スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
藻岩山から観る真駒内花火大会
真駒内セキスイハイムスタジアム(真駒内アイスアリーナ)で、家庭教師のアルファPRESENTS北海道真駒花火大会が7月21日(土)に開催されます。

当日は仕事を早く切上げて、会場の外からでもいいので鑑賞できたらいいなぁ、と思って目を付けたのがアリーナ近くにある藻岩山
特に観光自動車道はアリーナと目と鼻の先にあり、途中に展望スペースもあったと記憶しています。

展望スペースがダメだった場合は急いで展望台まで登る(笑)、という二段構えで臨みます。


-------------


さて、花火当日。
仕事を終えて藻岩山付近に着いたのは19時過ぎです。
打ち上げ開始予定時刻は19:45ですので余裕で間に合う!と思いきや、国道230号線が観光道路付近で渋滞していました。
おそらく花火大会を見に行くor会場外から花火を見ようと彷徨っている車のためでしょう。

やっとの思いで観光自動車道入口に向かう脇道に入り、ゲートにたどり着くと、今度は「中腹駅の駐車場は現在満車で、待ち時間は不明」とのこと ヽ(`Д´)ノ
皆さん考えることは同じですね(^^;

ここまで来たら引き返すわけにもいかず、運を天に任せて入構しました。
通行料金は普通自動車で660円(税込)でした。


-------------


観光道路の途中にある展望スペースからは…やはり角度的に無理っぽいです。
ここはさっさと見切りを付けて、上まで登ってしまいます。

しかしなんと!上っている途中で打ち上げが始まってしまいました(;_;)
駐車場の手前で、視界が開けたものすごく良い鑑賞スポットを見つけるも、警備員さんに阻まれて留まることができず…。


-------------


藻岩山中腹駅の駐車場に到着。
空き待ちは結局私の車のみで、すぐに入ることができました(^^;)

ここからモーリスカーを使うか、歩いて登るか…

…もう花火も始まってしまったことですし、普通に歩いても10分かからない位ですので、徒歩で登ることにしました。
ゴンドラから撮影するのも面白いかなと一瞬思いましたが、ゴンドラは揺れるので花火写真は無理だと思います(^^;)


-------------


山頂の展望台に到着しました。

花火目当てらしき観客でそこそこ混み合っていますが、初日の出の時のように人の壁で全く前が見えないというほどではありませんでした。

すでに打ち上げ開始時刻から30分以上過ぎています(|||゚Д゚)
急いで撮影準備に掛かります。


ブレブレ、ボヤボヤな最初の一枚。

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会

カメラはOM-D E-M5、レンズはLUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.を使用。
焦点距離は上の写真でマイクロフォーサーズの70mm(35ミリ判換算140mm)、その他の写真は100mm(35ミリ判換算200mm)前後です。

もっと近いと思っていましたが、意外に遠いですね。
肉眼での花火鑑賞には迫力不足かもしれません。

なお、会場のアリーナはちょうど山の縁に被ってしまい、残念ながらここからは確認できません


大輪の単発の花火が続きます。

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

天気は穏やか、ほぼ無風で花火の形も綺麗に見えます。

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

昨年のモエレ沼公園のそれ(大雨決行)とは大違いです(笑)

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

ただ、風がない分、煙の拡散が遅くて花火に被ってしまいます。


こんな色鮮やかな花火も!

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

このあと、しばらく沈黙が続き…

会場で何かが始まりました。

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

仕掛け花火でしょうか。
あぁ、見えそうで見えないこのもどかしさ ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

写真には収まっていませんが、レーザー光線による演出も行われているようです。
会場の盛り上がりは相当なものかと。

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

ちなみに隣の方は、真駒内会場からの生動画(ニコ生?)の放送を見ながら鑑賞していました(^^;)

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

そろそろグランドフィナーレが近づいているようです。

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

煙がすごい (`Д´)

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

錦冠花火の連発から…

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

スターマイン!

藻岩山展望台から撮る真駒内花火大会

ものすごい連発で写真は完全に露出オーバー。
会場内で見ていたら、それはかなりの迫力だったと思います。

夜景+αで花火という楽しみ方なら、ここ藻岩山展望台もお勧めですが、花火の迫力は期待薄です。
来年こそはチケット買って、アリーナ席で見てみたいです(^^)


-------------


せっかく展望台に来たので、札幌の夜景も撮っておきましょう。

藻岩山展望台から撮るさっぽろの夜景
OM-D E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

幾度となく撮影してきた構図ですが、綺麗なものはやはり綺麗ですね。

藻岩山展望台から撮るさっぽろの夜景
OM-D E-M5/LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.5-5.6 MEGA O.I.S.

テレビ塔とノルベサの観覧車が見えました。


…それにしてもアジア人観光客(中国、韓国、台湾?)が異様に多い。

分身の術

夜景も花火も見ずに、ひたすら騒いでいます。
遠くで上がっている花火を気に留める様子も無し。

最近はどこに行っても彼らが幅を利かしていて、ちょっとうんざりのsakiでした(^^;)


 
スポンサーサイト
[2014/07/12 23:03] | 藻岩山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
藻岩山山頂から望む2013年初日の出
昨年はJRタワー展望台で迎えたご来光
2013年の初日の出は、山登りデビューを果たした2012年の宣言通り藻岩山山頂で決まりです。

もちろん自分の足で登って、ロープウェイの営業開始前に展望台に着いてやろうと意気込んでいます(笑)
しかし、藻岩山ロープウェイも元旦は朝5:00から特別営業しているのでなかなか手強い(^^;)
4時前には登り始めないと間に合わないでしょう。

ちなみに、ロープウェイを使う場合も早めに行って並ばないと、乗車待ちで日の出の時刻までに山頂に着けないことがあるんだとか( ̄ロ ̄;)


-------------


年越しは冬型の気圧配置が強まり、日本海側は大雪になるとのことでしたが…予報に反してまずまずの天気です。

登り口は、登山者が多くおそらく一番道がしっかりできているだろう慈啓会病院入口を選びました。



駐車場に到着。
休日は朝早くから混み合う駐車場ですが、さすがに朝4時前、駐車場には3台ほどしか停まっていません。

出発に向けて装備を整えます。
山頂は麓よりも気温が低く、風が強いため、体感温度はさらに低くなるので、しっかり防寒対策をして行きましょう。

その前に、とりあえず時間を記録するため1枚、

午前3時47分、登山開始!

霞んではいますが月は顔を出しているので、このままの天気が続けば御来光も期待できそうです(^^)

午前3時47分、登山開始!



低血圧の身には、眠い・寒い・キツいの3重苦は堪えますね。
休み休み登らないと、すぐに息が上がってしまいます。

ふと麓を見ると、その疲れを一瞬忘れさせてくれる美しい夜景。

馬の背から望む円山のシルエット

登山道は狭いながらもしっかり形作られており、安心して登ることができました。
藻岩山愛好家の皆様方の、日々のたゆまぬ勤行の賜物です(-人-)


予定時間を少し過ぎて5時8分、山頂に到着。

ロープウェイは朝5:00から運行

すでにロープウェーで上ってきたと思われる観光客がちらほらと見えます。
先をこされてしまいました( -_-)

しかしさすがにこの寒さの中、場所取りはまだ始まっていませんでした(^^;)

幸せの鐘

日の出のことはとりあえず忘れて、札幌の夜景を撮影…

雪に霞む円山

すると、テレビ局のカメラマンとスタッフに「日の出はどちらの方向ですかぁ?」と声を掛けられます。

うーん、TVのロケなら東西南北調べてくるか、コンパスくらい持ってきてよ~って感じですけど(;-_-)仕方ありません、私が狙っていた南東向き角地の特等席をお勧めしておきました。
いい写真を撮るため元旦の早朝から登山をした私たちの努力も、公共の福祉には敵いません。


こちらは日の出の方角、

日の出の方角

なんと、このタイミングで雪が強くなってくるとは(;-_-)
交代で場所取りをしながら、しばらく登山者休憩所で様子を窺うことにしました。


--------------


現在午前6時40分、展望台に上ると…寒い中たくさんの人が日の出を待っていました。

空が白み始めました!

暁

雪は相変わらず降り続いていますが、日の出位置付近の雲は切れかかっています。
このままいけば、何とか初日の出は拝めそう。

こんなとき、OM-Dの防塵防滴機能は心強いですね。
MZD14-150mmレンズも、防滴ではありませんが、結構耐えてくれます(笑)
そこそこ強い雨の中や吹雪の日に裸で使ったりなど、かなりとんでもない使い方をしてきているにもかかわらず、今のところ(表面上は)ノートラブルです。
雨天で使用せざるを得ない場合は、レンズの上にタオルを1枚掛けるだけでもずいぶん違いますよ(゚‐^)


登山者も続々と到着。

登山組が続々と到着

しかし、このように地平線付近にのみぶ厚い雲が立ち込めることが多いのはなぜ??

魚眼レンズ

夕日を撮影に行くと、上空は晴れているにもかかわらず地平線付近の厚い雲に邪魔をされることがよくあります。


現在の時刻は7時1分、

雲の淵が輝き始める

札幌の日の出時刻は7時6分(山から見ているのでもう少し早いかも)ですので、太陽はまだ地平線の下ということになりますが、雲の淵が輝き始めました(^^*)


7時7分、そろそろ太陽が顔を出しても良い頃合いですけど、地平線付近の分厚い雲に阻まれて姿を見せず。

南側から降雪を伴う厚い雲ヽ(`Д´)ノ

すると南側から、降雪を伴う暗い雲が押し寄せてきましたヽ(`Д´)ノ
ピーンチ!

この期に及んで、もうだめか…と思ったその時、

御来光…キター!!

御来光、キターーー!!

ギリギリ間に合いました。

優しい光が街を包む

雪で霞んではいますが、優しい光が街を包み込みます。

そして一瞬、奇跡的に雲が切れて

御来光

美しい青空も顔を覗かせました。


登山(初詣?)者が御来光をバックに続々と山頂入り。

御来光をバックに登り初め
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

しかし10分後には、太陽は完全に雲の中に入り、

太陽は完全に雲の中に…

この有様です。

もーりすカー

あれほどごった返していた山頂展望台の人も一気に掃けて、みなさん続々ともーりすカーで下山。


私たちは山頂にあるお寺に初詣。

藻緑山 観音寺

手を合わせて南無南無していると、中から人が出てきて、お守りと温かい甘酒を差し入れてくれました。
写真撮っておけばよかったぁ。


全ての目的を達成したので下山!

円山

途中、また晴れてきました。

札幌の街並みに見えるのは…

モエレ山!?
E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

モエレ沼公園のモエレ山とプレイマウンテン!?
2014年の初日の出は…(^‐^)


登山口手前で初エゾリス目撃!

エゾリス(^^)

新年早々ラッキーです(^^)v

エゾリスジャンプ!

エゾリスジャンプ!

今年が皆様にとって飛躍の年となるようようお祈りいたします。

新年明けましておめでとうございます

大変遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


 

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

[2013/01/12 09:12] | 藻岩山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
藻岩山山頂展望台から望む月食
2012年は天体イベントの当たり年。
世紀の天体ショー「金星の太陽面通過」を2日後に控えた6月4日には、部分月食が起こります。

月の出は南東方向より19時0分ごろ、札幌では食がすでに始まった状態で月が昇り始めるため、初期段階から観察するには地平線が低く開けていて、見晴らしの良い場所を選ぶ必要があります。

適しているのは…ずばり「もいわ山展望台」でしょう!
展望スペースは確か東向き(初日の出スポットとしても有名ですよね)のはず。
観光自動車道も中腹駅までは開通したので、車で数人で乗り合わせれば、有料道路の通行料金の660円+モーリスカー往復料金600円×人数分で済みます。



さて当日、18時にロープウェー駐車場集合の予定のはずが…
E-M5のバッテリーを忘れるという私の痛恨のミスのせいで、大幅に遅れてしまいました。
ああ、E-M5からバッテリー型式が変更されたのが本当に恨めしい…。


頂上に着くと、月はかなり上まで昇っていました(-_-;)

藻岩山展望台から望む月食
Canon EOS Kiss X5/EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II

全て私の責任です m(_ _)m

私は結局、メンバーのサブ機E-PL1を借りて撮影することに。

藻岩山展望台から望む月食
E-PL1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

月に露出を合わせると夜景が暗く落ちて美しくなく、反対に夜景に露出を合わせると、このように月が輝き過ぎて、月食なのか普通に欠けた月なのか分かりにくくなるというジレンマに(-_-;)


試しにEOSKissX5+キットの望遠レンズを借りて、月を大写しにしてみると…

藻岩山展望台から望む月食
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

※上の写真を等倍で切り出しました
藻岩山展望台から望む月食
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

おお、思った以上にくっきり写ります。

次にPL1+ケンコー400mmF8ミラーレンズの組み合わせ。

藻岩山展望台から望む月食
E-PL1/Kenko MIRROR LENS 400mm/F8

※上の写真を等倍で切り出しました
藻岩山展望台から望む月食
E-PL1/Kenko MIRROR LENS 400mm/F8

拡大倍率は高くても、こちらの方がぼんやりしているように見えます(-_-;)

これはレンズやカメラの性能云々ではなく、単にピントが合っていないだけかもしれません。
このレンズ、換算800mmの超望遠かつMFのピントリングの感応度が高すぎる(少し回すだけでピントが大きく移動する)ので、無限遠のピン出しは、カメラの拡大枠表示機能を使っても苦労します。


札幌の最大食は20時3分ごろ、

EOSKissは相変わらずくっきり写ります(^^)

藻岩山展望台から望む月食
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

もちろんMFがばっちり決まれば、ケンコーミラーレンズも負けてはいません。

藻岩山展望台から望む月食
E-PL1/Kenko MIRROR LENS 400mm/F8

今回の月食の食分は3分の1ほどでした(^^)


イルミネーション?

おはじき

ミラーレンズでわざとピンを外して撮った札幌の夜景でした。
丸ボケがリング状になるのがミラーレンズの特徴です。


…ふと見ると、メンバーの一人が幸せの鐘にカメラを向けて何やら試行錯誤しています。

なるほど、鐘と食月を一緒に撮ろうという魂胆ですね( ̄ー ̄)ニヤリ
これは真似しない手はありません(笑)

月がメインのメンバーの写真と、

幸せの鐘
E-PL1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

鐘がメインの私。

幸せの鐘
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

月が綺麗で、構図も良いメンバーの写真が合わせ技一本。
私のは、月か単なる丸ボケか判別できないという致命的な問題が生じております(; ̄Д ̄)


話は変わりますが、藻岩山展望台が恋人の聖地サテライトに認定されたそうですね。

北海道新聞2012年6月26日(火)朝刊の記事によると、

道新2012/6/26朝刊記事

・公的な機関が運営する非営利的な場所に指定する「聖地」と、民間企業向けの「聖地サテライト」の2種類があり、もいわ山ロープウェイは聖地サテライトに選ばれる。
・札幌振興公社が6月上旬にNPO法人地域活性化支援センターに申請し、中旬に合格を内示され、7月1日に正式決定する。
・近くNPO法人から贈られる「聖地」の銘板を幸せの鐘付近に掲示する。

とのことです。

愛の南京錠
Canon EOS Kiss X5/EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

幸せの鐘を鳴らし、その周囲の手すりに「愛の南京錠」を掛ければ二人は永遠の愛で結ばれるという願掛けも、札幌市民の間に広く定着してきたようです(^^)


そろそろ月食も終盤に差し掛かりました。

幸せの鐘
E-PL1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

明日も仕事ですから、この辺でお開きにしましょう。

幸せの鐘
E-PL1/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

次回、綺麗な月食が見られるのは2014年の10月です(^^)/~~





テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

[2012/07/03 05:54] | 藻岩山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。