スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ファーム富田~青い池ほか。富良野・美瑛巡り 2015
上士幌町の北海道バルーンフェスティバル 2015から続く…



今日は富良野~美瑛周辺を巡ります。

サホロは昨日から引き続き雨…
旭川方面は晴れとのことですが、心配になります。

狩勝峠は極度の視界不良( ̄ロ ̄;)



しかし峠を抜けて富良野に近づくにつれ、天気も回復してきました。

牧草ロール
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(お決まりの牧草ロール)

…こちらは??

ニオ積み(山積み)
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(「ニオ積み」というらしい。ニオ=山だそうで…つまり「山積み」!?)

大雪山系の山々に抱かれる…

富良野の田園風景
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

雄大な景色!


途中、富良野ジャム園に併設のアンパンマンショップに寄ってから、

アンパンマンショップ 富良野店

ファーム富田へ向かいます。



ファーム富田(の隣の「とみたメロンハウス」)に到着。

とみたメロンハウス

予想通りの人、人、人。
今年は創始者の富田さんが亡くなられたこともあり、例年以上に注目されています。

しかも大げさではなく、その8~9割が中国人ではないかと思えるほど、中国人だらけです。
こうやって日本の景気が底支えされていると思うと、複雑な気分です(-_-;)


ラベンダーの時期は過ぎてしまいましたが、丁寧に管理された花畑はこの美しさ!

ファーム富田の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

ファーム富田の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

ラベンダーもまだ少し残っていましたが、本来の鮮やかな紫色ではありません。

ファーム富田のラベンダー
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

これからの時期はコスモスなどの秋の花がメインになります。

ファーム富田の花畑
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

遠くに大雪山系の山々を望む雄大な景色。

ファーム富田から大雪山系の山々を望む
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

富良野岳、十勝岳、美瑛岳…

ファーム富田から大雪山系の山々を望む
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

いつか、これらの山々を縦走してみたいです!

この暑さの中撮影に没頭した後は…メロンソフトクリーム!

ファーム富田のメロンソフトクリーム
(アイスばかり食べています 笑)

おいしい!(^^)
体の火照りも少し落ち着きました。

実はファーム富田までの道を間違えて、少々時間が押しています。
富良野はこれくらいにして、美瑛方面に向かいます。



美瑛は、まずは「青い池」から。

今回は青い池と「しらひげの滝」の撮影に向けて、NDフィルターを購入しました。
ND500(青い池用)とND8(白髭の滝用)です。

数年前に一度訪れて、通り一遍の写真は撮れているので、今回は少し趣向を凝らした写真を撮ってみようかなと。


まずはNDフィルター無しから。

美瑛の青い池
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
(ND無し)

続いて、NDフィルターを使用した写真。

美瑛の青い池(NDフィルター使用)
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ + ND500
(ND500。以下同様)

美瑛の青い池(NDフィルター使用)
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ + ND500

美瑛の青い池(NDフィルター使用)
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ + ND500

美瑛の青い池(NDフィルター使用)
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ + ND500

美瑛の青い池(NDフィルター使用)
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ + ND500

アップのほうはそれなりの効果(水面の平滑化)が得られていますが、広角のほうはイマイチですね。

30秒くらい露光できればまた違う画になっていたかもしれませんが、ND500では減光が足りませんでした。
ISO100(拡張)の絞りF18でも10秒から15秒くらいの露光時間でした。
こちらオリンパスのマイクロフォーサーズですので、ISO200の絞りF8程度が理想です。

今思えば、更に手持ちのND8を重ねてやれば、意外といい線行っていたかのもしれません。
MZD12-40mm/F2.8 PROレンズ購入を前提に、敢えてフィルター径62mmを購入し、ステップアップリングで52mmのMZD9-18や12-50に装着しているので、2枚重ねでも12mmくらいまでならケラレも出ないかなと。

NDフィルターはPLフィルターと違って(ほぼ)劣化しないので、2、4、8と400くらいは揃えておいてもいいのかも。


湖水の色は、見る角度と太陽光線の状況によって結構変わりますね。


PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
(澄んだ青から、緑がかったミルキーブルーまで)

しかし、数年前までは知る人ぞ知る穴場だった青い池が、大型バスで乗り付けた観光客でごった返しています。



ありがたみも大分薄れてしまいました(^^;)



続いて、しらひげの滝(白髭の滝)へ。

数年前に訪れた際は下調べ不足で、行くことができませんでした。
実は青い池から車で5分くらいのところにあります。

ND8+三脚を使って水流を少し流してみました。

しらひげの滝
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ + ND8

こちらは被写体が暗いので、絞りを絞って橋の欄干を三脚代わりにしてカメラを支えれば、NDフィルター無しでも流せそうな感じです(^^;)
よく見かける写真とほとんど同じ絵面なのは、橋の上からの撮影で構図の自由度がないため、と言い訳してみる。


続いて、四季彩の丘へ。

ここにきて、黒い雲がむくむくと現れて…

四季彩の丘
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(ドラマチックトーン…ではありません)

写真はイマイチですが、花はとても綺麗でした。

四季彩の丘
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(アートフィルター「ファンタスティック・フォーカス」で雲の色をごまかしています)

一番奥の方に見えるひまわり畑を撮りに行こうとするも、あまりに暑くて歩く気がしない(-_-;)

ここは奥の手、カート(ゴルフ場で走っているアレです)の貸し出し(有料)を利用しました。
15分1,500円はかなり割高感あり。(入場料を無料にしてくれている園への援助と思えば…)
しかも5分ごとに延長料金500円(!)がかかるので、時間内に間に合わせるように飛ばす飛ばす(^^;)


目的にひまわり畑に着いて、すぐに撮影!

四季彩の丘のひまわり畑
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

四季彩の丘のひまわり畑(パノラマ)
DSC-RX100 by Panorama

大して吟味もできず、それなりの写真に。
(それなら無理して行く必要もなかっただろうに 笑)
でも、カートの運転はとても面白かったです(^^)



四季彩の丘の、向かいにあるカフェ「Lunch&cafe 風」さんで遅めの昼食を取って

Lunch&cafe 風

ひまわり畑を望む
(窓からはひまわり畑(この時はまだ咲いていませんでしたが)が見渡せます)

ヘルシーランチ
(ヘルシーランチ1,200円)

ふわふわオムカレー
(ふわふわオムカレー1,000円)

最後に「ゼルブの丘」を目指します。



ゼルブの丘向かう途中に偶然見つけた「メルヘンの丘」にある赤い屋根の家

赤い屋根の家
(家が手前の畑に被ってしまう…ちなみに敷地内へは立ち入り禁止です)

…よりも、別の角度から撮った一本の木のほうが画になっていたような(^^;)

メルヘンの丘
DSC-RX100

いずれにせよ、皆さんの写真のようにはなかなか撮れません。



ゼルブの丘に着く頃には陽が落ちかかっていました。

夕日に照らされるゼルブの丘
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

夕日に照らされるゼルブの丘
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

時期的に花の色のバリエーションが少なく、夕日に照らされて色彩がやや単調に。

これで2日間の旅程は終了。
帰りは富良野から芦別、桂沢湖を経由して三笠に抜ける一般道を通って札幌に帰りました。


 
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

[2015/08/08 23:21] | 美瑛 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
美瑛の丘の夕暮れ
前回の続き…


携帯で調べてみると、「夕日の木」というのがどうやらイイらしい。

比較的マイナーな撮影スポットで、場所がイマイチはっきりしませんが…しばらく走り回りどうにかそれらしき木を発見するも、手前にある背の高いトウモロコシ畑に遮られて、夕日を入れての撮影は無理っぽい(;_;)


残るはここから比較的近くにある「マイルドセブンの丘」しかありません。(一応、それも見越して夕日の木に決めました)
もうこれ以上は動きませんよ(笑)


--------------


ナビに案内され目的地に到着したものの、どの画が広告に使われた丘なのか、誰も分かっていないという(笑)
皆、思い思いに歩き回って撮影することにしました。


時期がよろしくなく、いい感じのパッチワークになっていません。

biei2012-3_07t.jpg

方向を変えて撮ってみます。

マイルドセブンの丘

手前の麦?の刈り取り痕が雑多で残念な感じですね。
光の加減とか色合いとか、絵面は自分好みの写真です(^^)


こちらはメンバーから拝借した一枚。

biei2012-3_10t.jpg
Canon EOS Kiss X5/SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

うーん、格が違います(-_-;)
他の写真も素晴らしいものばかり。悔しい思いをしました( -_-)


ちょうど太陽が沈む位置の地平線付近に厚い雲がかかっており、美しい夕焼けにはならず。

マイルドセブンの丘
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

でもその後の小焼け+月はなかなか綺麗でした(^^)


日が暮れたところで撮影終了。

写真の方はイマイチでしたが、たくさんの美しい風景を目に焼き付けられたことが何よりの収穫です(^^)
自分が撮りたい風景のイメージが、自分の中でよりはっきりとしたような気がします。


--------------


帰り道に偶然見つけた風景。

??
E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

ナビに任せて走っていたので場所はよく分かりません(-人-)

宝物のような風景が至る所に秘められている美瑛、何度でも訪れたいです(^^)


 

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

[2012/10/01 00:22] | 美瑛 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
美瑛の丘とひまわり畑
前回の続き…


美瑛市街方面に戻り、名所巡りを開始します。


まずは「ケンとメリーの木」、

…は遣り過ごして、「セブンスターの木」へ。

セブンスターの木
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

観光客を入れずに、丘+木立の写真が撮れるのはこちらかなと。


あぁ、魚眼レンズが面白くて、無意味に多用してしまう(笑)

セブンスターの木
E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

まるでPLフィルターを使ったかのような、くっきり鮮やかな発色はこのレンズの特徴?
OLYMPUSボディとの相性もあるかもしれませんね。

ただちょうど小麦などの収穫も終わった頃で、残念ながら美しいパッチワークを望むことはできませんでした。


「千代田の丘」でひまわり?コスモス?が見られるとの情報を聞きつけて、

美瑛の丘とひまわり畑
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

向かう途中、名所でも何でもないところに突然広大なひまわりの丘が出現( ̄ロ ̄;)

ひまわり畑
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

盛大なフレアもまた雰囲気かなと(笑)

ひまわり畑
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

ここでもフィッシュアイレンズの出番!

美瑛の丘とひまわり畑
E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

やはりコントラストや色合いが、他のレンズとは明らかに異なります。
個人的には好みの傾向ですけどね(^^)


千代田の丘展望台に到着。

千代田の丘展望台から望む十勝岳連峰

…花畑は空振りに終わりました(^^;)


目標を夕日+木立に変更して、日本一の夕日と謳われる「新栄の丘」に足を運ぶも、

新栄の丘
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

自分のイメージする画とはちょっと違う…。

日没は刻々と迫っています。
一体どうしたものか…。


その3に続く…

 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

[2012/09/27 06:00] | 美瑛 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。