スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
カフェ・ジャリブ(cafe jalibu) [壮瞥町・洞爺湖畔/カフェ]
(2016.7.23 再訪問)


洞爺湖温泉開湯100周年記念花火大会/水中花火百連発を観覧するため洞爺湖を訪れましたが、温泉街近辺には食事処がほとんどありません。
(宿泊先のホテルで夕食をとる方がほとんどですので当然でしょう)

その中でお勧めしたいのは、温泉街から少し離れたところにある「カフェ・ジャリブ(cafe jalibu)」さんです。



以前、有珠山登山をした際に利用させていただきました。

基本はカフェテリアですが、フードメニューが充実していて、食事利用にもおすすめです。


(ラストオーダーが20:00というのも嬉しいです)


(ネコちゃんがお出迎え)


(古民家風の店内は大変くつろげます)

さっそく、味のあるメニュー表を拝見…


(ジャークチキンと聞くと、札幌に昔あった「ライオンのいえ」というお店を思い出します)

「ジャマイカジャークチキンプレート」と、「ジャリブ旅人カレー」、


(前回訪れた際は「ジャークチキンバーガー」をいただきましたが、こちらもかなりの美味でした。意外にもバンズがおいしかった!)

食後に「豆乳チャイ」と「カフェオレ」を注文しました。



野菜の甘みの中にスパイスのほど良い辛さ。
香り高く、そしてちょっと苦みも効いた大人の味です。


(お米は料理に合わせた長粒品種のインディカ米。もそもそした食感は無く美味しいお米でした)

そんじょそこらのカフェで、このレベルのカレーはなかなか出てこないでしょう。

続いて、私が注文したジャークチキンプレート。



香ばしいお肉が食欲をそそります(^^)

ジャークチキンとは、簡単に言うとスパイスで味付けした鶏肉(を調理したもの)。
ビーフジャーキーの「ジャーキー」と語源は一緒です。
お肉自体は普通の鶏肉でしょうけど、こちらもスパイスの使い方が上手でおいしい味に仕上がっています。

写真ではあまり伝わりませんが、どちらも結構なボリュームです。
こちらのお店はカフェやバーとしての利用が主だと思いますが、食事も全くあなどれません。


食後に「豆乳チャイ」と「カフェオレ」。



自分がチャイ好きというのもありますが、豆乳チャイはおすすめです。
そういえばチャイ(正確にはマサラ・チャイ)もスパイスを加えて煮出したミルクティー…スパイス尽くしでした(^^;)

洞爺に訪れた方、またはこの辺りを通過する際はぜひ立ち寄ってみてください(^o^)/



--------

(2013.10.26 初回訪問)


有珠山から下山後、車を走らせながらスマートフォンで近くのお店を検索して、



たどり着いたのが、こちらのお店。



カフェ・ジャリブ(cafe jalibu)さんです。

お店の外観はほぼ民家(^^;)



駐車場横の物置とcafe jalibuの看板が目印です。



ノスタルジックな内装。



最近よく見かけるリノベーション古民家カフェですね。



極めつけは、昭和の香り漂うちゃぶ台に…ブラウン管テレビ!の座敷席。



ここまできたら、メニューだって当然昭和の食堂風に、ラーメン、カレーライス、定食に鍋、おでん(?)でしょ??

…と思ったら、



メニューは今どきのカフェ風のラインナップで一安心(^^;)



ジャンルとしては、アジア系が中心の多国籍料理といったところでしょうか。

ドリンクにも気になるメニューが並んでいます。



悩んだ末に、「ジャークチキンバーガープレート」、



「ジャリブ旅人カレー」等を注文。



正直に申し上げますと、検索に偶然ヒットしたお店というだけで、特にお食事はあまり期待はしていませんでした。(申し訳ない -人-)
しかし実際には、その期待を大きく裏切る美味しさ!

特に美味しかったのはカレー。
ネパールカレー?がベースでしょうか、スパイスと野菜の甘みで食べさせる本格派カレーです。
ココナッツミルクとカルダモンの風味が効いた、私好みのお味でした(^^)b

ジャークチキンバーガーも、チキンはもちろん、バンズが美味しい!
(ジャークチキンと聞くと、ライオンの店を思い出します…)

こんなところで(重ねがさね失礼)、こんなにおいしいランチにありつけるとは思っていませんでした。


黒ゴマココアをいただいて、



ほっと一息ついて、お店を後にしました。

また来年、有珠山登山に来た際にはぜひ寄りたいお店です(^‐^)


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 カフェ・ジャリブ(cafe jalibu)
 北海道有珠郡壮瞥町字壮瞥温泉74
 営業時間:11:30~21:00(L.O.20:00)
 定休日:木曜日、ほか不定休あり
 http://cafejalibu.exblog.jp
_________________________________


 
スポンサーサイト

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

[2013/10/26 23:57] | 食べ歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
紅葉見ごろの有珠山に登る
紅葉真っ盛りの有珠山登山に行ってきました。

一般的に有珠山登山と言えば、有珠山の外輪山を巡るルートになります。
現在も活発に活動している活火山の有珠山(標高733m)に登ることはできません。

今回挑戦するのは、登山道入口をスタートして有珠外輪山展望台(531m)を経由し、外輪山遊歩道を上って有珠山火口原展望台(573m)までの道のりを往復するコースです。
所用時間は片道2時間~2時間半の計5時間弱です。

高低差はそれほどありませんが、水平距離が結構あるので時間がかかります。
長時間の行程にはなりますが、外輪山遊歩道の途中の火口原展望台東屋にトイレがあるので、その点の心配はありません。


札幌から有珠山に行くには、高速道路(道央自動車道)を苫小牧・室蘭経由でぐるっと回り、伊達ICを降りてJR有珠駅を目指すルートがありますが、国道230号線をひたすら南下して、国道37号線に入るルートの方が距離的にはずっと短いです。



カーナビの所用時間もほぼ変わらなかったので、お金のかからない下道を通っていくことにしました(^^)


-------------


洞爺湖の中島も紅葉が進んでいます。

洞爺湖の中島

洞爺湖から内浦湾に通じる長いトンネルを抜けて…

全長約2kmの三豊トンネル

有珠山登山道駐車場に到着!

有珠山登山道駐車場

駐車台数は20台が限度といったところ。

高速道路の高架下をくぐって、登山道を進んでいきます(^^)

有珠山登山道駐車場入口

林道の入口に到着しました。

登山道入口

案内板によると、(旧)登山道は通行禁止となっており、

有珠外輪山遊歩道案内板

外輪山展望台へと続く遊歩道を進んでいくことになります。

さすがに遊歩道というだけあって、道はしっかり整備されており、歩きやすいです。

有珠外輪山遊歩道

途中、ところどころ急な勾配もありますが、基本的には歩きやすい林道といった感じで、登山をしているという感覚は薄いです(^^;)

有珠外輪山遊歩道

ただ、距離はあるので、体力的には結構辛いと思います。
例えて言うなら、藻岩山を旭山記念公園から登るコースに近いかもです。


私の天敵の「漆」も、紅葉の彩りに一役買っています。

色付く漆

美しく紅葉する木々…

黄金色に輝く木々
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.

良い時期に来られました(^‐^)

落ち葉

登山道(遊歩道)には案内板がこまめに設置されているので、不安なく先に進むことができます。

案内板

林道を抜け、空が開けたビュースポットに到着。

内浦湾を望む
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

洞爺湖!?と思ったら、内浦湾(海)でした。

展望台はまだまだ先です(^^;)
さらに遊歩道を進んでいきます。


結構上まで登ってきました。

神様の光

沖合の海面に光の筋が見えます。

雲の切れ間から漏れた太陽の光、「神様の光」と勝手に呼んでいるそれです。

神様の光
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

紅葉が本当に綺麗…

内浦湾を望む
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

写真のコントラストが低いのは、薄くかかったモヤのせいです。

有珠山外輪山紅葉
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

もう少し雲が薄ければ最高でした。
…曇りの方が紅葉撮影には向いている、という説もありますけど(^^;)

有珠山外輪山紅葉
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

とにかく、想像以上の美しい景色に大満足!


有珠外輪山展望台の手前にある、南外輪山展望台に到着 (^0^)/

南外輪山展望台

遠くに見えるのは北海道随一の高級ホテル、「ザ・ウィンザーホテル洞爺」。

ザ・ウィンザーホテル洞爺

海側を見れば、豊浦、長万部方面を遠望することができます。


そしてさらに先に進むと、終点の有珠外輪山展望台に到達。

ここからは羊蹄山と洞爺湖が望めます。

羊蹄山と洞爺湖

羊蹄山の美しい山体は残念ながら雲の中に…( -_-)

水蒸気を上げる銀沼火口。

銀沼火口

1977年噴火で形成された、有珠山最大の火口です。

地獄を彷彿とさせるような、荒々しい山体…。



遊歩道を引き返して、有珠山火口原展望台の方へ向かいます。

有珠山火口原展望台へ

こちらも絶景です!

有珠山火口原展望台
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

来て良かったぁ(;_;)

ちなみに途中に見える小さな小屋が、火口原展望台東屋のトイレです(*^^)

さらに延びる遊歩道の先の…

有珠山火口原展望台に続く600段の階段

山の斜面に線のように見えているのが、かの有名な600段の階段です(-_-;)

火口原展望台東屋からの眺望も素晴らしい!

火口原展望台東屋の紅葉
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

緑と赤、黄のコントラストがきれいですね。
ちなみに、緑の芝生はゴルフ場のそれです(^^;)


美しい紅葉を存分に満喫したところで、ふと時計を見ると時間は13時半過ぎ。
11時半頃に出発したので(出発遅すぎ?)、すでに2時間が経過しました。
撮影しながらの登山は予想外に時間がかかりますね~。

これから有珠山火口原展望台に行って戻ってくるとなると、急いでも3時間少々はかかります。
暗くならないうちに帰りたいので、大変残念ですが(?)、600段の階段へのアタックは次回に持ち越しとしました。


帰り道、神様の光が、紅葉萌ゆる森を照らします。

紅葉萌ゆる森を照らす光
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

金色に輝く木々が、まさに「神々しく」見えた一瞬でした。

一筋の光
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

林道の入口に帰還!

林道入口の山栗群生地

時刻は15時手前、全行程で約3時間半程度の登山となりました。
悔いの残る結果となりましたが、来年また挑戦する楽しみが残ったと前向きにとらえて、有珠山を後にしました。


-------------


帰り道、偶然発見した「カフェ・ジャリブ(cafe jalibu)」さんに立ち寄り、遅い昼食を頂きます。

カフェ・ジャリブ(cafe jalibu)

本当に偶然立ち寄っただけで、特に食事はあまり期待はしていなかったのですが(申し訳ない -人-)、期待を大きく裏切る美味しさ!

特に良かったのはカレー(^^)

ジャリブ旅人カレー

ネパールカレー?がベースでしょうか、スパイスと野菜の甘みで食べさせる本格派カレーです。
ココナッツミルクとカルダモンの風味が効いた、私好みのお味でした!

「カフェ・ジャリブ(cafe jalibu)」さんの訪問レポートはこちら


色々な偶然が重なって、とても良い旅になりました。
来年こそは600段の階段に挑戦します(笑)


 

テーマ:紅葉の写真 - ジャンル:写真

[2013/10/26 23:42] | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パレットの丘のひまわり畑2013 (北海道千歳市)
滝野すずらん公園のコスモス2013から続く…


昨年同様、滝野すずらん公園 → 千歳市のパレットの丘の日帰り撮影コースを巡ってきました。
※パレットの丘の場所はこちら

パレットの丘のひまわりは例年9月末から10月上旬が見頃です。
北海道内各所のひまわりの見頃は7月~8月ですから、北竜町、大空町、名寄…のひまわりを見逃してもまだチャンスがあるということです。
しかし今日は9月22日、さすがに少し早いかもしれませんね(^^;)



パレットの丘に到着!


OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.

案の定、まだ半分以上の畑が蕾の状態で、撮影できそうな場所で開花していたのはこの畑だけでした。

この畑も開花はしていますが、花はまだ大きくなり切っていません。


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

もともと肥料用の品種のため花は小ぶりなのですが、太陽を浴びてすくすくと育っているところです。

しかし育つ方向が…みんなそっぽを向いてしまっています。


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

良く見るとみんなと違う方向を向いている天邪鬼なヤツもいますけど(笑)

とりあえず天気が良くて何よりです。
このまま夕暮れを待ちましょう。



陽が落ちる前にイメージトレーニング…


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

柔らかい感じが好きですけど、最近はコントラストが効いた写真も好みです。


OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.

これで3年・3回目になりますが、この丘は来るたびに違う景色を見せてくれます。
素晴らしい情景を目の前にして、思うように撮影ができなかった昨年の口惜しさを今日晴らします!



合間にトイレンズの練習。


E-P2/Cマウント 25mm F1.4 トイレンズ

相変わらずトイ風レンズの良さを活かし切れていません。
普通の構図をただトイレンズで撮りました、ではだめなんです。


続いて広角レンズ。
ひまわりは広角レンズと相性が良いですね。


OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.

私の好きな、太陽を入れた構図でも、逆光に強いLUMIX G VARIO 7-14mmならクリアな画が得られます。


最近フル出動中の75mm F1.8。


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

ピントの合った箇所のカリカリのシャープさと、ボケの柔らかさが魅力です。


そうこうしているうちに夕暮れが近づいてきました。


OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.

この時間帯の景色は秒単位で刻々と変化します。
そろそろ意識を集中させなければ。


おお、これはだいぶイメージに近い。


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

ここでトイレンズ!


E-P2/Cマウント 25mm F1.4 トイレンズ

色はイマイチですが、雰囲気はなかなか(^^)


そして....きたぁーーーーー!!

paletteHill-Sunflower2013_14t.jpg
Canon EOS Kiss X5/SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

…のはメンバーの作例です(-_-lll)

あぁ、またしても一本取られてしまいました。
カメラの特性?設定??
とにかく私には、どう撮ってもこの色は出せません。


--------------


と、どんなに打ちひしがれてもお腹は空きます。
これも毎年お決まりですが、おにぎりのあぜっこさんに寄って、美味しいおにぎりをいただいて帰りましょう。

しかしここで、傷心の私にさらに追い打ちをかけるような衝撃の事実が発覚。

な、なんと、豚汁が売り切れヽ(`Д´)ノ
超楽しみにしていたのにぃぃぃヽ(`Д´)ノ

paletteHill-Sunflower2013_16t.jpg

唯一残っていた生海苔のお味噌汁も最後の1杯。
皆で仲良く分けていただきました(笑)
黒豆の炊き込みおにぎり、美味しい(;_;)


お店の庭からを地平線を見渡すと、ちょうど夜の帳が下りるところ。


PEN E-P5/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.

不思議な色です。
やっぱりここにきて良かった。

2014年もまた来ます(^^)



※2012年のパレットの丘訪問記はこちら
※2011年のパレットの丘訪問記はこちら


 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

[2013/10/21 10:04] | その他写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。