スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
MZD14-150mmのレンズキャップを前つまみ式に交換
タイトルの通りですが、高倍率レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6のレンズキャップを交換しました。

LC-58C Lens Cap

LC-58Cという前つまみ式のレンズキャップ(定価682円)です。

LC-58C レンズキャップ

純正付属品(LC-58E)↓は横つまみ式(横プッシュ式?)のため、

純正付属のLC-58E

レンズフードを装着したオリンパス14-150mmではキャップの着脱が煩わしくてしょうがありませんでした(#-_-)

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6+LC-58E

急いでいるときは特にイライラします(#-_-)

…なんて言うと、そもそもキャップを付けなきゃいいじゃん!という声が聞こえてきそうですね(^^;)
プロテクトフィルターも付けているので余計に。

キャップを装着する目的は、カメラバッグからレンズを取り出す際などに、レンズ表面(フィルター)に触って指紋を付けたり、バッグ内の汚れや埃が付着するのを防ぐためです。

撮影しようとした時に気付いて拭き取るタイムロスとそれによるチャンスロス、そして汚れに気づかずに撮影を続けるリスクは、キャップを外す手間よりも大きいという考え方です。


LC-58Cを装着したところ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6+LC-58C

若干ボリューム感が出ましたが、違和感は特にありません。

着脱は超楽ちんになりました(^^)v

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6+LC-58C

ちなみに、パナソニックは標準ズームの純正キャップも中央つまみ式(横つまみ式とのハイブリッド)です。

LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6

元々レンズフードの設定が無いパンケーキレンズLumix G 20mm/F1.7 ASPH.のみ横つまみ式でした。

前つまみ方式なら、フードの有無にかかわらず不便無く使えるのですから、難しく考えずレンズフードの設定があるレンズは漏れなく前つまみタイプのキャップにしてしまえばいいのにと思うのですけど…オリンパスが頑なに横つまみ式を採用することに、何か理由でもあるのでしょうか。

おそらく製造コストの問題か、デザイン上の理由(薄型の洗練されたデザインにしたかった?)だと思いますけど、前つまみ式でも上手くデザインすればすっきりとした見た目にできると思います(゚‐^)

ちなみに私はLumixの前つまみ式レンズキャップを見て野暮ったいとは特に思いません。

オリンパスさん、今からでも遅くないですからね(笑)


--------------


58mm以外のサイズは、オリンパス純正品ではオリンパスオンラインを見る限り、マイクロフォーサーズ用レンズに使えそうなものとして52mm用のLC-52Bという製品がありました。
オリンパスの標準~望遠レンズはフィルター径58mmの製品が多いので、58mmと52mmでかなりの製品に対応できます。
それ以外のサイズはケンコーなどから汎用品が発売されているのでそれを使うか、気にしない方ならニコン・キャノンやパナソニックなどの純正品を使いましょう。

[58mm径] M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 / ED 40-150mm F4.0-5.6(R) / ED 75-300mm F4.8-6.7(II) / ED 75mm F1.8

[52mm径] M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 / ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ


 
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2013/08/24 14:06] | レンズ・フィルター | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8のレンズフード(オリンパス純正vsUNメタルフード)
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8にはレンズフードもポーチも付属しません。
レンズキャップ以外は全て別売です。

レンズ本体の(見かけ上の)価格を抑えようとするオリンパスの魂胆?
それとも、ポーチもフードも不要という方々への良心的なサービス??

それはさておき、屋外ポートレート撮影等で使うなら、少なくともフードは必要でしょう。


というわけで、純正の専用フードLH-61Fを購入しました。

LH-61F

たかがフードで定価10,500円(実売8,000円弱)と、私には非常識としか思えない価格設定です(-_-#)

しかし、「フードごときに1万円も払ってられるか!」と簡単には言わせないのがオリンパス商法(笑)でありまして…

OLYMPUS LENS HOOD LH-61F

MZD75mmF1.8レンズの金属外装と同じ素材で作られており、これが抜群のマッチング!

内側はクロス貼り

フード内壁には、内面反射防止用に高級感のある黒いクロスを貼るなど、細部まで丁寧に造り込まれており、見た目重視の方なら外せないでしょう。


しかし製造は中国

made in China...ort

まあ、フードくらいは中華製でも別に構わないのですけど、この目立つ位置に敢えてCHINAの文字をプリントする必要性は無かったと思います(-_- )


なお、レンズへの固定方法は捻じ込み式ではなく、クランプによるバンド式です。
レンズ先端にフードを嵌め込み、基部のつまみを回すとクランプが締まって固定される仕組みになっています。

固定方法はクランプ式

この方式では、何かの弾みでフードがずれたときに、レンズ本体に擦り傷がつく可能性があります。
高価なレンズですので、傷が付くようなフードはNGですね。


試しに装着してみました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+LH-61F

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+LH-61F

さすがに抜群の相性です。

工芸品のような美しさ。

OM-D+MZD75mmF1.8+LH-61F

OM-D+MZD75mmF1.8+LH-61F

でも、取り扱いも工芸品のように丁寧に、というのはちょっと面倒ですよね(^^;)



そんな方にお勧めするのがこちら。

UN-5558

UN(ユーエヌ)社製の捻じ込み式のメタルフードです。

レンズ前面のフィルター取り付け部に装着するので、バンド方式のようにずれてレンズ本体に傷を付けることはありません。

UN-5558

こちらは全くの汎用品ですが、高品質なアルミ梨地+シャンパンゴールド塗装仕上げとシンプルな一体型デザインにより、MZD75mmF1.8との相性は上々です(゚∀゚)

浅い(短い)ので、遮光性能に関してはあまり期待できないかもしれませんが、レンズ先端のガードとしての役割は十分に果たしてくれそうです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+UN-5558

何といってもメイドインジャパン

made in Japan!

にもかかわらず価格もお手頃で、定価1,995円のところ、価格.comにて送料税込1,409円で購入しました。

デザインの好き嫌いはあるかと思いますが、

OM-D+MZD75mmF1.8+UN5558

OM-D+MZD75mmF1.8+UN5558

私的には好みのデザインです。


フード内側の黒塗りは塗装ではなく、高級感がある美しい黒アルマイト処理!( ゚Д゚)

フード内側は溝加工+黒アルマイト処理

丁寧に仕上げられた溝加工とともに反射防止に役立っています。


よーく見ると、色味は若干異なるかも…。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+UN-5558

UNのフードは少し黄色っぽいシャンパンゴールド、M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8は若干赤味?を帯びたシルバーですね。

まあ、光に照らしてよく見ないと分からない位のレベルです。
実際、非純正の汎用品でここまでフィットすることはあまりないと思います。


装着時のサイズは、

LH-61F: 製品単体の全長約47mm 、装着時のレンズ全長約100mm
UN-5558: 製品単体の全長約24mm、装着時のレンズ全長約91mm
(※レンズマウント面からフード先端まで)

重量は、

LH-61F: 約62g
UN-5558: 約22g

ユーエヌ製は純正よりもかなり軽いのが美点です(^^)


気になるのはフードの高さ(長さ)。

LH-61FとUN-5558高さ比較

ユーエヌのフードは(おそらく)35mm判換算焦点距離50mm用ですから、換算150mmのこのレンズには少し浅い(短い)のかなと。

しかし、装着時のフードの深さ(フード先端からレンズ面までの距離)は見た目ほど変わらないようで…

フード先端からレンズ面までの距離

LH-61F: 約33mm
UN-5558: 約24mm
(※レンズ面からフード先端までの距離)

という結果でした(^^;)


また、プロテクターを装着する場合は、例えばKENKOのPRO1Dなら枠の厚さが約4mmほどありますから、24mm+4mm=28mmとなり、遮光性能も若干ですが高めることができます。

+PRO1D

上の写真では撮影の都合上、手持ちの黒のプロテクターを組み合わせていますが、同じくケンコーから販売されているシルバーのMCプロテクターならそこそこ調和すると思います。


<2016年2月8日更新>

当レンズをシルバーからブラックに買い換えましたので、レンズフードを追加購入しました。
純正フードにもブラックの設定があるようですが、現状、UNフードしか使っていませんので、UNメタルフードの黒バージョンを選択。

ネットで調べると、銀75mmF1.8に装着していた「メタルレンズフード」シリーズは既に廃番(製造中止)になっており、後継は「メタルフードブラック」シリーズ(ブラックのみのラインナップです)で、品番はUNX-5364(58mm径)でした。

UNメタルフードブラックUNX-5364

前モデルと同様、アルミ一体挽物の高い質感を誇りますが、形状が微妙に異なっていて…

先代のUNメタルレンズフードUN-5558(右)と現行品のUNメタルフードブラックUNX-5364(左)

先代モデルは先端にかけての広がり形状がなだらかで一体感のある形状でしたが、

先代のUNメタルレンズフードUN-5558

現行品は何となく野暮ったいというか…円柱と円錐をただくっつけたような形状です。

現行品のUNメタルフードブラックUNX-5364

デザインは好みもあると思いますが、個人的には先代のUN-5558のほうが好きでした。

とはいえ、質感の高さはお墨付き。

質感は高く、黒75mmF1.8にマッチしている

MZD75mmF1.8の質感をスポイルしません。

遮光機能はもちろん、レンズプロテクターの代用にもなってくれるUNメタルフードはやっぱり便利です。
保護性能をさらに高めたい方はUNフードの間にプロテクトフィルターを噛ますことも可能です。



最後に、レンズキャップについて、

レンズ付属のレンズキャップは使用不可…

どちらのフードもレンズ付属の横つまみ式のキャップは使えなくなります。

そのため、純正フードLH-61Fには、口径58mm用の前つまみ式レンズキャップLC-58Cが付属しています。

LC-58C

私が購入した中古のLH-61Fには欠品していたため追加購入しました。

単品でも販売されており、定価682円です。



LH-61Fのフード口径は実測約67mmですので、67mm口径用のキャップを購入してフード先端で着脱するようにすれば楽かな?などと考えましたが、着脱の繰り返しによりフード内側に貼り付けられた黒いクロスを傷める恐れがあるので、素直にLC-58Cにしました。


一方、UN5558の内径は約63mmで、62mmのレンズキャップが取り付けられると思います。

もちろん58mmのキャップも装着できますが、その場合、キャップはレンズ本体にではなく、フードのくびれ部分に嵌まる形になります。



キャップが通常より浅い位置に掛かるので、より外しやすくなります(^^)


 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2013/04/20 17:09] | レンズ・フィルター | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8を購入!!…でもレンズ内にゴミ混入orz
買ってしまいました。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

巷でウワサのM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8。
35mm判換算150mmの単焦点大口径望遠レンズです。

解像度、ボケ味、立体感や空気感の表現など、どれをとってもハイレベルで、その描写力はオリジナルフォーサーズの「松レンズ」に匹敵する、と言われています。


金属ボディの質感も素晴らしい。

金属製鏡筒

ブランドロゴ等はなんと、刻印です!

刻印のブランドロゴ

妥協の無い作り込みで、持ち主の所有欲を満たします。


そしてなんと日本製

made in Japan

オリンパス製品は漏れなく中国製造に移行したものと思っていました。
まだ国内に生産工場を残していたのですね。
まさか某メーカーの委託製造…ってことはないですよね(^^;)


耐フレア性能が抜群と評判の反射防止コーティング「ZEROコーティング」。

ZEROコーティング(Zuiko Extra-low Reflection Optical coating)

「MSC機構」による高速かつ静粛なオートフォーカス駆動のおかげで、撮影はすこぶる快適です。
俊敏なAFは、子どもを撮影するときなどに力を発揮します。

ピントリングのトルク感はパナソニックのマクロレンズLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.Sに似て、非常にスムーズです。
(2年間使用して少しガサガサ感が出ているmyパナマクロよりも上質な粘り感があって好感触です)
ただ、スムーズ過ぎるせいか、MFアシスト機能をONにしていると指がほんの少し触れるだけで拡大表示機能が働いてしまい鬱陶しいと感じます。


短所は、

①マイクロフォーサーズの単焦点レンズにしてはちょっと重い(305g)
→高倍率ズームのM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6(260g)より重いというのはちょっと…。
あと50g軽ければ、取り回しがもう少し楽になろうかと。
まあそこは、画質とのトレードオフですので仕方ないのかもしれません。

寄れない
(最短撮影距離84cm/最大撮影倍率0.1倍(35mm判換算0.2倍))
→MZD45mmF1.8と同様、思いのほか寄れません。「あれっ?」って感じ。

といったところでしょうか。
あとはこの換算150mmという微妙な画角をどう使いこなすかにかかっていますね。


購入店は価格.comで最安値常連の「東京電気」(株式会社LULインターナショナル)というちょっと怪しげな家電卸売。
送料税込みで75,150円でした。

通常、高額商品を購入する際に選択肢に入ることは無いお店ですが、とにかく安かった(当方北海道在住で送料無料になるお店が購入時点でここしかなく、次点のショップは数千円も高い)ため利用しましたが…

届いた商品は、レンズを包んでいるビニール袋がぐちゃぐちゃで明らかに開封済み品と判る代物。
それどころか、レンズ表面のゴミの付着具合からして、展示品ではないかと疑われるほどです(-_-#)

気になってレンズを覗いてみると不安的中、レンズ内(後玉側)に目立つゴミが混入しています。

レンズ内にゴミ
(※後玉側から覗いています)

ゴミがセンサーに近い後玉側にあるというのはかなり気になります。
強い光源を入れるとキラリと輝くほどですので、フレアや解像度の低下といった影響が出るかもしれません。

何より精神衛生上よくありません。
良いレンズを使って撮影気分を盛り上げよう!というのもこのレンズを購入した趣旨の一つですから(^^;)

少しくらい高くても、差額は保険だと思って信頼できるショップで買った方が結果的に損はしない、という典型的な例でした( -_-)


とりあえずクレームではなく、保証期間内の無料修理扱いでメーカーに処理してもらうことにしました。
私としては、このゴミが取れさえすればそれでいいので。
購入店にクレームを入れてもいいのでしょうが、クレームに該当する案件かはっきりせず、やり取りが面倒です。
私、結構気が弱いのです(笑)

ただオリンパスによると、ゴミの大きさと個数によっては影響無しと判断されて、未修理で戻されることもあるとか…。
とりあえず電話を入れて、正直に事情を説明しつつ、「オリンパス製品の品質を信頼して今まで愛用しています!」と念押ししておきました(笑)
(注:修理対応の場合は、行きの送料は保証期間内であっても自分持ちになります -_-;)



事前にweb上で修理の依頼手続きをして、2月27日にレンズを郵送。
(支社が近ければ支社に送っても良いし、直接持ち込んでもいいそうです)
約1週間後の3月5日にオリンパスから戻ってきました。

レンズ返送

とりあえず作業は無事行ってもらえました(^^)

修理納品書

今回のゴミのサイズが補修対象だったのか、購入時のクレーム扱いに準じて作業してもらえただけなのかは不明ですが、レンズ内の目立つゴミは除去されています。

目立つゴミは除去

しかし、前玉側に見られた細かいチリ?状のものは除去されていません。

ポツポツ…

さらに、強い光源を斜めに入れて超マクロ撮影すると…

チリ?レンズの気泡??

それまでは見えていなかった無数の細かいポツポツが浮かび上がりました( ゚Д゚)

あらためて納品修理書を読むと、

レンズの気泡は除去できませんので未修理となります」

との記載を発見。
つまり、このポツポツがその気泡?

光学用レンズでも普通に気泡は入るものなのですね。
逆に言うと、このサイズのチリなら撮影画像にはほぼ影響しないと考えて良いということでしょうか。



OM-Dに装着してみました。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+E-M5

はっきり言って、黒ボディにこのシルバーのレンズは全然似合いません(;-_-)

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+E-M5

シルバーのOM-Dに合わせればしっくり来るはずです(^^;)

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+E-M5

ブラック塗装バージョンが出るまで待とうという気持ちもありましたが、早く使ってみたいという欲求を抑えられませんでした。
レンズはお金で買えますが、レンズが無いことで撮り逃した写真はプライスレス!ということで。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+E-M5

次期OM-D、E-M6(E-M7?)を買うときは、シルバーにしようかな…。


<2016年2月7日更新>

その後、予想通りブラック塗装バージョンが発売されました(;-_-)
マイナーなシルバーの次にメジャーな黒という不可解な発売順は、2回買わせるためのオリンパスの作戦ではないかと勘ぐってしまいます。

そしてその作戦にまんまとかかってしまいました(笑)

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8ブラック

オリンパスオンラインショップで通常価格102,816円(税込) → プレミアム会員5%offで97,675円 → 割引ポイント上限アップ20%で78,140円 → 2015年フォトパス手帳プレミアクーポン4使用で7%off(※2016年度から廃止)の72,670円 → 2015年末のキャッシュバックキャンペーンで3,000円キャッシュバック(JCB商品券)により、実質69,670円で購入できたことになります。

シルバーの75mmF1.8はオークションで約72,000円(純正フード付き)で売却できたので、落札手数料を考慮してもほぼ等価交換できましたので良しとしましょう!


並べて見比べると、シルバーの方が高級感があります(^^;)

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8ブラック&シルバー

もちろん黒バージョンも金属の質感に高品質の塗装が美しい!

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8黒&銀

しかし、カメラ本体と組み合わせると…

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8ブラック+PEN E-P5シルバー

やっぱりレンズは黒に限る!と思い知らされるこの極上のマッチング(笑)
高い質感を誇るE-P5との組み合わせは溜め息ものです。

(結論) シルバーの本体にはやっぱり黒のレンズが合います(笑)


シルバーのレンズは基本、ホワイトのボディに合わせるのが定石のようです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+E-P2白

おそらく使うことは無いだろう白E-P2組み合わせですが、意外と似合っていますね。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+E-P2白

それにしても外付けビューファインダーVF-2の黒が目立つなぁ(笑)

M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8+E-P2白

これからLVFを買換えまたは買い増しするなら価格改定でVF-3の定価が大幅に引き下げされた今が狙い目ですね。
(しかしほぼ半額とは…今までの価格設定は何だったんだ!?ってつっこみたくなります)


とりあえず甥っ子くんに被写体になってもらおうかな(^^)


 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2013/03/23 13:26] | レンズ・フィルター | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。