…それにしてもひどいブレですね(^^;)
OM-DのISO感度を3200まで上げてもまだシャッタースピードが足りません。

しかしこの高ISO、低照度の悪条件下でも破綻せず、WEB上の鑑賞には何とか耐え得る画質を保っているのはさすがといったところです。
今後も色々なシチュエーションを試して、このカメラの特性を引き出していこうと思っています。


いつ来ても、人懐っこい犬みたいな表情を見せてくれるシンリンオオカミ…

夜のシンリンオオカミ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

夜の顔は一変 ΣΣ(`Д´lll)

凛々しい…
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

眼光鋭く、こんなにも凛々しい顔つきです。

ちなみに昼間はこんな感じ(*^^*)

昼間のシンリンオオカミ

どちらもいい味出しています(^^)


夜空を飛ぶペンギン…

空飛ぶペンギン

を狙うも失敗(-_- )


アムールトラは活発に活動しています。

アムールトラ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

夜が更けて野生の血が騒ぐのか、檻の周りをグルグルとせわしなく回り続け、

アムールトラ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

時折遠くを見るような目で外の様子を窺っています。


一方、夜が更けても一向に気が逸(はや)らないライオンの寝顔。

ぐうたらなライオン
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

ライオンは夜行性で、夜は狩りの時間のはずなのに…ぐうたらなヤツだなぁ( ̄^ ̄)

と、悪口をたたいていたら、

ぐうたら?なライオン
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

睨まれてしまいました。


レッサーパンダも元気一杯走り回っています。

レッサーパンダ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

そうそう、今年7月20日にレッサーパンダの赤ちゃんが生まれたそうですね。
雪が降る前に一度見に行ってみようと思います。
(注:11/19~12/11まで公開休止されるそうです)


すでに大人の時間ですが、こども動物園にも入ることができました。

ヒツジ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

羊はすでにお休みモード。


プレーリードッグは団子になって、丸まって眠っています。

プレーリードッグ団子
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

かわいいですね(^‐^)


アライグマは…餌を洗って食べています。

餌を洗うアライグマ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

実はこの仕草、餌をきれいにするためのものではないそうで、一説によるとアライグマは目が大変悪く、このように手でもみくちゃにすることで食べられるモノかどうかを判断しているのだとか。
確かに、アライグマの目は虚ろで洗っている物を確認している様子はありません。

ちなみに洗っているのはまだ生きている魚(-_-lll)
アニメ「あらいぐまラスカル」をご存じの方は、アライグマに「かわいらしい動物」というイメージをお持ちかもしれませんが、全く持って気性の荒い生き物です。
この日も隣の部屋のアライグマとの激しい威嚇のし合いが始まり、ガラスの隔壁を今にもぶち破らんばかりの勢いで体当たりしていました(^^;)


--------------


このように、昼間はおとなしい動物たちの意外な一面を見ることができる夜の動物園。
延長営業なら、年間パスで入ることができますので、お持ちの方はぜひ一度ご参加を(^^)

ただし写真を撮るにはかなり厳しい条件です。
私と同様、もれなく高感度耐性の高い最新フルサイズ一眼が欲しくなると思います(^^;)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

[2012/09/16 23:00] | 円山動物園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<藻岩山初登山 | ホーム | 滝野すずらん公園のコスモスフェスタ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/201-7d67a28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。