スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
Xperia Z4のセルスタンバイ問題について
結論から申し上げますと、私が所有するXperia Z4とMVNO格安SIMとの組み合わせにおいて、セルスタンバイ・プロセスに起因するバッテリーの異常消耗やアンテナピクト問題は発生しませんでした

つまり、いわゆる「セルスタンバイ問題」は問題にならなかったということです。

※セルスタンバイ問題を回避するため、当初はSIMフリー(グローバルモデル)のXperia Z4を買うつもりでしたが、SIMフリーのXperiaはドコモのFOMAプラスエリアとXiプラスエリアにバンドが対応しておらず、電波状況が悪くなる恐れがあるとかで止めました。



以下、もう少し詳く説明します…

ハード側の条件は、

・スマートフォン本体はDOCOMOモデルのXPERIA Z4(SO-03G)
・Android OSのバージョンは5.0.2
・シムはBIGLOBEのデータ通信専用SIM(もちろんSMSオプション無し)

これを、

(1)就寝前にXperiaをフル充電状態にしておき、起床まで放置
(2)バッテリー残量の減少量を調べる
(3)mineoドコモプランのデータ通信専用シム(SMSオプション付き)と差し替えて同様の実験を行う

という方法により比較実験を行いました。


まずは比較対象のマイネオSIM、SMSオプション有りの場合。

マイネオSIMエントリーパッケージ

結果、0:44~6:51の6時間7分でバッテリー残量は1%減少


2016/3/22(月)

セルスタンバイ問題が発生しない条件下では、スリープ状態ならこの程度のバッテリー消費量です。
待ち受けだけなら1週間くらいは持ちそうですね(笑)


続いて、BIGLOBE SIM、SMSオプション無しの場合。

BIGLOBE SIMはじめまセット

こちらも2:11~8:46の6時間35分で1%の減少にとどまりました!



よって、SMS機能の有無で差は無いという結果になりました。
スクリーンショットの画像から分かるように、アンテナピクト問題も発生していません。

また、セルスタンバイがバッテリー使用量の上位にきたときに、電池使用量の「セルスタンバイ」の項目をタップしても「圏外時間」の項目が表示されない(圏外時間0%ということ?)ことから、セルスタンバイ問題自体が発生していないようにも見えます。
(単にOSの仕様変更によるものかもしれませんが)

ただしこれらはあくまでもLTEサービスエリア内での話です。
ネットの情報によると、LTE環境下ではセルスタンバイ問題を生じない(又は生じてもバッテリーを多く消費しない)のだとか。
よって、3Gエリア下では違う結果になる可能性があります

ちなみに下は日中の使用状況。

(前に使っていたシャープのSH-01Fは1チャージで2日OKでしたが…Xperiaは1日もたないときもあります)


なんと、セルスタンバイが最上位にきて、しかも19%も占めている!
セルスタンバイ問題が発生しているじゃないか!?

…と思われた方、実はこちらはマイネオのsmsオプション付きシムの状況なんです!

セルスタンバイが上位に来た=セルスタンバイ「問題」が発生しているわけではないのです。
(パーセンテージはあくまでも全消費量に占める当該アプリの割合です。スマホの使用状況、稼働時間及び全消費量から総合的に判断する必要があります)

この日は車での移動距離(札幌市内)が長かったので、エリア(セル)が変わってアンテナが切り替わる際の通常のセルスタンバイが起きていただけだと思いますが、それでも結構電池を消耗するんですねぇ。
このセルスタンバイが常に起き続けていたら、かなりのバッテリー消費量になると思います(-_-;)


(結論)
Xperia Z4は、少なくともLTEエリア内ではセルスタンバイによる異常なバッテリーの消費やアンテナピクト問題を起こさず、SMSオプション無しのデータ通信専用シムで運用しても一般的には問題ない

…とはいえSMSオプションは月120円~150円程度の上乗せです。
セルスタンバイ問題はSMSオプションを付けることにより100%回避できる現象ですので、不安にさいなまれるくらいなら、SMS機能付きsimを選んで精神衛生上のストレスから解放された方が良いと思います(笑)

私の場合は、キャリアのメールアドレスもほぼGmailに移行し終え、いずれMVNOの音声通話シムを導入するつもり(音声simの場合ももちろんセルスタンバイ問題は発生しません)ですので、それまでの間、不都合が無ければいいかな、くらいに思っています。

あと2か月ほど、mineoの無料期間が残っているので、時間があれば、3Gエリア下で実験してみたいと思っています(^^)


(あとがき)
「LTE通信対応機種はLTEサービス圏内ではセルスタンバイ問題を生じない(又は生じてもバッテリーを多く消費しない)」と語る人は多いのですけど、その理由を説明している人は私の調べた限りでは皆無でした。(誰か教えてください)
LTE対応機種も、音声通話回線は3Gを使用しているので(※auのVoLTE対応シムを除く)、3G音声通話回線が拾えずリトライし続けるというプロセス(=セルスタンバイ問題)は、データ通信回線の3G・LTEの別にかかわらず同様に起こるような気がするのですが…もしかすると「LTE回線を拾っている」ということが何かしらの「スイッチ」になっているのでしょうか。
特に私のXperia Z4はDOCOMO謹製で、MVNOシムでの利用は本来想定されていないはずです。
LTE環境下なら無条件でセルスタンバイ問題が生じない、ということであれば、やはりOSの基本設計の修正などにより対処されたものと考えるべきでしょう。
(噂によると、Android4.4からのOSの仕様変更により、セルスタンバイ問題は発生しなく(しにくく)なっているそうです。5.0から再発したという噂も聞きますが…私のはバージョン5.0.2で、対策がなされているかもしれません)

理由はともかく「LTE圏内ではセルスタンバイ問題は起こらない」が事実なら、「セルスタンバイ問題」はここまで大きく取り沙汰される問題ではないように思うのですけどね。
常に3Gネットワークのみの環境下で活動している方って、日本全体で見れば結構レアなケースだと思います。
都市部を中心に生活している分には、LTEエリアから外れることはまずない(私の場合、会社のエレベーターの中くらいです^^;)ので、実害はあまりないと感じています。

LTEカバーエリアといえば、auは2020年を目途に3G回線を廃止してLTEに一本化する方針を表明して、ものすごい勢いでLTEエリアを拡大していますが、ドコモさんはどうなんでしょうか。
(「LTE」という通信規格は次世代規格4G?5G?への橋渡し的な役割を担うだけだったはずであり(当初は3.9Gなんて言われてましたね)、LTEに「置き換わる」という表現には違和感があります ^^;)
とにかく、LTEエリアが拡大すれば、この問題も過去のものになるでしょう。


ただ一つ、私の趣味の「登山」をするときは要注意ですね(^^;)
山間部ではまだ3Gエリアも多いので、登山するときは機内モードONにしておいたほうが良さそうです。
緊急連絡が必要な時にバッテリー切れはまさに「致命的」ですから。


 
スポンサーサイト
[2016/03/26 17:28] | Xperia Z4 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2015 OM-D&M.ZUIKO DIGITALレンズ キャッシュバックキャンペーンのJCBギフトカードがついに届く
いつになっても届かない…とやきもきしていたオリンパスのキャッシュバックキャンペーンの景品(JCBギフトカード)が本日3/6、ついに届きました!

olympus_cash-back2015_01t.jpg

応募書類を送付したのは1/12~15あたりですので、ほぼ2か月かかったことになります。


○キャンペーン対象商品購入期間:2015年11月7日(土)~2016年1月31日(日)
○お申込期間:2015年11月7日(土)~2016年2月15日(月)

ネットの情報で「2か月くらかかる場合もあるらしい」ことは見聞きしていました。
やきもきしていたのには別の理由がありまして…

実は送料をケチって普通郵便で送ってしまったのです。
そのため、単に発送が遅れているだけなのか、そもそも書類が届いていないのか判断が付かない状況でした(-_-;)

olympus_cash-back2015_02t.jpg
(キャッシュバック額はレンズ2本で計13,000円)

キャッシュバック金額が3,000円くらいまでなら、書留の送料(郵送料82円に書留追加料金+310円)もばかになりませんが、今回の私のように1万円を超えるような金額の場合は迷うことなく簡易書留で送りましょう!

なお、応募書類(バーコード、保証書・購入証明書のコピー)自体には金銭的価値がなく、額面通りの補償は受けられないので特定記録郵便(+160円)でもいいと思います。
簡易書留の場合は「手渡し」したことが記録されるのでより確実ですが、今回のキャンペーンは送り先が私書箱のため、配達の確実性の観点ではどちらも同じでしょう。


-------------


ちなみに、今回購入した商品は、
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(10,000円分キャッシュバック)
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8(ブラック)(3,000円分キャッシュバック)
の2点です。

どちらもオリンパスオンラインショップでの購入で、できる限りの割引・キャンペーンを適用させました。


まずM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROは、通常価格92,448円のところ、

プレミア会員価格(5%OFF)で87,825円

割引ポイント利用上限アップ(15%→20%分)キャンペーンで17,565円引きの70,260円

2015年フォトパス手帳プレミアクーポン4使用(7%OFF)で-4,919円の65,341円

キャッシュバックキャンペーンで実質10,000円引きの55,341円で購入

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROは価格コムの最安値でも75,800円(2016/3/6時点)ですので、かなりお得に購入できました(^^)

加えて昔は「楽天Edyもらえるモール」を経由してオリンパスHPから購入するとEdyポイントがもらえるという裏技もありました。
しかし、当初の5%付与からどんどん還元率が低下して、私の知る限りでは1.5%まで下がり、いつの間にかショップの登録自体無くなってしまいました(^^;)


続いてPREMIUMシリーズのM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8(ブラック)は、通常価格102,816円(PROグレードのレンズより高い!)のところ、

プレミア会員価格(5%OFF)で97,675円

割引ポイント利用上限アップ(15%→20%分)で19,535円引きの78,140円

2015年フォトパス手帳プレミアクーポン4使用(7%OFF)で-5,470円の72,670円

キャッシュバックキャンペーンで実質3,000円引きの69,670円で購入

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8(ブラック)は価格コムの最安値が84,600円(2016/3/6時点)ですので、こちらのお得感はそこそこといったところです(^^;)
(実は75mm F1.8レンズ購入の目的はシルバーから黒への色交換でした(^^;)。手持ちのシルバーのレンズは某オークションで71,800円で落札され、落札手数料5%の3,590円を引いた68,210円を受け取ることができたので良しとします)

また、どちらもオリンパスポイントが最終購入価格の5%分、それぞれ約3,000ポイントほど付与されますが、オリンパスポイントはゲームやフォトパスへの写真の投稿、アンケートへの回答、ユーザー登録などでたくさん貰え、かつ1商品に使える上限が決まっているタダ同然のポイントのため考慮していません(^^;)

なお、2016年度からフォトパス手帳プレミアクーポンは廃止になりました。
代わりにプレミア会員専用の割引キャンペーンが毎月メールで届くようになりましたが、今のところ割引率は5%かつ商品がかなり限定されているので、とても使いにくくなったなぁというのが率直な感想です。

いまの優待内容なら、プレミア会員は今年限りで退会ですね。


 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2016/03/06 17:18] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
冬の藻岩山登山2016(夕暮れ~夜景)
札幌近郊で手軽に冬山登山ができる山といえば、藻岩山でしょう。
夏の登山シーズンに向けたトレーニングついでに、冬の札幌の街並みを撮影してきました。


------


ルートは「慈恵会病院コース」を選択。

登山口に駐車場があります。

moiwayama2016ws_01t.jpg
(慈恵会病院の駐車場ではなくお寺の駐車場です)

冬の夕方(15時過ぎ)で空いてると思いきや、一杯でした。
時間帯によっては満車で駐車できない可能性があります。
今回は運良く入れ違いで1台抜けたところに入れることができました。


当ルートは片道約2.9kmの行程で、標準所要時間は約1時間10分とされています。



現在15:15、山頂に向けて出発!


