スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
TERREX FAST X GTX/adidas トレッキングシューズ
登山用品紹介記事第2弾は靴です。


登山靴の重要性などあまり考えずに挑んだ藻岩山
前々日に降った強い雨を、1日空ければコンディションも落ち着くだろうとなめてかかったのが失敗の始まりでした。

私が選んだのはよりによってバスケットボールシューズ(-_-lll)で、これが濡れた岩場や土の上でのグリップ力は皆無に等しいヽ(`Д´)ノ ウワァァァン
特に下りは踏ん張りが利かない上に勢いがつきますから、軸足に体重を残して足をそっと下ろすような足運びにならざるを得ず、上から下までほとんど片足スクワットをしながら下りてきたようなものです。
最後は膝が笑ってしまって、普通に歩くのも大変な状態でした(-_-;)

疲労対策はもちろん安全確保の観点からも、山登り用ブーツの必要性を痛感した次第です。



山用の靴には、数千メートル級の登山にも対応するアルパインブーツから軽登山用のトレッキングブーツ、あとは最近流行のトレイルラン用のシューズまであります。

形から入るタイプの私は、得てして本格的な用品に目が行きがちです(^^;)
が、高山用のブーツは無用にゴツくて重く、抜群の保温性能の裏返しで蒸れやすいと思われるため、素直にトレッキングブーツから選ぶことにします。


選ぶ際に重視したのは、

 1.機能
 2.見た目
 3.値段

機能性は実際に使って見ないと分からない部分が多く、高機能素材の使用の有無やネット上のインプレッションを見て判断することにします。

見た目の格好良さの基準は…自分の好き嫌いだけですね(^^;)
一時期ストリートでも山ファッションが流行したおかげで、リアル山っぽいデザインもそれほど違和感なく取り入れることができそうです。

そこで最初はモンベルやノースフェイス、コロンビアあたりで探していましたが、本格的な仕様の製品は結構値が張るものが多く、デザインもこれというものがありません。
高い物はそれなりに品質も良いのでしょうけど…登山で使えばすぐにボロボロになるわけですし、とりあえずソールがゴツゴツしている普通のスニーカーを選ぶのもアリなのかなと(^^;)


で、最終的にこのアディダス/TERREX FAST X GTXに決めました。

TERREX FAST X GTX/アディダスadidas

定価16,800円の35%引きで購入。
アディダスのラインナップにトレッキングシューズがあるなんて知りませんでしたよ。


山っぽさを感じさせない洗練されたデザイン…

TERREX FAST X GTX/アディダスadidas

グレーのメッシュがカーボン素材のようで格好良いのです(笑)

TERREX FAST X GTX/アディダスadidas

もちろんデザインだけでなく機能面についても、

●撥水・透湿に優れたゴアテックス素材のアッパー
●手袋をつけたままでもレースアップできるスピードレーシングシステム
●可動する独立したヒールユニットが不整地での着地の衝撃を和らげる「Formotion(フォーモーション)」
●前足部の蹴り出し力を増強する「adiPRENE+(アディプリーンプラス)」ミッドソール

などといったアディダス独自のテクノロジーが多数盛り込まれています。

クサビ型のスタッドが地面に喰い付き、同時に突き上げ感も軽減する「adiTRAXION(アディトラクション)」アウトソール。

TERREX FAST X GTX/アディダスadidas

間隔が広くて小さめのブロックパターンは、マディ向けのモトクロスタイヤのようです。
ゴムも柔らかめで、土の上でのグリップはかなり期待できそうです。


前後がラウンドしたソール形状は、トレイルランニングを意識したものでしょう。

TERREX FAST X GTX/アディダスadidas

ツーアクションで紐を締め上げることができる「スピードレーシングシステム」

TERREX FAST X GTX/アディダスadidas

シュースライダーのノッチを押し上げ、紐を引っ張るだけでレースアップ完了!

TERREX FAST X GTX/アディダスadidas

紐が遊ばないように押さえるシューバンジーも装備されており、靴紐が木などに引っかかったり絡まったりするリスクを軽減します。
デメリットは紐が切れても交換できない点ですね( ー_ー)

ローカットモデルとミッドカットモデルのTERREX FAST X MID GTXのどちらにするかで相当迷いましたが、軽さと歩きやすさと快適さを重視してこちらにしました。



サイズは、販売店のHPの説明に

『足入れ:(同ブランド製品比較で)やや小さめ。
※幅広・甲高のお客様は0.5cmUPをおすすめします。』
とあったので、素直にワンサイズ上げて28.0cmを選びました。

