スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ミラーレス一眼の高感度撮影性能を検証(SONY/NEX-3・NEX-5編)
LUMIX DMC-GF2およびLUMIX DMC-GH2の検証結果はこちら。



SONY/NEX-3の高感度撮影能力を検証しました。

なぜあえてNEX-3?なのかというと…単にNEX-5の実動品が展示されていなかったからです(^^;)

NEX-3とNEX-5の違いは、5がフルハイビジョン動画に対応していること、外装素材の違い(NEX-5はボディ全面マグネシウム、3はプラスチックモールドでセンサー部周辺のみがマグネシウム?)による質感と重量(NEX-5の方が約10g軽い)くらいであり、静止画の画質については同等であると考えられます。


NEX-3およびNEX-5に搭載されているセンサーは、APS-Cサイズ(23.4x15.6mm)、有効画素数1420万画素の"Exmor"APS HD CMOSセンサーです。

撮像素子のサイズがマイクロフォーサーズ(約17.3mm×13mm)よりも格段に大きい(面積比約1.6倍)ため、高感度撮影性能は、NEXの方が一枚も二枚も上手であると予想されます。

なお、NEXのISO感度設定は200が基本で、最大12800となっています。
(~12800というのが拡張感度なのか「素」の感度なのかは確認できませんでした)


撮影時の設定等は、

○レンズは展示品に付属していた標準ズームレンズ、E18-55mm F3.5-5.6 OSSを使用しました。

○撮影モード:絞り優先AE、測光モード:マルチ測光、WB:オート、Dレンジ機能:OFFで撮影しています。

○掲載画像は撮って出しのjpegを、PHOTOSHOP CS2でリサイズのみ行い、画質11/12で再保存しています。


※NEXのRAW画像は製品付属のソフトか、PHOTOSHOPのCS5以降のバージョンでなければ読み込むことができません。今回はカメラ内生成JPEGのみの評価となります。

NEX-3/E18-55mm F3.5-5.6 OSS
nex3-200t.jpg
F5.6 1/50 ISO200
⇒NEX-3の基本感度です。感度とは直接関係ありませんが、パナソニックのミラーレス機に比べて青味が強い印象です(パナが赤寄り?)


nex3-400t.jpg
F5.6 1/100 ISO400
⇒劣化は特に見られません。


nex3-800t.jpg
F5.6 1/200 ISO800
⇒この感度でも劣化はほとんど見られません。並べてじっくり見ると、影にわずかにカサついて見える部分がありますが、色もトーンも破綻することなく十分な画質を確保しています。


nex3-1600t.jpg
F5.6 1/500 ISO1600
⇒黒に若干ガサつきが目立つようになってきましたが、なんとか許容範囲内。


nex3-3200t.jpg
F5.6 1/1000 ISO3200
⇒ここから一気に高感度撮影らしいノイズが乗るようになります。それでもWEB等で縮小して使うのであれば、ギリギリ誤魔化せる範囲か。


nex3-6400t.jpg
F5.6 1/2000 ISO6400
⇒画質の劣化、ノイズの増加は更に進み、さすがに常用範囲とは言えないレベルに。しかし緊急用なら十分に使える画質で、マイクロフォーサーズ機で見られたノイズリダクションによる情報の脱落や、色やトーンの破綻は起こっていません。


ISO1600までが常用範囲、3200も場面によっては選択肢となり得ます。6400はちょっと厳しいが、マイクロフォーサーズ機のそれような目も当てられない画質ではなく、緊急用・記録用であれば十分に使えるレベルだと感じました。
(※画像サイズが小さいと、ノイズは少なく見える傾向にあるので注意してください。)



次に、画面の一部を等倍で切り出して比較してみます。

NEX-3/E18-55mm F3.5-5.6 OSS
nex3-200t-original.jpg
F5.6 1/50 ISO200

nex3-400t-original.jpg
F5.6 1/100 ISO400

nex3-800t-original.jpg
F5.6 1/200 ISO800

nex3-1600t-original.jpg
F5.6 1/500 ISO1600

nex3-3200t-original.jpg
F5.6 1/1000 ISO3200

nex3-6400t-original.jpg
F5.6 1/2000 ISO6400

全景画像の比較時と基本的には同じ印象です。
ただ拡大して見ると、綺麗だと思っていたISO800~1600においても、それなりの劣化が生じているいることが分かります。
それでもISO3200まではその進行は穏やかで、APS-C機のポテンシャルを見せつけられる結果となりました。

結論としては、NEX-3・NEX-5の高感度撮影性能は、GH2より約1段分、GF2よりも約2段分上であるといったところではないでしょうか。
(※より厳格な方法で検証しなければ真の実力は分かりません。このレポートはあくまでも参考までに)



<あとがき>

今回の実証実験で、NEXという選択肢も十分有りだと感じました。

ソニーのコンセプトは、その操作性や機能の割り切り方を見る限り、上級者のサブシステムとしての位置づけまで狙ったm4/3とは明らかに異なっていて、良くも悪くもその狙いは「コンデジの延長線上」にあると思います。

「カメラ女子」なんて言葉が流行りましたが、普通にスナップを撮ったり、仲間内で写真を撮り合ったり、あとは私もよく撮る食べ物・小物・花などの撮影や、ブログでお店を紹介したりするような用途であれば、単純に高感度撮影能力に優れていて、ボケやすいNEXを選ぶことはむしろ理に適っているのではないでしょうか。

NEX+パンケーキなら見た目もコンデジっぽくて、本気カメラを出しづらいシチュエーションでも、GF1より出しやすいという利点もあります。


一方、NEXの弱みはレンズの性能云々と、そのラインナップの少なさなどと言われていますね。
ただ、このカメラのコンセプトからして、撮影できる写真の「作品」としてのレベルに主眼を置き、その高低を議論するのもどうなんだろうと個人的には思うのです。
なんて、アンチフォーサーズの方にしてみれば、「フォーサーズも然り」って感じでしょうけど(実際その通りです。-人-)

レンズのラインナップの少なさについても、「コンデジ感覚で使う」というコンセプトであれば、携帯性重視の薄型パンケーキと、コンデジ程度の倍率のコンパクトなズームレンズがあればそれで十分ではないでしょうか。
(パンケーキはもう少し画角の狭いもののほうがいいと思いますが -_-)

コンデジ感覚で扱えるこの重量・サイズで、本格一眼レフ機並みの高感度性能とボケが得られることに意義があるのだと思います。


私は、もう少し踏み込んで写真をやりたいけど、大きな一眼レフを堂々と持ち歩くのはちょっと気恥ずかしいな、というある意味よこしまな(笑)気持ちからマイクロフォーサーズを選びました。
これで培った技術が、そのままAPS-Cやフルサイズのフォーマットに活かせるかと言われると、必ずしもそうではないかもしれませんが、写真を撮ることの喜び(儀式的なものも含めて)を得るに十分なフォーマットと付加機能は備わっていると思います。

マイクロフォーサーズはよくも悪くもマニアックなのかな?といった気がします。


NEXが狙っている客層の方が圧倒的にマスが大きく、マーケティングの方向性・方法論は普通に考えるとSONYに分があるはずなんですが…今のところはm4/3の方が売れている(?)みたいですね。(ウソついていたらすみません)

NEXの上客となるはずだった「カメラ女子」をMフォーサーズに引き込んだ、PENデジの力でしょうか(笑)
うーん、マニアック以外の皆さんも意外に、カメラらしい外観のカメラが好きなんですね(^-^)



LUMIX DMC-GF2およびLUMIX DMC-GH2の検証結果も参考までにどうぞ。

 


スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2011/01/02 23:07] | その他カメラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ミラーレス一眼の高感度撮影性能を検証(LUMIX DMC-GH2編)
LUMIX DMC-GF2およびSONY/NEX-3(NEX-5)の検証結果はこちら。



続いてGH2の検証結果です。

DMC-GH2には、有効画素数1605万画素の新開発4/3型LiveMOSセンサーが搭載されています。

画素数の増加により1センサー当りの面積は相対的に小さくなりましたが、製造技術の向上により、センサー配線幅を更に狭めることに成功。有効な受光部面積が拡がったことで、センサー出力そのもののS/Nは先代のGH1より改善されているそうです。

これに加えて、CPUを3機に増設した新画像処理エンジン「ヴィーナスエンジンFHD」および「3次元ノイズリダクション」との組み合わせにより、ISO1600相当の感度設定で2段分(ISO感度換算4倍)の高感度撮影能力を獲得したというメーカーの方の話がありました。


撮影時の設定等は、

○レンズは展示品に付属していたフルHD動画対応高倍率ズームレンズ、LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.を使用しました。

○設定は、撮影モード:絞り優先AE、測光モード:マルチ、WB:オート、超解像:オフ、露出はノイズを目立たせるため、敢えて抑えて撮影しています。

○掲載画像は撮って出しのjpegを、PHOTOSHOP CS2でリサイズのみ行い、画質12/12で再保存しています。


※RAW画像加工時に使う「SILKYPIX」は、そのバージョンが公開された時点で発売されているモデルにしか対応していません。新しいモデルのデータを扱う際は、バージョンを最新のものに入れ替えてください。

PANASONIC製品向けの無料配布ソフトの最新バージョンはこちらからダウンロードできます。
http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/p/


GH2/LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
gh2-iso200t.jpg
F6.3 1/30 ISO200
⇒今回はISO200を基準としました。GF2での検証結果を見る限り、より高感度に強いとされているGH2においてもISO100の画質とほとんど変わらないと予想されます。


gh2-iso400t.jpg
F6.3 1/50 ISO400
⇒ぱっと見ではほとんど分からない程度の劣化。
画像右の0(ゼロ?オー?)の微妙に変化する赤のトーンが少し汚くなっていますね。


gh2-iso800t.jpg
F6.3 1/100 ISO800
⇒少なくとも1000×750pixelまで圧縮した画像においては、GF2のISO800で見られたような大きな画質劣化はなく、素人目には、400とほとんど変わらないように見えます。


gh2-iso1600t.jpg
F6.3 1/200 ISO1600
⇒改善効果が最も高いとされている感度設定のISO1600は、確かにGF2のそれに比べれば十分見られるレベルにあります。ただ、左下のカメラの質感などに、気になるガサガサ感が出ていますね。


gh2-iso3200t.jpg
F6.3 1/400 ISO3200
⇒ISO3200から状況は一変。明らかにノイジーで、色味も変わってしまいました。緊急の記録用としてなら可か。


gh2-iso6400t.jpg
F6.3 1/1000 ISO6400
⇒ISO6400はさすがに厳しい。これ以上感度を上げてまで手振れを抑える意味はないと思われます。


個人的には、ISO800までは十分な画質を確保しており、またこの位のサイズで使うのであれば、ISO1600までは十分に使えるレベルだと感じました。
(※画像サイズが小さいと、ノイズは少なく見える傾向にあるので注意してください。)



次に、GF2の時と同様、画面の一部を等倍で切り出して比較してみました。

GH2/LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
gh2-200t-original.jpg
F6.3 1/30 ISO200

gh2-400t-original.jpg
F6.3 1/50 ISO400

gh2-800t-original.jpg
F6.3 1/100 ISO800

gh2-1600t-original.jpg
F6.3 1/200 ISO1600

gh2-3200t-original.jpg
F6.3 1/400 ISO3200

gh2-6400t-original.jpg
F6.3 1/1000 ISO6400

拡大してみると、やはりISO200から1600にかけて少しずつ画質劣化を起こしていることが分かります。
それでも1600まではその度合いは緩やかですね。
(一番大事なISO1600がピンボケで大変申し訳ありません -_-;)

しかしISO3200からは色味もくすんでしまい、またノイズ除去のアルゴリズムの癖でしょうか、スポット的に強くぼかしがかかり、文字の一部がかすんでいるような状態です。

「ISO1600相当で約2段分の感度向上を図った」とのことでしたが、基準感度がGF2とGH2とで同じという前提に立てば、個人的には全域で1段分くらいの改善かな?と。
(※より厳格な方法で検証しないと真の実力は分からないと思います。このレポートはあくまでも参考までに)



最後に、RAWデータをノイズリダクションOFFにしてjpeg現像してみました。

gh2-3200t-raw.jpg
F6.3 1/400 ISO3200

gh2-6400t-raw.jpg
F6.3 1/1000 ISO6400

GF2のそれと比較すると、GH2のISO6400はGF2の3200と同等くらいと言えるのではないでしょうか。
センサー出力で1段分のノイズ改善が図られたというのは確かなようです(^^)b



<あとがき>

GH2の0.1秒AFはダテじゃない!!

同じ売り場に置いてあったEOS7Dと比較しても、同等かむしろそれよりも早いと感じました。
雑誌では「一眼レフ中級機に匹敵する早さ」などと書かれているGH2ですが、感覚的には「それ以上」です。

実際は0.0秒単位の差など体感できるほど私の感覚は研ぎ澄まされておりませんし、一部で言われているパナの「ピッ」の悪戯?に、その気にさせられているだけの可能性は否定できません(^^;)
ただ、たった0.1秒の違いと軽く流していたGF1とは雲泥の差、とまではいかなくともその差は明白です。

うーん、GH2が気になって仕方ない…(笑)
でもそれなら7D買った方がいいでは?とも思ったり(^^;



LUMIX DMC-GF2およびソニーのNEX-3(NEX-5)の検証結果も参考までにどうぞ。

 
  

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2010/12/22 03:36] | その他カメラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ミラーレス一眼の高感度撮影性能を検証(LUMIX DMC-GF2編)
話題のコンパクト一眼「DMC-GF2」の高感度撮影能力を、ヤ○ダ電機にて(笑)検証してきました!

このGF2ほか、撮像素子が一新された「DMC-GH2」、APS-Cサイズの素子を搭載するソニーの「NEX-3(NEX-5)」についても調べてきたので、参考までにどうぞ。

ちなみに売り場の係員さんには「撮影画像を拡大して見てみたいので、持参したSDカードを使ってもいいですか?」などとテキトウな理由をつけて、確認してから使わせていただいております(笑)。念のため。



まずはGF2から。

画像処理エンジン「ヴィーナスエンジン FHD」の採用により、ISO感度は6400まで増感されたそうです。
しかし基本性能が向上していなければ、GF1のISO3200よりノイズが多い画像が撮影できるというだけで、全く意味はありません。
パナソニックによれば、先代のGF1よりも高感度撮影能力が向上しているとのことですが…果たしてその実力は!?


○レンズは展示品に付属していた新パンケーキレンズ、LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.を使用しました。

○設定は、撮影モード:絞り優先AE、測光モード:マルチ、WB:オート、超解像:オフ、露出はノイズを目立たせるため、敢えて抑えて撮りました。

○掲載画像は撮って出しのjpegを、PHOTOSHOP CS2でリサイズのみ行い、画質11/12で再保存しています。


※RAW画像も見てみようと思い、GF1に付属していたSILKYPIXを立ち上げてファイルを開こうとしたところ、GF2で撮った画像については(RAWもJPEGも!)「対応しておりません」とのこと(-_-;)
これについては、SILKYPIXのバージョンを最新のものに入れ替えることで対応できました。

PANASONIC製品向けの無料配布ソフトはこちらからダウンロードできます。
http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/p/


GF2/LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.
gf2-100t.jpg
F5.6 1/40 ISO100
⇒ISO100を基準感度とします。

gf2-200tt.jpg
F5.6 1/80 ISO200
⇒ISO100と200では違いはほとんど見られません。


gf2-400t.jpg
F5.6 1/160 ISO400
⇒かなり健闘していますが、リボンの赤は暗くなり、トーンの幅が強制的に狭められているような印象を受けます。


gf2-800t.jpg
F5.6 1/320 ISO800
⇒ISO800まで上げると、ポップに映った陰の階調がガサガサした感じになってきました。色も少し濁り気味。


gf2-1600t.jpg
F5.6 1/640 ISO1600
⇒800がさらにきつくなった感じ。ガサガサ感が強く出て、色エッジもはっきりしません。


gf2-3200t.jpg
F5.6 1/1250 ISO3200
⇒ガサガサを超えて斑状(まだら)に。もはや常用範囲とは言い難いでしょう。


…一応、ISO400までは普通に見られる画質に収まっていますね。
(※画像サイズが小さいと、ノイズは少なく見える傾向にあるので注意してください。)

「常用」の程度は、その用途や個人の感覚によると思いますが、やはり400までが常用レベルで、用途によっては800までは使えるかな?というのが個人的な感想です。



次に、より細やかな比較ができるよう、上掲した画像の一部を等倍で切り出してみました。

gf2-100t-original.jpg
F5.6 1/40 ISO100

gf2-200t-original.jpg
F5.6 1/80 ISO200

gf2-400t-original.jpg
F5.6 1/160 ISO400

gf2-800t-original.jpg
F5.6 1/320 ISO800

gf2-1600t-original.jpg
F5.6 1/640 ISO1600

gf2-3200t-original.jpg
F5.6 1/1250 ISO3200


拡大してみると、やはりISO800からの画質劣化が顕著であることが分かります。

これは先代のDMC-GF1と同じ傾向であり、GF2へのモデルチェンジによりノイズが幾分軽減されているとしても、1段分の向上などといった大幅な改善ではではないということです。
(さすがにマイGF1を持参してその場で撮影するわけには行かず、直接の比較はできませんでした ^^;)

ISO400でも画質の劣化は確認でき、縮小してWEBで使う等であればまだしも、等倍での切り出しや本気の作品ではちょっと使いたくないなぁというとのが正直な感想です。
(ISO400の画像は少々ピンボケ?してますね、すみません -人-)



最後に、RAWデータをノイズリダクションを効かせずにそのままjpegに現像したもの。

gf2-3200-raw.jpg
F5.6 1/1250 ISO3200

RAWとはその名の通り、撮像素子が記録した「生」のデータであり、その質は素子の大きさや集光性能、発熱耐性に左右されます。
これはISO3200で撮影されたものですが、高感度撮影された生データには、こんなにも色ノイズや輝度ノイズが乗っているのです。

これにGF2の画像処理エンジンが手を加えると、

gf2-3200t.jpg
F5.6 1/1250 ISO3200

こうなるわけですね。
高感度性能をソフトウェア的に上げるとは、つまりこういうことです。

うーん、確かにドットノイズはかなり除去されていますが、ぼかし処理をしているためか、エッジはぼやけ、色もくすんでべたーっとおり、質感はむしろ失われているように感じます。



※あくまでも素人が主観的に、思いつきで行った比較検証ですので、結果は参考までにとどめてください。
本来は三脚などを使い、全く同一の絵面、同一の条件下で撮り比べするのがベターなんでしょうが、手軽にお金をかけずに行うとなると、これしか思いつきませんでした(^^;)

ただ、今回比較した3機種はたまたま同じコーナーに並べられていたので、撮影条件は近いと思います。
室内で蛍光灯下で薄暗いという条件も高感度能力の比較には好条件(?)だったりするのかな、とも思ったり(笑)

室内で子供の写真を撮ったり、薄暗いお店で料理の写真を撮る状況を思い浮かべて、ご覧ください(^^)



LUMIX DMC-GH2およびSONY/NEX-3(NEX-5)の検証結果も参考までにどうぞ。


 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2010/12/19 16:14] | その他カメラ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。