スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
RESTAURANT TAGUCHI JUNICHI HOKKAIDO(レストラン タグチジュンイチ)
<2013年3月5日追記>

久しぶりに訪問しようとしたところ、すでに閉店されてしまったとのこと。
ご夫婦ともにとても感じが良く、私のようなフレンチにおよそ似つかわしくない者にも丁寧に、礼を尽くして対応してくれたのが印象的でした。
料理も十二分に美味しかったですし、非常に残念です。

googleで検索するとトップに来る食べログの評価が酷評で、そういったことも影響したのかもしれませんね。
私は悪い印象は持ちませんでしたが…客商売の辛いところです。
私も昔、飲食業をやっていたのでよく分かります。

お客の99%が満足しても、わざわざ「良い」評価を書き込んでくれるのはそのうちのごくわずか。
ですが、不満な経験は人に話して憂さ晴らししたくなるのが人の性、1%の不満足な客は高い確率で悪い評価を書こうとします。
結果、トータルの満足度にかかわらず、悪い評価だけが突出しているように見えてしまう…。
価格.comの口コミや評価もそうですよね。


またどこかで再起されることを心より願っております。


------------------


<2010年10月24日訪問>

私事ながら数日前に誕生日を迎えまして(^^;)、そのお祝いも兼ねて、ちょっとゴージャスなランチをいただきに「レストラン タグチジュンイチ」さんを訪れました。

taguchi_07.jpg

場所は札幌市中央区北4条西14丁目。
北3条寄りの4条、西15丁目寄りの14丁目にあるビルの1階、雑貨屋さんのお隣にお店はあります。
緑地帯を挟んだ一方通行の道路、通称「ミニ大通」に面しており、窓から見える景色も良さそうです。

taguchi_06.jpg

お店の駐車場が、お店とは違うところに1台分あるらしいのですが、停められるかわからないので、お店のすぐ近く、北5条通りに面した有料駐車場(20分100円?)を利用しました。



ラストオーダー13:15のところ、13:00過ぎに入ったので、お店の特等席で食事をとることができました(^^)

taguchi_08.jpg

フロアはそれほど広くなく、席数は18席とのこと。
席数が少ないので、事前に予約を入れるか、うかがう前に空席の有無の確認したほうが良いと思います。

白熱球の柔らかい光と、さりげないお花や緑の色どりが心地よく、落ち着いた雰囲気の店内です。
アレンジメントは、オーナーシェフ田口純一さんの奥様が手掛けているそうです。

taguchi_15.jpg

たぶん、ホールスタッフを兼ねている素敵な女性がその方かと。

服装は意外にもカジュアルで、本格フレンチのお店ながらもアットホーム?な感じ。
来店するときの格好など、堅苦しいことは考えずにご来店ください、という気持ちの表れかもしれませんね。

昼は2,500円のコースのみ、夜は5,500円のコースとアラカルトというメニュー構成です。


昼のコース、前菜の1品目。

「薄切りにした水タコのソテー、根セロリのフラン」

taguchi_09.jpg

うーん、味は少々濃いめ。
ですが、ふわふわの茶わん蒸しのようなフランの、根セロリの風味がさわやかで、うまく帳尻を合わせています。



前菜2品目、

相方の「真イカのポアレ、クスクス、テトラゴーヌの葉」

taguchi_10.jpg

私はイカ一切れだけもらいましたが、火の通し加減がいい感じ。


私の「メークインのタルト、半天然舞茸のグリル、ニンニク入り手羽先のコンフィ」

※写真ありません(-人-)

は、メークインのタルトが美味しい!
タルトの甘みと、メークインの風味と食感、舞茸とディルの香りがよろしく調和しています。



続いてメイン、

私は「真鱈のポアレ」

taguchi_17.jpg

真鱈は、個人的にはもう少しレアでも良かったかも。
しかし、魚貝から取ったソースが大変美味しい。
温野菜の甘み・うまみを引き立てています。
これに東南アジア料理で使われる香草、こぶみかん(カフェライムリーフ)と合わせるのは斬新でした。


相方の「ビーツのスープ、豚スペアリブのブレゼ」

taguchi_16.jpg

人のものなのに、半分以上私が食べてしまいました(^^;)

一言で表現するなら、ビーツの甘みと、スペアリブのうまみが絶妙なハーモニー!(笑)
付け合わせのリンゴと柚子とフロマージュブランの風味と酸味、とろけるほど柔らかく煮込まれたスペアリブに、パラパラとまぶされたサブレのカリッとした食感など、料理人の高いセンスを感じさせられる一皿でした。

美味しいフレンチとは、繊細なバランス感覚と遊び心から生み出されるものなんですね(^^)



デザートは、

「…」

taguchi_18.jpg

すみません、名前を忘れてしまいました(-_- )

ファーブルトン?生地の甘み、りんごの酸味と香り、キャラメルアイスの苦みにパリパリの食感のアクセント。
デザートにもフレンチならではのこだわりが感じられます。


いや、奥様が料理について色々説明してくださったのに、家に帰って記事を書こうとすると…なかなか思い出せません。
食べ歩きのブログのスペシャリストの方々は、その場でメモをとったりされるようですね。



さらにはコーヒー or エスプレッソ、小菓子。

taguchi_12.jpg

コーヒーは、エスプレッソマシン用に豆1人分をカラフルな容器に詰めたものを数種類、宝石箱のように並べた中から選びます。
女子には嬉しいサービスですね。


小食の私はお腹が一杯に(^^;)
大食の方でなければ十分に満足できるボリュームでしょう。
(写真には収めていませんが、ライ麦パンも付いてきました)

フレンチ激戦区の札幌で、ランチ2,500円というお値段は、それなりのものが期待されるシビアな価格設定だと思いますが、十二分に満足できる内容だったと思います。
何よりも私のような小市民にも入りやすく、そして丁寧に接客してくれる良いお店です。



テーブルチェックで会計を済ませ、お店を出ると、奥様とオーナーシェフの田口純一さんも外に出て見送って下さいました。
たまたま私達がランチの最後の客だったのもあるかと思いますが、おもてなしの心、感謝の気持ちが伝わるサービスと、美味しい料理に大満足!良い時間を過ごすことができました。

品の良い、美味しいフレンチを食べたいが、堅苦しいのや敷居の高いのはちょっと…という方にもお勧めのお店です。(注:ディナーはまた違う雰囲気かもしれません ^^;)

奥様や恋人を連れて、ぜひ一度訪れてみてください。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
RESTAURANT TAGUCHI JUNICHI HOKKAIDO(レストラン タグチジュンイチ)
札幌市中央区北4条西14丁目1-6ライオンズガーデン植物園1F
営業時間:12:00~13:15(ラストオーダー)15:00(クローズ)
18:00~20:15(ラストオーダー)22:30(クローズ)
http://www.taguchijunichi.com/contact/index.htm
___________________________________


 
スポンサーサイト

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

[2010/10/24 19:26] | 食べ歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
秋の滝野すずらん公園
今年3度目の滝野公園訪問(^^;)
秋の滝野でコスモスを撮影してきました。
(※撮影日時は9/20ですが、記事の作成が遅れたため、今日10/23の日付で書き込んでいます)


前回は正面入口から入りましたが、そこは山の斜面に広がる花畑の麓。
登っていくのがおっくうな方は、最初の駐車場をやり過ごし、更に山道を奥に進んだところにもう一つ入り口があって、そこから入場すると、最初から花畑の頂上付近に出ることができます。

GF1/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
takino_park3_39t.jpg

雲は少し多いですが、まずまずの天気です。
今日は先日購入した「PLフィルター」を持参したので、その効果を早速試してみることにします。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
takino_park3_42t.jpg

PLフィルターの効果の検証結果については後ほどアップしますね(^^)

ん?撮られた写真をよく見ると四隅に影が…。
こいつがまさか、いわゆるその、ケ、ケ…ケラレ!?(゚Д゚;)ガガーン

いや、正直なところ撮影時は全く気付きませんでした。
『気付かないわけがない(笑)』などと半分バカにしていた自分が…恥ずかしい(∩∩)

フィルター2枚がけ(MC+PL。ともに広角用ではない)で焦点距離15mm撮影時にケラレました。
当然のことですが、フィルターは撮影状況に応じて面倒くさがらずに毎回交換しましょう。
MCプロテクターといえども透過率は100%ではありません。
枚数が増えればそれだけ光量は少なくなりますし、内面反射によるフレアやゴーストの発生原因にもなります。

またPLフィルターは、たとえ1枚であっても装着するだけで2~4段分シャッター速度が遅く(暗く)なります。
付けっぱなしにせず、不要な時は外すように心がけましょう。



花畑を見下ろすと…あらら、花がまばら。
蕾の状態の花が多く見られます

とりあえず全景撮影。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
takino_park3_48t.jpg

出たぁぁぁ、今度はゴースト!(笑)
こちらもライブビューファインダー(DMW-LVF1)上では気づきませんでした(-_- )

逆光気味に撮影したため、コスモスの花びらに透過光が入ってしまい、花の色合いが悪く、かつ花が浮いているように見えます。
花の形もなんか変…風が強かったのでブレてしまったのかもしれません。
ど真ん中で切っている構図も素人っぽさを助長しています(^^;)
広角の風景写真は本当に難しいです。


苦手な全景撮影は一旦中止し、アップ撮りに切り替え。
透過光を逆に利用してみます。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
takino_park3_21t.jpg

右下に入った近景の花が余計でしたね。


こんどはライカの中望遠マクロレンズを使って、花の密度の比較的高いところを切り出してみます。

GF1/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.
takino_park3_33t.jpg

やっとコスモスらしい色が出ました。



体が冷えてきたので、斜面を上りきったところにある休憩場でホットコーヒーを飲みながら休憩。
その近辺にある花壇には、

takino_park3_23.jpg

チョコレートの香りがする花。
確かにカカオのような香りがします。


名前は分からないが、丁寧に整えられた花壇での一枚。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
takino_park3_24.jpg

Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.でも、そこそこボケてくれます。



斜面の下のほうには黄色やオレンジのコスモスも咲いており、後半はそちらに向かうことにします。

黄色いコスモスの群生を、広角レンズで撮影してみました。

GF1/Lumix G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.
takino_park3_37.jpg

相変わらず雲が多い…と思ったら、筋状の雲と、コスモスの流れる感じとがマッチして、案外良い写真になりました(笑)

オレンジのコスモスを撮った写真は全てボツ。
後半は疲れが出て、集中力を欠いてしまいました。


帰り際に、再びライカマクロレンズを使って、望遠+ボケによるごまかし(手抜き?)撮影で締めくくり。

GF1/LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.
takino_park3_32t.jpg

でも、コスモスの色合いは今日の撮影で一番でした。



テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

[2010/10/23 10:44] | 滝野すずらん公園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
えこりん村(恵庭市)でアルパカを撮影!
森のレストラン Ten-Manでの腹ごしらえを終えて、アルパカ達が待つ「銀河庭園」に入場します。

ここにはアルパカ以外にも、羊やヤギ、ミニチュアポニー、ラマ、犬…など様々な動物がおり、間近で触れ合うことができます。

イベントも、「動物パレード」「ふれあい体験」「ミルクやり体験」「動物たちのおやつタイム 」「牧羊犬ショー」「ディスクドックショー」「羊毛刈りショー」など、内容は日によって異なりますが、各種用意されています。

ただ、入場料大人800円…はちょっと高いかな(^^;)
札幌円山動物園で600円ですからねぇ。
「びっくりドンキー」(※株式会社えこりん村と協力関係(実質支配関係?)にある「アレフ」がフランチャイズ展開するハンバーグレストラン)に割引券が置いてあるらしいので、それを持って行くと良いですね。
私はその事実を後から知ったので利用することはできませんでしたが、今度ドンキーに行った際に、割引率(100円引き?)も併せて確認してきます。
⇒ どうやら最近は置いていないようです(-人-)


天気は残念なことに薄曇りで暗く、マイクロフォーサーズには厳しい撮影条件です。
装着するレンズが望遠レンズでは、余計に早いシャッターが切れません。
そして被写体は、予測不可能な動きをする動物です。
ブレずに撮影できるか非常に不安です。

ISO感度は100を常用していますが、とりあえず200固定でいきます。
望遠撮影時は手振れにも注意しなければいけませんね。



まず最初にヤギのエリアから。

1枚目、片角の無い山羊。
+2/3EV補正していますが、それでもアンダー気味になってしまいました。

GF1/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.
ecorinvillage_01t.jpg

でも、そのおかげで精悍な感じが出たかな?

その他の設定は、ホワイトバランスはオート、測光モードは中央重点測光orスポット測光、ダイレクト1点AF移動、フィルムモードをネイチャーにして撮影しています。


こちらは「どうぶつたちのやつタイム」の一場面。

ecorinvillage_02t.jpg

山羊ってなぜか高いところに上るのが好きなんですよね~。
もともとは山に生息する動物だからでしょうか。



15時からは「アルパカとのふれあい体験」が行われました。

まずは1匹目、絨毯みたいな毛並みが気持ち良さそうですね。

GF1/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.
ecorinvillage_15t.jpg

実際触ってみると、本当にフカフカの絨毯みたいです!
もう少し毛が長いときに来られれば良かったなぁ。

口にくわえている草が◎


2頭目、シュッとした感じ(笑)

GF1/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.
ecorinvillage_17t.jpg

かわいさはイマイチですが、表情が面白い(^^)


3頭目、こちらは眠そうな?表情がかわいいですね。

GF1/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.
ecorinvillage_16t.jpg

と、馬鹿の一つ覚えのように、アルパカのアップのみ3連発。

だって、全身写真は…毛刈りが終わった直後のため、寂しい感じなんです。

ecorinvillage_03t.jpg

それでも良い全身ショットが欲しくて、イベント終了後に放牧されていたアルパカをしばらく狙っていましたが、アルパカに限らず草食動物は、ほとんどの時間を草を食むのに費やしているため、放牧中はずっと下を向きっぱなし。
カメラを構えて待っていても、一向にシャッターチャンスは訪れません。
残り時間も少ないので、泣く泣く諦めました。


その代わり、かどうかは分かりませんが、絶妙?なポーズを提供してくれました。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
ecorinvillage_04t.jpg

グラビアポーズ?
…飽きた??(笑)

とにかくアルパカさん、お疲れ様でした。

ecorinvillage_21t.jpg



次はラマ。

ラマは臆病な性格なのでしょうか、なかなか小屋から出てきてくれません。

ちょうど顔の高さに開いた隙間からチラ見。

GF1/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.
ecorinvillage_05t.jpg

体は大きいですが、表情はとっても優しいですね。

GF1/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.
ecorinvillage_19t.jpg


と、ここまでの写真はほぼ全て、望遠レンズのLUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 MEGA O.I.S.で撮影しました。
気になる色にじみやつぶれなどは起こらず、毛の質感描写もまずまずで、20,000円程度で購入できる35mm版換算400mm望遠レンズとは思えないクオリティです。

ちなみに輪郭が甘いのは、天気が悪くて暗かったのと、撮影者の腕の無さによるところが大きいと思われます(^^;)
もう少し明るい開放絞り値の望遠レンズがラインナップされるといいなぁ。
でも高価でサイズも大きくなるでしょうから、マイクロフォーサーズの意義が薄れてしまいますね。


ISO感度は200でも、気になるノイズが乗ったり、ディティールが潰れるようなことは起きませんでした。
特に本日のように、曇りで薄暗く、早いシャッター切れない場面では、ISO100にこだわる必要性は全くありません。
正式な作品作りに使うのでなければ、400でもOKでしょう。
私レベルなら、ISO100と200の同じ構図の写真を並べられても、ぱっと見では(じっと見でも)区別が付きません(^^;)
せっかくいい構図が決まっても、ブレてしまったら作品として使い物にならないですよね。



天気も時間も限界に近かったので、風景写真はこれ1枚のみ。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
ecorinvillage_07t.jpg

「ローズガーデン」です。

銀河庭園には他にも、世界で最も権威のあるガーデン大会と言われている「チェルシーフラワーショー」で金賞を受賞するなどした、たくさんの素晴らしい庭園があります。
花の写真が撮りたい方も、ガーデニングに興味がある方もぜひ、春から夏にかけての花の時期に訪れてみてください。

もちろん秋は秋で、また違う花が見られるのですが、種類が少なく、少々さびしい感じです。


色鮮やかなダリア。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
ecorinvillage_07t.jpg

名前はわからないが、まるで夕焼けのような花。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
ecorinvillage_07t.jpg

バラ園のバラ。

GF1/Lumix G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
ecorinvillage_07t.jpg

薄いピンクの色合いが素敵でした。


ここまでで時間切れ。
…肝心の羊が撮影できていない!( ̄ロ ̄;)
ミニチュアポニーの写真も、全て下向き&ブレていて使えない( -_-)

また近いうちに訪れてリベンジしたいと思います!



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
えこりん村
北海道恵庭市牧場241-2
営業時間:[4/23~8/31] 9:30~6:00、[9/1~10/31] 10:00~17:00
http://www.ecorinvillage.com/
_______________________________


 

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

[2010/10/02 22:45] | えこりん村 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。