千歳市泉郷~安平町の菜の花 2015
5/22の北海道新聞に、北海道・滝川の菜の花の満開を伝える記事が掲載されていました。

「菜の花じゅうたん、上空を悠々」と題して、グライダーから一面の菜の花畑を撮影した見事な写真が載せられています。

菜の花の撮影には、毎年千歳方面に出かけていますが、たまには遠出して滝川もいいかもしれませんね。

記事によると、見頃は今週末くらいまでとのこと。
千歳や安平・早来もそろそろ見頃でしょうか。

うーん…少し悩みますが、やはり近場が楽ということで(笑)、週末の休みを使って千歳方面に出かけることにしました。


-------------


まずは千歳市の泉郷に向かいます。

後日、道新に掲載された別の記事によると、泉郷の菜の花は国道337号線沿いの「岩本農園」で見られるそうです。

…場所ははっきりしないので、とりあえず、同じく泉郷の国道337号線沿いにあるジェラート(アイスクリーム)屋「花茶」さんを目指します(^^;)



するとお店の少し手前で菜の花畑を発見!

(※写真は花茶さんから岩本農園に向かう際に反対方向から撮影したものです)
国道337号線沿い岩本農園の菜の花

進行方向の反対側だったので、そのままやり過ごして先に花茶さんに立ち寄りました(^^;)

アイスクリームファクトリー花茶

アイスクリームは、シングル280円の…

(ピンボケですみません)
花茶のジェラート

「アーモンド・カプチーノ」を注文。

アーモンド・カプチーノ

コーヒーとアーモンドのフレーバーが絶妙にマッチ!
当たりでした(^^)

ただちょっとアイスがゆるい感じです。
油断していると垂れて服を汚します(笑)


外は5月らしい爽やかな陽気。

フラワーバスケット
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

風が吹くと少し肌寒く感じます。
外で食べるアイスクリームが美味しい季節はまだ少し先ですね。


実は、花茶さんのお店の裏庭にも菜の花畑が広がっています。

花茶さんの裏庭の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

しかも結構な広さ(^^;)
遠くには恵庭岳の山影が望めます。


花の咲きっぷりは見事で、まさに絶頂期!
ふさふさで傷みも無く、アップにも耐えられます。

花茶さんの裏庭の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

とても良い時期に来られました(^^)v
引き続き、岩本農園にも行ってみましょう(^‐^)



こちらも一面の菜の花畑。

岩本農園の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

よくぞこんなに広い土地一面に植えたものです。


見事としか言いようがありません。

岩本農園の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

RX100のスイングパノラマ機能を使って撮影。

岩本農園の菜の花畑
DSC-RX100 by Panorama

まさに黄金の絨毯!


岩本農園さんのご好意で、道路沿いに撮影スポットが設けられています。

岩本農園の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

畑の中に足を踏み入れるなどの迷惑行為は厳に慎みましょう


以前は岩本農園さん以外にも、国道337号線から少し外れたところにもっと広い菜の花畑がありましたが、今年は見つけられませんでした。

菜の花鑑賞が目的なら、ここから車で20分くらいの距離にある安平町にも足を運んでみてください。
さらに広大な菜の花畑を見ることができますよ(^^)

私ももちろん、安平方面に足を延ばしました。


-------------


安平町の菜の花畑は、町内の複数の箇所に点在しています。

北のなのはな会 菜の花マップ2015

そしてそのどれもが想像を超えるスケール。


何気なく車を流して最初にたどり着いた6番のスポット。

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

畑の中の最も見晴らしの良い位置に、牧草ロール?の見晴らし台が設置されています。

台の上からの景色は、

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

広角レンズを使っても…

魚眼レンズを使っても(?)…

安平町の菜の花畑(魚眼レンズ)
PEN E-P5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

RX100のスイングパノラマ機能を使っても…

安平町の菜の花畑(パノラマ)
DSC-RX100 by Panorama

収めきれない、270°の大パノラマ!

スケールが桁違いです(^^;)
他の観光客の会話から聞こえてきた話では、滝川にも負けない迫力だそうで。


人を呼ぶための話題づくりとして栽培される菜の花。

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

その他、鋤き込んで肥料(緑肥)にしたり、菜種油を搾るといった利用価値もあります。

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

こんなに素晴らしい景色なのに、訪れる人はまばらで、なんだかもったいない気がします。

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

同じ安平町の社台ファームと組んで、サラブレッドのイベントなどを併催してくれたら人(少なくとも私)はかなり集まりそうな気がします(^^;)

いずれにせよ、写真が趣味の私には大変ありがたいことです(^^)



続いて9番の菜の花畑。

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

こちらはまだ少しまばらな咲き具合(または散り始め?)。

安平町の菜の花畑
DSC-RX100 by Panorama

記憶では、昨年ここはただの牧草地(原っぱ?)でした。

菜の花は連作できないので、畑の位置は毎年変わります。
2016年に訪問する際は、2016年度版の地図を北のなのはな会のホームページで確認してください。



11番の畑も満開です。

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

撮影者の技量が足りず、同じような写真ばかり…

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

ですが、いずれのスポットも素材としては素晴らしく、一見の価値があります。

このあと、12、13、14の畑にも足を延ばしましたが、こちらはまだ咲ききっていない状況でした。
畑によって生育に差があるようですね。
新聞では今週末くらいまでが見頃と書かれていましたが、もう少し先まで見ることができそうです。



追分方面に戻ってきて、最後に4、5番の畑へ。

新緑の"そだちゃん"が風になびく丘を登っていくと…

新緑の草原
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

途方もなく広い菜の花畑が目前に広がります!

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

どこまで進んでも続く…

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

ほんと、どこまで続くの!?といった感じです(^^;)

あとは、青空があれば最高でした。

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

おととし、去年と、真っ青な空と黄金の菜の花のコントラストを撮ることができたのに…。

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

たまにはこんな年もあります。
天気が崩れなかっただけでもありがたいことです(^^)

安平町の菜の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

牧草の中にちょこちょこと点在する菜の花がかわいらしい。

新緑の草原
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

また来年(^^)/


関連記事:
 ○ 安平町の菜の花畑 2014 (2014/6/1)
 ○ 千歳市泉郷の菜の花畑 2013 (2013/6/9)


 
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

[2015/05/24 23:10] | その他写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
滝野すずらん公園のチューリップフェスタ2015
例年なら5月後半から末頃に見頃を迎える滝野公園のチューリップ。

今年は春先の陽気により、本日17日の時点ですでに見頃とのこと。
チューリップに限らず、2015年は花の見頃が全体的に10日ほど早まっています。

乗り遅れないように滝野を訪れました。

滝野すずらん公園東口ゲート

本日は…なんと入場料金が無料!

都市緑化推進運動の一環として入園無料

春の都市緑化推進運動の一環として、平成27年度は5/4と5/17が入園無料日に設定されているそうです。
花の時期が早まったおかげで思いがけぬ特典を受けることができました(^^)v


こちらも例年どおり、パンジー・ビオラCollection2015が、4/25~6/21の期間で開催されています。

パンジー・ビオラCollection2015
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

今年はキッチン風?のアレンジなど、ディスプレイも工夫されていました。

パンジー・ビオラCollection2015

さて、メインのチューリップの開花状況はどうでしょう。

滝野公園のチューリップ
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

…うーん、見ごろと言えば見頃なんですが、花びらの膨らみはもう一息といったところ。
隙間から見える土の色が目立ちます。

ただ、色(種類)によってはちょうど見頃のものもあれば、

白一点
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

斜面の下のほう、南口ゲート付近はすでに花が落ちかけているものもありました。
長く見頃が続くように、時間差で植えているのかもしれませんね。


少し雲が多いものの、


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

撮影には上々のコンディションです。


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

天気の良い週末がこうも続くなんて珍しい(^^)


出たー!自撮り棒。

自撮り
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

自分には恥ずかしくてとてもできません(^^;)


太陽は顔を出したり隠れたり。


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

風が強く、体感温度はかなり低め。
鼻水が出てきました(笑)
冷え切った体を温めるため、レストラン兼休憩所の「カントリーハウス」に入ります。


入口で迎えてくれたのは、滝野公園のマスコットキャラクターの「きのたん」

きのたん

態度がデカイ!…わけではありません(笑)
滝野にも生息する「蝦夷モモンガ」がモチーフということで、この形に落ち着くべくして落ち着いたのでしょう(^^;)

ちなみにこの時期は「チューリップソフト」が売り出し中、、、

(2014年訪問時の写真)


今日は寒くてそれどころではありませんが。
ホットココアで体を温めて、再び撮影に挑みます。


外に出ると、中にいたはずの「きのたん」が…

きのたん…動く

裏バージョン?に変身して、子供をかどわかそうとしています。(ウソです)


E-P5の8000分の1秒高速メカニカルシャッターとISO LOW(100)のおかげで、晴れた日の屋外でも、M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8が絞り開放で使えるようになりました。


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

…このシーンで前ボケ(しかも中途半端)が必要なのかは甚だ疑問ですけど(-_-;)

こちらはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8レンズ、


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

絞り開放時の味が魅力ですが、絞ったときの解像感も秀逸です。


カントリーガーデンの麓のほうに下りていきます。



南口ゲート側から見上げた様子。
昨年はもっとボリューミーだったような気が…します。

雲が晴れて一面青空になりました(^^)/


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

本当は、少し雲があった方が写真的には良かったりするのですけど(^^;)


後半ダレてくると、ボケ頼りの写真が増えてきます(-_-;)


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

みなさん、お尻突き出しポーズでローアングル狙い(^^*)



私も当然、その一人です(笑)


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

かのM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8といえども、マイクロフォーサーズではこのボケが限界。

そういえば、このレンズにマクロリング(Kenko接写リング)を装着して撮影した写真がストックにありました。
(以下、2014年に撮影した写真が続きます)

蕊
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + Kenko デジタル接写リング

外向きの花弁
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + Kenko デジタル接写リング

限りなく開花に近い蕾
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + Kenko デジタル接写リング

開花
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 + Kenko デジタル接写リング

マクロリングを使った接写でも、75mm F1.8の定評のある暈けは生かされていますね。

昨年の訪問時は曇りでした。


OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

曇りの方が花の色がきれいに出る気がします。

紅一点
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

空はほぼ真っ白(-_-)


OM-D E-M5/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.

最近あまり使っていない25mm F1.4 トイレンズ+ペンE-P2で撮った写真もありました。

トイレンズ
PEN E-P2/Cマウント 25mm F1.4 トイレンズ

こうして過去の写真を見返してみると、何でしょう、どんどん下手になっている気がします(笑)
元から上手くはありませんが、余計に(笑)


…さて、今年の写真に戻ります。

日曜日かつ無料入園日ということもあって、なかなかの人出です。


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

出入口に近い側の花は傷みがひどかったので、美味しいところだけを切り出します。


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

お菓子みたいで美味しそう(^^)

お菓子
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

水仙も見頃でした。

スイセン
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

無駄にボカした写真が多い…


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

絞ればもっと良い写真になったかもしれません。

最近はもっぱら単焦点2本(MZD75mmF1.8と17mmF1.8)を使っているので、絞りを表現方法の一つとしてもっと意識するようにしなければいけませんね。


--------------


帰りがけ、羊が丘通り沿いに新しくできたスープのお店「Soup Bar Moduricci(モドゥリッチ)」さんに立ち寄りました。

モドゥリッチ



10種類ほどのスープの中から一つと、パンorご飯orラーメン(!)を組み合わせて600円~700円ほど。



サイズはM・Lの2種類で、男性ならLサイズでなければ物足りないと思います。
私はミネストローネを注文しましたが、スープ専門店だけあって味はなかなか良かったです(^^)
量を考えるとコストパフォーマンスはそれほど高くありません。
小腹を満たすには使い勝手のいいお店だと思います(^^)


 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

[2015/05/17 23:28] | 滝野すずらん公園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
八剣山登山~2015年春
今年初の八剣山登山!

八剣山

…のはずが、山麓付近まできたところで小雨がぱらついてきました。

天気予報によると午後からは快晴らしいので、先に下山後に向かう予定だった定山渓のパン屋、ヴェルジネ・バッカーノさんを訪ねます。



真駒内からの移転後、初めての訪問。

ヴェルジネ・バッカーノ
(併設のソフトクリーム店「ジョルジオ・カッパーナ」には一昨年訪れています)

石窯焼きのスタイルは変わらないようです。

石窯

早めの時間に来られたので、パンは選び放題(^‐^)

おいしそうなパン

これがお昼を過ぎると売り切れのパンが多くなります。
パン目当ての方は早めに来店しましょう。

カフェスペースも併設されています。

カフェ

カフェ(ランチ)の営業時間は11:30~14:00?だそうで、訪問時は準備中でした。

よって、ランチのメニューは確認できず。
聞くところによると、バーガー・サンド系の他、常盤時代から引き続きパスタなどもあるようです。(いずれ再訪問して確認してきます!)


ヴェルジネバッカーノといえば、やっぱりクロワッサン!

クロワッサン

外側はカリカリ、中はしっとりふんわりもっちり(^‐^)
割ると発酵バターの香りでしょうか、良い香りがふわっと(^^*)
うーん、やっぱりここのパンが好きです。

さて、天気も予報どおり無事回復しました!
札幌方面に戻ります。



八剣山南登山口の駐車場に到着。



八剣山の山小屋と駐車スペース

10台くらいは停められそうなスペースがあります。

念のため入山者ノートに記入します。
11:46、登山開始!

