スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
PEN E-P3用大型グリップMCG-2 BLKの使い心地
望遠レンズを装着した際のホールド性を向上させるため、大型グリップに交換することにしました。

mcg2-K_01t.jpg

AMAZON.CO.JPで送料税込2,672円(税込定価3,675円)也。

(左:E-P3標準装備のMCG-1/右:大型グリップMCG-2)
mcg2-K_15t.jpg

心配しているのは、E-P3純正グリップのMCG-1のように、裏側に柔らかい起毛素材が貼り付けられているかどうか。
擦れてボディにガリガリ傷がつくのは勘弁願いたい。

MCG-1も2も定価は同じですから、おそらく作りも同じだろうとは思いますが…

mcg2-K_02t.jpg

それは間違いありませんでした(^^)v

ちなみに表側の素材は、純正グリップのようなプラスチック?素材ではなく、柔らかめの硬質ゴム(?)が使われており、グリップ感も良さそうです。


標準グリップMCG-1+E-P3

mcg2-K_03t.jpg

大分見慣れましたが、いくら見てもグリップが浮いている感は拭えません(^^;)
よく見ると、おにぎりの海苔のようにも見えてきてます…。

mcg2-K_04t.jpg

後ろ側から見たときの出っ張りが格好悪いという方も多いでしょう。
まあ結果はどうあれ、オリンパスが着脱式のグリップに挑戦したことについては評価したいと思います。


グリップの取り付けはネジ1本、硬貨等で回して外します。

mcg2-K_06t.jpg

500円硬貨の厚みがちょうど良いです。

取付け部には…

mcg2-K_07t.jpg

さすがに傷一つ、痕跡一つ付いていません。
グリップ裏のベルベット素材?など、E-P3の開発においてオリンパスは細かい部分までかなりこだわったそうです。

…個人的にはデザインやディティールだけでなく、使い勝手や操作性にもっとこだわるべきだったと思いますけど(-_-#)
せめてサブダイヤルを、パナのような「押せる」ダイヤルにして欲しかったです。
近頃めっきり出番が減ったGF1ですが、久しぶりに使っても直感で扱えるその操作性には、毎度感心させられます。


大型グリップMCG-2 BLKを装着したところ。

mcg2-K_08t.jpg

正面から。

mcg2-K_10t.jpg

逆斜め。

mcg2-K_09t.jpg

裏側から。

mcg2-K_11t.jpg

グリップが上下に長いため、横に飛び出している感は少ないですね。


山の高さを比較すると、

mcg2-K_12t.jpg

MCG-1は、グリップと呼ぶことすらはばかられるような、申し訳程度の膨らみです。
GF1も似たようなグリップ?形状でした。

mcg2-K_13t.jpg

一方、MCG-2は、より大きく張り出した形状で、指の掛かりも良さそうです(^^)


望遠レンズLUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6を装着して、実際に試してみました。

mcg2-K_14t.jpg

使い心地は…標準付属のMCG-1とは雲泥の差!

前後から挟むような持ち方になる標準グリップとは異なり、MCG-2では指を山に引っ掛けて、握るようにホールドすることができます。
柔らかめの素材感と相まって、グリップ感は圧倒的に向上します。
撮影を優先される方には、こちらのグリップをお勧めします!

とはいえ、軽量・コンパクトで手軽に持ち出せて、どんな場面でも違和感無くサッと取り出せるのがPENの利点ですから、大きくて重いレンズを装着するために、デザインやサイズ感を犠牲にしてまで使い勝手を追求するのは本末転倒かもしれません(^^;)

私はデザイン的にも嫌いではないので、このまま大型グリップ仕様でいきます(^^)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2012/01/09 15:15] | E-P3 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<冬のえこりん村~銀河庭園&どうぶつ広場 2012 | ホーム | JRタワー展望室「T38」から見る2012年初日の出>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/138-851ea58f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。