コク道カレー[ルーカレー・カレーライス/札幌市清田区]
以前からその存在が気になりつつも、なかなか行けずにいた「コク道カレー」さんに行ってきました!

北広島にある三井アウトレットパークに向かう途中に立ち寄りました。
お店は国道36号線沿いにあります。

コク道カレー



「コク」の「道」を極めた「カレー」で「コクドウカレー」?かと思いましたが、看板に「National Road Curry」とあるので、多分、国道(36号線)の「国」と味の「コク」を掛けているのでしょう(^^;)


さっそく入店。
店内はカウンターとテーブル席があるメインの空間と、奥に別室がありこちらにもテーブル席がいくつか設置されています。

コク道カレー店内(カウンター)

食べログのお店情報によると、カウンター席が5席、テーブル席は全34席(テーブル数は8~10個くらい?)もあるそうですので、家族連れやカップルでの利用にも対応しています。

コク道カレー店内(テーブル席)

お店に入ったらまず席を確保して、それからカウンター脇にある券売機(2つ上の写真左のロッピーのような機械)で食券を購入し、店員さんに渡します。


こちらのお店をお勧めする理由は、何といってもそのコストパフォーマンス

コク道カレーメニュー

まず、スープ、ゆで卵、コーヒーが無料(お代わり自由・セルフサービス)!に度肝を抜かれます( ゚Д゚)
さらになんと、ソフトドリンクが60円!( ゚Д゚)

ルーカレーには福神漬け
(60円のジンジャーエールと無料のスープに福神漬け)

そして、カレーのボリュームと価格設定もかなり良心的です。
私が注文したビーフカレー(普通盛り・税込790円)は、

ビーフカレー(税込790円)

このボリュームです(肉々しい…)
女性には普通盛りでも多いかもしれません。

「一日分の野菜カレー」(税込780円)もこの大盤振る舞い(^^;)

1日分の野菜カレー(税込790円)

しかも野菜はちゃんと素揚げされています!
手が込んでいますね(^^)


そして最後に一番大事な

私の大好きな欧風カレー。
その”美味しさ”の要素は旨味とコク、そして甘みの中に感じられるスパイシーな風味です。
こちらのカレーは一本芯の通った「コク」「旨味」「甘み」を感じられる管理人好みのカレーなんです!

食べログなどでも書かれていますが、こちらのカレーは全然辛くありません。
(辛くすることもできるようですが…)

…というかむしろ甘い(笑)
(ルーカレー特有の煮込んだ野菜・果物などの甘みです)

しかしこのカレーにカイエンペッパーを入れて唐辛子辛くしてしまうのは実にもったいない!
(ちなみにスパイシー=辛さと思っている方、それは違います。
「辛さ」は生理学的には「味覚」ではなく「痛覚」です!
香辛料が持つ「香り」と「味(風味)」こそがスパイシーを感じさせる要素なわけで…)

…というのは、甘口派の勝手な主張かもしれませんが(^^;)


とにかく1食のトータルコストでは全国チェーンのココイチにさえ負けないでしょう。
勿論、クオリティは比べるべくもありません。

特にルーカレー派の方(甘・辛党ともに)はぜひ一度、こちらのお店を訪ねてみてください。
きっと気に入ってもらえると思います。



最後にもう一つ。
こちらのお店のサービスで何といっても嬉しいのはコーヒーのサービスです。

コーヒー(無料!)

食後は1杯のコーヒーで締めたい私には最高のサービスなんです(笑)

セルフサービスで、無くなったらコーヒーメーカで落とすシステムのため、少し待たされることもありますが、無料なので文句は無しです(笑)
それでもお昼時で忙しい中でも、店員さんは気を遣ってこまめにチェックしていました。

店員さんはまだ雇われたばかりなのか慣れない様子でしたが、店長さんが隅々まで行き届くよう的確に指導されていて素敵でした(^^)


 
スポンサーサイト

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

[2015/11/29 23:01] | 食べ歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サッポロファクトリーのイルミネーション~ジャンボクリスマスツリー 2015
11月23日、買い物ついでにサッポロファクトリーのクリスマス・イルミネーションを見にいきました。

サッポロファクトリーのクリスマスツリーとイルミネーション2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

アトリウム中央に位置する高さ約15mの巨大なクリスマスツリーには、今年も広尾町のサンタランドから寄贈された生木のトドマツが用いられているそうです。

輸送・搬入・設置、そして約2か月間の維持にかかる労力及び費用は相当なものでしょう。

かの有名なディズニーランドのクリスマスツリーでさえ本体の木はフェイク(作り物)でしたから(^^;)、それを札幌の一複合商業施設でやってしまうなんて、すごいことだと思います。


アトリウムのステージでは、夕方の情報番組の収録(生放送)が行われていました。

サッポロファクトリーのクリスマスツリーとイルミネーション2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ちなみに、一昨年(2013年)に訪れた際は、歌手(女優?)の大原櫻子さんがトークライブを行っていました。


ホールの床に描かれている同心円状の無数の曲線、

サッポロファクトリーのクリスマスツリーとイルミネーション2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

よく見ると、曲線の先端に反射板が付けられていて、イルミネーションの光を反射して星のようにキラキラと輝いています(^‐^)

上から眺めるとよく分かりますね、実は星の軌跡(または流れ星)を表しているのです!


正面入り口側に回り、3階テラスから超広角レンズを使ってアトリウム全体を撮影。

札幌ファクトリーアトリウム全景
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

魚眼レンズだとこんな感じに…

アトリウム全景(魚眼レンズ使用)
OM-D E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

水平の場合は広角レンズとあまり変わりませんが…

少し仰角をつけると、

サッポロファクトリーのクリスマスツリーとイルミネーション2015
OM-D E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

魚眼レンズ特有の歪みが出て、一味違う写真が撮れることも。


MZD75mmF1.8は…

サッポロファクトリーのクリスマスツリーとイルミネーション2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

この距離では力を発揮できません(^^;)
そろそろ下に降りて撮影しましょう。


得意の「下から見上げる構図」+魚眼レンズ!

サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリー2015
OM-D E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

まさに「小宇宙」!
(なんて、以前の記事でも書いたような気がします 笑)

サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリー2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

玉ボケをきれいに撮るのはどうも苦手…


最後に、一時間おきに行われる「音楽と光によるショータイム」を鑑賞。

(16時から22時までの毎時00分から約5分間実施)
サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリー2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

アトリウムが光の輝きで満ち溢れました(^^)


 

テーマ:イルミネーション - ジャンル:写真

[2015/11/23 23:43] | その他写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |