スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
スターレットEP91のリアウイング取り外し(錆び落とし、補修塗装)
10年ぶりくらいの車(スターレット)の記事です。

当時所有していたEP82を事故で全損し(-_-;)、現在はその次のモデルのEP91に乗っています。
1999年式の最終型、ほぼノーマルで、年式のわりに綺麗な車体が自慢です(^^)

…それがいつの間にやら、リアウイングの取り付け部分から錆び染みがじわーっと ヽ(`Д´)ノ
早く手を付けなければ…と思いつつも、塗装までするとなるとなかなか手が付けられず。

そのままずるずると半年くらい放置した末、お盆休みに時間を取って錆び落とし~部分塗装に挑戦しました!


--------


<リアウィング取り外し>

(1)リアウイングを固定している2本のボルトを外す

リアハッチの裏側の上部左右に作業用の穴が開いています。



左は蓋を外すとすぐに固定用のボルトにコンタクトできます。



プラスドライバー用の溝も切られている10mmの六角ボルトです。


(+ネジ溝は舐めてしまいました…)

かなり固いので、無理をせずに六角レンチで取り外します。


右は少し面倒で、



配線用のゴム管を外し、


(薄いプラスチック製のへら状のものが有効です。私は靴ベラを使いました)

リアストップランプ配線のカプラーを引き出して、



隙間にレンチを差し込みます。



固定しているボルトはこちらも10mmの六角ボルトです。
ハーネスが太く作業スペースが狭いので、ロングソケットの使用が効果的です。



横着してソケットがボルトヘッドに対して斜めに掛かるとヘッドを舐めてしまいますのでご注意を。


(2)ストップランプ配線のカプラーを外す





(3)リアウィングを取り外す

ウイングを斜め上方に軽く小突くように押し上げるようにして、リアウィング本体を取り外します。



ウィングの下部はフック2か所(左右計4か所)で固定されています。



そのため、上部のボルト2か所のみで固定することができているのです。

固定フックは、上方向に押し上げる力を加えることで外れる形状になっています。



一度も取り外したことのない車両は軽く固着していることがあるので、少し強めに衝撃を与えます。



フックが外れたら、リアウイング本体が車体から分離されます。



せっかくの機会ですので、リアウイングの重さを量ってみました(笑)



重量は2.1kgでした。

たかが2kg、されど2kg。
たまにリアウィングを外して走っているグランツァVを街中で見かけますが、確かに路面から一番高い位置、そして重心から遠い位置の2.1kgの軽量化はそこそこ効果がありそうな気がします。



<錆び落とし>

続いて今回の一番の課題である「錆び」ですが、思った以上に重症です( -_-)



かなり深くまで浸潤している模様…

さらに右側も、まだ軽傷ではありますが点状の錆が発生し始めています。



とりあえず錆び落としから…

(1)320番手くらいの耐水ペーパーで粗削りし、錆びを完全に除去する


(撮影し忘れたためアタリの画像です)

で、以下、

(2)(地金の削れ具合によっては)パテで整形する


(3)補修箇所以外をマスキング
ぼかし剤を使う場合は塗装面積を広く取る必要があります。


(4)プライマーサーフェサー(プラサフ)の塗布
塗布後、完全乾燥(最低でも3時間以上)させた後、600~1000番の耐水ペーパーで研磨する。


(5)補修用の塗料で塗装
EP91白色の純正色「スーパーホワイト2」はソリッド色のため、基本的にはクリア塗装も不要です。


(6)仕上げ
完全乾燥(完全な仕上がりを目指すなら3日以上乾燥させて硬化)後、耐水ペーパー600番 → 同1000番 → 同2000番 → コンパウンド(細目) → コンパウンド(極細) → 液体コンパウンドで磨いて完了

…というのが、一般的な大まかな流れですが、今回は「粗削り」の時点で手遅れであることが判明(-_-lll)



錆が地金の奥深くまで進行しており、完全に除去できません。

ここまで錆が進行すると、上っ面の錆を落として塗装してもすぐに再腐食し、塗装の浮き・剥がれが生じます。

完全に補修するためには、グラインダー等で徹底的に地金を削ったうえで、穴が空いたり欠けたりした個所に「はんだ」等による金属の「盛り」が必要になります。

このレベルの補修をDIYでやる達人もいますが、私には到底無理。
この歳になると、根気も時間も足りません。

今回は上っ面の錆び落とし+防水グリスをたっぷり練り込んで、プロに依頼するまでの一時しのぎとすることにしました。





なお、錆びの原因は、リアウイングの下端がボディに直接接触したためと推測されます。



裏面にはゴム製のクッション材が貼られていますが、貼る位置が悪く用を為していません


(私の個体だけでしょうか…)