しかし実際に履いてみると、確かに足入れは狭いのですが、足先には0.5cmアップしたなりの余裕があります。
簡単に言うと「細長い」つくりであるということです。


参考までに私は、

●コンバースオールスター…通常27.5cmで、素材と個体差によっては27.0cm
●VANSのスリッポン…右足27.5cm、左足27.0cmがジャストで27.0cmを選択
●オールデンALDENのコインローファー…8D
●クロケットジョーンズCROCKETT&JONESのオードリーAUDLEY…7.5E

を履いています。
(※スポーツシューズと仕事用の革靴はフィット感を重視して普通の男性よりきつめを選んでいるかもしれません)

サイズ感の好みは人それぞれでしょうが、個人的にはワンサイズアップせず、窮屈な甲回りは履いて馴染ませる方向で良かったのかなーと少し後悔しました。
(27.5cmを履いていないので正確な判断はつきません)


--------------


<インプレッション>
(2012/10/21更新)


この靴を履いて、ニセコアンヌプリ(7合目から頂上)と定山渓の小天狗岳を登りました。

グリップ性能は思った通り良好です。
どちらの山も前日に雨が降り、半マディコンディションでしたが、コントロールできなくなるほど滑るようなことはなく、スニーカーに比べれば天と地ほどの違い、抜群の安心感がありました(゚‐^)b


しかしサイズ感はやはり良くない…
特に下りで、足先が遊ぶのが気になります。
靴の中で足がずれ動く感じです。

また、蹴り出した時のつま先の折れる位置が微妙に(それこそ0.5cmくらい)先の方に寄っていて、親指の付け根でしっかりと荷重を掛けられません
やはり甲高の人には合わないようですね。


GORE-TEX素材のアッパーは撥水性能が高く、泥汚れも落ちやすい(これ重要!)ですし、なんといっても蒸れにくい(これも重要!笑)
スピードレーシングシステムも脱ぎ履きが楽で大変便利と、デザインと機能は私には言うこと無しなんですけどねぇ。

同シリーズの最上位モデルTERREX FAST R GTXは日本人の足型を意識した新型のラスト(木型)を採用しているらしいので、実物の試着が可能な環境にある方はRの方も選択肢に入れて検討されることをお勧めします(゚‐^)

TERREX FAST R GTX


--------------


<2014年11月22日追記>

あれから2年間、富士山を含め10数回軽登山に使用後の状態をレポートします。

なお、当記事にコメントをいただいたいておりますが、この記事の趣旨は「アウトドアシューズ(?)とスニーカーを(街履きで)比較する」ことではありませんので悪しからずご了承くださいm(_ _)m

お伝えしたいのは、あくまでも「たとえ軽登山でも、スニーカーよりアウトドアシューズ(?)の方が断然良い」ということです。
言葉足らずで申し訳ありません^^;


さて、ソールの状態は…

TERREX FAST X GTX/ソールの状態

初回(1回使用時)↓と比べて、少し減った感はありますが、

TERREX FAST X GTX/ソールの状態(1回使用時)
(1回使用時のソールの状態)

明らかなグリップ力の低下などは見られません。

TERREX FAST X GTX/ソールのブロックの状態

ソールの素材が柔らかいのはその通りです。
さすがにブロックの角は少し減ったかな(^^;)

TERREX FAST X GTX/ソールのブロックの状態(拡大)

ただ、懸念していたブロックの破損などは今のところありません。
ソールのゴムが柔らかいので、土の上でのグリップ力もそこそこあります。

ヒールもあまり減っていません。

TERREX FAST X GTX/ヒールの状態

基本的に、土の上で使用しているので当然といえば当然ですが…。

ミッドソールも皺や傷は見られますが、コメントをいただいた九州男児さんがおっしゃるほどボロボロにはなっておらず、
(売り物の商品に傷をつけるのはやめましょう)

TERREX FAST X GTX/ミッドソールの状態

クッション性も今のところは十分に保たれています。

TERREX FAST X GTX/ミッドソールの状態

当初は幅が狭いと感じていたこの靴ですが、さすがに使い込むことで少し広がってきました。
使い始め or 馴染んだ後のどちらを優先するか、それはイコール「その靴をどこまで使い込むか」にかかってきますね。

つま先はコメントされている通り、すぐに傷が付きますが、アウトドアシューズ?をアウトドアで使った後としては通常のレベルかなと。

TERREX FAST X GTX

それよりも何よりも、ゴアテックス素材のアッパーがいいですね!
水もはじきますし、汚れにくい(汚れが落ちやすい)です。

値段については、定価の16,800円は確かに高いと感じます。
登山靴なら、おしゃれでそこそこ機能性もあるコロンビアのカラサワ2オムニテックがセールで13,000円くらいで買えてしまいます(゚Д゚|||)ガーン
ちなみに私は1万円ちょっとでこの靴を購入しましたが、特に後悔はしていません(笑)
(たまにハイカットの方が良かったかな~と思うことはあります ^^;)

ミッドソール話ついでに言うと、ウレタン製のミッドソールが加水分解でボロボロになって剥がれ落ちるというニューバランスの2、3万円もするスニーカー(ランニングシューズ)も、個人的にはどうなんだろうと思います(^^;)
注:NBのブランドがどうというわけではなく、なぜポリウレタンという素材にこだわるのかという疑問です


 
スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

[2012/10/25 22:35] | 登山 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
小天狗岳登山~定山渓ダムコースを行く
2012年10月21日、定山渓の小天狗岳に登りました。

初めて挑戦する私たちは、定番の定山渓ダムコースを選択。



ダム下園地の高台にある「定山渓ダム資料館」横が入口です。

小天狗岳は標高765mの小山で、小天狗ということは大天狗もあるのか?とつっこみたくなりますが、実際あります(笑)
まあ、「大」ではなく普通に天狗岳(地図上の表記は天狗山)なんですけど(^^;)、天狗と名の付く山に共通する岩山・鋭い山容というのは一緒です。
位置関係からして、手前の小天狗岳と、その奥にどっしり居座る親分的な天狗山(標高1,145m)、といったところでしょうか。


--------------


ダムに向かう道の途中に、有名な紅葉スポットの「時雨橋」と「紅葉橋」の2本の橋があります。


こちらは時雨橋からの眺め。

時雨橋
E-M5/ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ただ今紅葉真っ盛り!
と、冬真っ盛りのこの時期に相変わらず季節感ゼロの写真で大変恐縮です(-_-;)


後ろを向けば、

時雨橋
E-M5/ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

媒体やらブログやらでよく見かける風景。
超定番の撮影スポットでした(^^;)

この先にもう一つの名所、その名も「紅葉橋」がありますが、紅葉の美しさ、画の良さでは時雨橋のほうが上でしょう。



定山渓ダム下流園地の無料駐車場を利用します。

定山渓ダム資料館駐車場から望む山々の紅葉
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

こちらは開門時間が9時00~17時00分となっていますので、ご注意ください。
特に17時の閉門に遅れると車を出せなくなりますので、必ず17時までには下山して出発するようにしましょう。


ちょうどダムの放水が行われているところでした。

定山渓ダム放水
E-M5/ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ものすごい迫力( ̄ロ ̄;)

ダム本体も初めて目の前にしましたが、いや、立派なものですね。

定山渓ダム
E-M5/ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 by リーニュクレール

真下に立つと、その大きさが際立って感じられます。
さっぽろ湖の全水量を、この人工建造物で受け止めているのですから驚きです。

さて、遅くならないうちに登り始めましょう。



入山者名簿は…一応記入した方がいいのかな?

小天狗岳入口入山者名簿

平均所要時間は登り90分、下山50分とのことです。

小天狗岳登山口

11時22分、小天狗山登山開始!


途中、大木の倒木に行く手を阻まれたり、

巨大な倒木

管理人の天敵である”漆”に囲まれたりしながらも先に進みます。

漆…
(私にとっては天敵ですが、一般的には秋の山に彩りを添える名脇役ですね)

天狗山の名にそぐわず、全般的に傾斜はかなり急です。
加えて、前日に振った雨で登山道は極度にぬかるんでおり、登坂は一苦労でした。

低い山と甘く見ていました(_ _ )
とりあえずマディに強いアディダスのTERREX FAST X GTXを履いてきて良かったです(^^)


感覚的に半分くらい登ったところで、第一のビューポイントに到着。

さっぽろ湖が望めます。

さっぽろ湖と紅葉
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(それほど視界は開けておらず、望遠で切り取っています)

紅葉が美しい!
いい時期に来ることができました(^‐^)


後半は、急な階段の上りが続きます。

かなり急な登りで階段が多い

土が柔らかいので階段は大変助かります。

ただ、階段構造は支えている木の板が朽ちて一部消失しており、その板を支えるために打ち込まれていた鉄の棒だけが残ってむき出しになっているのが非常に危険。
転んで刺さりでもしたら、単なる怪我では済まないでしょう。
登山者は十分に気を付けてください。


山頂手前で第二のビューポイント出現。

頂上手前のビューポイント
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

小樽内川が温泉街に流れ込む様子が一望できます。
いい景色(^‐^)


頂上手前で分かれ道に出くわしますが、こちらは話によるとさっぽろ湖畔の林道に繋がっているそうです。
ただ道はかなり荒れているらしく、軽登山者やハイカーは立ち入らないのが賢明でしょう。



12時40分、山頂に到着!
所要時間は1時間20分でした。
道のコンディションも悪く、写真を撮りながらゆっくり上ってきたのでこんなものでしょう。

山頂に到着!

荒れ放題の山頂…。

期待していた山頂からの眺望も…木々に遮られて見通しが利きません。
第二のビューポイントからの景色の方がよっぽど良かったです(^^;)

周辺の山地図

周囲の高い山はぎりぎり見えるので、設置されている円盤状の山地図で確認してみてください(゚‐^)


寒いし暗いし、時間もあまりないので、撮影もそこそこにすぐに下山を開始しました。

やはり頂上手前のビューポイントからの景色がいいです(^^)

さっぽろ湖
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

しかし写真の方は、木の葉のテクスチャがほとんど潰れていて塗り絵状態。
ISO400でここまでベタ塗になるものか?と思い調べてみると、OM-Dの高感度ノイズ低減はなんと、最低感度のISO200からでも効いてしまうのだとか( ゚Д゚)

これはメーカーの仕様で、設定の変更もできないようです。
解像度を重視するなら、撮って出しのjpeg画像を使うならノイズリダクションを切って撮影する、RAW現像するならOLYMPUS Viewer 2のNRをOFFにして現像しましょう。


13時50分、下山完了!
滑って転ばぬよう、ゆっくり下りてきたので、帰りも1時間以上かかってしまいました(-_-;)


ダム資料館にトイレがてらちょっとだけ寄りました。

資料館前庭の真っ赤なカエデ。

定山渓ダム資料館前の紅葉

紅葉の色づきがイマイチな今年は、「木を見て森を見ず」がむしろ正解?


お腹が空いたぁ~。
かなり遅くなりましたけど、お昼ご飯にしましょう。

定山渓温泉と言えば…

定山渓大橋からの眺望
(豊平峡に向かう途中、定山渓大橋から撮影)

豊平峡温泉の「ONSEN食堂」ですね。

ただ、紅葉時期の豊平峡の渋滞は殺人的。
この時間帯なら行きはスイスイ、帰りは…(-_-lll)


 




テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

[2012/10/21 23:45] | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
CHUMSチャムス/ベアベル(熊鈴)
突然ですが私最近、山登りにはまっております。

今年の3月に藻岩山にロープウェーで登って以来、今度は自分の足でこの山に登り、野生のリス(もーりす?)を撮影してみたいと思っていました。

計画を実行に移したのは9月、当初はリス8割、登山2割くらいの気持ちで臨みましたが、いざ登ってみるとこれがなかなか楽しい(笑)
美しい景色にきれいな空気、頂上まで登り切ったときの達成感と心地よい疲労感。
もちろん写真のネタも豊富ですし、座り仕事で弱りきった足腰を鍛えることもできる…などなど、私にとっては一石三鳥、四鳥もある趣味になりそうです。


--------------


しかし今年9月と言えば、ちょうど札幌でクマ出没騒動が起こっていた時期。
藻岩山はまさにその渦中にあり、早々に入山禁止措置が取られていました。

そして私たちの登山予定日は、その禁止措置が解除される予定日の翌日 ヽ(`Д´)ノ
気休め程度にはなるだろうと、熊除けの鈴を用意することにしました。



べアーベルはアウトドア雑誌で見たチャムスのベルがかわいくて、市内のスポーツショップ等を探して回りましたがどこにも置いていません。

ネットショップでは取り扱いがあるものの、735円の商品に800円の送料では割に合いませんね(^^;)

で、困ったときの某Y!オークション。
本体税込700円+定形外郵送料140円で新品を販売しているストアがあったので、こちらに決めました。

チャムスCHUMS/ベアベルBearBell

色はトレッキングシューズの青に合わせてブルー(ターコイズ)を選択。

チャムスCHUMS/ベアーベルBearBell

ピンクもかわいいですね。


マグネットが内蔵されているベルトをこのように伸ばして…

チャムスCHUMS/ベアーベルBearBell

チャムスCHUMS/ベアベルBearBell

中の金属製のボールを引きつけることで、鈴を無音または静音にすることができます。


バッグに装着した様子…

チャムスCHUMS/ベアベルBearBell

登るときの体の動かし方によっては、バッグに付けてもあまり音が出ないことがあります。
その場合は、パンツのベルトループなどに装着すると良いでしょう。

音量は、店頭で聴いた他ブランドの物よりも控えめに感じましたが、もちろんキーホルダーに付けるような通常サイズの鈴とは比べるべくもありません。
街中では迷惑にならないように、マグネットで固定しておきましょう(゚‐^)

 

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

[2012/10/19 23:06] | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。