PEN E-P5にACRU(アクリュ)のレザーカメラストラップ
このところ撮影と言えば野外撮影(主に登山)が多く、防塵防滴仕様のE-M5が旧モデルながらも大活躍。
E-P5の登場機会はめっきり少なくなってしまいました。

カメラストラップも、一時しのぎで装着していたGF1の純正付属品のまま(-_-;)

なぜかGF1の純正ストラップ…

かさばらないので収納は楽なんですけどね(^^;)、

かさばらないので収納は楽

ビジュアル重視のPENには相応しくありません。

気持ちを盛り上げるためにも、まずはこの色気も味気もない純正ストラップを変えることにしました。


購入したのは、毎度おなじみACRU(アクリュ)さんの、

ACRU(アクリュ)/Cache bulge(カシェ・バルジ)

フルレザーのストラップ「カシェ・バルジ」(税込9,720円)。
こちらは、発売当初「カシェタイプⅣ(4)」と呼ばれていた商品(のはず)です。

「カシェ」(Cache)はフランス語で「隠す」、「バルジ」(bulge)は同じくフランス語で「膨らみ」を意味するんだそうです。

ACRU(アクリュ)/Cache bulge(カシェ・バルジ)

その名のとおり、ストラップの両端のベルトバックルやスナップボタンなどの金属部分を皮製のカバーで「隠す」造りになっています。
カメラの傷付き防止はもちろん、ストラップ部分とは革質(色味)の異なる革が使われており、デザイン上のアクセントにもなっています。


ストラップの幅は20mm(肩当部分を除く)で、マイクロフォーサーズはもちろん小型~中型の一眼レフカメラにも対応する強度を備えています。

さっそくPEN E-P5に取り付けてみました。

カシェ・バルジ+PEN E-P5

色はシルバーに合わせるとなると…やはりブラウン系が無難かと。
その中でも恐らく間違い無いだろう、鉄板カラーの「カフェオレ」に決めました。

カラーは「カフェオレ」

さすがのマッチングです。
一気におしゃれ感が増しました(笑)
経年変化を楽しむなら「ナチュラル」という選択肢もアリだと思います。


このストラップの最大の特徴、「バルジ」の由来でもある「膨らんだ」肩当て部分。

肩当て部分の膨らみ

繋ぎ目のない一枚革で仕上げられています。
かなりユニークなデザインです。

これをすっきり・シンプルと捉えるか、エグい(?笑)と感じるかは人それぞれでしょうね(^^;)
私的には好みのデザインですが、好みでない方にはストレートタイプ(太・細の2種)も用意されています。


肩当てのパッドなど余計なパーツが無いことと、柔らかい革質により、レンズに巻き付けるなどして比較的コンパクトにまとめることができます。

柔らかい革質

新品時はまだまだ固いですが、使用に伴い柔らかくなることは現在E-P2に装着している「フルレザーカメラストラップ」で実証済みです。


革質は、表面はアンティーク調のレザー、

表面はアンティーク調のレザー

裏面は防水仕様のレザーとなっています。

裏面は防水仕様のレザー

単なる撥水ではなく「防水」仕様のため強力です。
白シャツの上に掛けても、今のところ汗による色移りなどは見受けられません。


最も負荷がかかるカメラを取り付ける革テープ部分にもひと工夫されていて、

裏側にナイロンテープを張り合わせて補強

裏側にナイロンテープを張り合わせて補強しており、磨耗にも伸びにも強い仕様となっています。


取り付け方法は、

カメラへの取り付け手順

ストラップエンド(革テープ)を

1 カメラのアイレット(取り付け金具)に通す
2 ストラップのベルトループに通す
3 革のカバーに通す
4 バックルに通す
5 カバーをスナップボタンで留める

の順に装着します。

なお、ベルト穴は一つしか開いておらず、長さ調整は基本的にできません。

ベルトバックル

そこで気になるのがストラップの長さ。

私は身長約180cm。
アクリュの推奨サイズは身長180cmの場合、前掛けで90cm、斜め掛けで120cmとなっています。

私は斜め掛けも前掛けもできるように、斜め掛けの長さを基準に少し短めの110cmにしてみました。

斜め掛け(身長約180cm)

斜め掛けは問題なくできます。

前掛け(身長約180cm)

前掛け時に少し長くてブラブラする感がありますが、余り短いと見た目格好悪いので、自分にはちょうど良いサイズでした(^^)

これでE-P5を持ち出す機会もぐっと増えることでしょう(?)(^‐^)

 
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2015/02/22 20:10] | その他撮影用品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
chocola chocola[チョコラ チョコラ] (パンケーキ・カフェ/北海道恵庭市)
恵庭シーニックナイト2015(恵み野駅前~恵み野商店街)に参加した帰り、最近雑誌等でよく取り上げられている恵庭のパンケーキのお店「chocola chocola(チョコラ チョコラ)」さんに立ち寄りました。

chocola chocola

お店は国道36号線から少し入ったところ…



北海道文教大学のすぐそばの、

chocola chocola ショップカード

住宅街のど真ん中にありますが、特徴的なパッチワークの外観のためすぐに分かりました。


おしゃれな一般住宅のリビングのような店内は、中央部分のスペースを広く取り、明るくて開放的な空間づくりがされています。

店内

さっそくメニューを拝見。
まずは食事系のパンケーキから。

メニュー(食事系)

「海老&アボカド」と「スモークサーモン&クリームチーズ」の王道メニューで悩みましたが、

メニュー(食事系)

海老とアボカドのパンケーキ(ドリンクセットで1,500円)に決めました。

デザート系はジェラート載せパンケーキに決定。

メニュー(デザート系)

実はこちらのお店、近くにある有名なジェラートのお店の「gigi(ジジ)」さんや窯焼きナポリピザの「チェルボ」さんの姉妹店で、ジェラートはジジさんのジェラートが使われているそうです(^o^)
贅沢ですね~。

生地の味は付け合わせの黒蜜のソースに惹かれて「抹茶」、ジェラートはティラミスにしました(ドリンクセットで1,150円)。

ジェラートのラインナップ

(ちなみに本日のジェラートはイチゴミルクでした)


まずは海老とアボカドパンケーキから(^^)

海老とアボカド、寺田牧場さんのモッツァレラチーズの和風カプレーゼ

ライ麦入りの生地は小麦のうまみと香ばしさがほどよく感じられ、薄目味付けのトッピングを邪魔することも負けることもなく良好なマッチング(^^)

生地は最近流行りのモチモチ系ではなく、オーソドックスなフワフワ?タイプですが、しっとりしていてもそもそ感はありません。
私はこちらのタイプが個人的には好みです。

また、モッツァレラチーズは市販のものよりミルクの風味が強く塩味が少ない、特別なものを使っているようです。


続いてデザート系、

抹茶パンケーキとgigiのジェラート

生地は甘さ控えめ、抹茶の風味は濃いめ。黒蜜ソースとの相性も大変良いです。
ジェラートと合わせていただくとちょうど良い甘さで、最後まで飽きずにいただけました。

どちらもボリュームは十分で、普通の食の方であれば満足できると思います。


パンケーキ専門店を謳うだけあって、味のレベルは高いと感じました。
価格は少々高めの設定ですが、素材にもこだわりがあり、それに見合う満足感は得られると思います(^^)


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 chocola chocola( チョコラ チョコラ)
 北海道恵庭市黄金中央3丁目11-4
 営業時間:11:00~21:00(L.O.20:00)
 定休日:月曜日、第2火曜日
 http://chocola-chocola.com/
_________________________________

続きを読む

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

[2015/02/15 15:48] | 食べ歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |