滝野すずらん公園で滝を撮影
昨年来通い詰めております(笑)滝野すずらん公園に行ってきました。

今回は少し趣向を変えて、避暑も兼ねた「滝巡り」をしてきました(^^)


滝野公園内にある主な?滝は、アシリベツの滝、鱒見の滝、白帆の滝、不老の滝の4本で、鱒見の滝だけが少し離れた場所にあります。

map.jpg

各駐車場間の出入りは当日中であれば可能なようなので、撮影優先で散策するなら…

①まず、中央口駐車場に駐車して鱒見の滝以外の3本の滝を鑑賞し、駐車場まで戻ってくる
②車を鱒見口駐車場に移動して、鱒見の滝まで歩く

というプランがベターではないでしょうか。

滝野公園の敷地は大変広いので、最初はレンタルサイクルでも借りようかと思いましたが、景色を見ながら歩いていると、距離は思ったより短く感じられました(゚ー^)
たまには自然の中で、綺麗な空気を吸いながらウォーキングなんてのも乙なものですよ(^^)


まずは「白帆の滝」から。

E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR
takino-park2_02t.jpg

滝の手前で道が寸断されいて滝には近づけず、また枯れた倒木がちょうど悪い具合に滝に被さっており、写真的にはイマイチな景観でした(-_- )


アシリベツの滝に向かう途中に見られる厚別川、

E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR
takino-park2_04t.jpg

水面がキラキラ輝いていて素敵でした(^^)

これをE-P3内蔵のアートフィルター「ミニチュア」を使い撮影してみると…

E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR
takino-park2_06t.jpg

…ミニチュアっぽいかどうかは微妙ですが(^^;)、これはこれでなかなか面白い写真になりました。


アシリベツの滝の手前、苔むしたとてもいい雰囲気の木があったので、滝と橋を入れ込み撮影。

E-P3/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
takino-park2_12t.jpg

橋の赤がいいアクセントになりました(^^)

Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.を使い撮影していますが、光源が画面内に入りコントラストが強く出るようなシチュエーションでも、見苦しいゴーストやフレアはほとんど発生しません。
値は張りますが、それに見合う実力を兼ね備えた優秀なレンズです。


…これが日本の滝百選にも選ばれている「アシリベツの滝」!

E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR
takino-park2_07t.jpg

力強さと優雅さ・しなやかさを兼ね備えた美しい滝です(^^)

今回は薄暗い中での撮影になるので、ULTREK45Lを持参して撮影しています。
この三脚の機動性の良さは本当に特筆モノ、まさに「ウルトラ・トレッキング」な三脚です。
公園内の散歩程度でもその恩恵に与ることはできますし、より長距離になるほど、私のように体力の無い者には心強い味方になります。

E-P3/M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR
takino-park2_10t.jpg

もう少し滝に近づことができれば、滝の荒々しさなど、また違った一面を撮影できたかもしれないのに…残念です。
(人が次々と訪れるので、さすがにルール違反はできませんでした ^^;)

森にみなぎる生命力を全身で感じ取り、

E-P3/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
takino-park2_19t.jpg

アシリベツの滝を後にしました。


途中素通りした「不老の滝」に通じる脇道に入ります。

川沿いに作られた道なき道をしばらく進んでいくと…ありました。

takino-park2_18t.jpg

残念ながら、こちらは白帆の滝よりもさらに離れた位置からしか見ることができません。


「鱒見の滝」には時間切れで行けませんでした(-_- )
こちらはまた次の機会にしたいと思います(゚-^)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

[2011/09/03 08:45] | 滝野すずらん公園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<penE-P3にACRUのレザーストラップ | ホーム | 円山動物園で撮影会 2011 ②>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://saki1019.blog52.fc2.com/tb.php/107-421f4f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |