OM-D E-M5に中国製BLN-1互換バッテリー
E-M5用バッテリーBLN-1の対応品がやっと出回り始めたようですね。

ROWAさんがいち早くリリースしたものの、売り切れ状態がずっと続いていました。
(※8/9現在、ロワジャパンからもBLN-1対応バッテリーの新製品が販売されています。充電器の形状を見る限り、私が今回購入した香港系製品と同じものを仕入れているようです)

互換バッテリーがなかなか出回らなかったのは、充電器もしくは電池に何らかの対策が施されたため、オリンパス純正の充電器で充電することができないという不都合が生じたからだと思われます。
パナソニックのようにカメラ本体とバッテリー間で認証のようなものを行っている様子はないので、E-M5で使えるように設計するだけなら、それほど難しくは無かったでしょう。
もしかしたら、ロワさんのバッテリーが長く在庫無しになっていたのもそのせいかもしれませんね。

結局どのメーカーも純正の充電器を使うことはあきらめたようで、最近出回り始めたバッテリーはほぼ全て、専用のチャージャーとセットで販売されています。


私が購入した商品は、専用充電器とセットで税込み1,350円+送料300円=1,650円也。
香港から航空便で、1週間ほどで届きました。

オリンパスバッテリーBLN-1互換品

充電式電池は空輸できないはずなんですけどね(^^;)
品名を偽って紛れ込ませても、エックス線検査で撥ねられると聞きましたが…。

一定の包装要件を満たし、非危険物であることを明示するなどの条件をクリアすれば認められるケースもあるようです。なお、国際便については別に定められています。

まあ何はともあれ、無事に届いて良かったです。

オリンパスバッテリーBLN-1互換品

車のシガーソケットで充電できるアダプターは、いざという時に便利だったりします。


バッテリー形状は当然ですが純正品とほぼ同じ。

オリンパスバッテリーBLN-1互換品

ただ公称電圧が、純正の7.6Vに対して、コピー品は7.2Vと低いのが気になります。

手持ちのテスターで計測してみると…

・純正品…約7.4V(中程度消耗)
・互換品…約8.3V(フル充電)

…って、むしろ高過ぎかい!?( ゚Д゚)

カメラは一応正常に動作します。
純正電池も同様に、フル充電した状態で計測する必要がありそうですね。

(H24.8.18追記)
満充電の純正電池はそれを上回る8.6Vだったので、おそらく問題ないでしょう(^^)

BLN-1_copied_07t.jpg

ちなみに使い切った直後の電圧は6.4Vで、それを1晩寝かせたら6.6Vまで回復しました。
カメラ側の許容範囲がこれほどまでに広いとは驚きました(^^;)


充電器の端子は、純正の5個に対して+と-の2本しかありません。

オリンパスバッテリーBLN-1互換品

充電性能は純正とほぼ同じで、入力最大150mA(純正と同じ)、出力8.4V/600mA(純正は8.7V/600mA)となっています。
充電時間は、使い切った状態から充電ランプが消えるまで2時間半ほどでした。

オリンパスバッテリーBLN-1互換品

コードレスタイプで収納時に場所を取らないのはありがたいのですが、充電する際は状況によりコードが欲しくなることもあります(^^;)



フル充電後、さっそく花火撮影で使いました。

動作は特に問題なし。
持ちは…純正の1発目よりも少し短いくらいでしょうか。
(厳密に計測したわけではありません。あくまでも管理人の使用感です)
純正同様、放電~フル充電を数回繰り返せば、本来の性能を発揮するようになると思います。

このまましばらく使ってみて、後日インプレッションを掲載いたします。

また、何か不具合等が生じたらまたブログ上で報告します。


--------------


<2013年7月14日更新>

事故や不具合等もなく、現在まで安定して使い続けられています。
ただやはり、持ちは良くないですね。
最近特に持続時間に差がついてきたような気がします。
純正バッテリーと交代で使っているので、充電回数はほぼ同じのはずですが、現状、感覚的には純正の3割引きくらいでしょうか。
中国製非純正バッテリーの公称容量は全くあてにならないと言われていますが、性能に関してはやはり純正品に尽きるということでしょう。

もちろん、スペアバッテリーとしては問題のないレベルです。
特性さえ理解して使えば、コストパフォーマンスは抜群です。
ただあくまでも自己責任で。


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2012/08/18 06:39] | E-M5 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<真夏の円山動物園 | ホーム | RM-UC1対応中国製互換リモートケーブルを試す>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/183-55723751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |