スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
モエレ沼芸術花火(モエレ沼公園花火大会)2017
昨年に引き続き、今年もモエレ沼公園の花火大会「モエレ沼芸術花火2017」を観に行ってきました。

2017年の入場チケット

今年は行きも帰りも自家用車で送迎してもらえることになり、モエレの花火大会で最も懸念されるバス乗車や入場待ちのストレスから解放されました!


-------


17:40、会場に到着。

今回は西側ゲート(北のたまゆら側)から入りましたが、

昨年までのような入場待ちの列はなし

予想に反して空いています

…なるほど、そういうことですか。
参加4回目にしてやっと気づきました。
おそらく混んでいるのはシャトルバス乗降場所の東ゲートだけなんですね。

徒歩や自転車で来られる方は、東門以外のゲートから入場しましょう。

ちなみに、自家用車(送迎)の場合、モエレ沼公園沿いの道路は駐停車禁止(乗降不可)となっていますので、会場から少し離れたところで乗り降りする必要があります。
(民間の警備員だけでなく、K察も交通整理に加わっています…)


少し進むと、プレイマウンテン(手前・ピラミッド風の石造り・低い)とモエレ山(奥・高い)が見えてきました。

プレイマウンテン(手前・ピラミッド風の石造り・低い)とモエレ山(奥・高い)

続いて、象徴的なモニュメント「テトラマウンド」。

テトラマウンド

少し前のdocomoのCMにも使われていましたね。

西側から入場すると、打ち上げエリアの様子が見られます。

花火打ち上げエリアの様子

山の稜線に沿ってたくさんの花火が仕掛けられています。

稜線に沿ってたくさんの花火が仕掛けられている
(例の扇形に放射する連射花火でしょうか ^^;)

今年はどんな花火になるのか、とても楽しみです!


さて、結構な距離を歩きましたが、まだお目当ての観覧席にたどり着きません。

入口から観覧席まで結構な距離を歩きます

ちなみに入口から観覧席(とうきび)まで、約1kmあります。

ステージでは「大声大会」など各種催し物が開催されていました。

ステージでは各種催し物が開催されています
(思ったよりも立派なステージ)

今年もマスコットキャラクターの「ヤミボウズ」が、会場をゆらゆらと彷徨っています。

ヤミボウズ

宙に浮くヤミボウズ
(宙に浮くヤミボウズも)

観覧席エリア(芝自由席側)に到着。

観覧席(芝自由席エリア)

今のところ、芝席各エリアのスペースには余裕があります。
ちなみに2017の観客数は2万人(※主催者発表)だそうです。

私は写真撮影を行うので、最後方に席を取りました。

最後方に席を取る

なお、三脚が使用できるのは、芝自由席(ジャガイモ、とうきび、たまねぎ)及び黄色エリア後方の特設スペースのみです。
(どのチケットを購入していても、三脚を使用する場合は特設スペースのみとなります)

三脚が使用できるのは芝自由席後方の特設スペースのみ

花火開始後は芝席エリアの外に出て撮影します。

ん?モエレ山の斜面に整然と並ぶ物体…

柵かと思ったら…

柵かと思ったら、

自転車でした( ̄ロ ̄:)

自転車でした

ボランティアの方々の自転車でしょうか?


開始約1時間前になりました。
まだまだ先は長いので、ここらで腹ごしらえをしておきます。

夕食は持ち込み(大吾のパン)
(大吾のパン)

昨年までの経験を踏まえ、夕食は持ち込みにしました。

花火会場に併設のフードコートは夕方頃から異常に混みます。
(会場到着した17時40分の時点で、大変混雑している旨のアナウンスが流れていました)

混雑するフードコート
(トイレに行くついでに撮影したフードコートの様子)

打ち上げ30分前にもかかわらず、多いお店でざっと100人以上並んでいるような状況です。

トイレもさぞかし混んでいるだろうと思いましたが、

男子トイレの様子

こちらはほぼ待ち時間なしで利用することができました。

大道芸人の素晴らしいパフォーマンス
(隣の芝生で今年も大道芸人が素晴らしいパフォーマンスを披露していました)

が、花火開始直前は込み合うことが予想されます
早めに済ませておくことをお勧めします。


日が完全に落ちました。

5年ぶりの快晴
(飛行機雲を撮ったつもりですが、ほとんど写っていないですね)

ちなみにMCによると、今年は5年ぶりの快晴での打ち上げになるそうです。
たしかに、ここ数年天気が良かった記憶がありません(^^;)

打ち上げ時間が近づき、会場が熱気を帯びてきました。

モエレ沼芸術花火開催前の会場の様子

…しかしこのタイミングで、MCからまさかのアナウンスが。

「釧路発の飛行機が遅延しており、開始時間が30分ほど遅れる予定です」

実は、丘珠空港のそばに位置するモエレ沼公園では、航空機運行の安全を確保するため最終便が着陸する(20:00位)までは150mよりも高い花火を打ち上げることができません
そのため例年は「庭園花火」と題して、150m以下の小型花火のみによるプログラムが前座として組み込まれていました。

今年は飛行機のダイヤが変更になったのでしょうか、19:25からいきなり大型の花火を打ち上げる予定になっていたのですね。
とにかく、飛行機の到着をひたすら待つことになりました。

まあ開始時間の遅延は、モエレの花火では当たり前のように起こることなんですけど(-_-;)、22:00以降は雨の予報であり、それだけが心配です。


その間、司会のお笑い芸人コンビ「アップダウン」がアドリブで繋ぎ続けます。

彼らは昔TVで放映していたダウンタウンの音楽番組「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」の前座をやっていたことがあるらしく、松本が1時間半遅刻したその間、前座で引っ張り続けることになった時のエピソードなどを披露していました。
それに比べれば、的なことを言って場を和ませていましたが、この日もかなり大変そうでした(^^;)

結局35分遅れの20:00からスタートすることで決着しました。

打ち上げ開始を今かと待ちあぐむ会場の観客

さて、いよいよ打ち上げ開始というタイミングで、2度目の衝撃アナウンス。

大会主催者が挨拶の中でサラッと…

「当初予定していたイタリアSoldi社の花火は、昨今の火薬類の輸入規制強化により、本日までに到着しないことが明らかとなったため、プログラムを変更させていただいております」

えっ?
イタリアの伝統花火との競演って、今回の大会のメインテーマじゃありませんでしたっけ?
…それがなかったら、そもそも「芸術花火」と銘打つ意義が損なわれてしまいませんか…?