(慈恵会病院登山道入口)

慈恵会病院ルートは5つある藻岩山登山ルートの中で最も人気のあるコースです。
道はしっかりと踏み固められており、スノーシュー等は不要です。



ゴツい登山靴ならそのままでも登れると思いますが、簡易式のアイゼンがあればより楽に、安全に登ることができます。



私は1,000円で購入したゴムバンド式のアイススパイクをスニーカーに装着して登りました(^^)


冬期間は木に葉が無いため見通しが利きます。



一面の銀世界、開放的な空間の中を登っていく感覚は、夏とはずいぶん異なります。


冬らしい濃い青色の青空がきれいですね。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

途中、木陰から札幌市街が望めます。



夕焼けに間に合うよう、少しペースを上げて登ったら汗だくになりました(^^;)

そうそう、冬登山だからといって厚着は禁物です。
たくさん汗をかくと休憩時にぐっと冷えます。
フリースなど重ねて着られる防寒着と、着替え用のインナーを数枚持参できればベターです。


15:53、「馬の背」に到着!



旭山記念公園ルートとの合流点でもあります。



藻岩山山頂まであと1.0km…。



ここからが長く感じられますが、距離としてはすでに3分の2ほどの行程を終えています。

おっと、西の空は陽が落ち始めています(-_-;)



急ぎましょう!


馬の背から望む札幌市街。



円山も望めました!


お地蔵様が雪に埋もれてしまわないよう、心ある人の手により日々除雪されています。



お地蔵様のいるところが地面でしょうから、積雪は約1mといったところでしょうか。


「馬の背」の終点、そして頂上にあるアンテナが見えました!



ここからが正念場、最後の急坂に挑みます。


オーバーペースで登ってきたせいもあって、やたらと息が上がります…。



頂上は目前…





16:21、山頂に到着!
所要時間は1時間6分(撮影時間込み)で、ほぼ標準時間通りでした。


頂上にあるお寺「藻岩観音奥之院」の横を通って…



藻岩山山頂展望台へ!


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

360°パノラマの景色が望めます展望台。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

積雪により柵が低くなっている箇所があるので、撮影時は要注意です。



夕暮れまではもう少し時間があります。
まずはぐるりと一周してみましょう。


展望台北側、札幌市街側の風景…


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

今日は本当に空気が澄んでいて、遠くまでクリアに見えます。

(札幌ドーム)

OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

(JRタワー)

OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

藻岩山には何度も登っていますが、こんなにくっきりはっきり遠くまで見えたのは初めてではないでしょうか(^o^)

(モエレ沼公園のモエレ山と、奥に見えるのはピンネシリ?)

OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

(石狩湾も望めます!)

OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

…それにしても、望遠写真の周辺画質の甘さ周辺光量落ち(減光)が気になります。
(周辺光量については多少補正しています)
使用しているのは、高倍率レンズの中では高画質と評されているM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6ですが、やはり高倍率レンズの域を出ません。
なお、周辺部の画質は絞ってもあまり改善せず…。

しかし、10.7倍の高倍率レンズながら280gの軽量さと最大撮影倍率換算0.44倍相当の使い勝手の良さは手放せません。
実際、山歩きの際は、このレンズと広角ズームのM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6の2本のみというパターンがほとんどです。

そんなわけで、昨年末に購入したM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROの出番がなかなか無くて(^^;)
(長々書きましたけど、これが言いたかっただけ…)
最近は作品作りに行くこともほとんどなくなってしまいましたが、高画質で撮影したい場面ではこの12-40mmPROとM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8の組み合わせが活躍してくれることでしょう(^^)


そしてもう一つ手放せないのが、コンデジのDSC-RX100(のパノラマモード)。

(フレアのため合成された空の色が縞々になっています…)

DSC-RX100 by Panorama

ソニーの1インチセンサーは、明るい昼間の撮影ならマイクロフォーサーズに比肩する画質です。
わたくし所有の無印RX100は広角端28mmですけど、後継機のM3は24mmスタートですので、望遠側さえ割り切ってしまえば、テーマパークでの思い出の記録などはこれ1台あれば十分と感じます。


続いて、東方面の街並み。

(遠くにうっすら見えるのは夕張岳でしょうか)

OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ちょうどモーリスカーが中腹駅から上がってくるところでした。


札幌の街並みが隅々まで一望できます。


DSC-RX100 by Panorama

南から西側には定山渓方面の山々が望めます。


DSC-RX100 by Panorama

写真中央から左側にかけて、空沼岳、恵庭岳、樽前山紋別岳がはっきりと見えます。

空沼岳は…


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

山体にあまり特徴が無いので、遠くから見てもよく分かりません(^^;)

↓溶岩ドームが特徴の樽前山(右)は、水蒸気が上る様子も捉えられました!


