スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ファームレストラン ハーベスト (夕張郡長沼町)
札幌から国道274号線を夕張方向に進み、北広島市共栄を過ぎて千歳川橋を渡り長沼町に入ったところにある分岐(ローソンとシェル石油とアイス屋が目印)の左のわき道がハーベストさんへの近道です。
不安な方はそのまま274号線を進み、国道337号線を左に入ってひたすら真っ直ぐ進みましょう(※国道337号線は途中で45号に切り替わります)。

ただお店は、国道45号線からさらに脇道に入ったところにありまして……以前、その近くにある長沼クレスさんを訪れた際にみつけた唯一の目印の案内看板が、今日はなぜか見当たりません。

それらしき道の脇をふと見ると、看板が外されたような形跡があるので、おそらくここにあったのが…?(゚Д゚ )

harvest_01t.jpg

ちなみに今は、この「長沼スキー場」の看板が目印です。


脇道に入り、ひたすら続く農園風景を眺めながら坂を上っていくと、お店はありました。

harvest_02t.jpg

4年の歳月をかけて、手作り(!)で建てられた素敵なログハウスです。

harvest_04t.jpg

こんな畑作地帯ににぽつんと建つお店にもかかわらず(失礼)、ものすごい数の客です!
店の前の広い駐車場も、車で一杯でした。

休日の14時過ぎにうかがった私達は、40分待ちでした(-_-;)


それでも待ち時間は、レストランの横に併設されている「ファームスウィーツショップハーベスト」でお菓子や雑貨を見たり、

harvest_05t.jpg

店の裏側から見える素敵な風景を写真に収めたりするなどして、

harvest_06t.jpg

有意義に過ごせました(^^)

harvest_07t.jpg

受付時に渡されたベルが鳴り、ようやく入店です!


手づくりログの店内は木の温もりが伝わり、大変落ち着ける空間です(^‐^)

harvest_12t.jpg

この広いお店(2階もあります!)を手作りで建てるとは…大変だったでしょうね(-_-;)


お腹が空いたので、早速注文。
いももち大好きの私は迷わず農園ポテトセット1,100円、

harvest_08t.jpg

ハンバーグが好きな相方は、ハンバーグセット…

harvest_09t.jpg

大(!)1,300円を注文しました。
(記憶では確か…ハンバーグ大が150gで小が80g?だったと思います。150gといえば、びっくりドンキーのレギュラーサイズと同じですから、大きすぎることもないかもしれません)

パン(3種類の中から2つ)orライス、および…

harvest_15t.jpg

食後のホットコーヒーor仲野農園果汁100%りんごジュースはそれぞれどちらか好きな方を選ぶことができます。


お味のほうは…やっぱりいもだんご最高!(^^)/

しかし、それよりも気に入ったのがクリームコロッケです。
ジャガイモ感がしっかり残る風味と食感、生クリーム?の濃厚なコクとまろやかさは、今までのクリームコロッケの概念を覆すものでした。

ハンバーグは、おいしいですがまあ普通の味かなと。
パンは全粒粉クルミパンが良かったです。

果汁100%りんごジュースは程よい酸味があって私好み。
こちらも大変おいしくいただきました(^^)


食事は美味しいし、農園風景も素晴らしい。
遠くから足を運ぶ価値は十二分にあると思います。
待つのが嫌いな方は、昼12時前か、夕方16時過ぎを狙って来店されるといいと思います。


店舗カード(って、案内状みたいな大きさですが)もいただいてきました。

harvest_10t.jpg

harvest_11t.jpg

長沼・由仁方面には他にも、超有名店の「牛小屋のアイス」さんや、おにぎりがおいしい「あぜっこ」さんなど、管理人お勧めのお店がいくつかあるので、ドライブルートに含めてはしごしてみてください(^^)



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ファームレストラン ハーベスト
 北海道夕張郡長沼町東4線北13号
 営業時間:11:00-21:00(20:00LO)※12~2月は営業時間が変わります
 定休日:毎週木曜日、第1・第3水曜日
 http://n-harvest.net/index.html
__________________________________



スポンサーサイト

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

[2011/09/25 23:03] | 食べ歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
百合が原公園のダリアが見頃を迎える
アガヴェ・パラサナを鑑賞した後、見頃を迎えているとの情報を得たダリア園のダリアを、小雨降る中偵察してきました。


まだ蕾の花が目立ち、全体的には6~7分咲きといったところでしょうか。

E-P3/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.
yurigaharapark2_12t.jpg

しかし…雨に濡れた花びらや葉のみずみずしさ、葉の深い緑と花の鮮やかな発色の対比…とにかく美しい!
見頃のピークはまだ先でも、撮り時はまさに今日の今ですね。

センスの無い私でさえ疑う余地なく「良い」と感じるほどの素晴らしいシチュエーション。
防水機能など当然備わっていないPEN E-P3+ライカマクロ&パナ20mmパンケーキレンズを取り出し、雨の中撮りまくってしまいました(^^;)


この鮮やかなショッキングピンクと蕊の黄色の発色の良さ(^o^)

E-P3/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.
yurigaharapark2_02t.jpg

雨に打たれて落ちた蕊の破片が花びらに付いていることに気付かなかったのが残念( -_-)
撮影中は構図と背景処理ばかりに気を取られていました。


雨降りですが空は薄曇りで、ほどよく柔らかい光が花びらを優しく包み込んでいます。

E-P3/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.
yurigaharapark2_03t.jpg

薄曇り、小雨…花の撮影には最高です!(笑)
晴ればかりが撮影日和ではないということを、改めて実感しました(^‐^)


いったん休憩、

E-P3/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH. by Picture Mode "Pin Hole"
yurigaharapark2_06t.jpg

E-P3内臓のアートフィルター「トイカメラ」で夏の終わり?を演出してみました(^^)


どうしても赤い花ばかり撮ってしまいます…

E-P3/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.
yurigaharapark2_08t.jpg

赤い花が、しっとり濡れた質感が最も良く映える(分かりやすい)からなんですが(^^;)


うーん、瑞々しすぎて食べてしまいたいほどです(笑)

E-P3/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.
yurigaharapark2_07t.jpg

雨がちょっと強くなってきたぁ( ̄ロ ̄;)


さらに日も暮れかけて、寒くなってきたので今日のところはこの辺で退散することにしました。

こんなにいいシチュエーションを目の前にしながら、大した写真が撮れない自分のセンス・腕の無さが本当にもどかしい…
センスは天性のものだとしても、せめて腕前だけは上げられるように今後も日々鍛錬しようと心に誓った一日でした。
もし時間があれば、来週もう一度撮りに来たいです(^^)


帰り際にキバナコスモスの群生を見つけました。

アートフィルターの「クロスプロセス」に+フレーム効果「ピンホール」を組み合わせると…

E-P3/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH. by Picture Mode "Cross Process(add Pin-Hole Effect)"
yurigaharapark2_11t.jpg

緑の彩度が上がり、少しベタ塗りっぽくなったことで、ちょっと懐かし系?の作風になりました。
この場合、もう少し露出を上げて多少オーバー気味にすると、よりそれっぽい写真になると思います。

ただ、いかにも2つのデジタル効果を組み合わせました的な画作りで、本物のトイカメラ+クロスプロセス現像したフィルムの発色を知っている方には不自然な写真に見えることでしょう。
こだわる方はデジタルデータでも、PHOTOSHOPなどを使って自分で現像処理されるのでしょうね。


関連記事:「50年に一度しか咲かない花~アガヴェ・パラサナ (百合が原公園)」


テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

[2011/09/20 23:16] | 百合が原公園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
50年に一度しか咲かない花~アガヴェ・パラサナ (百合が原公園)
札幌市東区にある百合ヶ原公園に「50年に一度しか咲かない花」を見に行ってきました。

yurigaharapark1_02t.jpg

今日はあいにくの小雨ですが、花が公開されているのは温室のため、快適に観察することができます(^^)

yurigaharapark2_13t.jpg

入館する前に、入り口前の花壇で1枚。

E-P3/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH. by Picture Mode "Pin Hole"
yurigaharapark1_03t.jpg

外で撮影ができず悶々としている私とは対照的に、植物も虫も生き生きとしています。



入場料130円を支払い温室に入ると…「秋の洋ラン展」も開催されていて、雨にもかかわらず多くの人で賑っていました。


こちらはランではなく、彼岸花(^^;)

E-P3/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH. by Picture Mode "Pin Hole"
yurigaharapark1_04t.jpg

まるで花火のようです。


そして…「50年に一度しか咲かない花」とご対面!

E-P3/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.
yurigaharapark1_05t.jpg

その名を「アガヴェ・パラサナ(Agave Parrasana)」、園芸名「雷光」と呼ばれるリュウゼツラン科の多肉植物で、生長が非常に遅いことに加えて、一度花を咲かせるとその株は枯れてしまうため、自然環境下で人の目に触れることはほとんど無いそうです。

以前、7年に一度しか咲かない「スマトラオオコンニャク」の開花のニュースを見て驚きましたが、50年とは桁違いですね(゚Д゚ )

スマトラオオコンニャクといえば、ラフレシアのような巨大な花弁(※)に、世界一臭いと言われる腐臭を発する異形怪奇な花が有名ですが、こちらのアガヴェ・パラサナはそれに比べればいたって普通の見た目です。
※正確には「苞」と呼ばれる葉の一種であり花びらではない

E-P3/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.
yurigaharapark1_06t.jpg

ここから更に花びらが広がるのかな?と思ったら、これで全開らしいです。


それでも、株全体を遠巻きに見てみると、

yurigaharapark1_07t.jpg

なかなか変わった風貌をしています(^^;)
(ピントを思いっきり外した見づらい写真ですみません)



温室にはアガヴェ以外にもヒマワリやコスモス、チョウセンアサガオの花などが咲いていました。

天気が悪い時は、温室で花を撮影するのもいいですね(^^)


咲きかけの蓮の花。

E-P3/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.
yurigaharapark1_14t.jpg

中央の蘂にピントを合わせようとしても、奥に潜り込んだ対象物にAFをピンポイントで合わせるのは、旧モデルよりも細分化されたE-P3のAFターゲット枠をもってしても難しいです。

E-P3の新機能の拡大AF枠を使うか、MFアシストをONにしてマニュアルで撮るべきでした。


こちらはハイビスカス?

E-P3/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH. by Picture Mode "Pin Hole"
yurigaharapark1_10t.jpg

高い位置にある花を、背伸びをして背面液晶を見ながら撮りましたが、ほぼ90度下からの角度でも、液晶の像がはっきりと見えました!
E-P3の有機ELモニタにこんな隠れた(?)利点があったとは(^^;)
まだまだこのE-P3を使いこなせていません。


ダリア園での撮影に続く… 

続きを読む

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

[2011/09/20 20:13] | 百合が原公園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。