一応その補償として、

・ゲスト花火師「伊那火工堀内煙火店」(第91回全国花火競技大会 創造花火の部 最優秀賞)が送る、【日本古来の風情を湛えた「和火のスペシャルプログラム」】
・予定しておりました尺玉40発より10発増発し、尺玉計50発の打ち上げ

が追加されるそうです。

ホームページでは事前に告知していたらしいのですけど、チケットを買った後はチェックする機会も特になく、完全に初耳でしたヽ(`Д´)ノ

…花火大会の運営って、大変ですね(^^;)


遅延していた最終便の飛行機と思われる光跡…

最終便の飛行機と思われる光跡

ふと見ると、地平線付近にオレンジ色の大きな月。

地平線付近にオレンジ色の大きな月
(「ガラスのピラミッド」との競演)

大気中の湿度が高い証拠です。

地平線付近にオレンジ色の大きな月

とにかく天気が心配でしたが…大きく崩れることなく、予定通り(?)20:00に打ち上げ開始!

20:00に打ち上げ開始!

カメラのフラッシュのような明るい花火による派手な演出。

モエレ沼芸術花火2017オープニング

オープニングから飛ばしています。

モエレ沼芸術花火2017オープニング

これまで見たことのない、奥行きまで使った立体的な花火です。

モエレ沼芸術花火2017オープニング

これは動画で撮るべきでした(汗)

モエレ沼芸術花火2017オープニング

モエレ沼芸術花火2017オープニング

前座的な位置付けだった「庭園花火」を外した意図を汲み取っていれば…と、後悔するも、時すでに遅し。

ちなみに2017年のセットリストは、

1. 翳りゆく部屋/荒井由実
2. 恋/星野源
3. 天体観測/BUMP OF CHICKEN
4. A Whiter Shade Of Pale/Sarah Brightman
5. サイレントマジョリティー/欅坂46
6. 366日/HY
7. Vero Amore/Jonathan and Charlotte
8. 茜さす/Aimer
9. Barcelona/Russell Watson
10. 宙船(そらふね)/中島みゆき
11. 私たちの主題歌/アキオカマサコ

です。

(Part.1 翳りゆく部屋/荒井由実)

※youtubeの規制(楽曲の著作権の都合)により無音化されるパートは公開していません。
今回は「非収益目的ならOK」の音楽が多くて良かったです。
2016年の勝毎花火はほぼ無音になってしまったので(^^;)

(Part.3 天体観測/BUMP OF CHICKEN)

…と、ここで私の好きなBUMPの歌を遮り、本日3度目の緊急アナウンス。

「風向きが悪く(観客席側に向かって風が吹いており)、前方の観客席に花火ガラ(燃えカス)が落下しているので、タオル等で頭を保護してください」

とのこと。

また、観客席に立ち籠めた煙のせいで、たびたび中断されました。
(本来は曲間もほとんど空かない「ノンストップ花火大会」です)

煙が観客席を覆い、たびたび中断を挟む
(実際、会場はかなり煙かったです)

今年は動画メインで撮影しました。

(Part.9 Barcelona/Russell Watson~Part.10 宙船(そらふね)/中島みゆき)

何年も花火を撮影した結論としては、花火はやっぱり動画に尽きる、ですね。

(Part.11 私たちの主題歌/アキオカマサコ)

別のカメラで写真撮影も行っていますが(^^;)

モエレ沼芸術花火2017エンディング

モエレ沼芸術花火2017エンディング

モエレ沼芸術花火2017エンディング

モエレ沼芸術花火2017エンディング

エンディングは例年通り、テーマソングの「私たちの主題歌」に乗せて、単発の尺玉花火が美しくもはかなげに夜空を彩りました。

今年のモエレは例年以上にドタバタがありましたが、花火だけ見ればとても良かったです。
北海道で1、2を争うクオリティと言っても過言ではないでしょう。
ただ、年々感動が薄れていくような気がするのは…「慣れ」のせいでしょうかね。


さて、余韻たっぷりのラストを迎えましたが、余韻に浸っている暇はありません(笑)
モエレ沼芸術花火の究極のイベント「帰宅」の開演です。

規制退場により、プレミアムクラスの方々からの退場となりますが、

花火終了!

実際はあまり守られていないですね。
特にシャトルバスで帰る人は、一歩の出足違いでかなり待ち時間が変わるでしょうから。

私は今回はシャトルバスを使わないので、きちんと規制に従って退場しました(笑)

規制退場も…

西側ゲートに向かう人も相当な数です。

徒歩・自転車等で帰る人も相当数います

ゲート付近では何度か人の流れが止まりましたが、

公園付近の道路には長い車列が
(公園付近の道路にはすでに長い車列ができています)

21:40、無事、会場を出ることができました。

Googleさんを頼りに空いている道を選び、ほぼ渋滞にハマることなく帰宅しました(^-^)v


 
スポンサーサイト

テーマ:花火 - ジャンル:写真

[2017/09/10 11:26] | 花火 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。