M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm購入!MSCマークの有無による性能差を検証しました
ずっと迷っていた高倍率ズームレンズの購入を決意しました。

もしかするとm43レンズへの参入を発表したシグマあたりから、高品位高倍率ズームレンズが発売されるかも?なんて淡い期待も抱きつつ、現ラインナップの

・パナソニック/LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8
・パナソニック-ライカ(フォーサーズ)/LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6
・オリンパス/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

の3本で悩んでいましたが、結局オリンパスに決めました。

以下、各レンズの長所と短所を簡潔にまとめてみました。


・パナソニック14-140mmの○と×
 ○レンズ内手ブレ補正機能有り ⇒ パナ・オリどちらのボディでも手ぶれ補正が効く
 ○HD動画撮影に対応した、高速・静音、滑らかなAF
 ○オリンパス高倍率ズームよりも質感(ボディ、操作感)が高い
 ×大きくて重い(サイズ:Ф70×84mm※レンズ先端からマウント面まで、重量:460g)
 ×オリンパス高倍率ズームよりも望遠端が少し短く、開放F値も暗い


・パナソニック-ライカ14-150mm(フォーサーズマウント)の○と×
 ○同ブランドのマクロレンズを見る限り、本体の質感は最も良い(好みである)
 ○描写もかなり期待できる
 ×フォーサーズアダプターを介すため、AFは遅いと思われる
 ×3本中、最も大きく重い(サイズ:Ф78.5×90.4mm※レンズ先端からマウント面まで、重量:535g)
 ×高価(さらに+フォーサーズアダプターが必要になる)


・オリンパス14-150mmの○と×
 ○小型で圧倒的に軽い(Ф63.5×83mm、260g)
 ○価格は最も安い(ただしポーチ、フードが別売りで、それらを合わせると同じかそれよりも高くなるかも…)
 ○パナソニックレンズよりも望遠端の焦点距離が長く、開放F値も明るい
 ○MSC機構による静音かつ高速なAF。E-P3との組み合わせでAFが更に高速化
 ×光学式手ブレ補正機能非搭載のため、E-P3ボディでしか手振れ補正が効かない
 ×質感が安っぽい(メイドインチャイナ…)
 ×鏡筒を繰り出したときの姿が格好悪い(あくまでも個人的な感想)


描写に関しては、パナソニック(マイクロ)とオリンパスではそう変わらないと思います。
スペック上は、望遠端の焦点距離/開放F値がパナ140mm/f5.8に対してオリ150mm/f5.6ですから、オリンパスの方が上ですね。

迷ったのは手ブレ補正機能の有無です。
もしパナソニックのセミプロ機が発売されたら、そちらでも使えるように(^^;)レンズ内手ブレ補正機能が付いているパナレンズorパナライカレンズのほうがいいかなと。

ただ、小型軽量であることに意味があるm43に、あえて重くて大きいレンズをつける意味を見出せません。
現状E-P3がメイン機である以上、オリンパス製を買わない理由は無いのでこちらに決めました。



レンズが到着しました。

14-150_03t.jpg

Yオークションで、補償付きの海外購入品新品を税込み50,160円(送料別)で売っている人がいたので、そちらで購入しました。

箱を見る限り、中国or韓国向けの商品のようです。

相手方はおそらく輸入した品を転売している個人で、保証書は無記入。いくら国際保証付きのオリンパス製品といえども、これで本当に保証が受けられるのかいささか不安です(-_-;)
面倒でも自分で個人輸入すれば良かったと、少し後悔しました。
個人輸入なら、送料及びアメリカの消費税?を含めても、今の為替レートならもう少し安く買えるでしょう。


で、たまたま同じレンズを写真会のメンバーから借りていたので、両者を見比べてみたところ…

14-150_01t.jpg

なんと、1年くらい前に購入したという借り物のレンズにはMSCの表記がありません( ゚Д゚)
(左:写真クラブのメンバー所有の古いレンズ/右:今回購入したレンズ)


初期ロット?のレンズはMSC機構を搭載していないのでしょうか?
カタログやホームページを見ると確かに「MSC対応」と書かれていますが、標準ズームのように「R」や「Ⅱ」といったバージョンは無く、また途中で変更した旨の補足もありません。
一貫してこのモデルで生産しているかのように記載されています。
一体どういうことでしょう…?