17年前の車に今更ケチをつけるのもなんですが、これは間違いなくトヨタの設計ミス、または製造時の作業ミスです(笑)

応急処置として、接触する個所に隙間テープを貼り付けました。



今回は横着して内装用テープを使いましたが、通常は外装用を使用します。

ウィングの形状に合わせてカットし…



貼り付けて完成!



はみ出ることもなく、意外に綺麗に収まりました。




(7)清掃他

清掃及びその他のパーツの劣化等を確認します。



リアストップランプの配線を通す管(外側)は変形、固化及び紫外線による表面の劣化が見られます。



長く乗ろうと考えている方は、パーツが出るうちに交換もしくはケミカル(ラバープロテクタントなど)で補修しておくとよいでしょう。

ハッチとウィングの隙間を綺麗に清掃し、ワックスを塗布。



普段はウィングの陰になり手の届かない箇所も、この機会に綺麗にしておきます。



ついでにリアハッチガラスの撥水コーティングなどもしてみてはいかがでしょうか。



<リアウィングの装着>

(1)ストップランプ用の配線をボディ側に通す



ピンセットなどを使って引っ張り出します。



怪我する恐れがあるので、指で無理やり引っ張り出すといった横着しないように。


(2)カプラーを接続する



先にカプラーを接続しましょう。
ウイングの位置合わせをしているうちに抜けてしまうことがあります。


(3)リアウィング本体をボディに取り付ける

ここで私の経験に基づく注意点を一つ。

「ウィングを完全に固定する前にリアハッチを上げてはいけません」


↑やってしまった…塗装のヒビ(ウイング側)と剥げ(車体側)

ウイング本体がリアハッチと天井の隙間に挟まり、最悪ウィングを破損します。
(てこの原理で強力な圧縮力がかかります)

配線用のゴム管がずれて装着されていないか、また管から配線がはみ出していないかを確認します。


(ずれているとリアハッチ内に浸水します)

左右のフックが確実に嵌まっていることを確認したうえで、取り付け時とは逆の方向(斜め下側)にぐっと押し込みます。



なお、ウィングを固定した際には再度、配線用のゴム管が変形したり、ずれて固定されていないかを確認してください。


(4)ボルト2本を締め付ける

取り外しの際に異常に固かったボルトは、ネジ山が削れていました。


(ウィングの成型の精度が悪くてボルト穴の位置が合っていないのか、または以前の持ち主が着脱した際に真っ直ぐ締め付けなかったのか…)

ドライバーで仮締めしてみても、どうもすんなり入っていきません。

この状態で無理に締め付けると、最悪ねじ山を損傷してしまいます。

場合によってはタップ、ダイスでねじ山を立て直してから装着した方が良さそうです。

すんなり入る場合も念のため、まずはドライバーで仮締めして、真っ直ぐに差し込まれていることを確認してから、六角レンチで本締めを行ってください。



ボルトをリアハッチの隙間に落すと面倒なことになりますので、その対策としても有効です。


最後に左側の化粧蓋と、



右側の配線ホースを元通りに取り付けて、


(押し込む際も、薄いプラスチック製の靴ベラのようなものを使うと効率的です)

リアウィングの取り付け完了!





ちなみに錆びは、外から見える位置にまで達していました(-_-lll)



スターレットEP91に長く乗ろうと考えている方は、とりあえずウィングを外して状態を確認してみてください。
外観上は異常が見られなくとも、塗装の剥がれ・錆びの芽が巣食っている可能性があります。
(今回のケースの右側は実際そうでした)

私のように錆が完全に表に出てしまってからでは手遅れです。
早めに対策を講じましょう。


 
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

[2016/09/22 08:38] | 旧ブログ(スターレットEP82他) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
モエレ沼芸術花火2016
2016年も、モエレ沼公園芸術花火大会に行ってきました!
毎度、会場の行き来等でひどい目に遭っているのに、ホント懲りないものです(笑)
今回は天気にも祟られ、なかなかハードな1日になりました…

-------

今年は昨年より更に出発時間を早め、16:00に地下鉄東豊線栄町駅を出発しました。



それでも、シャトルバスの乗り場には結構な列ができていました。
相変わらず、バスの本数が足りていないと感じます。

シャトルバスには300円(片道)で乗車できます。


(開演が近くなると渋滞のため長時間(1時間以上)乗車することになります。体力に自信のない方は、座って行きましょう)

さすがにこの時間は道路もそれほど混んでおらず、



ほぼ通常通り、25分ほどの乗車で会場のモエレ沼公園に到着!


