スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
スターレットEP91のリアウイング取り外し(錆び落とし、補修塗装)
10年ぶりくらいの車(スターレット)の記事です。

当時所有していたEP82を事故で全損し(-_-;)、現在はその次のモデルのEP91に乗っています。
1999年式の最終型、ほぼノーマルで、年式のわりに綺麗な車体が自慢です(^^)

…それがいつの間にやら、リアウイングの取り付け部分から錆び染みがじわーっと ヽ(`Д´)ノ
早く手を付けなければ…と思いつつも、塗装までするとなるとなかなか手が付けられず。

そのままずるずると半年くらい放置した末、お盆休みに時間を取って錆び落とし~部分塗装に挑戦しました!


--------


<リアウィング取り外し>

(1)リアウイングを固定している2本のボルトを外す

リアハッチの裏側の上部左右に作業用の穴が開いています。



左は蓋を外すとすぐに固定用のボルトにコンタクトできます。



プラスドライバー用の溝も切られている10mmの六角ボルトです。


(+ネジ溝は舐めてしまいました…)

かなり固いので、無理をせずに六角レンチで取り外します。


右は少し面倒で、



配線用のゴム管を外し、


(薄いプラスチック製のへら状のものが有効です。私は靴ベラを使いました)

リアストップランプ配線のカプラーを引き出して、



隙間にレンチを差し込みます。



固定しているボルトはこちらも10mmの六角ボルトです。
ハーネスが太く作業スペースが狭いので、ロングソケットの使用が効果的です。



横着してソケットがボルトヘッドに対して斜めに掛かるとヘッドを舐めてしまいますのでご注意を。


(2)ストップランプ配線のカプラーを外す





(3)リアウィングを取り外す

ウイングを斜め上方に軽く小突くように押し上げるようにして、リアウィング本体を取り外します。



ウィングの下部はフック2か所(左右計4か所)で固定されています。



そのため、上部のボルト2か所のみで固定することができているのです。

固定フックは、上方向に押し上げる力を加えることで外れる形状になっています。



一度も取り外したことのない車両は軽く固着していることがあるので、少し強めに衝撃を与えます。



フックが外れたら、リアウイング本体が車体から分離されます。



せっかくの機会ですので、リアウイングの重さを量ってみました(笑)



重量は2.1kgでした。

たかが2kg、されど2kg。
たまにリアウィングを外して走っているグランツァVを街中で見かけますが、確かに路面から一番高い位置、そして重心から遠い位置の2.1kgの軽量化はそこそこ効果がありそうな気がします。



<錆び落とし>

続いて今回の一番の課題である「錆び」ですが、思った以上に重症です( -_-)



かなり深くまで浸潤している模様…

さらに右側も、まだ軽傷ではありますが点状の錆が発生し始めています。



とりあえず錆び落としから…

(1)320番手くらいの耐水ペーパーで粗削りし、錆びを完全に除去する


(撮影し忘れたためアタリの画像です)

で、以下、

(2)(地金の削れ具合によっては)パテで整形する


(3)補修箇所以外をマスキング
ぼかし剤を使う場合は塗装面積を広く取る必要があります。


(4)プライマーサーフェサー(プラサフ)の塗布
塗布後、完全乾燥(最低でも3時間以上)させた後、600~1000番の耐水ペーパーで研磨する。


(5)補修用の塗料で塗装
EP91白色の純正色「スーパーホワイト2」はソリッド色のため、基本的にはクリア塗装も不要です。


(6)仕上げ
完全乾燥(完全な仕上がりを目指すなら3日以上乾燥させて硬化)後、耐水ペーパー600番 → 同1000番 → 同2000番 → コンパウンド(細目) → コンパウンド(極細) → 液体コンパウンドで磨いて完了

…というのが、一般的な大まかな流れですが、今回は「粗削り」の時点で手遅れであることが判明(-_-lll)



錆が地金の奥深くまで進行しており、完全に除去できません。

ここまで錆が進行すると、上っ面の錆を落として塗装してもすぐに再腐食し、塗装の浮き・剥がれが生じます。

完全に補修するためには、グラインダー等で徹底的に地金を削ったうえで、穴が空いたり欠けたりした個所に「はんだ」等による金属の「盛り」が必要になります。

このレベルの補修をDIYでやる達人もいますが、私には到底無理。
この歳になると、根気も時間も足りません。

今回は上っ面の錆び落とし+防水グリスをたっぷり練り込んで、プロに依頼するまでの一時しのぎとすることにしました。





なお、錆びの原因は、リアウイングの下端がボディに直接接触したためと推測されます。



裏面にはゴム製のクッション材が貼られていますが、貼る位置が悪く用を為していません


(私の個体だけでしょうか…)

17年前の車に今更ケチをつけるのもなんですが、これは間違いなくトヨタの設計ミス、または製造時の作業ミスです(笑)

応急処置として、接触する個所に隙間テープを貼り付けました。



今回は横着して内装用テープを使いましたが、通常は外装用を使用します。

ウィングの形状に合わせてカットし…



貼り付けて完成!



はみ出ることもなく、意外に綺麗に収まりました。




(7)清掃他

清掃及びその他のパーツの劣化等を確認します。



リアストップランプの配線を通す管(外側)は変形、固化及び紫外線による表面の劣化が見られます。



長く乗ろうと考えている方は、パーツが出るうちに交換もしくはケミカル(ラバープロテクタントなど)で補修しておくとよいでしょう。

ハッチとウィングの隙間を綺麗に清掃し、ワックスを塗布。



普段はウィングの陰になり手の届かない箇所も、この機会に綺麗にしておきます。



ついでにリアハッチガラスの撥水コーティングなどもしてみてはいかがでしょうか。



<リアウィングの装着>

(1)ストップランプ用の配線をボディ側に通す



ピンセットなどを使って引っ張り出します。



怪我する恐れがあるので、指で無理やり引っ張り出すといった横着しないように。


(2)カプラーを接続する



先にカプラーを接続しましょう。
ウイングの位置合わせをしているうちに抜けてしまうことがあります。


(3)リアウィング本体をボディに取り付ける

ここで私の経験に基づく注意点を一つ。

「ウィングを完全に固定する前にリアハッチを上げてはいけません」


↑やってしまった…塗装のヒビ(ウイング側)と剥げ(車体側)

ウイング本体がリアハッチと天井の隙間に挟まり、最悪ウィングを破損します。
(てこの原理で強力な圧縮力がかかります)

配線用のゴム管がずれて装着されていないか、また管から配線がはみ出していないかを確認します。


(ずれているとリアハッチ内に浸水します)

左右のフックが確実に嵌まっていることを確認したうえで、取り付け時とは逆の方向(斜め下側)にぐっと押し込みます。



なお、ウィングを固定した際には再度、配線用のゴム管が変形したり、ずれて固定されていないかを確認してください。


(4)ボルト2本を締め付ける

取り外しの際に異常に固かったボルトは、ネジ山が削れていました。


(ウィングの成型の精度が悪くてボルト穴の位置が合っていないのか、または以前の持ち主が着脱した際に真っ直ぐ締め付けなかったのか…)

ドライバーで仮締めしてみても、どうもすんなり入っていきません。

この状態で無理に締め付けると、最悪ねじ山を損傷してしまいます。

場合によってはタップ、ダイスでねじ山を立て直してから装着した方が良さそうです。

すんなり入る場合も念のため、まずはドライバーで仮締めして、真っ直ぐに差し込まれていることを確認してから、六角レンチで本締めを行ってください。



ボルトをリアハッチの隙間に落すと面倒なことになりますので、その対策としても有効です。


最後に左側の化粧蓋と、



右側の配線ホースを元通りに取り付けて、


(押し込む際も、薄いプラスチック製の靴ベラのようなものを使うと効率的です)

リアウィングの取り付け完了!





ちなみに錆びは、外から見える位置にまで達していました(-_-lll)



スターレットEP91に長く乗ろうと考えている方は、とりあえずウィングを外して状態を確認してみてください。
外観上は異常が見られなくとも、塗装の剥がれ・錆びの芽が巣食っている可能性があります。
(今回のケースの右側は実際そうでした)

私のように錆が完全に表に出てしまってからでは手遅れです。
早めに対策を講じましょう。


 
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

[2016/09/22 08:38] | 旧ブログ(スターレットEP82他) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
EP82スターレットのウィンカーをクリアレンズ化!
やけに目立つウィンカーのオレンジ色を、とりあえず簡易スモーク化でごまかしていた管理人ですが(^^;)、やはり満足できません。
他の方のホームページを拝見したところ、マイナーチェンジ前の純正のウィンカーを加工してクリアレンズ化できるようなので、私も挑戦してみたいと思います。

ただ、みなさんもご存知の通り、後期EP82はフロントマスクが丸目4灯に変更されたことに伴い、ウィンカーはマスクと一体のデザイン(オレンジレンズに黒の縁取り)になったため、実質これをそのままクリアレンズ化することは不可能です。
かといってEP82用の社外クリアレンズなどもちろん(少なくとも現在は)販売されているわけも無く、ワンオフで製作してもらうというのも非現実的ですよね。

一方、マイナーチェンジ前のスターレットのウィンカーは、表面は透明のレンズで、中に点滅する電球の光をオレンジ色にするためのレンズが別に入っているような構造をしています。
これをうまく加工すれば、純正部品からクリアレンズを製作できそうです。

管理人はもちろん、自作する道を選びました(^^)


--------------


挑戦された方のレポートを拝見して一番多かったのは、

「ウィンカー本体を熱湯などで温め、ウインカーレンズをプラスチックベースに固定している糊(ボンド?)を柔らかくして中のオレンジ色のレンズのみを取り外す方法」

です。

先ほども申し上げましたが、スターレットのウィンカーは表面はクリアレンズで、その内側にオレンジレンズを張り合わせたような構造をしています。
これらを固定している糊(ボンド)は、温めると貼り直しができる素材を使っており、この性質を利用して外側の透明レンズを開き、中のオレンジレンズを取り外して再度蓋をする、というのがこの方法の概略です。

確かに、この方法なら奇麗かつ簡単にクリアレンズ化することができそうですね。


ところが…いくら熱湯に浸けても糊は柔らかくなりません(-_-;)
沸かしたお湯をバケツに入れて、そこにウィンカーを放り込んで…という手順を取っていますが、この程度のやり方では生ぬるいのでしょうか。
ちなみにウィンカー本体は、直に手で触れないほど熱くなっています。
(厚手のゴム手袋をつけて作業しています)

手加減せずに力を込めると、ほんの少しだけ開くには開きましたが、このまま無理に剥がせば確実にレンズが割れます。
また糊もきれいに剥がれないので、たとえ剥がせたとしても貼り直した接着面は汚くなりそうです。

やはり鍋に入れて火に掛けて煮る(^^;)位の勢いでなければ駄目なのでしょうかねぇ。


結局、表側のレンズを割ってしまい、この方法は諦めました。



残るは、

「内側のオレンジレンズを粉々に砕いて(!)除去する」

方法です。
かなり強引な手法に思えますが、温める方法を試したあとではむしろ合理的な方法に感じられるから不思議です(笑)


まずはレンズの選定です。

全部同じに見えるウィンカーユニットですが、実は製造時期やモデルによって微妙に構造や形が異なります。
厳密に言うと、中期EP82以前のモデルのものは微妙に形が異なるようです。

ただ、中には違和感無く取り付けられるものがあるので、廃車屋などで色々比べながら、さらに可能であれば仮に取り付けさせてもらうなどして選ぶと良いでしょう。


構造は…ウィンカーレンズの下側が前方に飛び出しているタイプ①と、控えめなタイプ②があります。


clearblinker2.jpg


clearblinker3.jpg

後期EP82は②の方がしっくりきたのでこちらを選びました。

オレンジのレンズを除去するのは、①のタイプの方が簡単そうなんですけどね…


clearblinker5.jpg


clearblinker4.jpg

まあ、見た目が大事(笑)ということで。


作業方法はについては千差万別、様々あるかと思いますが、私が採ったのはきわめてプリミティブな方法…

clearblinker1.jpg

貫通ドライバーを電球取り付け穴から差し込み、ハンマーで叩いて割りました(^^;)

強く叩きすぎると下の透明プラスチックまで貫通するのでヽ(`Д´ )ノ、うまく加減してください。

clearblinker6.jpg

多少傷をつけてしまいましたが、奇跡的に両側とも一発で成功しました(^o^)
傷は遠くから見ればほとんど目立たないので、ある程度は妥協しましょう(笑)


砕いたオレンジレンズの破片を電球取り付け穴から取り出して、完成です。

clearblinker7.jpg

クリアレンズ化した際は、電球をオレンジ球に変更するのを忘れずに。

clearblinker8.jpg

そのままでは車検に通らない、というか警察に検挙されてしまいます。

私はとりあえず、電球のオレンジ色を隠すためにクロームコートを施した電球を使用していますが、ものすごく暗く、昼間の視認性が悪いのでお勧めできません。

現在は明るいLED球が各社から発売されているので、そちらを利用した方が良いと思います(^^)



取り付け外観です。

clearblinker9.jpg
clearblinker12.jpg
clearblinker11.jpg
clearblinker10.jpg

マスクと一体型のデザインでなくなり格好悪い!という意見もありましたが、私はこちらの方が数段格好良いと思います…。

まあ個人の好みの問題ですから、このブログを見て良いと思った方はぜひ試してみてください(^^)


  
[2007/10/09 10:52] | 旧ブログ(スターレットEP82他) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
TRD/LUG NUT SET(ラグナットセット) by Mcgard
せっかくホイールを新調したので、ホイールナットにもこだわってみました。

見た目&軽さ最優先ならジュラルミン製ナットで決まりですが、鉄製に比べてネジ山の強度が低く緩みやすい、ホイールの着脱により表面のアルマイトが簡単に剥げる等、強度・耐久性に難があるため、ストリートでの長期間使用には向きません。

特に北海道在住の私は、1年に最低2回はホイールを着脱しなければならないので、ジュラルミン製のナットでは表面もネジ山もすぐに痛んでしまいます。

そんな耐久性も重視する雪国のストリートEP乗りのみなさんにお勧めしたいのが、鉄とアルミ、二つの素材の長所・短所をうまく取り入れた夢のハイブリッド(?)ホイールナット、「TRDラグナット」です。

trdlugnut1.jpg

ヘッドキャップにはアルマイトカラーが美しいアルミ素材を使用し、ボディは耐久性の高いハードクロームメッキを施したスチール製、座金にはアルミホイールへの攻撃性を抑えた鉄ベースの合金を採用することで、見た目と耐久性を両立。

ヘッドはマックガード独自のスプライン加工を施した特殊形状により、専用ソケットでしか緩めることができず、ホイール盗難の抑止にも一役買います。

trdlugnut2.jpg

分かりづらい写真で申し訳ありませんが(^^;)、ホイールの渋いブロンズに赤がちょっとしたアクセントとなって、個人的にはいい感じかなと思います。



…このようにいいこと尽くめの製品ですが、1セット(20個入り)で定価19,950円(!)という驚異の価格が唯一の難点です(^^;)
また、販売元がTRDになっているため、割引率が低いのも痛いところです。

なお、マックガードブランドから、キャップの「TRD」の文字が無いだけのほぼ同一の製品が割安で販売されているので、色にこだわらないのであれば、こちらを選択するのも手だと思われます。



<追記>

かれこれ4年、車が変わっても使い続けていますが、ホイール着脱を20回以上行ってもメッキの剥がれなし、錆なし、破損なしと、期待通りの耐久性です。
さすがにキャップの赤アルマイトは少々色褪せてきましたが、それでもみすぼらしく見えるようなヤレ方ではありません。

そして使ってみて分かったこのナットの何よりの利点は、超薄型の専用ソケットのおかげでホイールを傷つけずに着脱できること、そして独自の座金形状によりホイールの座面を傷めにくいことです。
ホイールにボルクのCE28を奢っているので、このナットはもう手放せません。

この複雑なヘッドの形状は、防犯だけが目的ではないのですね~( ̄ロ ̄;)
よく考えられています!

この製品は本当にお勧めですよ~(^^)
 
 
[2007/10/07 02:49] | 旧ブログ(スターレットEP82他) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。