E-P3の「FAST AFシステム」は「MSCレンズのフォーカシングをより高速に制御」するのですから、もしこのMSCマークの無いレンズが実際にMSC機構を搭載していないのなら、MSCマークの有無でAF速度に違いが出るはずです。

これは是が非とも調査しなければなりません!( ̄^ ̄)

ちなみに今回比較対象としたMSCロゴ無しのレンズは、2011年7月21日付けの新ファームにアップデートされています。
ファームの内容が「E-P3のAF高速化に対応しました」となっているので、MSC対応に関するアップデートの可能性が高いです。



計測といっても特殊な機器など当然持ち合わせていないので、とりあえずE-P3のライブビュー画面を後ろからGF1で撮影してみることにしました。

ファイル形式はモーションJPEG、解像度はVGAで撮影。
E-P3側は電源をオフにする度にレンズのフォーカス位置が無限遠にセットされる「レンズリセット」機能をONにし、レンズは望遠端の150mmにセットしてフォーカシングレンズの移動距離を多く取り、AF駆動時の画像の変化も分かりやすいようにしています。

MSCロゴの有無によるAF速度比較


YOUTUBEの動画上ではさっぱり分かりませんが(^^;)、生データを無料版のAVS Video Editorに落として、0.001秒単位で1コマずつ確認しながら、画面が動き始めてから右上に合焦マークが出るまでの時間を計測してみたところ…


①AFが迷わずに合焦した場合(やや明所)
・MSCの表記が無いレンズ⇒0.200秒
・MSCの表記が有るレンズ⇒0.200秒

①AFが迷わずに合焦した場合(暗所)
・MSCの表記が無いレンズ⇒0.300秒
・MSCの表記が有るレンズ⇒0.300秒

②AFが迷った場合
・MSCの表記が無いレンズ⇒0.567秒
・MSCの表記が有るレンズ⇒0.500秒


AFが迷いながら合焦するケースにおいて、MSCロゴ有りレンズのタイムが少し上回りましたが、概ね誤差の範囲内(※)で、MSC表記の有無でAFの速度はほとんど変わらず、またどちらもそれなりに高速であるらしいことが分かりました。
少なくともファームアップすれば、MSC表記のないレンズも現行レンズとほぼ同等の性能になるということでしょう。
(※MotionJPEGのフレーム数は約30コマ/秒ですから、実際のフレーム間隔は0.033秒くらいです。よって、動き始めと終わりを合わせて最大約0.066秒の誤差が生じます。)

途中からMSCの表記が追加されるようになった理由は不明のままですが、とりあえずレンズの新旧で不利益が生じることは無さそうなので、表記無しレンズを持っている方も安心していいと思います。
(ファームアップは忘れずに!)

※広角・望遠、暗所・明所、対象物の色・形状、その他カメラの設定により差が出る可能性は否めません。また「AFの迷い」がより強く出るケースや、迷いが出る頻度までは比較していません。あくまでも限られた条件下における結果であることをご承知おきください。



ただ、この結果を受けて新たな疑問が生じました。

この『MSC』という機構は一体何なんだ?

ということです。

ソフトウェアのバージョンアップだけで機能するということは、機械的な機構(メカニズム)ではなく、単なるソフトウェア上の制御技術?


しかしオリンパスのHPには、

『…MSC(Movie & Still Compatible)機構は、軽量かつ少ないレンズ枚数でピント合わせを実現するために開発した先進の光学設計技術です。動作音の原因になるギアを排除し、サブミクロン精度に仕上げた金属軸(シャフト)と送りねじ(スクリュー・ドライブ)による機構を採用することで、ダイレクトにフォーカス用レンズを駆動させます。…』

とあるので、間違いなく機械的構造を伴うはずです。


好意的に捉えるならば、

MSCというテクノロジーは「ある日突然生み出された技術革新」ではなく、改良の積み重ねにより進化し続けてきた高速・静音化技術の総体を指しており、それがある一定以上高まったところで「MSC」と名づけられた

といったところでしょうか。

つまり、、14-150mmの技術はすでにそのレベルに達していたが、単にその時点ではMSCと名づけられていなかっただけ、ということです。
(先に発売された広角レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6は登場時からMSCを謳っているのに、後発の14-150mmが無印なのはなぜ?という疑念は残りますが ^^;)

ただ、もしそうであれば「FAST AFシステム」により、MSC対応レンズが特別に速くなるかように説明されているのは、まやかしのような気がするのですが…いかがでしょう。


まあ、これ以上憶測で詮索しても仕方ありませんね。
いずれオリンパスに、その辺の事実を問い合わせてみようと思っています(^^)

何度も言いますが、上記の内容は全て管理人の憶測によるものです。
当記事ご覧の方は、鵜呑みにされないように(^^;)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2011/09/11 14:01] | レンズ・フィルター | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<うさぎとおひさま (札幌市東区) | ホーム | OLYMPUS PEN E-P3で赤ちゃん撮影 その2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/110-e18a7c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |