スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2012年最初の円山動物園訪問記
やっと届いたOM-Dを箱から出すことすらできずにいた4月15日、多忙極まる業務の合間を縫って、さっぽろ円山動物園での撮影会を敢行しました。


当日は天気が良くて外出日和~(^^)、なんて浮き浮き気分で正午過ぎに動物園に到着すると、そこにはとてつもなく長い駐車場待ちの車列がぁぁぁぁ Σ( ̄ロ ̄;)

車列は環状通方面、南一条通の円山(公園)入口付近まで続いています。



待ち時間がまるで読めないので、その先に見つけたコインパーキング(カービス)に停めて歩くことにしました。

※渋滞の車列の中には、偶然通りがかり運悪く嵌まっただけの車が相当数含まれていたようです。(片側一車線のため抜けられず、抜け道の側道も無い)
列に並んでも、思ったより早く入られたのかもしれません。
中にはしびれを切らして片側一車線の反対車線を突っ切っていく車もいたりして、対向車とあわや正面衝突(゚Д゚ )なんて場面もありました。
動物園に用がなければ、休日の昼はこの道を避けた方が無難です。


ちなみに動物園の駐車場は普通車1日700円、カービスは20分100円で、私は4時間ちょっといて1,300円かかりました。
車で行くなら午前の早いうちに出掛けましょう。

入園料は大人600円、年間パスポートが1,000円だったので、

Maruyama-Park_23t.jpg

2度来園するだけで元が取れる年間パスを購入しました。



園内を進んでまず目に入ったのは、外に解放されているレッサーパンダ!
実は今まで、室内でしか見たことがありませんでした。

肝心の写真は…ピンぼけ写真の山(-_- )
久しぶりの撮影+動物園に気持ちが浮ついていたようです。


いきなりハイイロカンガルーの喧嘩が勃発!?

Maruyama-Park_01t.jpg

かなり本気で殴り合っています(^^;)


キリンの親子、

Maruyama-Park_03t.jpg
E-P3/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.

さすが親子、そっくりな表情です(^^)

Maruyama-Park_04t.jpg
E-P3/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.

母親の食べる姿も真似します(笑)
子キリンのちょろっと出た舌と、カメラ目線がめっちゃかわいい(^‐^)


カバ

Maruyama-Park_05t.jpg

「何か文句ある?」


ユキヒョウ

ニャー!

Maruyama-Park_06t.jpg
E-P3/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.

のびー

Maruyama-Park_07t.jpg
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250㎜ F4-5.6 IS II

※EOSの写真はメンバーからの借り物です。


ライオン

ガオー!

Maruyama-Park_08t.jpg
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250㎜ F4-5.6 IS II



シンリンオオカミ

がおー!

Maruyama-Park_10t.jpg
E-P3/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.



Maruyama-Park_09t.jpg
E-P3/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.

がお?



…何やら人だかりができています。
『猛禽類のフリーフライト』というイベントが行われているようです。
鳥(トビ)は飼育員さんの合図で飛び立ち、離れたところにいる参加者の腕にビタッととまります。
動物園のHPを見ると、「鷹匠の資格をもつ飼育員がその技術を生かして実現しました」とありました(゚Д゚;)ホント?

これは猛禽類の迫力ある飛行の様子をとらえるチャンス!

Maruyama-Park_11t.jpg

…のはずが、下手な鉄砲、数を撃っても全く当たりません。
世界最速0.1秒AFが何ぼのもんじゃー!というくらい当たりません。

ライブビューのタイムラグ?
AFの遅いLUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.のせい??
いえいえ、自分のせいでしょう。
ここは置きピン+連射で撮るべきシチュエーションだったか。

一方こちらは一眼レフのEOS Kiss X5でメンバーが撮った写真。

Maruyama-Park_24t.jpg
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250㎜ F4-5.6 IS II

うーん、素晴らしい。
腕の違いも然ることながら、動体追尾(予測)AFにおける位相差方式の優位性はやはり揺るぎないようです。
コントラストAFも、動かない被写体に対してはすでに位相差方式に匹敵するAF速度を実現していますし、精度に関してはむしろこちらの方が上なんですけどね~。

「両者をシチュエーションに応じて使い分けるべき」なんてカメラ雑誌の記事のような月並みなコメントはさておき(^^;)、素人目には単純に、1台のカメラに位相差検出方式とコントラスト検出方式の2つを組み込んで、動体追尾モード(トラッキングAF?)時のみ位相差に切り替えればいいだけのように映るのですが…やはり技術的に難しい点があるのでしょうかねぇ。


トビが撮れない管理人は、鷹匠のお姉さんのポートレート撮影…

Maruyama-Park_13t.jpg
E-P3/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.

お姉さん格好良い!(゚‐^)b



ホッキョクグマ

Maruyama-Park_14t.jpg

…ラッコか!?

レッツ、ダンシ~ング

Maruyama-Park_15t.jpg
E-P3/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.



「考えるトド」

Maruyama-Park_16t.jpg
E-P3/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6



ゴマフアザラシ



Maruyama-Park_21t.jpg
E-P3/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

…温泉か?!

見よ、この恍惚とした表情を(笑)

Maruyama-Park_22t.jpg




最後に熱帯動物館へ。
この建物は、周囲にいるキリンやトラ、カバやブチハイエナなどの寝室も兼ねており、彼らが屋外展示場にいないときは、こちらに入っているものと思われます。


「Black & White」

Maruyama-Park_17t.jpg
E-P3/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

念のため、ダチョウです。


ドキュメントタッチのメスライオン

Maruyama-Park_18t.jpg
E-P3/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

餌の肉片が生々しいですね (((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


今年は年間パスポートも買いましたし、近いうちにまた訪れたいと思います(^^)/


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

[2012/05/03 12:28] | 円山動物園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2012年のえこりん村は動物エリア分離→別料金化&値上げ+年間パス発行中止!? | ホーム | OM-D E-M5に液晶プロテクター(保護フィルム)を貼る>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/153-55623580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。