藻岩山山頂展望台から望む月食
2012年は天体イベントの当たり年。
世紀の天体ショー「金星の太陽面通過」を2日後に控えた6月4日には、部分月食が起こります。

月の出は南東方向より19時0分ごろ、札幌では食がすでに始まった状態で月が昇り始めるため、初期段階から観察するには地平線が低く開けていて、見晴らしの良い場所を選ぶ必要があります。

適しているのは…ずばり「もいわ山展望台」でしょう!
展望スペースは確か東向き(初日の出スポットとしても有名ですよね)のはず。
観光自動車道も中腹駅までは開通したので、車で数人で乗り合わせれば、有料道路の通行料金の660円+モーリスカー往復料金600円×人数分で済みます。



さて当日、18時にロープウェー駐車場集合の予定のはずが…
E-M5のバッテリーを忘れるという私の痛恨のミスのせいで、大幅に遅れてしまいました。
ああ、E-M5からバッテリー型式が変更されたのが本当に恨めしい…。


頂上に着くと、月はかなり上まで昇っていました(-_-;)

藻岩山展望台から望む月食
Canon EOS Kiss X5/EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II

全て私の責任です m(_ _)m

私は結局、メンバーのサブ機E-PL1を借りて撮影することに。

藻岩山展望台から望む月食
E-PL1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

月に露出を合わせると夜景が暗く落ちて美しくなく、反対に夜景に露出を合わせると、このように月が輝き過ぎて、月食なのか普通に欠けた月なのか分かりにくくなるというジレンマに(-_-;)


試しにEOSKissX5+キットの望遠レンズを借りて、月を大写しにしてみると…

藻岩山展望台から望む月食
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

※上の写真を等倍で切り出しました
藻岩山展望台から望む月食
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

おお、思った以上にくっきり写ります。

次にPL1+ケンコー400mmF8ミラーレンズの組み合わせ。

藻岩山展望台から望む月食
E-PL1/Kenko MIRROR LENS 400mm/F8

※上の写真を等倍で切り出しました
藻岩山展望台から望む月食
E-PL1/Kenko MIRROR LENS 400mm/F8

拡大倍率は高くても、こちらの方がぼんやりしているように見えます(-_-;)

これはレンズやカメラの性能云々ではなく、単にピントが合っていないだけかもしれません。
このレンズ、換算800mmの超望遠かつMFのピントリングの感応度が高すぎる(少し回すだけでピントが大きく移動する)ので、無限遠のピン出しは、カメラの拡大枠表示機能を使っても苦労します。


札幌の最大食は20時3分ごろ、

EOSKissは相変わらずくっきり写ります(^^)

藻岩山展望台から望む月食
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

もちろんMFがばっちり決まれば、ケンコーミラーレンズも負けてはいません。

藻岩山展望台から望む月食
E-PL1/Kenko MIRROR LENS 400mm/F8

今回の月食の食分は3分の1ほどでした(^^)


イルミネーション?

おはじき

ミラーレンズでわざとピンを外して撮った札幌の夜景でした。
丸ボケがリング状になるのがミラーレンズの特徴です。


…ふと見ると、メンバーの一人が幸せの鐘にカメラを向けて何やら試行錯誤しています。

なるほど、鐘と食月を一緒に撮ろうという魂胆ですね( ̄ー ̄)ニヤリ
これは真似しない手はありません(笑)

月がメインのメンバーの写真と、

幸せの鐘
E-PL1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

鐘がメインの私。

幸せの鐘
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

月が綺麗で、構図も良いメンバーの写真が合わせ技一本。
私のは、月か単なる丸ボケか判別できないという致命的な問題が生じております(; ̄Д ̄)


話は変わりますが、藻岩山展望台が恋人の聖地サテライトに認定されたそうですね。

北海道新聞2012年6月26日(火)朝刊の記事によると、

道新2012/6/26朝刊記事

・公的な機関が運営する非営利的な場所に指定する「聖地」と、民間企業向けの「聖地サテライト」の2種類があり、もいわ山ロープウェイは聖地サテライトに選ばれる。
・札幌振興公社が6月上旬にNPO法人地域活性化支援センターに申請し、中旬に合格を内示され、7月1日に正式決定する。
・近くNPO法人から贈られる「聖地」の銘板を幸せの鐘付近に掲示する。

とのことです。

愛の南京錠
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

幸せの鐘を鳴らし、その周囲の手すりに「愛の南京錠」を掛ければ二人は永遠の愛で結ばれるという願掛けも、札幌市民の間に広く定着してきたようです(^^)


そろそろ月食も終盤に差し掛かりました。

幸せの鐘
E-PL1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

明日も仕事ですから、この辺でお開きにしましょう。

幸せの鐘
E-PL1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

次回、綺麗な月食が見られるのは2014年の10月です(^^)/~~





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

[2012/07/03 05:54] | 藻岩山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<北海道神宮例祭(札幌まつり)の神輿渡御 | ホーム | 大阪王将 南郷通店 (餃子/札幌市白石区)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/175-04271422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |