えこりん村2012-2013冬~雪のどうぶつ広場
今年も冬のえこりん村「雪のどうぶつ広場」に行ってきました!



夏に比べると動物の種類も少なく、イベントの数も規模も縮小されていますが、私はアルパカ+αの写真が撮れれば満足なのでノープロブレム。
この時期は来園者も非常に少ないので、動物たちと気兼ねなくふれ合い、心置きなく写真を撮ることができます(^^)

そう、冬季営業の良いところはお手軽に、真近に動物たちと触れ合えること。
「雪のどうぶつ広場」の入場料はなんと500円!

有料エリアの配置や入場料金が改定された2012年度の夏期営業では、アルパカと触れ合うためには「みどりの牧場ショー」エリアに1,500円を支払って入場しなければならず(注:銀河庭園の入場料1,200円は別途。年間パスも結局発売されずじまい?)、いくらかわいいアルパカちゃんに会うためとはいえ、動物園の入園料にしてもちょっと高すぎる気がします(^^;)


--------------


実は、今年春以来のえこりん村訪問になります。

「雪のどうぶつ広場」イベント一覧

年間パスが発売されるまで様子見…と思っていたら、いつの間にか1年が経過(^^;)

来年の料金体系は一体どうなるのでしょう。
個人的には、何度も通えるような料金設定になると嬉しいです。
季節の移ろいとともに動物たちの成長を感じられる、そんな施設であってほしいと個人的には思っています。



とりあえずタイムテーブルの直近のイベント「アルパカふれあい」に参加することにしました(^^)

子どもとアルパカ、お互いに興味津々。

アルパカと子ども
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

こちらは凛々しいアルパカくんに興味津々のアルパカちゃん。

見つめるアルパカ
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

スタッフのお兄さん曰く、アルパカをかわいく撮る秘訣はローアングルから見上げるように撮ることだそうで。

TOY風アルパカ
E-P2/Cマウント 25mm F1.4 トイレンズ+アートフィルター「トイフォト」

確かに、ふさふさの毛に隠されている丸くて大きなアルパカの眼が顕わになりました(^^)



ミニチュアホースの力強い視線。


E-M5/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.

憂いを帯びた眼。


E-M5/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.

トイ風ミニチュアホース(笑)


E-P2/Cマウント 25mm F1.4 トイレンズ

銀河庭園にいた頃は、ここまで接近して撮影することはできなかったので嬉しいです(^^)v



続いて、牧羊犬ショー。

今日はボーダーコリーの『メグ』が担当です。

ecorinvillage20130114_08t.jpg

羊飼い(「ハンドラー」というらしい)のお兄さんの言うことをよく聞いて理解し、的確に俊敏に行動できる賢い子です。
こんな子が後輩・部下だったら最高ですね(笑)


ヒツジさん、めっちゃメグを意識しています(^^;)

ecorinvillage20130114_09t.jpg

メグのほうは知らん顔(笑)


ヒツジ追い開始!

ecorinvillage20130114_10t.jpg

メグ、疾走る!!

ecorinvillage20130114_11t.jpg

めちゃくちゃ俊敏です( ̄ロ ̄;)
賢い牧羊犬は吠えて威嚇したりはせず、目にも止らぬ動きで羊を翻弄して目的地まで誘導します。


でもたまに気の強いヒツジがいて、牧羊犬に立ち向かってくることも。

ecorinvillage20130114_12t.jpg

そうすると、鼻っ柱のぶつけ合いが始まります(笑)
ちなみにこのメグの行動も羊飼いの指示によるもので、そういうコマンド(命令)がちゃんとあるんだとか。

無事、囲いの中に羊を追い込むことに成功しました(^o^)/


もう一つのイベント「ヒツジのレース」…は相変わらずレースになりません(^^;)


E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(一見、ちゃんと走っているように見えますが…)

一応エサで釣っているのですけど…全く統率が取れず、てんでバラバラ。
これでは普通に「餌場までの移動」ですね(笑)



この日はファームツアーが雪上車の故障により急遽中止になったため、お詫び代わりに「スノーモービルバナナボート」を希望者に無料で体験させてくれるとのこと。
こういうアクティビティはあまり得意な方ではないのですが、せっかくの機会なので参加してみることにしました(^^)


受付がある倉庫に行くと、中で山羊の赤ちゃんを発見(^^*)

ecorinvillage20130114_14t.jpg
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

ヤギは自分で掻くことができないほっぺたのこの辺りを掻いてあげると大そう気持ちいいそうです。
ちなみに2/15~のファームツアーでは、生まれたての羊の赤ちゃんを見ることができるそうなので、冬期営業が終わる前にもう一度訪れればと思っています。


空いていたので、スノーモービルバナナボートを10分ほど楽しませてもらいました。

ecorinvillage20130114_15t.jpg

ぐるぐる回ったり、ドリフトしたり、モトクロス張り?の2連ジャンプなどもありまして、スリリングでかなり楽しかったです(^‐^)


写真撮影だけではなくウインターレジャーも満喫することができて満足の一日でした(^^)v
毎年同じことを言っていますが、えこりん村の冬期営業「雪のどうぶつ広場」おススメです!
(注:今年度のどうぶつ広場の営業は2013年2月28日で終了のようです)


一通り撮影が終わったところで、腹ごしらえを。
えこりん村敷地内にある森のレストランTen-Manに足を運びました。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
えこりん村
北海道恵庭市牧場241-2
営業時間:[冬期営業2013/1/2~2/28] 10:00~15:00
http://www.ecorinvillage.com/
_______________________________


 
スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

[2013/02/21 00:48] | えこりん村 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ONSEN食堂 (蕎麦・カレー/豊平峡温泉)
小天狗岳登山の後、定山渓温泉街から車で5分ほどのところにある豊平峡温泉のカレー店「ONSEN食堂」さんに立ち寄りました。



その名の通り、豊平峡温泉内に併設された食堂です。

豊平峡温泉「ONSEN食堂」

土日は混むと聞いていましたが、実際かなり混雑していました。

店内に入りましたら、

①まずはフロントで受付
②順番が来たら入場前に入口で注文、料金は先払い(食券制)
③食券をカウンターに出し、空いている席をみつけて座って待つ
④料理が出来上がると番号で呼び出される
⑤自分で取りに行き、食事後の食器を下げるのもセルフサービス

という流れになります。


受付後、呼び出されるまでメニューを見て待ちます。

カレーメニュー

流行り(廃り?)のスープカレーではなく、ルーカレーの中でもとりわけ伝統的なインドカレーがメインです。
スープカレーもいいですけど、原点に戻ってルーカレーもなかなか乙なものですよ(゚‐^)

私は定番のチキンカリーをMILD(甘口)で注文しました。

実は十割そばも名物だそうで…

あたしゃあんたのそばがいい…

次来たときは、こちらにも挑戦してみようかな(^^)


オープンキッチンになっていて、ナンを焼いている様子を目の前で見ることができます。

陽気なインド人シェフ
(せっかくポーズを決めてくれたのに…映り込みが顔に被ってしまい申し訳ない)

テキパキ作業しつつも、カメラを向けるとご覧のように茶目っ気たっぷりのポージング。
サービス精神旺盛なシェフさんでした(^^)


20分ほど待ったところで席に案内されました。

食券をカウンターに出し、さらに5分ほど待つと…カレー完成!

チキンカリー

ナン、でかっ(゚Д゚ )

でもこのナンがとても美味しいのです(^^*)
表面サクサク中はもっちり、ほんのり甘みがあって、ナンだけでもパクパク食べられてしまいます(^^;)

カレールーの方は、どちらかというと日本人好みの味付けというか…インドカレーで本格的なモノだとスパイスの苦みが強いものもあったりしますが、こちらはスパイシーさは控え目、まろやかで旨味と甘味とコクがあり、素直に美味しいと感じました。

メンバー注文の「ナスとトマトのカリー」

ナスとトマトのカリー

トマトの酸味が良いアクセントになっていて味の趣向は異なりますが、こちらも美味しいです(^‐^)

ちなみに、スープカレー屋では辛さ0か1しか選ばない(選択の余地が無い)お子ちゃまな私でも、甘口(MILD)では辛さを一切感じませんでした(笑)
さすがの私でも、中辛(MIDEUM)はいけそうな感じです。
普通に辛い物を食べられる方なら辛口以上をお勧めします。


がやがやとした雰囲気はまさに「食堂」といった趣ですが、それが逆に小市民の私には落ち着けます。

全天候型テラス

特にテラス席は木の温もりを生かした造りで、大変くつろげました(゚‐^)

こんな辺鄙な場所(失礼…)で営業しているにもかかわらず、夜22:00までの営業(LOが22:00?)というのが嬉しいですね。
温泉とあわせてぜひ一度ご堪能あれ(^o^)/


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 豊平峡温泉
 札幌市南区定山渓608番地2
 営業時間:11:00~22:00
 http://www.hoheikyo.co.jp/frame-top.htm
__________________________________


 

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

[2013/02/17 20:51] | 食べ歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |