スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
LUMIX DMC-GH2とGF2
GH1の後継機、「LUMIX DMC-GH2」が10月29日に発売されることになりました。

GF1の次期モデル(GF2?)のスペックをも占う重要な存在となるでしょうから、私もその方向性には大変興味がありました。

gh2_01.jpg

しかし詳細を見て…正直少々がっかりです。

まず、画素数
それでなくとも小さい撮像素子を、なぜこれ以上小さくする!?
LX5を、期待を裏切らずに正常進化させてきたパナソニックは良く分かっているなぁと安心していたのですが…土壇場で裏切られました。

大企業からすれば、消費者は「馬鹿で騙されやすい集団」という認識でしょうが、仮に今回と同じ撮像素子がGF2(仮)に投入されるとして、一眼を購入する層が、単純に有効画素数が1200万から1600万に増えたから買いだ!と考えるでしょうか(^^;)

GH1も動画撮影用というよりは、Gシリーズのフラッグシップ機として、動画も静止画もこれを買っておけば間違いない!と考えて買われている方が多いと思います。
そんな肩書きだけのスペックの向上など望んでいないと思います。


一方で、その素子の小ささから他のフォーマットに比べて圧倒的に弱かった高感度撮影能力は一気に進化し、「ISO800で取った画像が今までのISO200で撮った画像のようにスムーズ」になったそうです。
GF1のISO800は、作品作りに耐え得るものではなかったので、これは朗報です。

肝心のセンサーに目新しい技術は導入されていない?センサー上の制御用配線を細くして受光部面積を増やすと同時に、画像処理エンジンとソフトウェアを改良することで高感度化を実現したそうです。
(…画素数がそのままだったら、理論的にはもっと高感度画質を上げられたはずなのに `Д´)

受光部面積の拡大は◎ですね(^^)b
ただ、ソフトウェア処理等は…「超解像技術」なんかを見る限りは、単にフォトショップ等のソフトで上手にシャープネスをかけたのと同じ?だけのような気がして(^^;)、ごまかし・まやかしの域を脱してないと思うのは私だけでしょうか。
これで「自然な描写」「空気感」といった表現力も向上しているのであれば文句はありません。

どちらにしろ高感度撮影能力の比較は、同一条件の下で行わなければ意味が無いので、真の実力の判断は実際に発売された後の新旧比較レポートを見てからになりますね。



背面液晶の画素数は変わらず
NEXの92万画素に対抗してくると思いましたが…。
Gシリーズの流れを考えると、GF1の背面液晶だけが進化する可能は低いと思われます。

まあ今の背面液晶も十分高詳細で色再現性も高く、特に不満は無いのですけどね。
その色再現性をGH2では更に25%も高めてきたそうで、その点は素直に評価できます。



AFの高速化も、0.1秒はかなりすごいですが、0.2秒が0.1秒になっても、少なくとも私の撮影スタイルではそれほど恩恵は無いかと。
0.2秒で十分早いですし、不満は特にありません。
それでも動画撮影に関しては、そのおかげでコンティニュアスAFの精度が上がるなら意味があるのでしょうけど。



あとはタッチパネル3D撮影への対応などの「飛び道具」ばかりが盛り込まれ、肝心の撮像素子等の基本性能の技術革新が無かったのが腹立たしく(`Д´)、そしてそれがそのままGF1次期モデルのコンセプトに継承されることを管理人は恐れているのです。
同シリーズのフラッグシップ機がこれですから、いくら後発になるとはいえ、GF2がこれ以上のものになるとは考えにくい…。

まあGH2は動画機能がメインのカメラですから、GF1とはコンセプトも異なりますし、これらの機能がそのままGF2?に継承されるとは限りませんが。


ただひとつ、タッチパネルとかは本当に止めてください
設計担当が苦労して減らした本体体積と質量をタッチパネルの追加に使うのだけは止めてください。
動画撮影画質のフルHD化や録音音声のステレオ化、ストラップを通すハトメの形状(穴を厚くして!)、デザインではグリップのメッキの縦ラインが不要(LX3⇒LX5のようにして欲しい!)…など、もっと優先してほしい改善要望は他にもたくさんあります。
最低限、LVFの高解像化(144万画素以上)、内蔵フラッシュの強化、マルチアスペクトへの対応、センサーの集光効率の改善(もしくはセンサーそのものの改良・新開発)による高感度化だけは外さずに、お願いいたします。



しかしどんなに高感度画質や解像感を擬似的に上げても、フォーサーズのフォーマットでは、シグマのDPシリーズやソニーのNEXに対抗できないのが現状です。
向こうはAPS-C、ポテンシャルが違います。

もしかすると…静止画中心のGF2?ではセンサーのフォーマットおよび素子そのものを変えてくるかもしれませんね。
実際オリンパスはそうする可能性がある、とのウワサもあったようですし。

一方で、オリジナルフォーサーズの件は…非常に残念です。
フラッグシップ機(E-5)の発表と同時に、その「レンズの開発を止める」宣言をするオリンパスは、いかがなものかと思います。
利益の出ていないこのフォーマットにあえて高性能のフラッグシップ機を投入し、顧客に対する企業としての「責任」を果たしたのかもしれませんが、ユーザーにしてみればこれほど寂しいことはないでしょう。

今後はフォーサーズはマイクロフォーサーズに集約する方向でしょうかね。
利益の薄いカメラ業界では、開発資金・設備投資を集約するのは当然の流れなのかもしれません。

ちなみにオリジナルフォーサーズのレンズ資産も、専用のマウントアダプターを使えばマイクロフォーサーズでも使えるとのことですが、店頭でE-PL1のWズームレンズキット(望遠レンズはオリジナルフォーサーズ+アダプター使用)をいじってみたところ、AF速度など実用面では厳しいように感じました。


とにかく、GF2(仮称)が納得のいくスペックなら少しくらい高くなっても買い換えますが、残念な感じであれば、他のフォーマットへの乗り換えも視野に入れています。

と、厳しいことばかり言うのは、パナソニックが好きで、期待しているからなんです。
とにかく、「飛び道具」と「出し惜しみ」だけは禁止ですよ、パナソニックさん(^^)



※2010/11/18 LUMIX DMC-GF2の発売予定が決定しました!
性能等の比較や意見(文句?)はこちらです。


 
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2010/09/24 01:55] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
マイクロフォーサーズ対応ライカマクロレンズ LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.
今更な感もありますが、マイクロフォーサーズ対応ライカマクロレンズ LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S. を紹介します。


開放絞り値F2.8、焦点距離45mm(35mm版換算90mm。GF1標準ズームレンズの望遠端と同じ)の中望遠単焦点マクロレンズで、マクロ撮影はもちろんポートレートや風景撮影まで、幅広い場面で活躍してくれます。

(レンズおよび付属品一式)
leica_dg_macro-elmarit_01.jpg

撮影倍率1.0倍(35mm版換算2.0倍)の等倍マクロながらも、無限遠から最短撮影距離の15cmまで、産毛の1本1本の質感までとらえる高い描写能力と高コントラスト、そしてマイクロフォーサーズにしては明るくて柔らかいボケが得られる、専門家の評価も高い秀逸なレンズです。

leica_dg_macro-elmarit_02.jpg

さすがはライカ!!…と言いたいところですが、実はこのレンズはパナソニックによるライセンス製造。
100%パナソニック製と思われるレンズにライカの冠を被せただけだったりします(^^;)

しかし、ほぼパナソニックの技術力だけでこれだけ素晴らしいレンズを作ることができるとは…パナソニックのレンズ群に優秀なレンズが多いのは、どうやら気のせいではないようです。

カメラの世界においても、デジタル技術では電機屋に分があることは明白で、唯一追随を許さなかった光学系の設計技術でここまで差を詰められたとなると、老舗の光学機器メーカーもうかうかしてられないでしょう。



このレンズはフォーカシング機構に特徴があり、前玉を動かさず、中間の3つのレンズ群を独立駆動し合焦するフローティングインナーフォーカス式を採用しているため、フォーカッシング時もレンズ全長が変わりません。

leica_dg_macro-elmarit_03.jpg

これが近接撮影で邪魔にならない、という利点以外にどんな効果があるのかは私には分かりませんが(^^;)、この機構のためでしょうか、フォーカシングの仕方が他のレンズとちょっと違います。

他のレンズが「スー、スー」または「ジー、ジー」なら、このライカレンズは「ズイッ、ズイッ」といった感じです。
(全然分からないって?)

音感的には「ズイッ、ズイッ」の方が早い感じがしますが、それぞれの「ズイッ」の動きが大きいのと、1回目の「ズイッ」と2回目の「ズイッ」間に"溜め"があるため、GF1付属の標準ズームレンズはもちろん、パンケーキレンズと比べても合焦はむしろ遅いです。

特に近接撮影になると、フォーカス速度の遅さが目立つようになります。
他のレンズのAFが滅茶苦茶早い、というのもありますけど。


またオートフォーカス時にフォーカスを外すことも結構あるので、ピントは毎回きちんと確認した方が良いです。

GF1標準レンズのそれよりも数段上質なトルク感を持つフォーカスリングが組み込まれていますから、近接撮影ならAF合焦後のスムーズなMFへの移行を可能にする「AF+MF」機能と合わせて、MF中心で撮影する方が良いかもしれませんね。



胴体にはスイッチが2個付いています。

leica_dg_macro-elmarit_05.jpg

「MEGA O.I.S.」はレンズに内蔵された手ブレ補正機構のことで、GF1はボディ側に手ブレ補正機構が無いので、基本はONになります。
ちなみに手ブレ補正機能も、近接撮影になればなるほど効果が弱くなるので注意しましょう。
マクロ撮影なら三脚を使う方が無難です。


「FOCUS」は最短撮影距離を切り替えるためのスイッチです。
FULLなら15cm、LIMITなら50cmとされています。

それならFULL固定で良いのでは?と思いますよね。
LIMITにすると、確かに最短撮影距離は長くなってしまいますが、その分合焦速度が上がるという利点があります。
ポートレートや風景撮影はLIMITにするなど、撮影状況に合わせて切り替えるようにしてください。



サイズは63mm×62.5mmで、標準ズームレンズとほぼ同じ寸法です。

(左:パナライカマクロ、右:標準ズーム)
leica_dg_macro-elmarit_09.jpg

ライカマクロレンズの方が、一回り鏡胴が太いかな?といった感じです。

重量は225gと、標準ズームレンズ(195g)よりちょっと重いくらいで、使い勝手は良好です。



付属のフードを取り付けるとこんな感じです。

leica_dg_macro-elmarit_04.jpg

望遠マクロなんで花形フードでないのはまだ分かりますが、あえて四角形にした理由は…?
レトロな雰囲気を狙ったのでしょうか。

正直言って、最初はあまり格好良くないなぁと思っていました(笑)
でも見慣れてくると、結構いい感じです。
それこそレトロな雰囲気が良かったり…。
(メーカーの策略に見事に嵌まっている!?)



対応するフィルター径は46mmで、パンケーキレンズ Lumix G 20mm/F1.7 ASPH. と同じです。
PLフィルター等の特殊フィルターが共用できるのは嬉しいですね(^^)



価格は定価99,750円で、中古市場でもYオークションで5万円台と、簡単に手が出る代物ではありませんが、今のところ純マイクロフォーサーズでマクロ撮影に対応しているのはこのレンズだけですし、レンズの基本性能も非常に高いので、買って損するレンズでは無いと思います。

ただ、11月にコシナのマイクロフォーサーズ対応レンズ フォクトレンダー NOKTON 25mm F0.95 が発売されるので、それを見てからでも遅くは無いでしょう。
公表スペックが、最短撮影距離17cm( ̄ロ ̄;)、開放絞り値F0.95!ときていますからね(-_- )
マクロレンズ的な使い方もできそうです。

ただ、あちらはCPU非搭載でMFのみ、Exif情報も記録されず、手ぶれ補正も無しときていますから、使い勝手まで含めると微妙なところです。
作例を見ても、開放付近ではコントラストが低く、どちらかというとオールドレンズ的な写りであると、個人的には感じました。
少なくとも私のような初心者向けのレンズではないとは思います。

とはいえ、私も食指を動かされているのは確かです。
皆さんのインプレッションが出揃った頃に(-人-)改めて判断しようと思います。



最後に、大して参考にならない作例(^^;)はこちらや、こちらをどうぞ。



<追記>

実際にGF1に取り付けてみたところです。

leica_dg_macro-elmarit_06.jpg

レトロ、オールドな雰囲気を感じるのは私だけ?

leica_dg_macro-elmarit_07.jpg

フードが取り付けられているのもあって、見た目少々フロントヘビーな感じ…。

leica_dg_macro-elmarit_08.jpg

オリンパスレンズのようにもっと軽く、小さくなりませんでしょうかね(^^;)
レンズ内手ブレ補正っていうのがネックなんでしょうか。
ちょっと位ボディが重くなってもいいから、GF2?ではボディ内手振れ補正機能を追加して欲しいものです(笑)

leica_dg_macro-elmarit_10.jpg

フード無しだとこんな感じ。

leica_dg_macro-elmarit_12.jpg

いずれ、マクロ撮影にも挑戦したいと思っています(^o^)



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2010/09/20 15:00] | レンズ・フィルター | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サンセベリア(トラノオ)の…花!?
2年前に購入したサンセベリアから突然、葉ではなく茎のようなモノが…。

sansevieria_04.jpg

何だろう、花かな?と思いつつ、一週間ほど放置していたところ、蕾らしきものが膨らみ始めました( ̄ロ ̄;)

そして更に約一週間が経過した頃…

5分咲きです(^^)

sansevieria_01.jpg

sansevieria_02.jpg

sansevieria_03.jpg

かれこれ10年くらい育てていますが、花が咲いたのはこれが初めてです。


今年の夏は北海道も異常に暑くて、かつ湿度も高く、私の部屋も連日、日中は30℃~35℃、湿度80%前後という亜熱帯的な環境にありました。

それが影響したかどうかは定かではありませんが、例年とは環境が違うこと、そしてその環境下で花が咲いたのは事実です。
ちなみに液肥等は与えていません。水だけで育てています。
ただ、例年より多く与えていたと思います。


花は香りが強く、仕事を終えて帰宅すると、部屋が花の香りで一杯に(笑)

個人的には嫌いな匂いではありません。
むしろ甘くて良い香り…ジャスミン?…うーん、ちがうか(-_-;)
におい鑑定人の方なら一発で判定できるのでしょうけど。すみません。

そして花の付け根に溜まっている露、ネットで調べてみると「甘い」とのことだったので、興味本位でペロリと舐めてみたところ......うん、甘い(笑)


この花、種ができるのかな。
まあサンセベリアの場合は株分けでいくらでも増やせるので、種から育てようとまでは思いませんが。


それはともかく、花が咲いたら株の寿命…とかではないですよね(^^;)




2010/9/6 21:58 更新

ちなみにこの花、夜になると元気が良くなります。

sansevieria_05.jpg

放射状に開いた蕊がまるで針のようです。

sansevieria_06.jpg

サンセベリア(トラノオ)本体はサボテンのような多肉植物に近い見た目をしていますが、花はその姿に似つかわしくない?繊細な感じで個人的には良い「絵」になってるなぁと、毎日帰宅後に見るのがちょっと楽しみだったりします(笑)

相変わらず強い芳香を放っていますが、ここ数日ちょっと元気がなく、しおれて落ちる花弁も目立つようになってきました(-_-;)

頑張ってもう少し咲き続けて欲しいです(^^)/



2010/9/6 21:58 更新

花は全て落ち、茎も枯れ始めてしまいました。

sansevieria_07.jpg

実際の花の見頃期間は2週間弱。
更新が遅くなり、花が落ちてから随分経っているので茎もすでにこんな感じです(^^;)

来年もまた咲くでしょうかね(^^)

でも、今年みたいな気候になるのは勘弁願いたいです(笑)

 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

[2010/09/05 09:11] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。