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

紋別岳(左)の山頂のアンテナ群も微かに見えます(^o^)

↓恵庭岳には雲がかかっていますが、


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

山頂の岩塔がわずかに見えますね!


さて、太陽が徐々に地平線に近づいてきました。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

薄ピンク色の空がとても綺麗(^^)

…って、本当は真っ赤な夕焼けを期待していたのですけどね(^^;)
あまり色づかないのは、気温が低いからでしょうか。


北西方向には手稲山。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

札幌の街並みと周辺の山々のすべてが一望できる、素晴らしいロケーションです。


陽が落ちる前にもう少し市街側を撮影します。


DSC-RX100 by Panorama

ちなみにこの時間の展望台はご覧のとおり、



人影もまばらで閑散としていました。
この時期にここを訪れるのはアジア系外国人ツアー客と登山者がほとんどですので、利用者が集中するのは昼と夜です。

というわけで「幸せの鐘」も撮り放題(笑)


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

そして予想通り、夜にかけて展望台は外国人観光客でごった返すことに…。


ついに辺りが暗くなってきました。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

そろそろ日が落ちそうです。

西の空は…


DSC-RX100 by Panorama

オレンジからピンク、薄いブルーに至るグラデーションが美しい…。

枯れ木の黒と雪の白色が生み出すコントラストが芸術的(;_;)


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

そして日没…


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

…少しズルをして(WBを「曇り」にして)オレンジ色を強調しています m(__)m


もう少し暗くなるまで一旦休憩。
展望台の中に入って、冷え切った体を温めましょう。


(ここのソフトクリームはなかなかおいしい^^)

藻岩山山頂にはトイレはもちろん、登山者用の休憩室などもあって、至れり尽くせりです。
普通に散歩する格好、装備でも登れます(^^;)


さて、時刻は17:43になりました。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

街に明りが灯り始め、空もいい色になってきました。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

藻岩山の夜景は札幌で一番綺麗だと思います。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

まさに宝石を散りばめたような夜景!
ちなみに私は真っ暗よりも、まだ少し明るさが残るこのくらいの時間の夜景が一番好きです。

藻岩山スキー場はナイター営業中。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

写真は総じて回転ブレが生じていますね。
焦点距離換算18mmの超広角とはいえ、手持ち撮影で露光時間1.3秒はさすがに厳しい…。
オリンパスの5軸手ブレ補正は確かに強力ですが、もう一、二段感度を上げて撮ればよかったと後悔。


せっかくなので、夜景のパノラマ写真にも挑戦。


DSC-RX100 by Panorama

RX100のパノラマモードではISO3200まで上がってしまいます。

さすがに画質は色、解像度、ノイズともに厳しい…。
それでも、思い出の記録写真だと思えば十分に耐えられるレベルです。
(※暗めに撮った写真をソフトウェア処理で持ち上げています)


DSC-RX100 by Panorama

というかまず、夜景をコンデジで、しかもスイングパノラマ(カメラを左右に振ります)で撮影できること自体すごいことだと思います。


結局山頂で2時間ほど粘り(笑)、思う存分撮影することができました。
18:07、下山を開始します。



森の中は当然真っ暗。



もちろん、ヘッドライト持参です。
ちなみに藻岩山はこの時間からでも登ってくる人がいるのでちょっとびっくりします。

登山道途中で札幌の夜景を見ることができました。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

夜は人も少なく、立ち止まったりすることもほとんどないので、すいすい降りていけます(笑)
藻岩山は道もしっかりしていますし、夜でもたまには人が通るので、ヘッドライトさえ点けていれば、崖から落ちても見つけてもらえそうな気がします(^^;)

18:50、慈恵会病院コースの登山口に到着!



下りの所要時間は40分程でした。

冬山登山は、たとえ低山であっても危険を伴うものですが、藻岩山はおそらく、札幌周辺では最小のリスクで冬山登山ができる山です(^^)
夏登山に向けての体力づくりに活用してください。


 

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

[2016/03/05 23:35] | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。