入場待ちの列も僅かで、



整理用のスペースは全く使われていません。



ちなみに昨年(2015年)は、17:20に栄町駅を出発したところ大渋滞に巻き込まれ、約1時間かけて18:20頃会場に着いたらこの状態↓


(↑上と同じ場所の昨年(2015年)の様子)

到着後、入場するまでに更に40分以上かかりました(-_-;)
私はギリギリ開演の19:30に間に合いましたが、私の後ろにもたくさんの人が並んでいたので、大勢の人が開演に間に合わなかったものと思われます。

さらに、今年から「マイカーパック」(自家用車の会場内駐車場込みのチケット)なるものが販売されており、会場付近の渋滞はよりひどくなると予想されます。

花火会場にはできるだけ早めに行って、フードコートなどで時間を潰す方が、結果的に有意義に時間を使えると思います。


入場もスムーズに進み、





正味5分程の待ち時間で無事ゲートを通過。



私達は東側芝席の「ジャガイモ」エリアです。

moere-hanabi2016_67t.jpg
(↑2017年版の会場図ですが、基本的には2016年と同じです)

狙ってここにしたのではなく、単にチケットを買うのが遅かったため、ここしか空いていませんでした(^^;)
プレミアム席以外のエリア(=3,500円のエリア)で選ぶなら、中央芝席の「緑」あたりが良さげですね。
(私は三脚を立てて撮影するので、後方のエリアしか選択の余地がありませんが)

予報に反して、天気はなんとかもっています。


(奥の方に控えている黒雲が不気味…)


(モエレ「沼」)公園だけに、沼が一帯に広がっています)

雨具は一応用意しているものの、雨が降らないことを祈るのみです。


本イベントのキャラクター「ヤミボウズ」が出迎え。


(奥に「ガラスのピラミッド」も見えます)

会場内は、2、3日前から降り続いている雨でぐちゃぐちゃでした。



moere-hanabi2016_13t.jpg
(じゃがいもエリアの出入口。1か所のみ)

入場受付時に敷物が配付されますが、雨を含んだグチャグチャの芝の上ではあまりにも小さくて用が足りません。
規則上使えるかどうかは別にして、100均で売っている敷物でもいいので、使い捨てるつもりで念のため持参した方が良いでしょう。


現在まだ17時を過ぎたところ。
打ち上げ開始までしばらく時間があるので、フードエリアで軽く食事を取ることにします。



広島風お好み焼きなど、人気のあるフードには長蛇の列ができています。

moere-hanabi2016_22t.jpg

待つのが嫌いな私は、比較的空いていたカレーにしました。



ボンベイ・ブルー(Bombay Blue)というお店の屋台のナンとインドカレーです。


(ナンはかなり大きめです^^)

お味の方も、Goodでした!

フードコートでは、並んでいる間にヤミボウズが襲来したり…

moere-hanabi2016_17t.jpg



moere-hanabi2016_21t.jpg

大道芸も披露されるなど、

moere-hanabi2016_19t.jpg
(大道芸人・マジシャンのアッキーさん)

ボランティア中心の花火大会らしく、手作り感のあるイベントになっています(^^)


フードエリアの奥の一角にも、ロープで仕切られた区域があります。



聞くところによると、「芝生席(自由席)」なるエリア(※「エリア内自由席」とは意味が違います)で、チケットの種類にかかわらず入ることができ、三脚や椅子などの使用も自由なんだそうです。

周囲に気兼ねなく花火を楽しむことができそうですが、打ち上げエリアからはかなり離れていますので、花火の迫力の点では今一つかもしれません。


鑑賞エリアに戻ってきました。

moere-hanabi2016_23t.jpg

いつの間にか、人で埋まっていました。

moere-hanabi2016_25t.jpg
(朧ながらも月が出ています)

19時前ですが、辺りが暗くなってきました。



ここで大事なことを一つ、トイレは早めに済ませておきましょう
私はこの時間(18:50くらい)から並びましたが、30分くらいかかりました
開演時間に近くなればなるほど混むので、間に合わなくなるリスクが高まります。

これらの事情を察してか、毎年恒例のように開始時間も遅れているのですけど(^^;)、今年は無事(?)、19時半をちょっと回ったところで打ち上げ開始!



丘珠空港の飛行機の発着の関係で、20時頃までは150m以上の高さの花火の打ち上げが規制されているため、「庭園花火」と位置づけて、低いながらも多彩な表現で楽しませるプログラムとしています。



ちなみに今年のプログラム(セットリスト)は、

<庭園花火>
1.Save A Life/Shaggy & Friends
2.Please Mr.postman/The Beatles
3.HANABI/Mr.Children

<メインパート>
1.ピースとハイライト/サザンオールスターズ
2.ソランジュ/上間綾乃
3.Uptown Funk/Mark Ronson ft. Bruno Mars
4.PLAYBACK/JUJU
5.Ex's & Oh's/Elle King
6.雨上がりの夜空に/RCサクセション
7.Let it Go~ありのままで~/松たか子
8.おひさま~大切なあなたへ~/平原綾香
9.ベートーベン交響曲第9番ニ短調作品125合唱 第4楽章/Pia-no-jaC
10.Grande amore(Spanish Version)/Il Volo
11.永遠の嘘をついてくれ 2006つま恋/吉田拓郎、中島みゆき
12.Imagine/John Lennon

というラインナップ。

特に好きなMr.cildrenの曲「HANABI」のパートを動画で撮影してみました。



動画を見ていただくと分かりますが、音楽が2重音声のようにずれて重なり、非常に聞き苦しかったです。
スピーカーの配置が悪いのか、チャンネルの位相合わせのミスなのか、とにかく残念でした。
この不具合のせいで、今回の花火全体の印象が悪くなったように思います。











20時を過ぎ、規制が解除されると、これまでのうっ憤を晴らすかのような一尺玉!



















ここにきて雨がポツポツと…



強くなってきました…ピンチです。



2013年の再来か!?



…とまではいきませんでした(-_-;)



が、耐え難いレベルです。



カメラの水滴も取り切れないほどです。



ここ4年くらい毎年訪れていますが、ほぼ天気には恵まれていないですね。



いったん落ち着いても…





また降雨の繰り返し。







結局、途中で撮影を諦め、エリアの外に出て終了早々に帰れるよう準備を整えました。

外に出た後、少し粘って、カメラ手持ちで動画を撮影してみました。


(part10.Grande amore(Spanish Version)~part11(フィナーレ).永遠の嘘をついてくれ 2006つま恋)

雨に降られた無念さもありましたが、音声の致命的な不具合などもあり、またプログラム構成や花火そのものにも、前年までのような感動はありませんでした。
もちろん、単に見慣れてしまっただけかもしれません。

ただ、この記事を書くにあたり、2014年の動画を改めて見てみましたが、やはり当時のものは良かったなぁと。
まず選曲が良いのと、その音楽と花火の融合(見せ方)が素晴らしい!
特に尺玉を使うタイミングが絶妙過ぎて、涙が出そうなくらいでした(;_;)

…と、批判的なことばかり書いていますが、おそらく来年2017年もここに来ます(笑)

ーーーーーーー

さて、毎度鬼門の帰りです(^^;)

私は終わる前に出てきたので、すぐにバス乗り場まで行くことができましたが、通常は退場規制がかかっており、しばらく観覧エリアの外に出ることはできません。

moere-hanabi2016_63t.jpg


(奥にたくさんのバスが控えています。帰りの客を何時間も待たせたこれまでの大失敗を、一応は生かそうとしているようです)

そして、私がバスに乗り込んだ直後くらいから、雨が本降りになってきました。

moere-hanabi2016_65t.jpg

退出規制で待たされ、更にバス乗車待ちで待たされた人たちは大変だったのではないでしょうか。

それでも周辺は既に渋滞が発生しており、地下鉄栄町駅に着いたは22時でした。

moere-hanabi2016_66t.jpg
(毎年分かっていることですが、帰路でどっと疲れます)

大会運営の更なる向上を望みます。

 

テーマ:花火 - ジャンル:写真

[2016/09/10 23:12] | 花火 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。