サッポロファクトリーのイルミネーション~ジャンボクリスマスツリー 2015
11月23日、買い物ついでにサッポロファクトリーのクリスマス・イルミネーションを見にいきました。

サッポロファクトリーのクリスマスツリーとイルミネーション2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

アトリウム中央に位置する高さ約15mの巨大なクリスマスツリーには、今年も広尾町のサンタランドから寄贈された生木のトドマツが用いられているそうです。

輸送・搬入・設置、そして約2か月間の維持にかかる労力及び費用は相当なものでしょう。

かの有名なディズニーランドのクリスマスツリーでさえ本体の木はフェイク(作り物)でしたから(^^;)、それを札幌の一複合商業施設でやってしまうなんて、すごいことだと思います。


アトリウムのステージでは、夕方の情報番組の収録(生放送)が行われていました。

サッポロファクトリーのクリスマスツリーとイルミネーション2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ちなみに、一昨年(2013年)に訪れた際は、歌手(女優?)の大原櫻子さんがトークライブを行っていました。


ホールの床に描かれている同心円状の無数の曲線、

サッポロファクトリーのクリスマスツリーとイルミネーション2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

よく見ると、曲線の先端に反射板が付けられていて、イルミネーションの光を反射して星のようにキラキラと輝いています(^‐^)

上から眺めるとよく分かりますね、実は星の軌跡(または流れ星)を表しているのです!


正面入り口側に回り、3階テラスから超広角レンズを使ってアトリウム全体を撮影。

札幌ファクトリーアトリウム全景
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

魚眼レンズだとこんな感じに…

アトリウム全景(魚眼レンズ使用)
OM-D E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

水平の場合は広角レンズとあまり変わりませんが…

少し仰角をつけると、

サッポロファクトリーのクリスマスツリーとイルミネーション2015
OM-D E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

魚眼レンズ特有の歪みが出て、一味違う写真が撮れることも。


MZD75mmF1.8は…

サッポロファクトリーのクリスマスツリーとイルミネーション2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

この距離では力を発揮できません(^^;)
そろそろ下に降りて撮影しましょう。


得意の「下から見上げる構図」+魚眼レンズ!

サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリー2015
OM-D E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

まさに「小宇宙」!
(なんて、以前の記事でも書いたような気がします 笑)

サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリー2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

玉ボケをきれいに撮るのはどうも苦手…


最後に、一時間おきに行われる「音楽と光によるショータイム」を鑑賞。

(16時から22時までの毎時00分から約5分間実施)
サッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリー2015
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

アトリウムが光の輝きで満ち溢れました(^^)


 
スポンサーサイト

テーマ:イルミネーション - ジャンル:写真

[2015/11/23 23:43] | その他写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
東京ディズニーリゾート~ディズニーシー
この歳にしてディズニーリゾート初体験。
(今回は東京ディズニーシーのみ)

私は人混み嫌い、待つのも嫌い、遊園地の乗り物にも特段興味なし、挙句にディズニーの映画もほとんど見たことがないという(アナ雪すら見てません)ディズニーランドとは無縁の人間で、おそらく一度も行かぬまま人生を終えるだろうと思っていました(^^;)
(ツムツムをやってるのでキャラの名前だけはよく知っています。笑)

今回は縁あってTDSに行くことになりましたが、TDRでの遊び方をよく知っている人と行けたので、こんな私でもそれなりに楽しめました(^^)
(ディズニーファンがディズニーに興味のない人とTDRに行くとロクなことがない、というのが通説らしいが…)

なお、写真は全てコンデジのRX100で撮影しています。
我ながらなかなかよく撮れていると思います(笑)


-------------


旅程は10/25(日)・26(月)の二日間で、TDSは初日の日曜日のみの入園でした。


最初に出会ったキャラクターはグーフィー。

最初に出会ったのはグーフィー。物語の中と服装が違います。シー仕様?

変わった服装は「シー」仕様だがらでしょうか。


シー内を一周する蒸気船「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」。

東京ディズニーシーを一周する蒸気船「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」

後ほど乗船します(^^)


アリエルのテーマパーク「マーメイドラグーン」内の屋内施設「トリトンズ・キングダム」

トリトンズキングダムのアトラクション「ワールプール」


ミッキーの画が刻印された「ティラミスアイスクリームサンドウィッチ」310円。

ティラミスアイスクリームサンドウィッチ(ティラミス・クッキーサンドアイス)税込み310円

キャラクターで釣っているだけと思いきや、これがなかなか美味しい(^^)


造り物の街並みとは思えないクォリティの高さ!

メディテレーニアンハーバーをRX100のパノラマで撮影

ランドよりシーの方が画になる風景が多いとか。


「ピノキオ」から、キツネの詐欺師ファウルフェロー。

「ピノキオ」から、キツネの詐欺師ファウルフェロー(J.Worthington Foulfellow)

隣の中国人と会話をしているように見えますが、グリーティングで出会ったキャラクターは決してしゃべりません
当然ですけど、キャラの声は”世界で一つ”だからです。


ディズニーシー・トランジットスチーマーラインに乗船。

ディズニーシー・トランジットスチーマーラインに乗船

園内のエリア間の移動にも使えます。


ヴェネツィアン・ゴンドラにも乗りたかったが、



混雑していたため断念。


「夢の国」の塀の外は…現実世界の東京湾。

塀の外は東京湾

往来するタンカーの数はさすが東京湾といったところ。


トイ・ストーリー・マニア!はファストパスが取れず。

ウッディに食べられる…トイ・ストーリー・マニア!はファストパス取れず。休日は朝一からじゃないと厳しそうですね。

みんなウッディに食べられてしまえ!(笑)


鼻が黒いのでチップでしょうか?

鼻が黒いのでチップでしょうか…

「チョコチップと鼻血デール」で覚えるといいんだとか(笑)
そしてミッキーにはなかなか出会えません( -_-)


ディズニーシー・エレクトリックレールウェイの車窓から。

ディズニーシー・エレクトリックレールウェイの車窓から

アメリカの田舎の街並みが、リアルなアンティーク加工により再現されています。


昼食はいったんディズニーリゾートを抜け出して、幕張の「いきなり!ステーキ」で肉三昧。

お昼はディズニーリゾートからいったん出て、幕張プレナの「いきなりステーキ」で肉(リブロースステーキ300g!)をむさぼる

リブロース300gで1,800円+税。
思ったより柔らかくて美味しい!


夕方16:30頃、ディズニーリゾートに戻る。

夕方、ディズニーリゾートに戻る。夕日が綺麗

夕日がきれい(^^)


憧れのディズニーランドホテル。

憧れのディズニーランドホテル

一部屋○○円の価格設定のため、家族4人ならそれなりの料金で泊まれるとか…。


ディズニーリゾートを一周するモノレール「ディズニーリゾートライン」に乗ってディズニーシーへ移動。

モノレール(ディズニーリゾートライン)に乗ってディズニーシーへ移動。広大な駐車場はこの時間でも満車

広い駐車場はこの時間でも満車ですね。


夕暮れのメディテレーニアンハーバーをRX100のパノラマで。

夕暮れのメディテレーニアンハーバーをパノラマで


ファストパスを取って乗ったストームライダー。

ストームライダー。酔います(笑)。映像に合わせて床が動くだけなのですがかなりの臨場感・スリルがあります。2016年5月16日(月)をもってクローズ。その前に乗れてよかった(^^)

映像に合わせて床が動く仕組みですが、なかなかの臨場感とスリル。酔います(笑)
2016年5月16日(月)をもってクローズとのこと。その前に乗れてよかった(^^)v


餃子ドッグのハロウィーン・スペシャルバージョン「ツートーンギョウザドッグ」550円

餃子ドッグのハロウィーン・スペシャルバージョン「ツートーンギョウザドッグ」税込550円


メディテレーニアンハーバーで開催される夜の水上ショー「ファンタズミック!」。

メディテレーニアンハーバーで開催される夜の水上ショー「ファンタズミック!」。映し出されたのはライオンキング


塔の上のソーサラーミッキーがドラゴンに戦いを挑む。

塔の上のソーサラーミッキーがドラゴンに戦いを挑む


光アリ、炎アリの、迫力のクライマックスシーン!

ミッキーがドラゴンに立ち向かう、光アリ、炎アリのクライマックスシーン

強風のため、ラストの花火が中止になったのは非常に残念でしたが、ショーが行われただけでも良しとしましょう(^^)


センターオブジア―スの舞台、プロメテウス火山は約1時間の間隔で噴火するらしい。

ちなみにプロメテウス火山は約1時間の間隔で噴火するらしい

最後にその「センターオブジア―ス」へ。

最後に「センターオブジア―ス」。落ちる時間が長くて辛い(lll-_-)

ジェットコースター系の乗り物はやはり性に合いません(^^;)
この手の乗り物は落ちる時間が長いほどツラいということが分かりました(lll-_-)
タワー・オブ・テラーなんかも駄目な感じでしょう( -_-)


夜のメディテレーニアンハーバーもいい雰囲気。

夜のメディテレーニアンハーバー

閉園時間が近づきました。
名残惜しいですが、そろそろ退園します。


帰り際、メインエントランスにある大きな地球儀「アクアスフィア」で、

ディズニーシーのメインエントランスにある大きな地球儀「アクアスフィア」。女子高生のポーズをよく見ると「LOVE」でした(^^)

女子高生のポーズをよく見ると「LOVE」でした(*^^)


宿泊はディズニーオフィシャルホテル「ヒルトン東京ベイ」。

ディズニーオフィシャルホテル「ヒルトン東京ベイ」。残念ならが海側でした(^^;)

部屋は残念ながら海側でした(^^;)


朝食後、モノレールに乗って舞浜駅へ。

モノレール(ディズニーリゾートライン)に乗って舞浜駅へ

先頭車両に載ってGO!
なお、完全自動運転化されていて運転手はいません。
(監視及び案内要員の車掌は乗車しているらしいです)


舞浜駅イクスピアリに立ち寄り、ホノルルコーヒーで「コナコーヒークリームパンケーキ」をいただきました。

舞浜駅イクスピアリの「ホノルルコーヒー」のコナコーヒークリームパンケーキ

舞浜~羽田空港間はリムジンバスを利用。
無事千歳に到着し、2日間の旅程を終えました!


-------------


初日は午前中から閉園の22:00まで遊んで総歩数2万歩弱!
さすがに疲れましたが、思っていた以上に楽しむことができて満足です(^^)
次はTDLですね!


 

テーマ:ディズニー・ギャラリー - ジャンル:写真

[2015/10/26 23:08] | その他写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パレットの丘のひまわり畑 2015
星野リゾートトマムの雲海テラス(トマム山登山~ユンニの湯)から続く…


由仁町のユンニの湯から15分ほどで、長沼の「リンストランテクレス」に到着。

(リストランテ・クレス長沼)
リストランテクレス長沼

さすがに平日だけあって、待ち時間なしで席に着くことができました(^^)v

(平日の休日って最高!笑)
リストランテクレス長沼

クレス長沼店のシステムは、バイキングのみの札幌美しが丘店と異なり、「メインディッシュ一皿」+「野菜ビュッフェ」のセット(大人1,600円※)となっています。
※2016年4月1日から1,700円

(メニュー)
リストランテクレス長沼メニュー

メインディッシュは「桜えびとフレッシュパセリの塩味パスタ」を選択。

(メインディッシュ)
リストランテクレス長沼メインディッシュ

うーん、パスタは相変わらず油分が多すぎる一方、水分が足りません。
作り置きするときはこういう作り方をすることもありますけど…できたてを提供するために、あえてメインディッシュ+ビュッフェのスタイルを採っているのでは?と思ってしまいます(^^;)


一方の野菜ビュッフェは、相変わらず満足度が高い!

(野菜ビュッフェの料理の一部。左上はメインディッシュの「フレッシュサーモンのマリネ」)
リストランテクレス長沼ビュッフェの料理

どれを取ってもハズレがありません。
大根のハニー&マスタードソースやコールスローなどの鉄板メニューはもちろん、季節の野菜を使った限定メニューも豊富で、私のような野菜好きにはホントたまりません。
これでもか!というくらい野菜が食べられます(笑)

また、ドリンクは100%オレンジジュースやトマトジュース、コーヒーも飲み放題ですし、デザートも定番のクリームブリュレとパンナコッタは必食です。
こちらは良い意味で期待を裏切りません。
だからこそ、いつも多くの客で賑わっているのでしょう。

(野菜ビュッフェ)
リストランテクレス長沼店内

しかし一通り食べ終えた頃、窓の外の天気が一変。
大雨と暴風が吹き始めました(lll゚Д゚)

天気予報アプリの雨雲レーダーによると、雨雲が断続的に上空を通過する模様。
コーヒーとデザートでしばらく粘り(^^;)、雨雲が去ったところを見計らって店を出ました。

パレットの丘の天気が心配です。
とにかく行ってみましょう。



車を走らせること30分弱、千歳市の幌加にある「パレットの丘」に到着!

(ひまわり咲いています!)
千歳市パレットの丘のひまわり

雨は今のところ止んでいます(^^)v

ゴルフ場を抜けた先にある「今忍農場」(こんしのぶのうじょう?)さんの敷地に設けられた臨時駐車場に車を停めさせていただきました。

千歳パレット丘臨時駐車場

目の前には、

千歳市パレットの丘のひまわり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

どこまでも広がる広大なひまわり畑!

雲間には青空ものぞいていますが、

千歳市パレットの丘のひまわり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

黒い雲はどうにもいただけません(-_-;)

花びらが雨に打たれてくたっとしています。

千歳市パレットの丘のひまわり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

が、花は満開で傷んでおらず時期としては見頃の最盛期(^^)

パノラマで撮ると結構な迫力です。

千歳市パレットの丘のひまわり(パノラマ)
DSC-RX100 by Panorama

(パノラマ縦方向)
千歳市パレットの丘のひまわり(パノラマ縦方向)
DSC-RX100 by Panorama

総面積で言えば北竜町のひまわりの里に軍配が上がると思いますが、奥行きはそれ以上でしょう。

反対側は青空なんですけどね…

(畑のちょうど真ん中あたりにある通路から前後を撮影しています)
千歳市パレットの丘のひまわり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

花も反対側を向いてしまっています(^^;)

(アップにするとイマイチ…花びらがしぼんでいます)
千歳市パレットの丘のひまわり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

それでも望遠で切り取れば、「これでもか!」というくらいにひまわりが画面全体を埋め尽くします。

千歳市パレットの丘のひまわり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

(快晴なら最高のシチュエーションでしょう)
千歳市パレットの丘のひまわり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

(ありきたりの表現になりますが、まさに「ひまわりの絨毯」)
千歳市パレットの丘のひまわり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

車を停めさせていただいている「今忍農園」さんの畑にもお邪魔しました。

千歳市パレットの丘のひまわり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

2011年に訪れたときも撮影させてもらっています(^^)

ひまわりは背の低い緑肥用の品種で、鑑賞後は鋤き込んで緑肥にするようです。
したがって、必然的に毎年ひまわり畑の位置は変わります

もしかしたら単に当番制なのかもしれませんが(^^;)
とにかく農家さんが毎年交代で作付けしているようで、いくつかのエリアに点在しています。

他の畑にも行ってみましょう!

千歳市パレットの丘のひまわり
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

きれいな青空なんですが、ひまわりも青空の方を向いてしまっていて、うまい具合に撮れません(;_;)

(パノラマ)
千歳市パレットの丘のひまわり(パノラマ)
DSC-RX100 by Panorama

これでひまわりがこちらを向いていてくれたら、とてもいい画になったと思います。


札幌へ帰る途中、

再び「光のカーテン」
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

再び天使の梯子ならぬ「光のカーテン」が現れ、撮影三昧の一日を締めくくりました。


この日は午前2時から丸一日活動して、過酷ではありましたが大変充実した一日になりました。
それも全て、雲海が見られたことに尽きます(^^)

トマム雲海テラスにはいずれまた挑戦します。
滝のように流れる壮大な雲海がいつか見られるように…。


 

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

[2015/09/28 23:55] | その他写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>