八剣山南口登山道

登りはじめから急な斜面や…

木の根が張った急坂

岩場

岩場が続きます。

小さく控えめで可憐な花を咲かせるのはおそらくクルマバソウ。

クルマバソウ

新緑に癒されながら、先を進みます。

所どころに張られているガイドロープは…

ガイドロープ

張りが弱くて弛んでいたり、ロープ自体もほつれたり劣化したりしているので信用しすぎないように。
全体重をロープ任せにするのは危険です。
(そこまでしないと登れないような難所はほとんどありません)


第1のビューポイントに到着。

第1のビューポイント
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

この山からの景色がすごく好き。
標高500m以下の低山とはとても思えないダイナミックな景色が望めるのです。

雲の影が街並みに落ちて、絶妙なコントラストをなしています。

雲の影
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

青空と白い雲のコントラストも美しい!


「剣」のように尖った岩の先に登ってみます。

危険

180度パノラマの景色!

180度パノラマ
iPhone6

登山用(パノラマ撮影用)にわざわざ購入したRX100を忘れてしまったので、iPhone6のパノラマ機能を使って撮影しています。

斜めっていますが、思ったより良く撮れています。
iPhoneがあれば、わざわざコンパクトカメラを買う必要は無いかもしれません(-_-;)


登るにつれて、どんどん視界が開けていきます。

八剣山からの景色
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

新緑、のどかな街並み、雪を残す山々、青い空と白い雲…


そして突如現れる切り立った崖。
ここからは、八剣山随一の難所が続きます。

切り立った崖

崖側は本当に(?)崖になっていて、落ちて大怪我をしたり、命を落とした人もいるそうです。
ロープはあくまでも補助または緊急用として使いましょう。


山ツツジが咲いていました。

山ツツジ

5月上旬ですが、初夏のような陽気です。

初夏のような陽気
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

今年は本当に暖かい春になりましたね。

恒例の?「ジオラマ」撮影(^^;)

八剣山果樹園ジオラマ
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 by ジオラマ

意外にそれらしく写っています。

「八剣山」の名の由来でもある、頂上部の尖った岩。

のこぎりの歯
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

薄く尖っていて、ノコギリの歯のような形をしています。

その成り立ちを火山学(地質学)的に説明すると、山体の基礎となった溶岩(アンデサイト)の隙間にさらに陥入した硬い溶岩(デイサイト)が浸食に耐えて残ったものらしいです。
だからこんな尖った形をしているのですね。
ちなみに八剣山は、地図上は「観音岩山」と表記されます。



山頂に到着!

山頂

標高は藻岩山よりも少し低い498mですが、スタート地点の標高が200mほどあるので高低差は実質300m程。
所要時間は撮影を含めて50分ほどでした。


西側を望めば、特徴のある山頂の神威岳、

八剣山から望む神威岳
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

まだ雪を頂く無意根山らしき山影も望めます。

八剣山から望む無意根山?

その奥にあるはずの羊蹄山は…見えそうで見えません。

南側の麓には、八剣山果樹園・八剣山ワイナリーなど。

八剣山果樹園・八剣山ワイナリー
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

遠くを望めば豊滝の街と札幌岳。

八剣山から望む札幌岳
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

この時期には珍しく空が青い。

青い空と白い雲
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

藤野三山がはっきりと見えます。

藤野三山
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

針葉樹の濃い緑と、新緑の鮮やかな緑が織りなすパッチワーク。

緑のパッチワーク
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

紅葉の時期もまた美しいのでしょうね。


…調子に乗って枚数を撮りすぎました(笑)

山頂は風が強く、登りでかいた汗が冷えて気温以上に寒く感じます。
持参した昼食は下山してからいただくことにします。



13:00、下山を開始します。

難所
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

こんな危なっかしいところを登ってきたのですね(^^;)

新緑が本当にきれい。

新緑
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

登るならこの時期は最高かもしれません。

数えきれないほどの登山者の支えになってきたと思われる…木の根(笑)

掴まり木の根

みんなが掴むせいでこんな形になったのか(^^;)
私ももちろんお世話になりました。

ひときわ目立つ尖った山は、藤野三山のうちの豊平山(地図上では焼山と表記)です。

藤野三山

左端のスキー場の跡地が見えるのが豊栄山、その奥、中央に見えるのがおそらく豊見山です。
登る人は少ないそうですが、3山とも登ることはできるそうです。

標高500m弱、片道1時間もかからずに登れる山から、こんなに素敵な景色が望めるのです。

八剣山から真駒内方面
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

新緑の中を歩く…

新緑
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

日差し
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

気持ちいい!


いい汗をかいた後は、お決まりの小金湯温泉で汗を流します(^^)



小金湯温泉 湯元小金湯

単純硫黄泉の源泉100%のお湯で、体の芯から温まります。
少し足を延ばして、定山渓の日帰り温泉を利用してもいいですね!


 

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

[2015/05/10 23:23] | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>