簡易防湿庫に防カビ剤 (フジカラー/カビ防止剤)
未だ購入に至らずにいる撮影機材用の防カビ剤。
「カビ対策は大事!」などと吹聴している本人がそれを怠っているなんてお恥ずかしい話です。
ここらで一念発起(?)、防カビ剤を買うため、カメラのキタムラに足を運びました。



防カビ剤で最もメジャーな製品はおそらく、ハクバの防カビ・防湿剤「(ジャンボ)カビストッパー」でしょう。

fungicide_10.jpg

ちなみに防カビ効果のみなら、同じくハクバのレンズ専用防カビ剤「レンズがカビない君」や「フレンズ」

fungicide_12.jpg

なんてものもあります。
(この二つの商品の内容量以外の違いは不明です)


しかし私が選んだのは、この製品…

fungicide_01.jpg

フジカラーの、その名も「カビ防止剤」です!
(…本当にそのままやね)

なぜこれに決めたかというと、まず第一に値段が安かったから(笑)
5袋入りで180円也。

あとは、私が使っている収納ボックスが容量5L程度と小さく、大容量の防カビ剤は使い切れないこと(※他のどの製品も効力の持続期間は概ね製品開封後1年とされています)、そして「北里研究所の発明による」の謳い文句に乗せられたから、です(^^;)

しかし購入後、中の説明書を読んで愕然としました…。

fungicide_07t.jpg

外からは見えない位置に、

「シリカゲル以外の薬剤との併用は避けてください」

との一文が!?


私が現在乾燥剤として使用している「ふとん用除湿剤」の主成分は塩化カルシウムです。
要はこれらの除湿剤との併用を避けよ、ということでしょうか。

併用することで実際に弊害が生じるかどうか、またどのような害を及ぼすかは不明ですが、数百円程度のコストをケチるために、高価なレンズを賭けて、敢えて博打をする必要性は微塵もありません。
素直に除湿剤をシリカゲルに変えるか、カビ防止剤を買い換えるかのどちらかにすべきでしょう。


防湿材を買い換えるくらいなら、フジカラーの「カビ防止剤」はあきらめて、ハクバの防カビ・防湿剤「(ジャンボ)カビストッパー」一本にするのが手っ取り早い気がします。

ところがこの「(ジャンボ)カビストッパー」、成分は[酸化カルシウム(生石灰)90%、活性炭10%]となっています。

生石灰(CaO)の吸湿の反応式は

CaO+H2O → Ca(OH)2

であり、生成するCa(OH))2=水酸化カルシウム(消石灰)には確かに抗菌作用があると言われています。

しかし、水酸化カルシウムの抗菌作用は水に溶けて溶液のPHを上げる=強アルカリにすることにより発揮されるので、袋に閉じ込められた半固体の水酸化カルシウムに、庫内全体の空気を殺菌する効果があるかは個人的には疑問です。
(少なくともまだ水を吸っていない個体のCaOには殺菌作用は無いはずです)

付随的な効果ではなく、それ自体が薬効的な防カビ効果を有するのはおそらく、レンズ専用防カビ剤「レンズがカビない君」「フレンズ」の方でしょう。


というわけで、これから除湿剤と防カビ剤の購入しようと考えている方には、

・ハクバの防カビ・防湿剤「カビストッパー」(定価420円)+レンズ専用防カビ剤「フレンズ」(定価735円)

もしくは

・シリカゲル系乾燥剤+フジカラー「カビ防止剤」

の併用をお勧めします(^^)



このフジカラー「カビ防止剤」は、効力の有効範囲が薬剤から半径10cmの球空間と狭いので、私の小さなドライボックスでも2袋必要になります。

fungicide_06.jpg

※上画像ではポーチに入れっぱなしのレンズがありますが、保管袋から出しておいた方が効果は上がると思います。(単純に通気性の観点からも、ポーチから出しておいた方が良いと思われます)


中の薬剤は中粒状でサラサラしており、それこそシリカゲルのような様態です。

fungicide_02.jpg

実際、今ボックスに入っている吸湿力が落ちたふとん用除湿剤(主成分は塩化カルシウム)を取り出して、このカビ防止剤を入れておいたところ、湿度が5%程下がりました。(誤差の範囲かもしれません)

しかし除湿はメインの機能では無いので、横着せずシリカゲルタイプの除湿剤と併用した方がいいと思います。


簡易防湿庫の導入、および冬期における除湿剤の効果とその必要性についてについても併せてどうぞ(^^)



 <追記>

ふとん用除湿剤(塩化カルシウム)の吸湿反応は、

CaCl2+aq → CaCl2・6H2O+熱

で表され、反応時に構成元素の塩素やカルシウムの化合物が生じることはなく、また塩化カルシウム自体化学的に安定しており、自然状態で吸湿反応以外の化学変化を起こすことは極めて稀であると言われています。

また、塩化カルシウムから直接塩素等を発生させる化学反応には数百度の高熱が必要になるため、塩化カルシウムを使用した吸湿剤からの水以外の物質の出入りは実質、無いに等しいと考えても良いでしょう。

ということは、これらの吸湿剤が外界に及ぼす影響は、化学的にはシリカゲルと同一視できる=フジカラー「カビ防止剤」との併用も可能である、と思うのですが…いかがでしょうか(^^;)


なんて、私は化学者でもメーカーの研究員でもないので真実は分かりません。
塩化カルシウムだけでなく、潮解した塩化カルシウムを受け止める「保持剤」の影響も考慮する必要があるかもしれません。
お試しになる方は、各人の責任において行ってください。


この製品、『北里研究所が研究開発した成分を三愛石油株式会社が薬剤として製品化し、それを天龍工業株式会社がフジカラーイメージングのライセンスを取得して商品化し一般販売している』というややこしい経緯があるからか、いくら探しても製品の説明を記載しているHPが見当たりません。

直接問い合わせてみるのが一番手っ取り早いと思い、説明書を見ると「製造元:三愛石油株式会社」となっており、「この商品に関するお問い合わせ等に…上記製造元までご連絡ください。」とあります。

三愛石油株式会社のHPの問い合わせフォームは企業向けのものしかないため、個人の消費者は平日に直接電話で問い合わせるしかなさそうです。


…って180円の製品にそこまではしないでしょう(笑)
選択肢としては乾燥剤をシリカゲルにするか、カビ防止剤を他社の素性が知れている商品に買い直すかのどちらかですね(^^;)
 
  
関連記事:
 ○ GF1本体とレンズの保管に防湿庫が欲しい
 ○ 冬期間のカビへの配慮~防湿剤の効果とその必要性について
 ○ ハクバ/ドライボックスNEO 5.5L (お手入れ・保管パーフェクトBOX)
 ○ 東洋リビングの防湿庫「オートクリーンドライ ED-80CDB」を導入

 
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2011/01/29 09:22] | その他撮影用品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
冬の北海道大学構内
12月は「雪不足」とまで言われた札幌にも、ついに大雪がヽ(`Д ´ )ノ ウワァァァァン
雪が降って何が困るかというと、とにかく通勤がツラい!
渋滞に巻き込まれる日々がまた始まるのですね…(;_;)

スキーをやらない私にとっては邪魔者でしかない雪。
前向きに活用する術といえば…やはり写真撮影しかありません(^^;)

というわけで、前回キャンセルした北海道大学構内の撮影に行ってきました(^^)



今回も自家用車で向かいます。
もちろん大学構内には、通行許可証が無ければ入構することはできません。

前回は北大近くのTIMESに駐車しましたが、実は北大病院の駐車場に停める方が近いし料金も幾分安くなるようです。
ただし、ここはあくまでも病院の駐車場ですから、一般客の駐車もOKとはいえ、基本的には受診またはお見舞い目的で訪問された方が優先されるべきです。
特に平日は利用者が大変多いので、混み合っている時は付近の私営駐車場を利用するのがマナーかと思います。
今日は休日で空いていたのでゴメンなさい、ということで(-人-)

駐車場からそのまま北13条門に出て、構内に入ります。



いや、休日にもかかわらず通りにはたくさんの学生や先生方の姿が。
さすが理系学部もある総合大学ですね。

さて、13条門といえば、銀杏並木。

GF1/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.
hokudai-winter_01.jpg

さすがに葉は全て落ちてしまっていますが、枯れ木の並木にはまた別の風情があります。



続いて歯学部の向かいの、未踏の原っぱを撮影。

GF1/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
hokudai-winter_09t.jpg

綺麗な雪面に映った木の影が良い感じでした。

うーん、さすがLumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.。
コントラストも高く、解像感も素晴らしいですね。

惜しむらくは重く大きくて機動性に欠ける点と価格が…。
直接のライバルとなる、オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm f4.0-5.6が非常にコンパクトに設計されているため余計に際立ちます。

オリンパスとパナソニックレンズ全般を通しての大きな違いは、レンズ内手振れ補正機能の有無ですが、パナの7-14mmにも手振れ補正機能は付いていないため、GF1・GF2等のGシリーズユーザーの方も敢えてパナ7-14mmにこだわる必要はありません。
(※基本的に超広角レンズは手ブレが起こりづらいので、補正機能が無くてもそれほど問題にはなりません。望遠レンズの拡大倍率が大きくなればなるほど手ブレが起こり易くなることの逆と考えていただければ分りやすいかと。)

ですから、各人の予算や用途により選んでいただいてOKだと思います。



続いてポプラ並木のほうに足を運びます。

高齢化が進んだポプラの木々は、台風等で倒壊したものもあり、歯抜けになってしまった今では並木とはちょっと言えない状態です。

そして綺麗かな?と期待していた農場も…

GF1/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
hokudai-winter_04t.jpg

あまりにシンプルすぎて…言ってしまえばただのだだっ広い原っぱです(笑)



気を取り直して、旧理学部前へ。

ポプラの古木と旧理学部(現博物館)。

GF1/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
hokudai-winter_05t.jpg

直径1m以上はあろうポプラの大木の迫力に圧倒されました。

なお、旧理学部正面入り口には、相変わらず例の鈴木名誉教授の横断幕が掛かっており、そちら側からの撮影は断念しました(-_-;)



2時間ほど撮影したところで寒さに耐えられなくなり、中央食堂へと避難します。
昼食もまだだったので、○年?ぶりに学食というものを食してみることに。

メニューはバリエーションに富んでいます(^o^)
カフェテリア方式(あらかじめ並べられていたり、その場で注文したりしたものを事由に選びトレーに載せ、最後にレジで清算する方式)で、写真に写っている以外にも様々なメニューがありました。
学生受けするものばかりでなく、ちゃんと栄養なども考えられたレパートリーになっている感があります。

hokudai-winter_06t.jpg

ちなみに右下にちょろっと見えているのは、少し前に話題になった「牛トロ丼」(450円)です。
食べると最後の方はちょっとくどくなるんですが、分っていても時々無性に食べたくなるんですよね~。

で、今日の私のチョイスは、

・ライスS
・豚汁S
・クリームチーズメンチカツ
・オクラとモロヘイヤのおひたし

hokudai-winter_07.jpg

締めて398円也。
温かいお茶もセルフですがサービスです。

うーん、うちの社食にぜひ入って欲しい(笑)

なんと言っても土日も営業しているのが学生には嬉しいですね(^^)
(※日曜日は11:00~15:00の短縮営業となっています。)



お腹も満たされたので、もう一仕事。
工学部横の「大野池」に行ってみましょう。

寒空の下、ミラーレス一眼と思われるカメラで撮影するカメラ女子?を発見。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
hokudai-winter_08.jpg

…雪が積もってしまうと、池なのか何なのかさっぱり分かりません(-_- )
私はたいした写真も撮れないまま退散。



15時も過ぎると日が暮れてきました。
他に目ぼしい被写体も見つからないので、この辺で終わりにします。



最後に銀杏並木を工学部側から。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
hokudai-winter_12t.jpg

うーん、この場面では横構図+もう少し望遠寄りにして圧縮を掛けるのが正解でしょうか。

もっと練習しないとダメですね。



北海道大学構内の紅葉の様子はこちら。


 

テーマ:雪景色 - ジャンル:写真

[2011/01/22 23:12] | 北海道大学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
飛燕[ひえん] (ラーメン/札幌市豊平区中の島)
職場のラーメン好きの上司が薦める塩ラーメンがおいしいお店「飛燕」さんに行ってきました!

環状通側から向かう場合は、環状通⇒中の島通に入り、北海道自動車短期大学を左手に見ながら更に直進し、右手に北海道社会保険病院が見えたらそのすぐ先にお店はあります。

hien_01.jpg

お店の前に、「飛燕」の銘が入った大きな幕が目印です。

駐車場もあるようで(お店の前に『Pあり階段横手前2台』の立て札がありました)、お店がある小さな交差点を右に回り込んだ所に螺旋階段とそれらしき場所があるので多分ここだと思いますが、確認したわけではないので、必ず来店時にお店の人に再度確認してください。



土曜日の夕方6時頃に伺いましたが満席で、少し待ちました。
席数はカウンターが5席、小上がり1、テーブル席が3テーブルほどです。

私達の後は客足もそこそこだったので、並ぶのが好きな人でなければ、ちょうど良いくらいの混み具合だと思います。
(※伺った時がたまたまそうだっただけかもしれません)


塩がおすすめと聞いていたので、私は「鶏塩白湯らーめん」、

hien_02.jpg

相方は「鶏SOBA塩」を注文しました。

hien_03.jpg

どちらも具はシンプルで、チャーシュー、ねぎ、メンマ、のりと、私の好みの具を見透かしたかのようなチョイスで大変好印象です(笑)


麺は中太のほぼストレート麺。
個人的にはコシのある縮れ麺が好きなんですが…って、毎回言ってますね(^^;)


自慢の鶏白湯スープのお味は…

油っぽさは一切無し。
臭みも無し。
少しとろみのあるスープは、まず魚介の香りと味がガツンと来ますが、じっくりと味わっていくと、鶏の旨みやら鰹節?煮干?海老?やらの旨み・甘みが舌に絡みつき、じわーっと沁みてきて、これは素直にうまい!と感じました。

さっぱり系でコクも有りますが、何よりもまず「(畜・海鮮全て含めた)ダシ」の旨みで食べさせるラーメンかなと思います。


ちなみにチャーシューは柔かくて美味しいですが、味付けはちょっと濃いように感じました。
ただ私、最近はどこのラーメン屋に行っても同じ事を感じるので、年を食って薄味になったのかもしれません(^^;)

とにかく、この味付けが今のトレンドなのでしょうね。


しかしこれで化学調味料不使用!とのことですから、スープのベースとなる素材は種類・質・量ともに厳選したものを、相当量投入しているはずです。
下処理も丁寧に行っていることが伺えます。


いや、これは日本人にしか作れない味。

日本のラーメン文化の素晴らしさと、日本人の味覚の豊かさを、この一杯のラーメンが再確認させてくれました(^^)



<あとがき>

鶏SOBA塩を食べていると、山嵐さんに続き、こちらも沖縄で食べたソーキソバが思い出されました。

で、帰宅して調べてみると、なんと山嵐さんで修行されたことのある方が開いたお店だったのですね!(^o^)

山嵐さんとは、見た目も味も異なっているように思いますが、深層部分での「繋がり」が垣間見えたということでしょう(ー_ー)b



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
飛燕(ひえん)
札幌市豊平区中の島1条9丁目4-14(中の島通沿い)
営業時間/11:00~20:00 ※スープ無くなり次第終了
定休日/木曜日
___________________________________


テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

[2011/01/14 23:25] | 食べ歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>