スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
冬のえこりん村(2013冬~2014春)
2014年初のえこりん村訪問です。

仕事の都合によりすっかり足が遠のいてしまい、今期はまだ1度しか訪問できていません。
うーん、年間パスが勿体ない(^^;)
…だからというわけではありませんが、とりあえず正月休みが取れたので、久しぶりにえこりん村を訪ねてみました。


佇むバッファロー。

バッファロー
PEN E-P3/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

この感じ、久しぶりです。



冬期間は銀河庭園エリアが閉鎖のため、みどりの牧場(雪のどうぶつ広場)で入場受付を行います。

雪のどうぶつ広場

こちらもだいぶ縮小されていますが、この時期は訪れる客も少ないので、間近でゆっくり動物たちと触れ合うことができます。



リャマに混じって、アルパカ発見!

アルパカ

あの子はおそらく例の「モコモコ」ちゃん。
冬になっても相変わらずライオンのままですね(^^;)


近寄っても逃げない、サービス精神旺盛なリャマを魚眼レンズで。

リャマ
OM-D E-M5/LUMIX G FISHEYE 8mm/F3.5

写真で見る以上に接近していますが、嫌がることなく撮らせてくれました。



ニュージーランド・ハンタウェイのパールちゃん。
(君だと思っていたら、メスでした ^^;)

パール
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

外を歩く飼育員(ボス?)の行動が気になって仕方ない様子。
根っからの牧羊犬です。



続いて、牧場の奥の方にあるヤギの飼育小屋へ。

山羊の子
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

「アルパカになんか、負けないぞぉ」

眼光鋭く、一見コワモテの山羊。これが触れ合うとなかなかかわいいのです。

山羊の子
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

でも調子に乗ると、頭突き&体当たりされたり、服の裾を食べられたりするのでご注意を(笑)



山羊小屋を出て、「アルパカふれあいタイム」に参加するため、アルパカの囲いへ向かいます。

アルパカコーナーも縮小されていて、今日の出番は2頭のみ。

アルパカ
OM-D E-M5/Lumix G 20mm/F1.7 ASPH.

寒さのせいか反応も鈍く、いい角度で撮らせてもらうのに苦労しました。



次は「牧羊犬ショー」。

こちらは本日追いかけられる羊、スマイル羊の「ハッピー」くん、

”スマイルひつじ”の「ハッピー」
PEN E-P3/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6(友人撮影)

牧羊犬に追われる羊
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

…以下5頭が集結しました。

牧羊犬に追われる羊
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

追うのはボーダーコリーの「ロイ」くん(雄2歳)です。

ロイ
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

「メグ」かと思ったら、違いました。
えこりん村で一から育て上げた牧羊犬第一期生だそうです(^o^)

ロイ君はまだ若いからか、とにかくテンションが高い!
それでもハンドラーのお姉さんの言うことを的確に理解して、無事羊追いを成功させました。

ロイ君とハンドラーのお姉さん
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

お姉さんに褒められて嬉しくてたまらない様子です(^^)

得意げなロイ
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

どうですか、この得意げな顔(笑)
かわいいですね~。


引き続き、「ひつじレース」が行われました。

ひつじレース

青のバンダナの○○君(名前忘れました^^;)、ぐいぐい来ます。

一方、スマイルひつじのハッピー君はやる気無し(^^;)

ひつじレース

勝者を当てた人には、羊への餌やりの権利が与えられます。



髪飾り(シュシュ?ボンボン?)を付けたかわいらしいミニチュアホース。

ミニチュアホース
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

そういえば今年は午年でしたね。

ミニチュアホース
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

今年も皆様にとって良い年となりますよう、お祈りいたします!



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
えこりん村
北海道恵庭市牧場241-2
営業時間:10:30~15:00[2014/2/1~3/2]
http://www.ecorinvillage.com/
_______________________________


スポンサーサイト

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

[2014/02/11 15:38] | えこりん村 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
えこりん村2013春~夏 (2)
えこりん村2013春~夏 (1)より続く…


本州の暑さに比べれば随分マシなんでしょうが、それでも頭がクラクラするほど暑い…。
冷たい飲み物とソフトクリームを求めて銀河庭園に移動します。


銀河庭園内にあるカフェテリアコーナー「小さなバラの村」

小さなバラの村

待ってましたのローズソフトクリーム(^‐^)

【北海道×えこりん村】ロズビィ・バラソフト

そして爽やかにアイスローズティ( ̄∇ ̄)v

アイスローズティ

えこりん村の2大薔薇スイーツ?でエネルギーを補充(^o^)/

バラといえば今、えこりん村は「バラ祭り」開催期間中(6/29~7/15)ですね。

バラ祭り
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

しかしバラの時季はほぼ終わり頃。

バラ祭り
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

バラ以外の被写体を探しに、花畑や庭園にも足を運んでみました。

花畑
PEN E-P5/Cマウント 25mm F1.4 トイレンズ

以前、動物たちがいたスペース「スモールファーム」は庭園と菜園に変わっていました。
これだけの広さの庭園を手入れし、維持するのはさぞ大変なことでしょう。

花畑やフラワーバスケットなど、被写体になりそうな素材が他にもたくさんあります。

フラワーバスケット
PEN E-P5/Cマウント 25mm F1.4 トイレンズ

チケットは共通ですので、銀河庭園にもぜひ足を運んでみてください(^^)

涼しげに咲く花々に癒され、体の火照りも落ち着いたところでみどりの牧場に戻ります。



次のプログラムは「ひつじレース」。

こちらは走者のひとり、ちょっと前にTVで取り上げられて有名になったスマイルヒツジの「ハッピー」くん。

スマイルヒツジ
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

しかし最近、この「スマイルひつじ」が言うほどスマイリーじゃないという苦情が私のもとに届いておりまして…。
確かにこの日も、この暑さでご機嫌斜め?

その疑惑、私が晴らして差し上げましょう。

スマイルひつじ(冬)
PEN E-P3/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

今年の冬に撮影した、おそらくハッピーくんとは異なる個体ですが、どうでしょう、この愛らしい表情。

チェビオットという種類の羊は、口角が上がっていて笑顔のように見えるのです。

スマイルひつじ(冬)
PEN E-P3/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

スマイルヒツジの名に恥じない、素敵な笑顔ですよね(^‐^)



さて、ひつじレースが始まりました。

ひつじレース
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

ハッピーくん以下3頭は全く走る気無し(-_-;)
スタート地点にある日陰から出ようとしません。

他の羊たちも、ゴールでもらえる「釣り」のおやつよりも新緑の牧草の方が好みのようで…

顔を上げて
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

ひたすら草をもぐもぐ…なかなか顔を上げてくれません。
青空バックに最高のシチュエーションですが、いい表情は撮れず…残念。


続いてヤギ小屋へ。

ヤギ小屋
PEN E-P5/Cマウント 25mm F1.4 トイレンズ

子ヤギちゃん、超かわいいっす。

子ヤギ
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

あー、連れて帰りたい。

子ヤギ
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

それにしても、この浮かび上がるような立体感、M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8の描写にぞっこんです。

一方で、これほど使いづらい画角とも思っていませんでした(笑)
モデルを使ったポートレート撮影等でなければ、M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8の方が使い勝手がいいと思います。

こちらは5月に訪れたときの甥っ子くん。

甥っ子くんと山羊
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

子ヤギにおそるおそる餌をあげています。
犬以外の動物は基本的に苦手なようです。



次は、お楽しみのアルパカコーナー!

モコモコちゃん(♀)

モコモコ

モコ…モ………。

ガリガリ!?
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

ガリガリやん!!
…夏仕様?
しかし、全然涼しそうに見えないのは気のせいでしょうか(;-_-)

うーん、このギャップ感…確かに面白いのですが、この子女の子なのにちょっとかわいそうな気がしてきました(^^;)


ちなみにこちらが春に甥っ子くんと訪れた際に撮影した、毛刈り前のかわいいモコモコちゃんです。

毛刈り前のかわいいモコモコ
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

毎年顔周りだけ残して刈られているのでしょうか、すでに顔周りだけモコモコ(^^;)

そうそう、春に訪れたときはみんな毛刈り直前の一番もふもふしていた時期でした。

もふもふ
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6
(甥っ子くんもかわいさでは負けていません)

それが今ではこんな様子。

しょぼーん
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

かわいい度が大幅にダウン(lll゚Д゚)
しかし、この炎天下にぶ厚い”アルパカウールのセーター”を着させるわけにもいきませんよね。
というわけで、もふもふのアルパカを見たいなら5月までに訪れるのがベストです。



「ファームツアー」にも参加しました。

バイオディーゼル燃料で動くトラクター(トラックトレーラー)に引かれて、普段は見ることのできない牧場の裏側を見て回ることができる小ツアーです。

ガイドの添乗もあり、動物や飼育員さんの裏話が聞けるかもしれません。

ファームツアー

それでは出発!


ファームツアーのトレーラーを見つけると必ず寄ってくるらしいラマのラー君。

ラマのラー君
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

女性にはよく懐くのですが、眼鏡をかけた男性(私?)が嫌いらしく、威嚇の”唾”を吐きかけてくることもあるそうなので要注意です。


裏の農場では豚が飼育されていました。
ここで飼育されているのは日本の食用ブランド豚の銘柄名に使われている「三元豚」と呼ばれる種類(3品種を掛け合わせた交雑種)の豚。

三元豚の子ども達
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

広々とした牧草地で、健康的に育てられています。

春先に甥っ子くんと来たときは、ここには羊の赤ちゃんがいて、元気一杯走り回っていました。

赤ちゃんヒツジ達
OM-D E-M5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

私達を見つけて、怖がりながらも興味津々、おそるおそる近づいてくる様子がとても可愛らしかったです。



最後に、えこりん村入口付近にいるバッファローを遠目に眺めて、

バッファロー
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

帰路に着きました(^‐^)



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
えこりん村
北海道恵庭市牧場241-2
営業時間:[4月~9月] 9:30~17:00、[10月] 9:30~16:00
http://www.ecorinvillage.com/
_______________________________


 

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

[2013/08/10 20:52] | えこりん村 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
えこりん村2013春~夏 (1)
2013年7月13日(土)、えこりん村に行ってきました。
実は今年度2回目の訪問になります。
5月の中旬に甥っ子くんを連れて訪れましたが、忙しくて記事を書けずにいました(-_-;)


--------------------


今年から、みどりの牧場(動物エリア)と銀河庭園(庭園エリア)でチケットが共通(1枚でどちらにも入場可能)になり、料金も1,200円(中学生以下は600円)に値下げされました。

旧銀河庭園年間パスポート会員の皆様へ

シーズンパスポートも復活!
通常3,000円のところ、7月末まで2,400円の特別価格で販売されています。


銀河庭園入口にあるチケット売り場で先に入場券を購入します。

チケット売り場

バラ祭りといえば、前出の「旧年間パスポート会員の皆様へ」のはがきを持参してシーズンパスを購入または利用すると『ロズビィ バラソフト』引換券がもらえます(7/31まで)
今日のような暑い日には、嬉しい特典です(^^)


いい天気!

みどりの牧場

…でも暑い。
ここは本当に北海道なのか?

暑さに強いラマ達ですら、日陰から一歩も出ようとしません。

ラマ
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

こんなところに木枯らし紋次郎

木枯し紋次郎
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

「…あっしには関わりのねぇことでござんす」

正座
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

それにしてもMZD75mmF1.8レンズの、浮かび上がるような立体的な描写はさすがですね。


次は「ひつじの毛刈りショー」に参加。

ひつじの毛刈りショー

解説者のお兄さんと、シェアラー(毛刈り師)のお姉さん、よく見ると数年前の銀河庭園でショーが開催されていた頃に毛刈り師として登場していたお兄さんと、可愛らしい衣装で解説を担当していたあのお姉さんではないでしょうか。

私が知らなかっただけかも知れませんが、お姉さん、ついに毛刈り師としてデビューしたようですね。


まずはお腹の毛から…

ヒツジの毛刈り/お腹から

お姉さん、華奢な体で大柄な羊を手懐けて、器用に刈っていきます。

羊はこんなあられもない体勢(^^;)にされても意外に大人しくしています。
たとえ地に足がついていなくても、体位が安定していれば不快に感じないそうです。
ただ、バランスが崩れて重心が少しでも不安定になると、途端に暴れ出します。

この赤ちゃん座りのような体勢は一見、バランスが悪そうですが、後ろからシェアラーがしっかり支えているので、背もたれ付きの座椅子に座っているような安定感があるようです。
羊が暴れないように寝かせるには、体を「抑えつける」のではなく「支えて」やるのがコツなのです。

毛刈りの作業はとても体力を使います。
熟練した職人は8時間で700頭(!)のヒツジの毛を刈ることができるらしいのですが、これはマラソン2回分の運動量に相当すると言われています(真偽は定かではありません)。
1頭あたり1分足らずで刈ってしまう計算です( ゚Д゚)


頭の毛…

ヒツジの毛刈り/頭も

一刈りが一番長い背中の毛、

ヒツジの毛刈り/一刈りが一番長い背中

表面の毛は汚れていても、内側は真っ白でフカフカ。


脚の毛も刈って、

ヒツジの毛刈り/脚も

完了!

すっきり

貧相になってしまったヒツジさん、恥ずかしいのかそそくさと裏手に去っていきました(^^;)

このように刈り終えた毛が1枚のシート(フリースといいます)になるように刈るのが流儀。

フリース

今回は解説も含めて10分弱程度の所要時間でした。
熟練とまではいかなくとも、十分に素晴らしい職人技です(^^)



続いて、牧羊犬による羊追い「みどりの牧場ショー」の開演。

ボーダーコリーのメグとニュージーランドハンタウェイのボッシュの登場です。

ボッシュ(奥)とメグ(手前)
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

まずはメグの個人技から。
ボーダーコリーのメグは、素早い動きで羊を翻弄します。

ウズウズ
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

それを見て血が騒ぐボッシュ。
「座って待て」の命令も無視してなんのその(^^;)

羊を追って、丘の上から一気に駆け下りてくる姿は圧巻です。

羊追い
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

一方のNZハンタウェイのボッシュは大きな声で吠えて羊を威嚇し、コントロールします。

そんな、犬種も仕事のスタイルも異なる2頭が絶妙なコラボレーションを披露。

牧羊犬2頭のコラボレーション
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

そして誘導された羊が…

追い立てられた羊が観覧席を取り囲む
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

そのまま観覧席の周囲を取り囲みます。
いつの間にか、出入口が封鎖されていました(゚Д゚;)
観覧席エリアの外柵が複雑な構造をしているのは、このためだったのですね。

シープドッグが羊の背中を渡り歩く技も披露。

ボッシュの「バッキング」
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

体が大きくて重いボッシュはすぐに落ちてしまいますが(^^;)…

5月に甥っ子くんと訪れたとき(おそらくもう1頭のNZハンタウェイのパール)は器用にてくてくと背中の上を渡り歩いていました。

パールの「バッキング」
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

今日は見かけませんでしたがもう1頭、バセットハウンドのボブもいます。

ボブと甥っ子くん
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

甥っ子くんはボブに興味津々。
基本、犬が好きなようです。
むしろ珍しいアルパカや羊にはあまり興味を示してくれませんでした(-_-;)


それにしても暑い…

アルパカ
PEN E-P5/M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6

アルパカですら意識が朦朧とするほどの暑さです。

私達も熱射病になる前に休憩することにしました。


後半に続く…



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
えこりん村
北海道恵庭市牧場241-2
営業時間:[4月~9月] 9:30~17:00、[10月] 9:30~16:00
http://www.ecorinvillage.com/
_______________________________


 

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

[2013/07/27 15:10] | えこりん村 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。