スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
OM-D E-M5 お渡し準備完了のお知らせ ②
前回の記事はこちら


Fn1ボタンと再生ボタンの押しにくさは、体感イベントでのファーストインプレッションのまま変わらず…

OM-D_E-M5_08t.jpg

ボタンの配置は悪くないのですけど、ちょっと奥まりすぎなんですよね。
手応えもフニャフニャしていて、ぐっと押し込むようにしないと反応しません。

シャッターや方向ボタンもそうですが、タッチに高級感が足りないというか…。
せめて、押した感覚だけでボタンが押されたかどうかの判断ができる程度のクリック感は欲しいところです。
次期モデルで改善されることを期待しています。


改善を望む点はもう一つ、自動的にEVF表示に切り替えるアイセンサーの感度が良すぎるというか、感知する範囲が広すぎること。
三脚を使って撮影するときなど、ダイヤル操作をしようと手をかざしただけでいちいちEVFに切り替え→モニターが
ブラックアウトするのは勘弁してほしい。
他のメーカーの一眼もこんな感じなのでしょうか…(-_-;)


ストロボは外付けになって良かったです。
私の撮影スタイルでは99%使うことはありませんし、使う場面といえば、暗がりの中深々と降る雪を写し込みたい時など、目的もはっきりしているので、いざというときに無くて困るということはまずありません。

ちなみに外付けフラッシュを取り付けた様子は…

OM-D_E-M5_24t.jpg

ほとんどギャグみたいな見た目かなと(^^;)
三角屋根の頂点に載せるのなら、もう少し屋根を低く、尖らせないようにデザインにしてくれれば、ストロボ云々関係なく格好良いデザインになっただろうと思います。


それともう一点、ホットシュー(+アクセサリーポート)のカバーをわざわざ2分割にしたのは何故??
外す頻度はそれほど高くないにしても、ズボラな私はすぐに失くしてしまいそうです。

しかも端子側のカバーが最初、どうやっても外すことができず、危うくカメラ本体を破損するところでした。

このように両端を摘まんで引っ張っても外れません。

OM-D_E-M5_25t.jpg

印がついている側をめくり上げるようにすると簡単に外れます。

OM-D_E-M5_26t.jpg

カバーはゴムに近いプラスチック(プラスチックに近いゴム?)素材で、少しくらい変形させても問題無いと思われますが、着脱を繰り返すうちにガバガバになりそうな予感がします…。
このパーツに限らず、E-M5のカバー類は総じて心もとない作りのため、E-5ほどの高い防水性は望めないかもしれません。


そうこうしているうちにバッテリーの充電も完了しました。
最後に出荷前のレリーズ回数を確認して終わりにしようと思います。

メンテナンス画面の呼び出し方法は、今やネットを検索すればどこにでも出ている情報ですし、公開されることにより不利益を被るユーザーもいないと思うので、自らの備忘録として書かせていただきました。
異なる手順が書かれているサイトもありましたが、私のE-M5は下記の手順で見ることができました。

 1. MENUを押したまま、電源を入れる。
 2. MENUボタンを離し、もう一度MENUを押してメニュー画面を表示させる。
 3. 十字キーの下と右だけを使ってセットアップメニュー ⇒ モニター調整画面に入る。
 4. OKを押すと、機種名+2桁の数字が4つ並ぶ、謎の画面が出現。
 5. INFO・上・下・左・右・シャッター・上の順にボタンを押す(グラディウス的?)
 6. PAGE1が表示され、右を押すとPAGE2へ進む。

PAGE2画面中の「R」がレリーズ、つまりシャッター回数だと言われています。

OM-D_E-M5_23t.jpg

裏メニュー画面を呼び出す際に、間違って3回ほどシャッターを切ってしまったので、出荷時点では133回ということになります。

うーん…ネットで調べてみると、2桁台の方もいらっしゃるようですね。
何かしらの問題があって念入りにチェックされた個体。とかだったら嫌だなぁ( -_-)


そういえば、発売開始直後に話題になった「サー」音は私の個体からもします。
思っていた以上に大きな音ですが、これは5軸対応メカニカル手ぶれ補正ユニットがセンサーを電磁力で浮揚させる際に生じる音であり故障ではないそうなので、私は特に気にしていません(^^)

あとは山ほどある機能を地道に把握して、自分にとって最適な設定を早く見つけたいと思います。


予約殺到でお盆前まで待たされる、なんて噂も流れていましたが、桜の季節に間に合って良かったです。
これでまた、撮影に行くのが楽しみになりました(^‐^)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2012/04/22 23:04] | E-M5 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<肉匠 禅 (焼肉/札幌市豊平区) | ホーム | OM-D E-M5 お渡し準備完了のお知らせ ①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/157-af62fcc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。