豊平川道新・UHB花火大会2012
今日は毎年欠かさず見物している豊平川花火大会開催の日。
今回初めて機材を持ち込み撮影に挑みます。


場所取りのため、気持ち早めに幌平橋に到着すると…欄干前には立派なカメラと三脚がすでにずらーっと並んでいました( ゚Д゚)
しかし中央から平岸側にかけては、なぜか誰一人寄り付いていません。
こちら側からだと構図が良くないとか…?
考えていても仕方ないので、素直に空いているところに入りましょう。

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

風は弱いし天気も上々、絶好の花火日和です!
本日は19:40~20:40の1時間に約4000発の花火が打ち上がる予定です。



さあ、始まりましたよ~!

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

あらら、広角ズームではちょっと遠すぎました(-_-;)
花火の光が川面に映る様は綺麗ですけどね(^^)

もう少し寄って、下に振って川面を大きく入れたら構図のバランスも良くなると思うのですが、欄干との間に緩衝スペースが設けられていて、これ以上近寄ることができません。


高倍率レンズに交換します。

「ひゅるひゅる~」が撮れました(^^)

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

打ち上げの合間に都度入る協賛各社の広告アナウンスは、見物者にしてみれば興醒め要因でしかありませんが、その間に各種設定の調整やレンズ交換などもできるため、撮影者にとっては絶妙な間合いだったりします(笑)


型物花火も、種類はそれほど多くはありませんが、花(タンポポの綿毛?)や、

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

言われなければ分からないかもしれないハート(^^;)…、

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

その他写真には収められませんでしたが、カエルやスマイル、蝶などもあったように記憶しています。


個人的には、この線の細くてしとやかな花火が好みです。

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

うーん、玉が開ききる前にシャッターを閉じてしまいました。

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

こちらはシャッターの切り始めが遅くて玉無しに(-_-;)

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

見応えのある大輪の花火だったのに…。

一連のプログラムの中で、一番盛り上がる瞬間を予測してシャッターを切るのはとても難しい(運も必要?)です。
とりあえず、露光時間と同じだけ処理時間を取られてしまう「長秒時ノイズ低減」機能は切っておいた方がいいと思います。
私は画質優先でONにして撮影しましたが、露光後の拘束時間にイライラしました。
画像が荒れても、現像時にノイズリダクションを掛ければ問題ないのかなーと思うのですが、どうでしょう。


あとホワイトバランスは、花火ごとに色味が変わってしまうので、固定(太陽光に設定)すると良いと、とある本に書かれていました。
現像時にWB調整すればいいだけの話では?と思ったら、古い本だったのでフィルムでの撮影が前提だったのかもしれません。
まあ写真ごとに花火の色味が変わっても問題ないと個人的には思っていますが、あとから1枚1枚揃える手間を考えれば、撮影段階で統一しておいた方が楽ということでしょう。


まさに菊のような花火…

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

3連発(笑)

こちらは最後の「バチバチ」がとても綺麗でした。

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

ちょっとごちゃごちゃしてしていますが、スターマインは迫力は十分。

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

やはり位置取りが良くないから重なってしまうのでしょうか。
来年は正面(川岸)から撮ってみようと思います(^^)


これも形が美しい。

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

3部構成中の、2部も終わりが近づいてきて、盛り上がってきました。

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

2部のフィナーレ。

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

写真で見ると、ピンボケか手振れ写真の様に見えますが、元々こういう花火です(笑)
実際に見るととっても綺麗ですよ~(^‐^)


第3部は対岸も使って、スターマインや仕掛け花火を織り交ぜるのが恒例。

カメラを横位置に構え直します。

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

うーん、普通にこの構図の方が良かったかも(笑)

画面いっぱいに花火を入れることにこだわりすぎました(-_- )

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

対岸のノンストップ仕掛け花火から…

グランドフィナーレの錦冠へ。

豊平川道新・UHB花火大会2012
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

長秒時ノイズリダクションのせいで、一番の盛り上がりどころを撮れなかったぁぁぁぁヽ(`Д´)ノ
写真では爆弾が爆発したようにしか見えませんが(-_-;)錦冠の連発は大迫力!


しかし、本州の著名な花火大会・競技会は規模が桁違ですよね。
五重芯花火とか5箇所打ち上げのワイドスターマインとか…写真・映像で見ただけですが、それでも鳥肌ものです。

いつか長岡や大曲の花火を見に(撮りに)行く!と心に決めました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:花火 - ジャンル:写真

[2012/08/01 21:27] | 花火 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<モエレ沼公園花火大会 | ホーム | モエレ沼公園花火大会のプレリハーサル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/180-2221a7b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |