スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ザ・ノース・フェイスのヌプシブーティーWP2のお手入れ(洗濯してみました)
丸2シーズン履いて履きっぱなしのヌプシブーティWP2(ウォータープルーフ2)。
冬場は通勤もプライベートの外出も、ほとんどこれ一足で過ごしました。
→ Nuptse Bootie WP2購入時の記事はこちら

ダウンジャケットのブーツ版のようなこの暖か靴は、革のロングブーツほどではありませんがよく蒸れます
ファブリーズなどで日常的に手入れをしても所詮気休め程度。
丸々『洗濯したい』と考えるオーナも多いのではないでしょうか。
もちろん私もその一人です。

しかしいくら布製とはいえ、実際に洗濯するのはなかなか勇気が要ります。
ブーツの性質(防水素材・ダウン類似素材)からして失敗する可能性が高そうですが…。
人柱覚悟で挑戦してみました(^^;)


※ちなみに今回私が試したのはヌプシブーティの「WP2」です。
次モデルの「WP3」は、表面、中綿ともに素材が異なるため、同じように洗濯できるかは不明です。(WP3は表面素材にコシ・張りがあって、より難しそうです)
また、表面の撥水加工のみと思われる通常モデルのヌプシブーティ(Nuptse Bootie 5など)は、中綿がダウンで表面素材も柔らかく、より楽に洗濯できそうですが、撥水性能が低下する恐れがあります。
靴のクリーニングを行っているクリーニング店で、撥水加工と合わせて相談してみるのがベストだと思います。
(こんな記事を書いておきながら何ですが ^^;)


-------------


こちらは洗う前のヌプシブーティ。

Nuptse Bootie WP2 洗濯前

2年履いて少しくたっとしていますが(^^;)、外側は防水撥水素材の恩恵により、染み込むような泥汚れ等は見当たりません。

ところが洗濯の際は、防水素材がネックになります。
内側の布地、中綿、そしてインナーソールは全自動洗濯機にただ入れて回しただけではしっかり洗えないでしょう。
必然的に手洗いになります。


おっと、内側に小さな「ほつれ」を発見!( ̄ロ ̄;)

Nuptse Bootie WP2

洗濯によりこの手のダメージが悪化しないか心配です。

EVA素材のソールは発泡ウレタンのような加水分解は見られず、

EVA素材のソール

多少変形はしていますが、まだまだ使えそうです(^^)



それでは実際に洗濯をしてみましょう。
まずは大き目のバケツにぬるま湯と洗濯用洗剤を入れます。

ぬるま湯と洗濯用洗剤を用意

洗濯用洗剤は泡切れの良い、NANOX(ナノックス)やHYGIA(ハイジア)のようなすすぎ1回でOKなタイプの洗剤を使います。

NANOX(ナノックス)

手洗いの際は洗剤の濃度を少し濃い目にします。
あまり濃くしすぎると泡切れが悪くなるので注意してください。

スポンジを泡立てるように、内側の素材に水をたっぷり含ませる → 優しく押して水を押し出す、の繰り返し。

優しく押し洗い

つま先もしっかり洗います。

最も汚れていると思われるインナーソールは、靴の中にせっけん水を入れて、ジャブジャブ振り洗い+押し洗いで念入りに洗浄。

ジャブジャブ振り洗い

さらにしっかり洗いたい方は、この後しばらく漬け置き洗いをしてもいいと思います。



続いてすすぎ…

さすが防水素材!というべきでしょうか、靴の中に水を流し込んでも水は縫い目から少し染み出す程度。

水で満たすと長靴のように美しく直立

水で満たすと長靴のように美しく直立します!Σ( ̄ロ ̄ ;)

…と、感心している場合ではありません。

せっけん水を含ませては優しく押し出す…を根気強く繰り返して、

すすぎ

シャボン泡がある程度出なくなったらすすぎ完了!



仕上げに洗濯機を使って脱水します。

洗濯機で脱水

重量バランスを取るため洗濯槽の対角線に靴を配置し、必ず履き口のほうを外側に向けて回します。
(反対にすると当然ですが水が出ていきません)

これだけでもかなり脱水されますが、乾燥機能(温風でもただの送風でも)が付いている洗濯機を使っている方はそちらを活用しましょう

私は油断して、脱水のみで済ませたところ、3日間は湿りっ気が取れませんでした(-_-lll)
外面の防水素材(一応透湿素材でもある)が邪魔をして、水分が外に逃げていかないようです。
手早く乾燥させないと、逆に雑菌が繁殖して生乾き臭が発生、なんてこともあり得ます。



脱水後は中に新聞紙を詰めて、風通しの良い場所で陰干ししました。

風通しの良い場所で陰干し

新聞紙は、初日は数時間おきに、以降は半日に1回以上は交換しないダメなくらい水分が出続けます。

(逆さにして干すのもいいかもしれません)
逆さにして干す


-------------


一週間後、

Nuptse Bootie WP2 洗濯後

完全に乾きました。

心なしか、素材にふんわりボリュームと張りが出たような気がします(^^)
気になるニオイも問題なし(笑)
型崩れ、布素材の脱色や縮み・伸び、破れなどは見られず、一応成功したようです。

後は防水性が保たれているかどうかですね。
今試してみる気力はさすがに無いので(笑)、来シーズンに結果を報告します!(^^)


-------------


<2016年12月17日追記>

洗濯をしてから2年目の冬を迎えましたが、防水性・撥水性及び保温性が顕著に低下するようなことはありません
購入から4年目が経過しても、いまだに現役で通勤、外出に活躍しています。

今では街中でもそこそこ見かけるようになりましたが、ファッションとして取り入れにくいデザインなのでしょうか、街履きしている人は売れている割にはまだ少数派のように感じます。

実際にコーディネートしてみると、靴のボリュームで見た目の重心がかなり下がる(象の足のよう)ため、トップスとのバランスが難しいですね。
基本的に、男性の冬の通勤ファッションに合わせると、もっさい感じになりがちです(←私です ^^;)
女性なら、ヌプシ・ウールのショートタイプに短めのスカート、トップスは少しボリューム感のあるコート(Pコートとか)みたいなのが個人的には好きです(笑)

なお、WP(ウォータープルーフ=防水)タイプも、基本的には外側に撥水素材を、内側に防水メンブレインを使用しているので、水に浸かるなどすると外側のシェル及び中綿には浸水するそうです。


 
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2015/04/25 17:41] | その他撮影用品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
PEN E-P5にACRU(アクリュ)のレザーカメラストラップ
このところ撮影と言えば野外撮影(主に登山)が多く、防塵防滴仕様のE-M5が旧モデルながらも大活躍。
E-P5の登場機会はめっきり少なくなってしまいました。

カメラストラップも、一時しのぎで装着していたGF1の純正付属品のまま(-_-;)

なぜかGF1の純正ストラップ…

かさばらないので収納は楽なんですけどね(^^;)、

かさばらないので収納は楽

ビジュアル重視のPENには相応しくありません。

気持ちを盛り上げるためにも、まずはこの色気も味気もない純正ストラップを変えることにしました。


購入したのは、毎度おなじみACRU(アクリュ)さんの、

ACRU(アクリュ)/Cache bulge(カシェ・バルジ)

フルレザーのストラップ「カシェ・バルジ」(税込9,720円)。
こちらは、発売当初「カシェタイプⅣ(4)」と呼ばれていた商品(のはず)です。

「カシェ」(Cache)はフランス語で「隠す」、「バルジ」(bulge)は同じくフランス語で「膨らみ」を意味するんだそうです。

ACRU(アクリュ)/Cache bulge(カシェ・バルジ)

その名のとおり、ストラップの両端のベルトバックルやスナップボタンなどの金属部分を皮製のカバーで「隠す」造りになっています。
カメラの傷付き防止はもちろん、ストラップ部分とは革質(色味)の異なる革が使われており、デザイン上のアクセントにもなっています。


ストラップの幅は20mm(肩当部分を除く)で、マイクロフォーサーズはもちろん小型~中型の一眼レフカメラにも対応する強度を備えています。

さっそくPEN E-P5に取り付けてみました。

カシェ・バルジ+PEN E-P5

色はシルバーに合わせるとなると…やはりブラウン系が無難かと。
その中でも恐らく間違い無いだろう、鉄板カラーの「カフェオレ」に決めました。

カラーは「カフェオレ」

さすがのマッチングです。
一気におしゃれ感が増しました(笑)
経年変化を楽しむなら「ナチュラル」という選択肢もアリだと思います。


このストラップの最大の特徴、「バルジ」の由来でもある「膨らんだ」肩当て部分。

肩当て部分の膨らみ

繋ぎ目のない一枚革で仕上げられています。
かなりユニークなデザインです。

これをすっきり・シンプルと捉えるか、エグい(?笑)と感じるかは人それぞれでしょうね(^^;)
私的には好みのデザインですが、好みでない方にはストレートタイプ(太・細の2種)も用意されています。


肩当てのパッドなど余計なパーツが無いことと、柔らかい革質により、レンズに巻き付けるなどして比較的コンパクトにまとめることができます。

柔らかい革質

新品時はまだまだ固いですが、使用に伴い柔らかくなることは現在E-P2に装着している「フルレザーカメラストラップ」で実証済みです。


革質は、表面はアンティーク調のレザー、

表面はアンティーク調のレザー

裏面は防水仕様のレザーとなっています。

裏面は防水仕様のレザー

単なる撥水ではなく「防水」仕様のため強力です。
白シャツの上に掛けても、今のところ汗による色移りなどは見受けられません。


最も負荷がかかるカメラを取り付ける革テープ部分にもひと工夫されていて、

裏側にナイロンテープを張り合わせて補強

裏側にナイロンテープを張り合わせて補強しており、磨耗にも伸びにも強い仕様となっています。


取り付け方法は、

カメラへの取り付け手順

ストラップエンド(革テープ)を

1 カメラのアイレット(取り付け金具)に通す
2 ストラップのベルトループに通す
3 革のカバーに通す
4 バックルに通す
5 カバーをスナップボタンで留める

の順に装着します。

なお、ベルト穴は一つしか開いておらず、長さ調整は基本的にできません。

ベルトバックル

そこで気になるのがストラップの長さ。

私は身長約180cm。
アクリュの推奨サイズは身長180cmの場合、前掛けで90cm、斜め掛けで120cmとなっています。

私は斜め掛けも前掛けもできるように、斜め掛けの長さを基準に少し短めの110cmにしてみました。

斜め掛け(身長約180cm)

斜め掛けは問題なくできます。

前掛け(身長約180cm)

前掛け時に少し長くてブラブラする感がありますが、余り短いと見た目格好悪いので、自分にはちょうど良いサイズでした(^^)

これでE-P5を持ち出す機会もぐっと増えることでしょう(?)(^‐^)

 
続きを読む

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2015/02/22 20:10] | その他撮影用品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
MZD14-150mmのレンズキャップを前つまみ式に交換
タイトルの通りですが、高倍率レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6のレンズキャップを交換しました。

LC-58C Lens Cap

LC-58Cという前つまみ式のレンズキャップ(定価682円)です。

LC-58C レンズキャップ

純正付属品(LC-58E)↓は横つまみ式(横プッシュ式?)のため、

純正付属のLC-58E

レンズフードを装着したオリンパス14-150mmではキャップの着脱が煩わしくてしょうがありませんでした(#-_-)

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6+LC-58E

急いでいるときは特にイライラします(#-_-)

…なんて言うと、そもそもキャップを付けなきゃいいじゃん!という声が聞こえてきそうですね(^^;)
プロテクトフィルターも付けているので余計に。

キャップを装着する目的は、カメラバッグからレンズを取り出す際などに、レンズ表面(フィルター)に触って指紋を付けたり、バッグ内の汚れや埃が付着するのを防ぐためです。

撮影しようとした時に気付いて拭き取るタイムロスとそれによるチャンスロス、そして汚れに気づかずに撮影を続けるリスクは、キャップを外す手間よりも大きいという考え方です。


LC-58Cを装着したところ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6+LC-58C

若干ボリューム感が出ましたが、違和感は特にありません。

着脱は超楽ちんになりました(^^)v

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6+LC-58C

ちなみに、パナソニックは標準ズームの純正キャップも中央つまみ式(横つまみ式とのハイブリッド)です。

LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6

元々レンズフードの設定が無いパンケーキレンズLumix G 20mm/F1.7 ASPH.のみ横つまみ式でした。

前つまみ方式なら、フードの有無にかかわらず不便無く使えるのですから、難しく考えずレンズフードの設定があるレンズは漏れなく前つまみタイプのキャップにしてしまえばいいのにと思うのですけど…オリンパスが頑なに横つまみ式を採用することに、何か理由でもあるのでしょうか。

おそらく製造コストの問題か、デザイン上の理由(薄型の洗練されたデザインにしたかった?)だと思いますけど、前つまみ式でも上手くデザインすればすっきりとした見た目にできると思います(゚‐^)

ちなみに私はLumixの前つまみ式レンズキャップを見て野暮ったいとは特に思いません。

オリンパスさん、今からでも遅くないですからね(笑)


--------------


58mm以外のサイズは、オリンパス純正品ではオリンパスオンラインを見る限り、マイクロフォーサーズ用レンズに使えそうなものとして52mm用のLC-52Bという製品がありました。
オリンパスの標準~望遠レンズはフィルター径58mmの製品が多いので、58mmと52mmでかなりの製品に対応できます。
それ以外のサイズはケンコーなどから汎用品が発売されているのでそれを使うか、気にしない方ならニコン・キャノンやパナソニックなどの純正品を使いましょう。

[58mm径] M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 / ED 40-150mm F4.0-5.6(R) / ED 75-300mm F4.8-6.7(II) / ED 75mm F1.8

[52mm径] M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 / ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ


 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

[2013/08/24 14:06] | レンズ・フィルター | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。